天気が良いので洗車をしようと家を出たのですが、車内の芳香剤が切れていたので近くのドン◯ホーテで芳香剤を選んでいると、小西真奈美似の可愛い子が香水を見ていました。






(おっ!可愛い子だなあ)






見惚れていたら、なんとその子が鞄に香水を入れるでないですか・・・。



実際に万引きを見たのは初めてで、呆気に取られていると、その小西真奈美似の女の子はさっさと店の外に。



急いで自分も買い物を済ませて店の外に出ると、その子はまだ自転車置き場に居た。



見てしまったものは仕方ない、一言注意でもしておくかと、「あんな事しちゃいけないよ」と声を掛けると・・・。






「何言ってんのおっさん!キモいから声かけんなよ!」






年甲斐もなく、キレた(^_^;)






「人が好意で注意してやってるのに、なんだその態度は!お前が香水をかっぱらってるのを見てんだよ!警察に突き出してやるからこっちに来い!」






手を掴んで店の方に引っ張ると、女の子は急に神妙になり・・・。






「ごめんなさい、もうしませんから・・・」






懸命に謝るその顔がものすごく可愛くて、意地悪をしたくなってしまい・・・。






「ちゃんと反省してるなら警察に突き出さないこともないが・・・。俺にちょっと付き合え」






なんだかんだ言って車に乗せ、ラブホに連れ込んでしまいました。



家の近所じゃマズいので、ちょっと走ったところのラブホに。






言うことを聞いたら警察や家には連絡しないと約束し、いたずら三昧の開始です。



しかも、大人っぽい格好していたから判らなかったんですが、彼女、現役の女子高生。



ボルテージが一気に上がって、洗っていないペニスをいきなりフェラチオをさせました。






「いや、汚い・・・」






「そんな事言っていいのか?」






ちょっと脅すと素直に言われるままです。






(女子高生に汚いちんぽを生尺させてる・・・)






シチュエーションだけで愚息はビンビンです。






「もっと奥まで咥えろ!」






とか言って、喉の奥の奥まで咥えさせて、AVでしか見たことなかったイラマチオも達成。



スゲー気持ち良かったです。






次に、ベッドの上で足を広げさせて、パンティーの上から指でクリトリスを愛撫。



真っ赤な顔をしながらイヤイヤしていました。



でも、続けているうちに彼女もだんだん気持ち良くなってきたのか、パンティーのあの部分が、縦に薄っすらと色が変わってきた。






「いやらしい奴だなあ、◯◯ちゃんは!パンティーに染みができてるよ」






言葉で虐めると、更に真っ赤な顔をしてイヤイヤをする・・・。



た、たまりません!






今度は、パンティーを自分で脱がせ、部屋にあった自動販売機でバイブを買ってオナニーをさせました!



顔を真っ赤にさせ、「嫌だ、嫌だ」を連呼しながらも、バイブが女子高生のあそこに吸い込まれる様子はまるでAVビデオみたいで大興奮!



愚息も限界なほどビンビンに上を向いて今にも爆発しそうなので、◯◯ちゃんの中に入れさせてもらいました。



バイブですっかり準備OKのマンコに腰を沈めて入れようとすると・・・。






「お願い、ゴムつけて、そのままじゃ嫌」






「そんな事言える立場じゃないでしょう?それに、俺はゴム付きじゃイけないんだよね」






はい、言ってやりましたとも^_^






「お願い、お願い、お願いします・・・」






構わず足を広げて、口をキスで塞ぎながら一気にペニスを沈めてしまいました。






「ウオッ!」






思わず声が出てしまうほど気持ち良い彼女のあそこ・・・。



膣口の中はヌラヌラしていて、奥の方に引き込むようにヒクヒク動くんです。



自分も、結構風俗経験はあるんですが、こんな気持ち良いマンコは初めてでした。






彼女はうわ言のように、突かれるたびに「イヤイヤ」と繰り返していましたが、最後の方は気持ち良くなってきたのか、頭を左右に振り始め、意味不明の喘ぎ声を断続的に洩らしていました。



自分も限界が近づいて、自然とストロークが速くなり、しばらくすると突然、尾てい骨から背筋を通って頭のてっぺんに青白い閃光が走り抜け、猛烈な勢いで彼女の膣の奥に射精を繰り返しました。



その長い射精に応えるように、彼女の膣は軽い痙攣を繰り返します。



ものすごい量を女子高生の中に放出してしまいました。






全部出し終えた後、ゆっくりとペニスを抜くと、我ながら相当溜まっていたのか、黄色っぽい精子がドロッと流れ出しました。






(この女を征服したんだ!)






そんな達成感に満たされながら、精子と愛液まみれのペニスを彼女の口に含ませ、お掃除させました。



その行為が、ますます征服感に拍車を掛け、あれほど出したのにまた愚息がムクムク・・・。



そのまま二回戦目に突入してしまいました。






結局、昼近くに入って夕方6時過ぎまでの間に計5回!



もう大変満足です!



最後には彼女、ぐったりして眠りこけていたので、「もう万引きなんてしないようにね」と一声掛けて、そのままラブホを後にしました。



ラッキーな一日でした。