俺が教習所に通い始めたのは大学3年の時。



周りはもうとっくに免許持ってたから、結構焦って取りに行った。



大学の方も暇になってきてたから、いつも行くのは平日の昼間とか。



もしかしたら出会いがあるかも?なんて期待してたんだけど、行ってみたら同世代の女の子がいなくてガッカリした。



居ても1人とか2人とかで、付け入る隙も全く無し。






つまんね~なぁ~と思ってたけど、よくよく見てみると実は年上の女の人が半数ぐらい居た。



タバコ吸ってたりして話を盗み聞きしてると、彼女達の大半は人妻さん。



やれ今日の晩ご飯は何にするとか、旦那の愚痴とか、子供の愚痴とか。






何度か顔を合わせるようになって、何となく会話に参加できるようになってた。



高卒の人妻さんには、大学の話をやたら聞かれてた。






当時の俺は人妻なんてもちろん、5つ以上も離れた女とは接触がなかった。



だから初めのうちはあまり興味が無かったけど、実際話をしてみると案外楽しい。



薄着の時にチラチラ見える胸の谷間とか、ちょっとした色っぽい仕草とかが何か良さげに見え始めてきてた。






学科試験だけを受けに行ったある日の午前中、いつも話をする若妻軍団3人がいた。



揃いも揃って全員学科が通らなかったらしく、終わってから俺に怒涛の質問。



午後にもう一度受けるという事で、缶コーヒー1本で釣られて教える事になった。



コーヒーだけじゃなく、ホントは3人組の中の1人がモロに俺好みだったってのも。






教えるのは想像以上に大変だった。



この3人組は高校もろくに通ってなかったみたいで、「勉強なんて無理!」って。



分かりやすく噛み砕いて説明して、なんとか午後の試験に送りだしました。



俺はそのまま帰っちゃったので結果を知ったのは2日後。






授業が始まる前にタバコを吸っていると、その3人組が登場。



かなりのハイテンションで、俺に「通った!」とはしゃいでた。



これがキッカケなのか、他の人妻さんとも絡むようになった。



女って仲間内で固まる習性があるでしょ。



さっき書いた3人組の他に、数人のグループが4つぐらいあったのね。



だから5つのグループと何となく仲良くなってた。






1つのグループに1人ぐらいは可愛いor綺麗な人が交じってた。



だから結構楽しかった。



毎日行けなかったから3ヶ月近く通ってて、こっそりメアドを交換出来たのは4人。



全員が人妻か、同棲中の年上お姉さんたち。






教習所が終わって免許センターに行く時、若妻3人組と同じ日に行った。



モロ好みの人妻さんとは内密にメールをやってたから、同じ日に行こうってなって。



3人は今までこんなに勉強した事がないってぐらい勉強してたみたい。



無事に3人とも免許が取れて、夕方ファミレスで喜びを分かち合って帰宅。






実は後日、他のメアド交換してたお姉さん達のうち2人が免許取れなくて、個人的に昼間会ったりしてたんだけど、その話は今度また。






免許を取ってからも、モロ好みの人妻さんとは普通にメールをしてた。



だんだん親密になってきて、やっぱり夜の話とかもするようになって。



慣れてくるとちょっとずつ暴露するようになってて、「旦那は最近何もしてこない」とか、「もう4ヶ月してない」とか、「寂しくて元彼にメールしちゃった」とかとか。






この人妻さんの名前はミーちゃん、25歳で結婚して3年目の子供無し。



半年前まで働いてたみたいだけど、今は料理の勉強とかしてるらしい。



見た目は辻ちゃんぽい可愛い系なんだけど、聞いてみると昔はギャルギャルしてたとか言ってた。



一回昔のプリクラを見せてもらったけど、マジで今と別人だったし。



身長は150cmちょっとなんだけど、スタイルが良くてねぇ、洋服の上から見ても分かる巨乳でプニプニ系。






教習所が同じだけあって、住んでる地域も割と近かった。



