僕の叔母は50歳を越えていますが、とても綺麗な人です。



夫である彼女の叔父は3年前に亡くなりました。



叔母は僕の母の姉ですが、子供が居ないので僕にはとても優しくしてくれました。






ある家族旅行の時、叔母は一人身なので、我が家の家族として、一緒に温泉旅館について来ました。



その温泉旅館の夜のことでした。



両親と妹と僕と、そして叔母が一緒の部屋で寝た時です。



父は旅館のお酒を飲んでいましたから、すでに高いびきで寝ていました。



妹も母と一緒にぐっすり寝入ったようでした。



端っこに寝ている叔母の布団がモゾモゾと動いているので、叔母も寝られないのだろうなと思っていました。



そういう僕もモゾモゾ動いていたのだろうと思います。



両親、妹、そして僕・・・。



少し離れて叔母という順序の寝方でしたが、薄ぼんやりと点いている旅館の読書灯が見えるだけでした。






衣擦れの音がして、僕の布団の中に細い手が入ってきました。



僕はじっと成り行きを感じていましたが、やがてその細い手が、僕のパンツの中のおちんちんを探り当てて入ってきました。



明らかに叔母の手でした。



僕はなすがままの状態で叔母の手を受け入れていましたが、やがて叔母の手が少し大きくなった僕のおちんちんをグイッと掴みました。



思わず「アッ」と声を出すくらい、握り方は強いものでした。



いきなり僕のおちんちんが硬く大きくなったのを覚えています。






叔母の細い手が僕のおちんちんを握って上下に優しく動きました。



僕は寝ている風をしておりましたが、気が付かないようにしようにも、もう出来ません。



腰を上下に動かして叔母の手の動きに合わせました。



グイグイと叔母の手が太くなった亀頭を揉みしごきます。



僕の息は激しくなりました。



叔母も激しい息遣いです。






やがて叔母がスルリと僕の布団に入ってきました。



そしていきなり僕の口に舌をが入ってきたのです。



僕は音が出ないように叔母の唾液をチューチューと吸いました。



叔母が熱い舌を入れて僕の口の中を駆け回りました。



そして僕の右手を叔母が掴んで自分の性器に誘いました。



叔母の性器はすでにグショグショに濡れていました。






叔母はアフアフと少し叫んでいましたが、そっと僕の上に跨がり、大きく開いた浴衣の中から現れた黒い性器へ僕のおちんちんがヌルリと入りました。



少し大きめの叔母の性器はスッポリと僕のおちんちんを咥えてくれました。



音がしないように腰を上下に動かして、叔母は硬くおっ立ったおちんちんを抜き挿ししてくれました。



本当にいい気持ちで、こんなに気持ち良かったのは初めてです。






叔母はやがて荒い息になり、耳元で僕に言いました。






「ごめんね、イキそうだから、おばちゃん、先にイクね」






そう言うと小さな声を出して呻いたのです。



その時、叔母は僕の肩を噛みました。



声が出ないように小さく噛みながら、「イクー」と言って叔母が痙攣しました。



何か生温かいものが僕の下腹部に伝わってきました。



たぶん叔母の淫水だと思います。



実はその時僕も一緒にイッてしまったのです。



叔母は秘密の布団の中で、「一緒だったね・・・」と言って軽くキスしてくれました。






「帰ってから、もっとやろうね」






そう言って叔母は自分の布団の中へ滑るように帰りました。






翌日、旅館の朝食の時です。



皆でご飯を食べながら叔母は素知らぬ風でした。



昨日の、あの妖しいことなんか知らない風で、母と料理が美味しいとか、父にもっとお酒を飲めばなどと軽い冗談を言っていました。






東京に帰ってから叔母が携帯電話に電話してきて、叔母の家へ遊びに来なさいとの誘いがあり、学校の帰りに寄りました。



それ以来、僕は週に3回は叔母とセックスしています。



叔母は年よりも若く、肌もすべすべで、僕のおちんちんを吸いつくように絞ります。



叔母の身体に何度精液を出したか判りませんが、イクときは叔母も沢山の淫水を出して、いつも布団が物凄く濡れます。



家に帰る時、叔母は決まって僕にキスしながら、ポケットにお小遣いを入れてくれます。



僕は叔母の黒い性器のことを考えると、家に居てもおちんちんが硬くなって、どうしようもなく、叔母の写真を見てはオナニーしてしまいます。






「おばちゃん、イク・・・」






1人でテイツシュに精液を出しています。



最近、叔母は僕の精液を飲んでくれます。



僕も叔母の性器に口を付けて淫水を飲みます。



生温かい叔母の淫水は少し匂いがしますけれど、決して嫌な匂いではありません。



余計におちんちんが硬く太くなって、最近は色も黒くなり始め、いつかチラっと見た父の太いおちんちんによく似てきています。






母が僕と叔母の関係を知ったら驚くだろうと思います。



いつかはバレてしまうと思いますが、覚悟しています。