姉貴「利一・・・動いていいのよ?どうしたの?」






俺「いや・・・ちょっと落ち着くまで待って。動いたら・・・たぶんすぐ発射しちゃいそうだ」






姉貴「いいよ。すぐ出して。その代わり2回して・・・。姉ちゃんもイキたいし」






俺は、腰を振った。






(なんてオマンコなんだ!)






人妻のはいいって聞いたことあるけど・・・。



肉壁とヒダヒダが絡みついてきて、亀頭を刺激された。



俺はピストンを速めたりゆっくりしたりして強弱つけながら、姉の中を往復した。



腰を回転させて、姉貴の子宮口をグルグルと擦ってみた。






姉貴「あ!あ!あ!イッ!ッ!イイイーーー!」






姉貴の腰がグラインドし始めた。



姉貴は眉間にしわ寄せてた。



気持ちいいのか・・・痛いのか・・・?






俺「姉ちゃん・・・もしかして痛い?」






姉貴「ち・・違うの・・・もっと・・・それして」






そのまま腰を回転させながら、姉貴のおっぱいを揉みまくった。






(柔らかい!!揉みごたえ最高!)






乳首を咥えて、前歯でカミカミした。






姉貴「アッ!ウゥゥーン!アウ!アウ!アウ!」






顔を振りながら姉貴はよがりまくった。



髪振り乱して・・・って言葉あるけど、そのまんまだ。






(すげえ!すげえ!姉ちゃんの乱れ方、凄すぎる!!)






俺「姉ちゃん!出させて!」






姉貴「アウアウアアウ!」






姉貴はうめきながら頷いた。



俺はMAXハイテンションで姉のオマンコを突き上げた。



ピストンすると、入るときに肉壁を押し分ける感触で、抜くときは亀頭を包むように肉壁が押し寄せる感触だ。



おまけにジュースの湧き方が凄いから、突っ込むと膣からジュースが溢れてくる。



ジュッポ!ジュッポ!と卑猥そのものの音が出る。



ガンガン腰を振って突き上げて・・・。






俺「イクよ!姉ちゃん!」






最後の突きを入れて子宮に亀頭を押し当てて射精した。



脈動に合わせて奥へ子宮を突きあげてた。






姉貴「あうぅぅぅ!あうぅう!」






姉ちゃんはうめきながら仰け反ってた。



たっぷり姉貴の膣内に出した。



ホントにたっぷり出た。



気持ちいいってか快感度MAX!



姉貴の上に乗って、揉みながらおっぱいに顔埋めてぐったりした。



姉貴が俺の頭を撫でてくれた。






(姉ちゃん!オマンコ最高じゃんか!)






