出会い系が盛んだった頃、24歳のミホちゃんと仲良くなった。



メールだけじゃ飽きたらず、朝まで電話した。






「日曜だから、これから遊ぼっかー」






「いいよ」






仮眠してからちょっと離れたカラオケ屋で待ち合わせ。



顔は田中麗奈、体は篠原愛にもう少し肉を付けた感じ。



ポチャ巨乳が好きな俺には大当たりだと思った。






カラオケが得意な俺は歌でポイントを稼ぎ、その後一人暮らしのミホの家に行った。



最初は色々話してたが、寝不足もあってつい寝てしまった。



ベッドにもたれかかって寝てたんだが、ふと気が付くとミホが俺にもたれかかってた。



暗かったけど、すぐ何をしてるのかわかった。



ミホは俺のジーパンのチャックを下げて、チンコを摘み出して弄っていた。



まだ俺が目を覚ましたのに気付いてないようだ。



無言で俺の半勃ちくらいのチンコを指先でこねくりまわしてる。



よく見たらミホの格好はブラジャーとパンティーだった。



服の上からでもわかるくらいのデカ乳だったが、やはり生で見ると凄かった。



GカップかHカップはある、メロンみたいなおっぱいだった。








俺はずっと寝たふりをしてた。



ミホが小声で、「起きちゃうかな~?」と言いながら俺のチンコをしゃぶり始めた。






チュプッジュボッシコシコシコシコ・・・。






(やばい、こいつかなり上手い)






我慢できず、「う・・・あ」と声が漏れた。



でもミホは構わずしゃぶり続けてる。



俺は思わずミホの胸を鷲掴みにして揉みしだいた。






(すげえ!マジで柔らかい)






おっぱい揉んだ後、ブラジャーを外した。



もちろんミホはしゃぶっり続けている。



パンティーもずり下ろし、マンコの筋を触ってみた。



めっちゃくちゃ濡れてた。



クリトリスは、今まで触ったことのないくらいの大きな感触だった。






「ミホ、ベッドに乗ってマンコ拡げて見せて」






「ん・・・うん・・・でもびっくりしないでね・・・」






まじまじとクリを見ると、エンドウ豆くらい大きなクリトリスだった。






「うわ・・・でっか・・・」






「私、クリが大きいみたいなの・・・気持ち悪い?」






「ううん、美味しそうだよ」






俺はめちゃくちゃにしゃぶってあげた。



ミホは10分ほど喘ぎ続けた後、「イクぅー!」と大声をあげながらイッた。






ぐったりしてるミホから離れ、タバコに火をつけた。



ソファで一服してるとミホが寄ってきて、「続き、してあげよっか」とまたしゃぶりだした。






「吸い終わったら入れるから、唾をいっぱい付けておいてね」






「ん・・・ふぁい・・・」






ジュポジュポ・・・。






一服が終わってコンドーム装着、いよいよ挿入。



正常位でやったけど、かなり締まりが悪かった。






「・・・ゆるいでしょ・・・?ゴム外していいよ」






俺は無言で外し、もう1回入れた。



今度は良い感じだ。



ミホのマンコがヒクヒクと痙攣して、いやらしいマン汁の匂いがする。



ミホのむっちりした太い足を舐めながら俺は腰を振り続けた。



5分くらい腰振り続けてはフェラや69で休憩して長く楽しむ。



1時間くらい経った頃、そろそろ出したくなってきた。






「ミホッ・・・もう出る・・・どこに出せばいい?」






パンパンパンパン!






「◯◯君がいいなら中でいいよぉ~。出してぇ」






「出来たらどうするのっ?」






パンパンパン!






「責任取ってよぉ~、ああ~いい~ミホのおっぱい吸ってぇ~」






生理日以外に中出したことがなく、ミホのデカ乳に頭がいっぱいだった俺は・・・。






「中に出すぞっ!!ミホ!イクぞッ!!」






パンパンパンパン!






「出してぇ~ミホの中に出してぇ~~イグウウウウウウウ!!!」






スポンッ!



ビュルッビュルッ!






