私と彼は塾講師をしています。



彼と職員室で2人きりのときの話。






私「今日、パイパンにしちゃったんだぁ」






彼「え?・・・まじで?」






彼は困ったような顔をしながらも、目は輝いていました。



シャツからタイトスカート、スリッパまでじーっと眺めてたなぁ。






私「興味ある?」






彼「・・・ある」






私「でも授業だから、またね」






そう言って職員室を出ようとすると・・・。






彼「待って!ちょっと帰り残って。一緒に帰るべ」






内心キター!と思いながらも平静を装い、「いいよ」と頷きました。






授業はいつものように、楽しく真面目な先生をやらなきゃで。



生徒と冗談言い合って笑ったり、難しい文法を教えて板書したりしてる間も、自分のそこが気になり、ジンジンする始末。



彼とすれ違う時、顔を見られるだけで濡れちゃいました。



この人は知ってるんだなって。






みんなが帰り、書類を書いて上司である彼に報告が済むと、「こっち来なよ」と彼が呼ぶので書類をファイルしてから行くと、椅子に座ったまま話し掛けてきます。






彼「確かめていい?」






返事を待たずにスカートの下から手を入れて、下着越しにナデナデされました。



私、背が低いから、彼が座るとちょうどいい按配に・・・。






彼「本当だ・・・凄いなぁ」






私「見たい?」






茫然とする彼を覗き込むように見ながら言うと頷くので、私も、「いいよ」と。



自分からスカートを捲り、彼に下着を取ってもらいました。



あ、恥ずかしくなってきました。



えっと、それでツルツルのを見られてまたドキドキしちゃって。



見るのみならず触られちゃって・・・。






私「舐めてあげようか?」






彼「違うだろ。お前、したいんだろ?本当にエロなんだから・・・」






私「舐めてもいいですか?」






椅子に座ったままの彼のを、跪いてナメナメ。



彼はすでにビッグになってました。



唾液まみれで舐めてると、彼がやめさせるので失敗かと不安に思いました。



シャツを捲り、手首で唾液を拭いながら彼を見たら・・・。






彼「こっち来て」






手を引かれて教室に。



誰もいない教室。



シャツのボタンを外され、自慢のDカップを露わにされました。



で、机に手をつかされて、後ろから・・・。






私「あっ!・・・待ってっ!なんか、恥ずかしいから・・・」






彼「ダメ。だってこういうのしたくて、ここまでしたんでしょ?」






もう机がガンガン言ってました。



胸が机に当たって冷たかった。



それが凄くエッチで・・・頭が真っ白になりました。



足がガクガクしたら、彼が床に四つん這いにさせて、さらにガンガン。



なんか、彼もいつもより凄かったです。



で、入れたまま仰向けにされて、ツルツルのそこをナデナデされながらゆっくりと。






彼「ここまでしちゃうなんて、可愛いな」






ちょっと照れた感じで言われました。






私「ツルツル、嫌い?」






彼「好きなわけじゃないが・・・萌える。なんか変な感じ。初めて見たし・・・」






もう恥ずかしくて上手く書けなくてすみません。



また誕生日にしてもらう約束しちゃいました。



そのときはまた書かせてください。



長々とごめんなさい!