人妻の落とし方は人それぞれ。



ただし一時的な性欲の捌け口にするために人妻に手を出すのはよした方が良いだろう。



トラブルの元。



そこまでリスクを犯して人妻と関係するなら、自身の性欲より彼女達を満足させてやることを優先すべし。



そうすればトラブルを防げ、長く良い関係を維持できるはず。



これがオレ自身が経験から得た認識。






身体が成熟するとともに性欲も徐々に強まっていくのが女の身体。



ところが男は逆に年齢とともに精力も性欲も徐々に衰えていく。



30代の女盛りで夫とすでにセックスレスという可哀想な人妻も少なくない。



その熟女人妻達のセックスパートナーを務めるのがオレの裏の姿。






といっても愛人は3人が精一杯。



時間も経済力もないが、何よりカラダがもたん。



オレ自身は別段、愛人にできそうな女を探している訳ではない。



出会ってみて、愛人にしてもいいと思える魅力を持ち、且つ条件が合うかどうかで選んでいるに過ぎない。



そしてオレの愛人になるか否かの最終決断はオレがするのではなく、相手の女性が決定権を持つ。



決して強要はしない。






今、愛人セフレ関係にある人妻が3人。



1人は不定期ながら完全な愛人、他2人は週1度のセックスフレンド的な関係。



オレ自身の好みというより性癖と言うべきだろうが、自分より一回りほど年上の女性に強く惹かれ、3人の熟女妻をセックスパートナーにするに至った。






最近と言っても、もう3ヶ月余り前になるが、スラッと背が高くて不倫などとはまったく縁がないと思わせるほど知的で清楚な雰囲気の38歳の美人妻、千鶴を愛人にした。



まさにオレの好みの初心な美熟女。






千鶴との出会いは都内繁華街の居酒屋だった。



友人と2人で飲んでいる隣の席に奥さんぽい女性2人が座った。



そのうちの1人が千鶴だった。



女性2人も酒が入ると会話が盛り上がって、先に盛り上がっていたオレ達といつの間にか合流。



騒いでいる中で、女性的で自然な雰囲気が魅力の千鶴にオレは興味を持った。






やがて会話は男女問題や恋愛、結婚、夫婦問題、さらには下ネタまで話題にして大いに盛り上がった。



その中でオレが少し生々しいセックス経験の失敗談を打ち明けてやった。



場の雰囲気を盛り上げるためであると同時に、女性達の反応を見るため。






その結果、予想通り奥さん達2人は少し昂った表情に変えて目を輝かせた。



顔全体を微妙に紅く染めてトロンとした表情になった、片割れの悦子という名の奥さんは欲情しかけていることがはっきり見て取れたが、千鶴は顔色こそ変えないものの目をトロンとさせ少し恥ずかしそうにしていた。



それでも彼女がオレを見る目には僅かに潤みが感じられ、性的な昂りが見て取れた。






居酒屋の酒宴をお開きにして友人と別れ、千鶴1人を連れて静かなバーのカウンター席に落ち着いた。



そこで互いのプライベートを打ち明け合った。



この時、千鶴はオレの問いに素直に答えた。



夫と別居中であること、不妊症のため子供ができなかったこと、付き合っている男などまったくいないことを告白。






まずはオレの条件にすべて合致。



口当たりの良いカクテルを飲ませてから遠回しに夫と不仲の理由を尋ねると、子供ができないことで夫婦仲が徐々に冷めていたことが下地にあった上に、夫が千鶴の親しい友人と不倫して、それを問い質して責めると夫が開き直ったと正直に告白。



それを契機に別居して1年半になるとのことだった。



これらの情報からも千鶴が性的に相当満たされていないことが容易に想像できた。






千鶴は少し度を越してアルコールに酔うと可愛い雰囲気になってガードが甘くなるとともに、優しく押すとノーとは言えなくなるらしい。






「ご主人はご主人で人生を楽しんでいるのだから、あなただって自分の人生を楽しむ権利はある。僕達がこうやって出会ったのも運命なのだから、僕でよければパートナーにならせて欲しい。勇気を出して新しい人生の扉を開こうよ。自分の心に素直になって」






奇麗な彼女の左手を取り、薬指から結婚指輪を外してやると、千鶴はオレの肩に顔を乗せてきた。



それが承諾の印。






「これからはキミに性的に辛い思いはさせない。僕を自由に使って欲しい」






千鶴の耳元で囁くと、オレは彼女の右手を取り、ズボンの股間の盛り上がりに手のひらを置いた。



千鶴はまったく嫌がる素振りを見せず、じっとしながら少しの沈黙を置いて口を開いた。






「ちゃんと愛してくれる?」






昂りを表す掠れた声だった。






「もちろん」と答えると、彼女の手はやっとオレのペニスの幹を柔らかく握ってきた。






千鶴はホテルの部屋での初夜を嫌がって、結局オレを独り暮らしの自宅に連れていった。



まず千鶴にオレの身体をたっぷり弄ばせて緊張も理性もほとんどなくさせてから、彼女の熟していながら初心な身体を堪能した。






身体を繋いでから性感ポイントを探したり、快感の強さなど幾つか試したため、最初の絶頂に昇り詰めさせるまでには少し時間を要したが、一旦昇り詰めてからの彼女は間もなく完全にトランス状態になって、発狂したかと思うほど絶頂に溺れ続けた。



千鶴の膣内は想像以上に狭く締め付けも強いためにオレも堪らず射精を繰り返してしまった。



休憩を挟みながら正常位から騎乗位、後背位と3度抱いたのだが、千鶴は毎回悶絶して崩れ落ちていった。



オレも合計6回注ぎ込んだ。






ここまでオレを快感に狂わせた熟女は千鶴が初めて。



これほどの身体を誇る千鶴の素晴らしさを理解できない彼女の夫なる男に対して、オレはたまらない優越感を覚えるとともに哀れに思った。






彼女自らオレの愛人になりたいと強く求めてきたのは、翌朝目覚めて間もなくのこと。



その初夜のセックスで千鶴の豊かな可能性を見抜いたオレは、この3ヶ月余り、徹底的にオレ好みのセックスを教え込んできた。






互いの仕事の都合から不定期に逢瀬を重ねているが、先月千鶴と合わせて夏期休暇を取り、貸し別荘で3日間、2人だけで過ごした。



オレ達が身体も心も完全に馴染んだのはこの時。



千鶴は今、女の悦びに完全に目覚め、オレの最高の愛人になっている。



離婚してオレの愛人として生涯を送りたいと熱く訴えるほどだ。