2年ほど前、大学生の頃の話。



ある日、高校の頃の知り合いの女から久々に連絡が来て、色々メールで話しているうち、休日に会うことになった。






俺と彼女は当時同じ部活(弓道部)で、親友ってほど仲が良かったわけではないが、志望大学が同じだったこともあり、一時期図書館で一緒に過去問対策したり、色んな相談に乗ったり、乗ってもらったりしていた。



そのおかげか結果的に俺は志望大学に受かったが、彼女は落ちて別のところに行ってしまった。



正直なところ俺は少し彼女に惹かれていた部分もあったのだが、なんとなく気まずくて、それ以来すっかり疎遠になってしまっていた。



とどのつまり、そんな経緯があったので、大学であまり友達のできなかった俺は、久々に人と、ましてや女性と会えるというので期待に胸を膨らませていた。






当日、俺たち二人は夕方からテキトーにお茶し、そのあと飯も兼ねて飲み屋へ行くことに。



しかし会ってみて何より驚きだったのが、彼女の雰囲気の変わり様。



高校時代は女子の中でも背が高い方で、メガネで長髪気味。



どっちかというとクールな印象を受けるようなタイプだったのに、この時は可愛い系の装飾の服を着て、髪も茶髪になっていたので、会った時は一瞬本人だとわからないほどだった。






「大学デビューか?」とからかうと、「彼氏がこういうの好きだからさ」とショックな返答。






そしてショックを受けてから、俺の中の下心に初めて気付かされる。



そりゃ男の子だから仕方がないが・・・。






そんなこんなで、飲まないとやってられるか!という気分になり、俺はガブガブ酒を飲む。



そんな俺につられてか、彼女も、「お酒苦手なんだけどねー」と苦笑いしつつチビチビ飲んでくれる。



二人ともちょっと酔っ払ったところで、話題は、付き合って2年目の彼女の彼氏の話に。






「うーん、悪い人ではないんだけど・・・ちょっと変わっててね」






なんだか溜め息交じりの彼女。






「ははーん、さては上手くいってないな?」






内心ほくそ笑む俺。



話を聞いてみると、どうやら彼は彼女に、徹底的に自分好みの女になってもらいたいらしい。



彼女のイメチェンもそれがあってのことなのだと言う。



初めのうちは彼女も悪い気がしなかったので彼に合わせていたが、だんだんとそれがエスカレート&アブノーマルになってきて、最近はその対応に悩んでいるらしい。






「まぁ、実際よくある話だよなー」と不真面目な気持ちで聞く俺。






そんな話をしているうち、そろそろ帰る時間になる。



が・・・。






「明日何か予定ある?せっかく会えたんだしもっと喋ろうよー」と彼女。






もちろん俺、快く了承し、「とりあえず別の店で飲み直す?」と誘う。



すると彼女、ちょっと辺りを窺いつつ、「もうお酒飲めないし・・・もし良かったら・・・」と俺に耳打ちする。






「としあき(俺)、どこかのホテルで話さない?」






俺、絶句。



二人とも口数少ないままホテルへ、そのまま入室。



突然すぎるし、俺には彼女の意図が全くわからない。



が、入室早々、すぐさま強引に唇を奪われる。



ふわっとした感触と、酒と彼女自身の匂いに完全に思考能力を奪われる。






「嫌じゃない?ねぇ、嫌じゃない?」






潤んだ瞳でしきりに聞いてくる彼女。



もちろん嫌じゃないが、信じられない・・・。



いや、確かに下心はあったが・・・。






「本当にごめんね・・・としあきが気持ちよくなれるように私、頑張るから」






そりゃ頑張ってくれるのは嬉しいが、ちょっと言い方とやり方が露骨すぎる。






(関係がうまくいっていない彼氏を一晩だけ忘れるため?それにしても・・・)






働かない頭でそんなことをぼんやり考えているうちに、すぐさまズボンを脱がされる。



だが、怪訝な表情を察したのか、彼女は一度動きを止め、俺の目をじっと見据えた。






「あのね・・・怒らないで、これから言うお願いを聞いて欲しいんだけど・・・。私の彼氏、ちょっと変わってるって話、したでしょ?実は彼ね・・・私が、彼以外の男の人とエッチするのが好きみたいなの。私はあまり理解できないけど・・・。でも最近、そうしないと彼がエッチしてくれないって言うの。だから・・・ごめんね、としあきに協力して欲しいの・・・。久々に会えたのに本当にごめん。お願い、嫌だったら今言って。これ以上はしないから」






にわかに信じることの出来ない話が飛び出してきた。



ショックとヤケ、どちらも大きかったが、結局遅れて来た後者が主導権を握り、俺は「嫌じゃないよ」と一言。



彼女は耳元で「ありがと」と囁き、腰を落として俺の下半身の方へそっと顔を下ろす。



次の瞬間・・・。






・・・じゅっぶぅぅううううっ・・・!!






信じられないほど深いフェラチオ。



一瞬で快楽が頭の先まで突き抜ける衝撃だった。



腰の力が抜け、思わず立っていられなくなり、ベッドにへたり込む。






「ふふ、そんなに良かったの?」






彼女、舌舐めずりしながらニヤリ。






(え・・・?なんかキャラ変わってません?)






俺、すっげードキドキ。






「す、すごいな・・・今の」






「うん、よく彼に褒められるよ。『お前のフェラテクならどんな男だって堕ちる』って」






名も姿もわからぬ男にフェラチオをしている彼女を想像し、胸がギリリと痛くなる。



俺の知らないところで、知らない男に、かつて惹かれていた同級生がすっかり調教されてしまった・・・のか?