人妻だし狙うわけでもなく、暇潰しっぽい感じでメールしてたある日・・・。






『今度の金曜日か土曜日、飲みに行かない?』というメールが着た。






『旦那は?』と聞いてみると、『出張で日曜の夜まで帰ってこない』とのこと。






ミーちゃんの実家は埼玉らしく、実家に帰るって事になってるらしい。



思わぬデートのお誘いだったんでビックリしちゃったけど、こんなチャンスはなかなか無いから即OKした。






恥ずかしい話なんだけど、俺は大学に入って以来彼女ができた事はない。



高校の頃付き合ってた彼女とは、大学に入ってスグにフラれちゃったし。



あとから聞いた話、サークルの先輩と付き合うようになったんだって。



だから3年以上も彼女いないし、2回だけ風俗に行ったぐらい。



そんな俺は暇を埋めるためにバイトしてたから、バイト代を下ろしてミーちゃんと飲みに行った。






学生だから無理しないでと言うミーちゃんの勧めで、普通の居酒屋へ行った。



初めのうちはいつもの感じだったけど、酔い始めてから少しずつ変わっていってた。



酔い始めてテンションは上がりまくりで、居酒屋の次はノリノリでカラオケ。



少し離れたカラオケに向かう途中も俺の腕にしがみ付いてきたりしてて、完全に胸がプニュプニュ当たってた。



その時点で既に俺はムラムラ。






カラオケでちょっとあるかもって思ったけど、完全に期待は裏切られた。



ミーちゃんは1人で歌いまくりで、俺が1曲歌うと3曲歌うほど。



それでもかなり可愛かったから、彼氏になった気分で見守ってた。






3時間も歌うとミーちゃんもバテたらしく、とりあえずカラオケは出ようってなった。



疲れてるっぽいけどテンションは変わらずのミーちゃん。



ひとまず電車に乗った。






ミーちゃんの家は俺の降りる隣の駅。



このまま帰るかな~って考えてたら、「まったりした店で飲み直す?」とミーちゃん。



でもよく考えてみると、お互いの降りる駅周辺にはチェーン店の居酒屋ぐらいしかない。






「だったらうちで飲み直す?酒買ってきて」と言ってみた。






断られるだろうって思ってたけど、ミーちゃんは話に乗ってきてくれた。






「襲わないでよぉ~」






笑いながら、悪戯っ子みたいな顔をしてた。



もう完全に俺はミーちゃんに惚れてた。






近所の深夜スーパーで酒を買い込んで、8畳ワンルームの俺のマンションへ行った。






部屋で呑み始めて、やっぱり会話は下ネタの方向へ。



俺に彼女がいなくて、数年間童貞だって話を言わされたりしてたから、「じゃ~ミーちゃんは?」とか可愛い会話。



お互いの初体験の話で吹っ切れたのか、ポロポロと卑猥な話もしてくれた。



ミーちゃんが1番興奮したエッチは、結婚直前にした元彼とのエッチらしい。



露出系とか変態系で興奮したわけじゃなくて、『もうすぐ結婚するのに・・・でも我慢できない・・・』っていう葛藤がやけに興奮したんだとか。



俺には全く理解できない感情だったけど。



後になって思うのは、これがたぶん、ミーちゃんのOKサインだったんだと思う。



そういう浮気に興奮するって話だったから。



なのに俺は全然気が付かなくて、そのままエロ談話に没頭してた。



ミーちゃんはおっぱいを机に乗せるように屈みながら俺と喋ってた。






「ちょっ!なに机の上に乗せてんの?」



「だって重いんだよ~、知らないと思うけど~」






「そりゃ~知らんよ。そんな重いもんかぁ?」



「重いんだってば、ほら」






今度は背筋を伸ばして、両乳ユッサユサと下から持ち上げ始めた。



どうせダメって言われるのを覚悟で、俺は身を乗り出して手を伸ばした。






「どれどれ・・・」






ミーちゃんは想像とは違い、“ホラッ!”と言わんばかりに胸を突き出した。






(えっ?触ってイイの?)