チキンな俺はギリギリで思い留まり、胸射にした。






「はあ・・・はあ・・・オッパイに出したぁ・・・中に欲しかったのにぃ・・・」






「ごめんごめん、こういうのはきちんとしてからな」






その後、まだし足りないと言うミホに2回目の射精をせがまれた。






「せめて口の中に欲しかったな」






仕方ないので少し休んだ後、ミホにオナニーさせて、それを見ながらしごくことにした。



相当エロい女で、嬉しそうにオナニーを見せ付けてくる。



デカクリをこねこねしながら自分の指についたマン汁を舐め、乳首に擦りつける。



すぐイキそうになり、オナニーを続けさせながら咥えさせた。



フェラ&手コキですぐに限界が来て、ミホの口に射精。



1回出した後なのでほとんど出なかったが、こっちの方が気持ちよかった記憶がある。






その後、ミホと付き合うことにしたが、結局体以外の相性が悪くて、すぐ別れてしまった。



ちなみにこれは俺が27歳の時の話だ。






次は、高校から大学のときに付き合った、ミチエの話。



ミチエを知った当時、俺には彼女がいた。



その子とは勢いで付き合ったけど、正直あんなり好きじゃなかった。



初体験はその子で済ませたけど、マン臭が半端じゃなくて嫌な思い出しかない。



で、その彼女と別れた後にすぐ告白して付き合ったのがミチエなのだが、この女が最強に変態だった。






ミチエが頭が凄く良くて、毎回成績は学年トップ10以内。



でも引っ込み思案で、目立つ女子の後ろをついて歩いてるタイプ。



色素が薄くて色白で髪は茶色。



胸はCカップでそんなに大きくないけどぽっちゃり体型。



正直、かなり好みだった。






告白して見事成功。



俺は手が早いので、1ヶ月くらいでエッチした。



もちろん処女だった。



で、まず思ったのが、フェラが超上手いこと。






「こう?ここがいいの?」






なんて俺に聞いて研究しながら上達していったので、やっぱ頭がいいんだなと思った。



乳首もまっピンク、マンコもピンク、しかも無臭。



その後、何人かとエッチしたけど、ミチエほど無臭な女を他には知らない。






で、少しずつ変態だってことがわかっていく。



ある時、セックス中にオシッコがしたくなり、トイレに行って戻ってきたら、すぐに彼女がチンコをしゃぶりだした。






「綺麗にしてあげるね」






チンコを絞るようにしごいて、尿道からオシッコを吸い取ってた。






「き、汚いから」






「大好きな人のだよ、美味しいよ」






チュ~チュパチュパ。






「ああっ、じゃあ吸って飲んでぇ」






「あたしもオシッコしたいな・・・ねえ、トイレ行こう」






「え?」






放尿プレイは知ってたが、まさか高校2年にして体験するとは・・・。



洋式なので座ったら見えないので、便座の上にしゃがませる。






「・・・見られてると・・・出ないね・・・」(ハアハア)






「出るまで舐めてあげる」(ペロペロ)






「ああ~出そう・・・出るよ・・・」






プショッ・・・シャアアア!!!






「あ~~~」






予想より遙かに濃くて飲めず!






(こんなに可愛くて頭が良くて綺麗な体してるのに、こんなに変態なんだ・・・)






凄い興奮した。



俺はチンコをしごきながらオシッコを飲み続けた。



その後のセックスは物凄く盛り上がった。






それからオシッコは日課になった。



2人して素っ裸でトイレに入り、俺がする時は彼女は横からオシッコのしずくを舐め取る。



彼女がする時はしゃがませて口にオシッコを当てる。



俺の家でエッチしてたので、途中で親が帰ってきて焦ることも何度かあった。



この行為が2人の性癖を大きく歪ませた。






ある日、彼女にオシッコさせた後で舐めて掃除してる時、アナルをツンツンしながら聞いてみた。






「ねえ・・・こっちは出ないの?」






聞いた途端、後悔した。



ヤバイと思ったけど、彼女は恥ずかしそうにこう言った。






「・・・ごめん、お昼に学校でして来ちゃった。・・・見たいの?いいよ・・・今度◯◯の家に行く時は我慢して行くから」






「うん・・・無理しなくていいからね」






その週末、家にいつもより早めに遊びに来た。



親に挨拶して、すぐ俺の部屋に上がってくる。



部屋に入るなり言った。






「なんか出そうだったから・・・早めに遊びに来たよ」






いつものような抱き合ってキスをして、2人ともあそこを弄り合う。






(今日はとうとう女の子のウンコを見れるのか!)