姉貴「利一・・・たくさん出したの?」






俺「ああ・・・凄いよ。出た!出た!スゲー出た」






姉貴「よかったね。まだ出せるかな?もう無理?」






俺「出せる・・・まだ平気だ」






姉貴「じゃあ、もう1回出してね」






俺「抜こうか?チンコ」






姉貴「入れたままにしててよ。大きくなったら姉ちゃんをイカせてね」






二人とも汗だくだ。



俺は乳首にしゃぶりついておっぱいを揉んだ。






姉貴「利一っておっぱい好きなんだね。おっぱい星人だったんだぁ・・・」






俺「姉ちゃんのおっぱいって揉むのもいいし、舐めて吸っても美味いもんな」






姉貴「あははは!利一赤ちゃんみたいに吸ってるよ!」






俺「ねえ・・・姉ちゃん、今度はバックでやらせてくれよ」






姉貴「バックね。いいわよ。あのさ・・・お願いしていい?」






俺「何を?」






姉貴「バックで突きながら、姉ちゃんのお尻叩いて・・・っていいかな?」






俺「叩くの!!お尻・・・。痛くないの?」






姉貴「え?あまり強くはしないでよね」






俺「姉ちゃん・・・って、もしかしてMか?」






姉貴「なのかなあ?わかんなーい・・・」






絶対に姉貴はMだ。



やられることに快感を感じるんじゃないか?と俺は思った。






俺「姉ちゃん、レイプされたい願望あるでしょ?」






姉貴「・・・ある・・・かも」






俺「ひえ~!!俺の知らない姉ちゃんがここにいる」






マジにびっくりしたし、少し引いた・・・。






姉貴「へへへ・・・びっくりした?旦那に開発されちゃったんだよね」






俺「じゃあ・・・じゃあ・・俺が乱暴にしても平気なの?」






姉貴「うん!大丈夫!ああ~!殴ったりとかはだめよ。エッチでの乱暴だかんね」






俺「よくわからんが・・・」






おっぱいモミモミしながら、そんな話してたら興奮してチンコがオマンコの中で復活した!






俺「姉ちゃん、一度抜くよ」






姉貴「ティッシュとってぇ」






ティッシュを渡して、俺はチンコを抜いた。



姉貴が起き上がって、ベッドにティッシュを数枚置いて、その上を跨いだ。






姉貴「うわあ!利一出したねぇ・・・まだ出てくる。溜めすぎだよ。色がちょっと黄色いし」






オマンコからボタボタ・・・タラ~っとザーメンが出てきた。



俺はオマンコから出てくるのを見てて、MAX勃起になってた。



興奮度100%。



だって、目の前で憧れてた美人の姉貴がオマンコ開いて、俺のザーメン絞り出してる姿なんて想像できないもん。






姉貴「全部出たね・・・じゃあバックで思い切り突き刺してね?その立派なオチンチンで!」






そう言って姉貴は俺にお尻向けて四つん這いになった。



俺は姉貴のオマンコに手を伸ばしてた。



ビラビラを触ったりしてた。



無意識に。






姉貴「触ってないで、早く入れて掻き回してよぉ~」






姉貴は振り向きながらお尻をグラインドさせて誘ってきた。






(卑猥すぎるぅ!!)






俺の姉貴だよな?これって。



さっきまでの清楚な姉貴はどこ行った?



ええい!もう関係ねえわ!



俺は姉貴のお尻を両手掴むと、バックでの挿入体勢にした。






姉貴「早く~ぅ・・・早く~ぅ。一気にぶち込んでぇ~」






亀頭を膣口に当てた。



深呼吸しながら頭の中でカウントした。






俺「いち、にー、のさん!!」






腰に力を込めて一気に押し込んだ。



ジュブ!っと変な音を立てて、ぴったり根本まで潜り込んだ。






姉貴「アアーーーーン!」






姉貴が声を上げて上半身が倒れた。



お尻だけを高く突き上げて・・・。



クーーーッ!すんげえ締り方する!



それにすんげえ恰好!!



姉貴の肛門が丸見えだしヒクヒクしてるし・・・、オマンコにチンコが根本までしっかり入って膣口が丸見えだし!!



ってこんなにすげえのかよ!!俺の姉ちゃん!!



俺はそのままピストン全開。



パン!パン!と音立てながらピストンした。



突き上げるたびに姉は声あげてた。






姉貴「お・・・お尻・・・叩いて・・・叩いて」






言われるままに、ピストンしながら平手でペシッ!と叩いた。






(ウォ!締まる!・・・叩くと余計に締まる!!)






俺「姉ちゃん・・・痛くない?」






姉貴「もうちょっと・・・あん!あん!強くしてぇ―――アン!」






ベシン!ベシン!と左右交互に叩きながらピストンした。






(締まるだけじゃないじゃんか!!何?この中の動きは?)






姉貴「いい!・・・いい!・・・いいの!いいのぉ!」






俺「姉貴!!・・・の・・・オマンコ凄すぎぃ!!」






俺は無意識に声に出してしまった。



お尻叩くたびに姉貴のよがり声は大きくなる。



もう何言ってるかわからない・・・。



パンパン!ピストンしながら、片手はお尻を掴んで、片手でお尻を叩き続けた。



異様なセックスに興奮度がMAXどころじゃない!