躊躇したが、恐る恐る下乳に触れた。



もうその瞬間、頭の中で何かが弾けたように、久しぶりのオッパイを揉みまくった。






「重さだけでしょ~、揉んだらダメ~~」






キャッキャと体をクネらせるだけで、ミーちゃんはおっぱいを揉ませてくれた。






「う~ん・・・これじゃ~重いか分からんなぁ~柔らかいだけで」






「だって揉んでるし~。もう終わりぃ~」






「いやいや・・・まだ重さが・・・」






俺は立ち上がってミーちゃんの後ろにあるソファーに座った。






「なにしてんのよぉ~、ほらぁ~早く戻って」






「どれどれ・・・」






面と向かってなかったせいか、俺は怖がらずに動けた。



後ろから抱き付くようにして、左右の脇腹の横から手を入れて揉んだ。



今度は遠慮なく、持ち上げるようにゆっくり大きく揉んだ。



ホントに柔らかくて、重量もかなりあった。






「だめでしょ~っ・・・んもう・・・だめってば・・」






この時になって、今日はマジでイケる!って思った。



遅いけど。






後ろから久しぶりのおっぱいを堪能していると、潤んだ目で振り返ってきた。



そんでミーちゃんの方からキスをしてきて、「っんっん」と舌を絡めてきた。






まあ~、童貞に近い俺はそれだけでタジタジになっちゃって。



ソファーに押し倒されて、上に乗られたままキスをされ続けた。



結構長くキスしてたと思う。



口の周りがベトベトなるほど、ミーちゃんのキスは激しかった。






「こんなキスしたの久しぶりっ」






唇を離すと、照れたようにニコっとしながら言われた。






「俺も。もう1年以上だし」






そんでそのまま、またキスをした。



元カノはいつも受身だったから、上に乗られてキスされるのは初めてだった。



俺も相当興奮してたみたいで、ずっと舌を絡めまくってた。



もちろん巨乳にも時々手を伸ばして揉んだりしながら。






そしたら突然、ミーちゃんの携帯が鳴った。



ミーちゃんはビックリして跳ね起きて携帯を手に取った。






「ヤバッ、旦那だ!喋っちゃダメだからね」






ミーちゃんは携帯を手に、急いで玄関の方に向かって行った。






「もしもし~う~ん・・・どうしたの?えっ?う~ん・・・飲んだよ~」






旦那から電話が来るとは思っていなかったらしい。



ミーちゃんはソワソワしながら話をしていた。



俺はミーちゃんに身振り素振りで手伝えた。






“そっちは携帯の電波悪いから、こっちに来なきゃダメだよ!”って。






何度も口パクで『で・ん・ぱ!で・ん・ぱ!』と言うと、ようやく伝わり、こっちに戻ってきた。






「うん、そうそう、今、廊下に出たんだけど、電波悪いみたいで。今は平気でしょ?」






なんとか大丈夫そうだった。






俺はミーちゃんをソファーに座らせた。



初めは酒を飲みながら音無しのテレビを観ていたが、一向に電話が終わらない。



ミーちゃんも『ごめんね』って何度も俺に手と顔で謝ってた。



なにやら旦那さんは酔っ払っているらしく、ウダウダと日記のような会話を続けているらしい。






ボーッとしながらミーちゃんを見ていて、俺はある事を思い出した。



一番興奮した話だ。






(もしかしてこの電話中とかって凄いチャンス?)






