まだ真性童貞だった中2の秋の思い出。






当時は体育の授業がまだ男女合同で、終わったら日直が道具とか片付けることになっていた。



その日は6限が体育で、クラスマッチの練習かなんかだったと思う。



その日は俺と、洋子ちゃん(仮名)が日直。



洋子ちゃんはクラスでもそんなに目立たない、色白でショートカットの少し背の高い子だった。



1階の体育倉庫に道具を片付けて、2階にある職員室に鍵を返しに行く。



階段で、洋子ちゃんは俺の少し前を上がっていく。



昔の中2だもんで、まだ細身だけど、お尻はしっかり腰骨が張って肉付きがよくて、そのお尻が紺色のぴっちりしたブルマに包まれて、俺の眼前1mもないところで階段を上がるたびに揺れている。



本人は気づいていないのか、ちょっとサイズの小さいブルマはかなり食い込み気味で、下着のラインもお尻の割れ目もくっきり見える。



俺は洋子ちゃんのお尻から目が離せなくなった。






踊り場を曲がるとき、洋子ちゃんが俺のほうをチラッと見た。






(やばい!お尻を見てたの見られた!)






しかし洋子ちゃんは何も言わずに階段を上がっていく。



俺は見まい見まいとしながらも、また洋子ちゃんのお尻が揺れるのを見つめてしまっていた。






鍵を返して教室に帰る途中、洋子ちゃんが話し掛けてきた。






「Tくん、さっきあたしのお尻見てたでしょう」






ぎょっとする俺。






「ご、ごめん。見る気じゃなかったんだけど」






しばしの沈黙。






並んで廊下を歩きながら、洋子ちゃんが小さい声で言った。






「さわりたい?」






またまたぎょっとする俺。






「へ?」



「Tくん、あたしのお尻、さわりたい?」






冗談かと思ったらそうではなかったみたいで、だいたいそういうこと言う子じゃないし。



気おされた俺は、「う、うん」と頷いていた。






都合がいいと思われるかもしれないが、当時俺のいた中学校は増築中で、内装が終わっただけで使われていない空き教室がいくつかあった。



洋子ちゃんは無言のまま歩いていき、2階の空き教室の前で足を止めた。



俺の方をちらっと振り返り、空っぽの教室のドアを開けて中へ入っていった。



俺は呆気に取られて洋子ちゃんについていった。






教室の中はペンキとワックスの匂いが少しした。



体操服姿の洋子ちゃんは、教室の隅まで行くと俺に「さわってもいいよ」と言って、少し背中を向けた。






童貞野郎の俺は焦りまくった。






すると彼女は俺の手首を掴んで、自分の方に軽く引っ張った。



俺の左手が、彼女の腰の辺りに触れた。



俺は意を決して彼女のお尻に手を伸ばした。



左の手のひらで、ブルマの上から洋子ちゃんの右のお尻に触った。



洋子ちゃんのお尻は、温かくて、柔らかくて、すべすべしていた。



我慢出来なくなり、手のひらで洋子ちゃんのお尻をなで回した。



下着の線が手のひらに感じられた。






そのまま30秒くらいなで回して、“怒るかな”と思いながらお尻の割れ目の方も触り始めたけど、洋子ちゃんは少し俯いて、軽く目を閉じて俺のしたいようにさせてくれた。






当然ながら俺のモノは超勃起した。



短パンの前がすんげー膨らんだ。



洋子ちゃんがソレをちらっと見た。



恥ずかしーとも思ったが、だからといってすぐに治まるようなヤワな勃起ではない。



驚いたことに、洋子ちゃんは右手で俺の短パンの前の膨らみに触れて、小さく「・・・すごい硬い」と言った。



俺は「うん」と答えた。



(何がうんなんだか。)






彼女は俺と向き合うように体を回して、右手でそっと俺の短パンの前に触れてきた。



今度は手を離さず、そっと、優しくさするように手を動かした。



彼女の手はすごく柔らかくて気持ちよかった。






俺は頭に血が上り、体操服(「2-4S井」というゼッケンが縫い付けてあった)の上から、洋子ちゃんのおっぱいを右手で掴んだ。



洋子ちゃんは一瞬身を硬くして「・・・痛いから、軽くして」と言った。



俺はそのまま、洋子ちゃんのおっぱい(あんまり大きくなかった)を右手で揉んだ。



体操服とブラジャーのごわごわした感触の下に、おっぱいの柔らかさが感じられた。



彼女はそのまま俺の息子を優しくさすってくれた。






今ならそのまま押し倒してやっちまえとか考えるとこだけど、童貞の中学生には何をどうすればいいのかも分からず、俺は夢中で洋子ちゃんのおっぱいやお尻を揉んだり撫でたりしながら、短パンの中で射精してしまった・・・orz






頭の中が真っ白けになり、足ががくがくして、俺はそのまま洋子ちゃんとしばらく抱き合っていた。



なぜか洋子ちゃんは「ごめんね」と謝った。



俺も「ごめん」と言った。






その後、二人とも何も言わずに教室を出て、着替えに行った。






その日は短パンとパンツを脱いで、学生ズボンだけで帰った。



その後、俺と洋子ちゃんは付き合って、めでたく童貞と処女を交換したとかそういうオチはない。






さすがにそれからずっと意識はしたけど、3年からクラスも違ったので、ほとんど口をきいたこともなく終わった。






十数年前の秋頃の実話だ。