何分経ったかわからない。



突然姉貴が仰け反ると、「イーーーー!ゥクゥゥーーーーーー!」とイッてしまった。






なんなんだこれ!



ピストンできないぐらいの締まり方!!



それにモゾモゾと動きまくる!



両手でお尻を鷲掴みして、ガンガン無理やりチンコをねじ込む感じでピストンした。



なんて狭いんだよ!!



亀頭に肉ひだが擦れる感じは、今まで味わったことがない感触!!



姉貴のお尻がグルグル回りだした。



また、言葉にならないよがり声を出し始めた。






姉貴「アック!クッ!クッ!アウ!アア~ハァ~ンック!」






文字にするとこんな感じだ。



それからピストンすること1分ぐらい俺も我慢できなくなった。



パンパン強烈な音を立てながら・・・。






俺「姉ちゃん!出すぞぉ!」






姉貴「アック!来て!来て!出してぇぇぇぇ!!ウックゥーーーーーー!」






姉貴がのけ反った!



ムギュッ!とオマンコが締まった!



姉貴2度目の絶頂だ!



同時にドッパ!ドパッ!と言う感じで射精した。



発射するたびにキュッ!キュツ!とチンコを締めてきた・・・。






(おーい姉ちゃん!射精が止まらないじゃんか!!)






5秒ぐらいは出続けてた。



俺の脳天まで電気が走るような快感!






俺「姉ちゃん!!助けてくれぇ!!」






そのまま俺はお尻掴んで前のめりに倒れてた。



姉貴もうつ伏せに倒れた。



姉ちゃんのお尻の上に乗ってぐったり。



まだチンコからトロッっと精液が垂れるように出てるのを感じた。



汗だく、心臓バクバク、呼吸もゼーハー状態。



何分しただろう?






姉貴「利一・・・良かった。気持ち良かったよ」






姉貴がうつ伏せのまま話し掛けてきた。






俺「姉ちゃん!めっちゃいいオマンコ持ってるじゃんか・・・」






姉貴「良かったでしょ?出た?いっぱい?」






俺は姉の背中に顔着けたまま何度も頷いた。






姉貴「利一・・・とうとう姉ちゃんとやっちゃったね?」






俺「ああ・・・やっちゃったよ・・でもさ、嬉しいんだよ。俺」






姉貴「私もよ・・・最高に気持ち良かったわ」






で、そのままホテルに泊まり、姉貴と抱き合って寝た。



おっぱいに顔埋めて寝た。



姉貴が言うには、俺は寝ながら乳首に吸い付いてたそうだ。






翌朝、「利一ちゃん、朝だよぉ~。オッハヨー!」と俺を揺すって起こしてくれた。






俺「姉ちゃん・・・おはようさん」






昨日のエッチの余韻がまだたっぷり残ってた。



姉貴が俺のチンコを握って・・・。






姉貴「朝から元気なオチンチンみっけ!入れよっか?これ?」






で、騎乗位で姉貴がオマンコに入れて・・・そして朝から中出し。



帰りの車の中で・・・。






姉貴「利一ちゃん、今日のことは2人だけの内緒にしてね」






俺「・・・あ、当たり前だろ!他人には言えないって!」






姉貴「うん!あとね?時々は姉ちゃんと遊んでね。これで」






と、Gパンの上から俺のチンコを握ってモミモミした。






俺「時々・・・だよなあ。毎日だったら最高だなあ・・・」






ぼそりと俺。






姉貴「やーだ!毎日なんて」






俺「じゃあ、触るだけね!」






と、俺はハンドル握ってない左手で姉貴のおっぱいをモミモミした。






姉貴の体を知ってしまった俺。



この快感から抜け出るなんて・・・絶対に無理だぁ!



姉貴にはまった俺です。



どっぷり頭のてっぺんまで姉貴まみれになってしまった。