そういう展開かコレ・・・?






「でも、エッチのテクはまだまだなんだって。それは『他の男とヤッて練習してこい』って」






さらにギリリリ・・・。






「じゃ、続きするね。気に入った動き方があったら言ってよ?」






俺の心を知ってか知らずか、いつの間にか彼女は随分と軽いノリに転じている。



そんな彼女の単なる練習台の俺。



ここから先は気持ち良すぎて彼女がどんな動きをしていたのか正確には覚えていないが、記憶にある範囲で書く。






まず口内にチンコを包み込んで、その中で舌を使って亀頭を舐られる。



次に、大きなチュパ音を立てながらそのまま高速出し入れ、唾液垂れっぱなし。



その動きにプラスして、不規則に喉の奥を亀頭に押し付けるディープスロート。



ゆ~っくり頭を引きながら焦らし・・・一気にストンと奥まで飲み込まれる。



緩急のついた、動きの予測できないフェラに攻められるたび、俺は腰をビクつかせ、情けない声を出してしまう。






気に入った動き方を言えと命じられていたのに、ついそれを忘れていたら、声の反応だけでそれを察したのか、「おっ、としあきはこの動き方が好きなんだね・・・」と、俺の一番感じるフェラを当てられてしまう。



以後は、そのフェラで存分にしゃぶられる。



最中、「これ、気に入ってくれる人多いよ」と、唾液を指ですくいながら彼女。



またもやギリリリリ・・・としつつも、オスの部分は素直なもので、もう限界に達しつつある。



その旨を告げると、「この先のこと・・・する?それとも先に一回出しちゃう?」との二択。






「二回目できるんなら、このまま口の中に出しちゃってもいいよ?」






少し悩んで後者選択。



途端にフェラの動きが精液を搾り出すような高速スロートに変わる。



今まで感じたこともない快楽の渦の中、びゅるるるっ!・・・と音が出るほどの勢いで口内射精。



射精中、一瞬だけ見えたちょっと苦しそうな彼女の表情が、高校時代、向かい合わせで勉強をしていた当時の彼女の表情と重なり、射精の勢いはさらに加速した。






「それにしても濃いのいっぱい出たね、しばらく休まないと無理かな?」






彼女は大きく息をする俺の隣に座って、おもむろに肩に頭をもたげてくる。



射精後の賢者タイムからか、今の状況を顧みて複雑な気分になった俺は、なんとなく彼女を抱き寄せてみる。



彼女の髪の匂いを感じながらしばらくそうしていたかったが、再度勃起し始めていることに気付かれ、「としあきって回復早いんだね、もう続きできそう?」とチンコを撫でられる。



またしても複雑な気持ちがメラメラと湧き上がる俺。



俺がなんとなく大学生活を送っている間に、彼女は身も心も調教され、好きでもない男のチンコをしゃぶり、好きでもない男とセックスする尻軽な女に変えられてしまったんだな・・・。






「ねぇ、としあき?」






彼女が俺の顔を覗き込んでくる。



俺は彼女を押し倒し、キスをした。



なんだか色々考えるのも面倒になってきたし、そっちがその気なら、俺の方も思う存分楽しんでやろう。



俺は彼女の服を脱がし、小ぶりなおっぱいや尻の感触を指先や舌で味わう。



拙いながらも、彼女が溜め息に似た声で喘いでくれるのが嬉しい。






「上手なんだね」とか「気持ちいいよ、としあき」とか、時々彼女は俺の肌を撫でながら囁いてくれた。






でも、あまりに俺が彼女の胸に夢中になっていたものだから(なんせ貧乳好きなもので)、終いには、「としあきって、そんなに胸が好きなの?」と笑われてしまう。






「胸もいいけど・・・そろそろ、ね?」






彼女はそう言って俺の手を掴み、自分の股にそれを持って行く。



ヌルっとした感触、濡れてる・・・。






「私の方はもう準備できてるから・・・」






俺は彼女のショーツを脱がして、すっかりヌルヌルになっていたマンコにむしゃぶりついた。



しかし何か違和感があると思ったら、ツルツルだった。



要するにパイパン。



ホント、隅から隅まで調教が行き届いてるのね・・・。



そして、(これからこの穴に自分のチンコを入れるのか・・・)と思うと自然と興奮して息が荒くなってしまう。



それにしても、この穴に今まで知らない男が何度も何度も・・・。






それからまた少しだけ彼女にフェラをしてもらう。



フェラの最後に彼女は「んー・・・」と舌を伸ばし、亀頭の先の我慢汁をチロッと掬う。



俺、ビクンとなってしまう。






「としあき、イボチンなんだね。今気付いた。彼と一緒だ」






イボチンって、フォアダイスのことか。



彼氏も・・・そうなのね、へぇ・・・。






「それじゃ、ゴムつけるからじっとしてて」






彼女はゴムを口に咥え、チンコを飲み込むようにして口先で巧みにゴムを装着してくれる。






「としあきだし、本当はゴム無しでもいいかな・・・って思ったけど・・・。エッチした人と使ったゴム、彼のところに持って帰らないといけない決まりだから、ごめんね」






(マジかよ・・・)






そこまでいくとその彼、異常すぎやしないだろうか。



いや、そもそもこの状況が異常なんだ。



俺はだんだん頭が麻痺してきているのか・・・?






<続く>