スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Hな体験】1万でフェラ抜きしてくれるJKに漫喫で遭遇














会社をサボって漫画喫茶でまったりしてたら、隣から“ジュポ!”っと水っぽい音がした。



おぉ!?っと思い、耳を澄ませてみると、隣の個室の客がフェラで楽しんでるらしい。






普通座席の並びなのに、なんというバカップル。



実に羨ましい!!



正直、フル勃起ですわ。










で、数分感ジュポられて男はイッたらしく、ケホケホと小さく咳き込む可愛い声が。



口内発射か・・・。



いよいよ持って羨ましい奴。






俺はこのバカップルがどんな甘い会話をするか聞いてやろうと、さらに耳を壁に密着させた。






「・・・気持ちよかった、ありがとう」






「はい、お金ね」とか、男が小声でなんたらかんら。






あれ?カップルじゃないの!?



って言うか援助交際っすか!!






俺は速攻で自分の部屋を出た。



そして本を選ぶフリして隣の部屋を凝視する。



一分も経たないところで隣の部屋から女のコが!






ヤバい!!可愛い!!!



つーかそもそも制服!!!






チュパチュパ音に興奮してた俺は即座に彼女の後を追った。



そして、彼女が店の階段を下りようとした時、周囲に人がいないのを確認し声をかけた。






「すみません、ちょっといいですか~?」






めっちゃビビって振り返る彼女。



正面からはっきり見てもやはり可愛い!!



デビュー時の上戸彩のようにちょっとボーイッシュな感じが俺のツボすぎる。






「なんですか?」






警戒丸わかりに、怯えて言葉を返す彼女。



やべぇ!そそられるぜ!!






「その・・・、俺も援助してあげたいかなって」






ハイ、たぶん世界でもトップレベルのカッコ悪いセリフを吐きました。



お父様お母様ごめんなさい。



俺はダメ人間です。



しばらくの沈黙、お互いに見つめ合ったままの長考。






「口まででいくらです?」






消え入りそうな声で答える彼女。



もう!ホントにいちいち可愛いんだから!!






「1万!」






小声だが、ビシっと決めてやったぜ!






「わかりました」






よっしゃ!きたこれ!!






「場所はここでいい?」






頷く彼女。



では早速と、彼女にシート番号を教えて先に席へ。



一時も待てぬほどの興奮。



たぶん初体験の時より興奮してたと思います。



永遠にも感じる一分間を経て、コンコンとノックが!!



ウェルカム!!ウェルカム!!






部屋に彼女を招き入れ、自分の横にしゃがませる。



狭い個室に、女のコの香りがいっぱいに広がる。



あぁ、狭い所のエッチってちょっと良いかも、と思う。






「こんにちは。女子高生?」






聞くと、首を縦に振る彼女。



マジっすか!?



もしかしてジャックポット当てましたか!?






「可愛いね」とか小声で囁き、首筋をなでなで。



ただ撫でているだけなのに、すっげぇ興奮。



そしてズボンを脱ぎ、下半身フル勃起全裸になる俺。



彼女にじっとりと見られていると思うと、先走りも滴るってもんですよ。






洗っても、拭いてもいない俺のチンポ。



なんだかビクビクした様子で、口につける彼女。



なぜかすっげぇヒヤッとした彼女の口内の感触に思わずピクッと反応する俺。






(ヤヴァイ、気持ちよすぎ!)






テクニックなんてあったもんじゃなかったけど、ただチュパチュパされるのがこんなに気持ちいいなんて!!!



彼女の小さい頭を撫でながら、時に髪の毛を弄びながら、口中へ大量フィニッシュ!!!



ビックンビックン脈打つ俺のチンポを離させまいと、頭はがっしりキープ!



精子を放出し終わっても、しばらくそのまま楽しませてもらいました。



彼女を開放すると、ゲホッと咳き込みながらゴミ箱へ口の中のものを吐き出す彼女。






「半分くらい飲んじゃいました」






上目遣いに苦しそうに呟く彼女。






(おっしゃ!がっしりキープの甲斐があったぜ!!)






そうしてスッキリした俺は金を渡し、また援助したい旨を彼女に伝える。



ちょっと考えられたけどアドレス交換。






今では週に1回は楽しんでます。



最近ではすっげぇ俺に慣れてきて、部屋まで来てくれるようになった。



このままガッチリキープして、いつかモノにしてやる!!






























コメント

タイトルとURLをコピーしました