ゆっくり俺は隣に座って、背を向けるミーちゃんを後ろから抱き締めた。



そのままオッパイを揉み始めると、身をくねらせて逃げようとする。



けど本気で逃げるんじゃなくて、ただ身をよじるだけ。



頬を膨らませて『もうっ!』て顔をしてたけど、逃げ出そうともしない。






俺は調子に乗って揉みまくった。



シャツの中に手を入れて、ブラの上からも。



電話が終わらないのをいい事に、下の方にも手を伸ばした。



さすがにこれは拒絶して、足を開こうとはしなかった。






それでも立ち上がって逃げ出さないから、俺はおっぱいを攻める事にした。



Tシャツを着ていたので、それをゆっくり下から捲り上げる。



両腕で上に上げさせないようブロックされてたけど、俺はゆっくり捲りあげた。



それで後ろのホックを外して、強引に下からナマ乳を揉んだ。



乳首は硬くコリコリになっていて、ミーちゃんの口は横一文字になってた。



声を出さないように堪えてるっぽかった。






両方の硬くなった乳首を親指と人差し指で摘まんで、コリコリコリとしてみた。



ケツをくねらせるように身悶えるミーちゃんを見て、俺は最高に興奮してた。



それで俺はミーちゃんをソファーに押し倒すようにして、そのまま乳首にむしゃぶりついた。






「んはっ」






一瞬だけ小さく声を出していたが、バレなかったみたい。






乳輪が少しポコッと盛り上がっていて、なんか妙に卑猥。



乳首は普通サイズでビンビンに硬くなってた。



元カノが貧乳系だったから、目の前にある形の良い巨乳に興奮した。



初めは荒々しく揉んじゃって、乳首も舐めまくっちゃってた。






『だめでしょ!』






頭を小突かれて、ミーちゃんに口パクで怒られた。






でも拒絶してるわけじゃないから、激し過ぎたのが怒られたっぽい。



だから今度は優しく揉んだり舐めたりして楽しんだ。



途中から足の間に足を入れて、アソコを太ももで圧迫してやった。



期待通りミーちゃんは太ももにアソコを擦り付けてきた。






旦那とは曖昧な返事をしながら会話しつつ、俺の太ももに擦り付ける姿に感動した。



エロい女ってAVとかの演技だろぐらいに思ってたから。



モテない俺には仕方が無い。






オッパイを舐め始めて20分ぐらいしても、まだ旦那はずっと喋ってる。



興奮しまくりの俺は、我慢しきれずにまた下に手を伸ばした。



タイトなパンツを穿いていたから、その上からアソコを触った。



さっきとは違って、今度は拒絶しない。



大丈夫なんだって思って、優しく撫で回した。






ミーちゃんは目を閉じて、眉間にシワを寄せながら「んっ」と口を閉じていた。






だからベルトを外してパンツを脱がせてみた。



明らかに協力的に腰を浮かせてくれたから、難なくパンツは脱がせる事ができた。



上下お揃いのピンクのパンツが目の前に現れた。



触ってみると・・・濡れてる。



下着が湿り過ぎてて、表面までピチャピチャ状態。






『濡れてるよ!』と口パクで伝えると、ミーちゃんは『もうっ!』と頬を膨らます。






足に力は入っていなかったから、下着のズラしてみると念願のアソコがお目見え。



ビラビラは小さくて、毛はかなり薄い、っていうかチョビチョビ生えてただけ。



濡れた液が糸を引いていたから、それをすくってクリトリスにつけて撫でた。



やっぱりアソコを直接弄られるとヤバいのか、口を手で押さえてた。






下着も邪魔だったから脱がせた。



もう俺はアソコにむしゃぶりついた。



音を出さないようにだけど。



俺の唾じゃない液体が、どんどん溢れてきてた。






声も必★で堪えてるっぽい。



両手で左右に広げて、クリトリスから穴までを上下にゆっくり舐めると、ケツがヒクヒクと動き太ももまでプルプルし始めてた。



指をゆっくり入れてもプルプル動いてて、相当感じてるっぽかった。



アソコから出た液体がケツの穴まで流れてたしね。






徐々に指の動きを速めたら、さすがにストップがかかった。






(もうこのまま入れてしまえ!)






そう思って、俺はジッパーからチンコを出した。






『入れちゃダメ!』と口パクされたから、『大丈夫、入れない』と答え、亀頭でアソコを擦った。






濡れまくりだったからこれがまた気持ち良くて。



からかうように亀頭の裏でクリトリスを少し激しく擦ってみた。






するといきなりミーちゃんが起き上ってきた。



怒られるかと思ったけど、そんな事はなかった。



わざと怒ってる顔をしながら、俺のチンコを握ってきたから。



ギュっと強く握られたけど、その後はシコシコと動かされた。



それで俺の方を見てニコッとし、いきなり亀頭をペロリとされた。



また俺の方を見てニコリ。






片手に携帯を持って相槌を打ちながら、ミーちゃんは俺の太ももに頭を乗せてきた。



目の前でチンコをシコシコしながら、旦那と会話をしている。



残念な事に俺はそれだけでもイキそうなレベルだった。



ここでイッたら最悪だって思い、必★で我慢した。



手コキが凄いうまくて、ホントにヤバかった。






ミーちゃんの会話が止まった瞬間、また亀頭をペロリ。



少し会話をして竿をペロリ。



何度もこれを繰り返されて、俺はM男君にでもなった気分だった。



片手を突っ込んでオッパイを揉むのもやっと。



喋り終わるとすぐペロリとするから、狂いそうになるほど興奮した。



やっと電話が終わった頃には、三擦りでイクぐらいの状態。






「もぉ~、イタズラしちゃダメでしょ~~」






そう言ったミーちゃんはおもむろにチンコを咥えた。






「ヤバいって!マジでイッちゃうから!ヤバいってば!」






腰を引こうとした瞬間、俺は暴発した。



ミーちゃんの口の中にドクドクと精子を出しちゃった。






「んんっ」と言いながらも、ミーちゃんはそのままフェラしてくれた。






<続く>