スポンサーリンク
スポンサーリンク

【熟女体験談】出会い系で出会った極上な奥様はとてもノリが良く、身体堪能してハメ撮り












半年ほど前から出会い系のハマッてます。



私は孫もいますが、メールのやりとりと逢うまでのドキドキ感が大好きです。



最初の頃はポイントゲッターさんの見分けがつかなくて、ダラダラメールのやりとりばかりでした。



でも最近はなんとなく、デルヘルさん、サクラさん、嘘つきさん、やっと判断出来るようになりました。



書き込みを私からいつもしてます。



プロフイール時々代えて。



別にどうしても逢いたいわけでもないので、返信メールのやりとりがおもしろいですよ。



2.3回はサイトを通じてですが、アド交換も相手もその気なので普通にできます。



もちろん、援助ばかりですが、先日『昼間の愛人関係?』って書き込みしてみたら、何通ものメールが返ってきました。



『条件教えて』ってのばかりでした。



『月に10万位』って返したら、



『何回ですか、内容は?』



皆さん同じ事ばかりでした。

















































体力的にも週に1回が限界ですが、イタズラで『週に3回位』って返したら



『そんな条件で逢うか!』ってのもありました。



思わず笑ってしましました。



そんな中、自宅から車で10分ほどの33歳の人妻さん、携番とお互いの写真の交換もできました。



逢おうと思ってる人の顔も知らないの不安なのでって事で、当然ですよね。



想像以上に美人で、スリーサイズも正確に明記。



人妻さんにも気に入られ、多分自宅逢うまでにメールのやりとりがおもしろかったですよ。



『週に3回でも逢えますか?』って聞くと、



『土日以外なら。子供が学校へ送り出してから帰る時間までなら大丈夫』だって。



『生でもいいですか?』って聞くと、『大丈夫』だって。



『56歳でも大丈夫ですか?』『年上の男性好き』って。



『旦那とのエッチは?』って聞くと、『昨日の夜しました』って。



『バイブ使ってもいいですか?』って聞いたら『旦那も使ってる』って。



だんだんエスカレート、多分彼女もメールで興奮してるのでしょう。



『エロ下着つけさせてするの好きなので大丈夫ですか?』って聞くと、『楽しそう』って。



『あそこの毛、薄いの好きなので』『元々薄い方です』って。



元々、おっとりしてる性格なのでなんでもコメントいれて返ってきます。



『舐められるの好きですか?』



『大好きです』



全部返事してきます。



『明るい部屋でしてもいいですか?』



『見られるの好き』



『ハメ撮りしたいけど』って聞いたら、



『あんまり顔、撮さないのなら』って。



メールのやりとりだけでしたが、彼女から『いつにしますか?』って。



『いつでも言いですよ』って返したら、今日今からって事になりあいました。



もう見た瞬間からこの歳で勃起ものでした。



バッグにバイブもエロ下着もローションもビデオも準備して。



我慢出来ずに、車の中でスカート捲りあげ、Tバックの横からワレメさするとくびれた腰動かしながら、足広げて喜んでます。



なんの抵抗もなく濡れてるオメ○に指が入ります。



間違いなく極上の人妻さん。



こんなエロイ奥さん、旦那も毎日してるはずです。



生でいれてて、逝きそうになり、「中で出してもいいか?」って聞くと「奥でなかったら」って。



そんなの無理ですよね。



後で聞いたのですが、出来やすい体質なので、旦那と病院行ってリング処置されてるそうです。



旦那も処置してから、今まで以上に回数増えたって喜んでました。



旦那が教えたのか、オメ○いっぱいしたら、色気でるって。



世間知らずの奥さん、本当に信じてます。



家庭では声も出せなくて、毎日旦那に入れられてるのに、不満気味でした。



4時間位、スレンダーな美人の奥様の身体堪能しました。



援助は1万でしたが、大喜びです。



それからメールしたら、昼間ならいつでも出てきます。



特に月曜は土日に旦那にいっぱいされたにもかかわらず、燃えてます。



あんまり顔は写さないでって言ってた奥さん、顔もオメ○も度アップです。



DVDに取り込んで楽しんでます。



毎回1万ですが週に3回の時も、多分10万以上になってる時も。



バイアグ○飲んでる時は尺八しては、跨いできます。



あんまりお金に困ってないようですが、せめて旦那への操なのでしょうか。



当分、極上奥様のお世話になります。





コメント

タイトルとURLをコピーしました