中学1年生の時に隣の席になった由依。



長い黒髪がセーラー服の襟足にかかる清純な女の子。



まだランドセルを下ろしたばかりで、無邪気に仲良くしていた由依。



中学2年の時も同じクラスで、とても仲がいい女の子の親友になっていた由依。



中学3年でも同じクラスで、二人で受験勉強をしていた由依。






俺は公立の男子校、由依は私立短大付属高校へ進学が決まり、卒業直後、別れ際に思いを打ち明け、相思相愛の初体験。



由依の初々しい女陰、綺麗な女穴、可愛いクリ豆・・・。



恥じらう仕草で股を開き、俺の男根を受け入れた由依。






「痛い・・・ヤッちゃん・・・好き・・・」






高校1年が終わる頃には、俺に股を広げて自分で女陰を剥き広げ、俺にクリ豆弄りをおねだりしていた由依。






「ヤッちゃん、気持ちイイよ。アァッ・・・もう入れてぇ・・・」






恥ずかしがりながらも快感を求め始めた。



高校2年が終わる頃には、俺に跨がって長い黒髪を振り乱して腰をクイクイさせて、「アアン、アアン、ヤッちゃんのチンチン気持ちいいよ~」と女の悦びにドップリ浸っていた由依。



高校3年が終わる頃、俺は東京の大学に進学を決め、由依はそのままエスカレーター式に短大へ進学が決まっていた。






「3年間、楽しかったね」



「由依、お前可愛いな・・・」






「ヤッちゃん、ありがとう。一度お別れになるけど、もしもう一度で会えて、その時にお互いに1人だったら・・・」



「ああ、もう一度、由依と付き合うよ」






「じゃあね。元気でね」



「ああ・・・由依もな・・・」






汽車の窓から手を握り送ってくれた人よりも、ホームの陰で泣いていた可愛いあの娘が忘れられない・・・。






次男坊の俺は、大学を出ても故郷へ帰らず、楽しい東京に根差した。



社会に出た昭和末期、プラザ合意の後に空前の好景気が始まって、俺はNTT株で大儲けした。



夜な夜なナンパした女子大生や短大生を連れ込んで、コスプレエッチやSM遊び、大学時代の悪友たちと3P、4Pのご乱行の日々だった。






俺が25歳の時、3歳年上の兄貴が結婚するからとの一報で帰郷、式に出た。



新婦側の親戚に由依を見つけた。






「ヤッちゃん・・・新婦は私の従姉なの・・・」






由依の左薬指には銀色の指輪が光っていた。






「由依・・・結婚したんだ・・・」



「ゴメン・・・再会した時に一人じゃなくて・・・」






「由依、幸せになれよ・・・」



「ありがとう・・・」






エロ遊びに興じていた短大生の真由子がやたらに美形で、エッチの時の淫らさと普段の清楚さのギャップに萌えて別れられず、俺28歳、真由子23歳で結婚した。



子供が二人生まれて幸せな一家だった。



バブルが弾けても慎ましく暮らせていた。






子供が大学生、高校生になると家計を助けるために妻の真由子がパートに出た。



パートに出て3年の頃から、真由子は夫婦の営みを拒むようになった。



月に1回がやっとの状態が続き、ついに完全なレスになった。



そして4年前、下の子が短大生になった時・・・。






「あなた、ごめんなさい。私と別れてくれませんか・・・」






そう言って裸になった当時45歳の真由子の乳首には、シルバーのリングがぶら下がり、クリ豆と女唇にも同じようなリングが通されていた。






「真由子、お前、それ・・・」






「私の体は、ご主人さまに捧げたの。もう、あなたの真由子じゃないの。ごめんなさい」






俺は真由子と離婚した。



真由子は、ご主人さまとやらの5番目の性奴になったらしく、そのご主人さまとやらから、1000万円の慰謝料が振り込まれた。






離婚後、兄貴から経営している会社の経理を手伝って欲しいと言われていたので、一昨年、2人の子供たちが社会人になったのを機に、俺は仕事を辞めて故郷へ帰った。






「保史、お前1人で経理を担当するのは大変だろう。アシスタントを雇っておいたから」



「よろしくお願いします・・・」






「由依・・・由依なのか?」



「ヤッちゃん・・・私・・・」






「彼女、女房の従妹なんだ。14年前に離婚してね・・・」






昨年、俺と由依は53歳同士で再婚した。



お互い、35年前と比べたらくたびれた体を慈しみ合い、25年前と比べたら黒ずんだ男根と女陰を合わせて、毎晩愛し合っている。



もう受精することのない女穴に俺の精液を流し込み、熱い精液を子宮に湛えてイキまくる由依を抱き締めている。



由依の黒ずんだ女唇は、元夫以外の男根も受け入れたかもしれない。



そんなしみったれた嫉妬を抱きながら、それでも初めて受け入れた男根は俺の男根だと言い聞かせて由依を愛している。






先日、上の子が結婚したいと言い出して、上京した。



その時、由依との性生活に刺激になるようなものはないかとアダルトショップに立ち寄った。



そうしたら、そこに『退職記念出版!某大学教授の5人の性奴の記録』というDVD付きの雑誌が目に入り、“5人”と“性奴”というキーワードに思わず手に取った。



表紙に写る5人の女達には目線が入っていたが、その中の一人は明らかに真由子だった。



3200円もするそのDVD付きの雑誌を買って帰った。






由依に隠れて雑誌とDVDを見たが、凄惨な内容だった。



真由子と4人の女達は、惨めな格好に縛られて、クリ豆の皮を切除されたり、吸引器で吸われたり、肛門から入れられた電極とクリ豆に挟まれた電極に通電されたり、ヨダレと鼻水を垂れ流しながら発狂する様子が掲載されていた。






俺は、すぐにその雑誌を処分して、(真由子は★んだ、この世にはもういないんだ)と自分に言い聞かせた。



そして、俺の妻は由依ただ一人だと決めた。