しかし、親がまだいる。



さすがに今から2人でトイレには入れない。



で、俺はコンビニ袋を持ってきた。






「・・・オシッコも一緒に出ちゃう?ウンコだけここでして欲しいな」






「・・・ええ・・・でも・・・」






「お願い、ミチエのウンコが見たいんだ。いつもより沢山愛してあげるから」






「・・・じゃ、じゃあトイレでオシッコだけしてくるね・・・」






トイレから戻って来たミチエは、なぜかパンティーを手に持っていた。






「あたしも興奮してる・・・恥ずかしいのに」






パンティーはマンコ汁でぐっちょぐちょだった。



やっぱりこいつは変態だ。



全裸にさせてウンコの体勢にさせる。






「く、臭かったら・・・ごめんね」






ケツ穴がヒクヒク動いて、お尻の肉が緊張してピンと張ってる。



俺はケツ穴の前で横になり、チンコを一生懸命扱き始めた。



便意が結構来てたらしく、その瞬間が訪れた。






「んっ・・・出、出るよ・・・」






「うん・・・ミチエのウンコ見せて」






ビチュッビチュッ。






ウンコの前にマンコからねっとりした汁が沢山出てきた。



物凄く興奮してるのがわかった。






「・・・あ」






ケツ穴がイソギンチャクみたいに大きく広がって、卵みたいに丸くて茶色いウンコが顔を出した。



しごくのも忘れて俺は見入った。






「すげえ・・・こんなんなって出てくるのか・・・」






「あ・・・あ・・・んっ・・・」






ブリッ、ゴトッ。






まん丸のウンコがビニールに落ちた。



結構堅めで、臭いはしなかった。






「あっ、凄いっ、もっとウンコ見せてっ」






シコシコシコシコ・・・。






「ああ~、ミチエの太いウンコ見てぇ~~~」






なんとミチエはウンコをしながらクリを押し潰してオナニーしていた。



また尻穴が拡がり、今度は一本糞が出てくる。



これも堅めで臭いがしなかった。



俺は口を近づけて、膨らんだ尻穴をペロペロ舐めた。



なんだか土みたいな味がした。






「はあ・・・はあ・・・もう出ない・・・」






「お尻こっちに向けて」






「・・・はい」






ティッシュで綺麗に拭いてやり、お尻の穴を綺麗に舐めてあげた。






「臭かった?嫌いになった?」






ミチエは少し涙目になっていた。






「ううん、凄く嬉しかった。良かったらまた見せて欲しいな」(チュッ)






「うれし・・・また頑張るからね」(ニコッ)






ビニールのウンコを見ながらセックスした。



バックの体勢にして、ウンコをミチエの目の前に置いてするセックスは最高に興奮した。



もちろんアナルにも目覚め、この後、半年経たずしてアナルセックスも経験することになった。






ミチエの変態っぷりは本当に凄まじい。



まず、どこに出掛けようが、どんな状況だろうが、エッチなことを求めてくる。



べったりくっついたり、腕を組むふりをして俺のズボンポケットに手を入れてチンコを弄ってくる。



夏でも冬でもいつもノーブラ。



下は肌色か黒のストッキングにミニスカートかキュロット、そしてノーパン。






「どこでも触って欲しいから」ってのが理由だった。






夕方、誰もいない教室でセックスしたことも何回かある。



マン毛を剃らせて、学校の誰も居ない所できちんと剃ってるか確認したりもしてた。



色んな女がいたけど、マジでこいつ以上の変態はいない。