スポンサーリンク
スポンサーリンク

社長のデカチンのカリ首に中をえぐられイキまくる妻・・・









妻が30歳の時に結婚して現在45歳になるが、今でも出会った頃の美しさは全く衰えていない。

顔は小さくて目鼻立ちのはっきりした美人で、スレンダーな身体にいつもピンヒールを履いているのでキュッと締まった脚が魅力的な女性です。

初めて出会った時はOLで、コンサバスーツにハイヒール姿の彼女に1秒で惚れしてしまった。

長い髪は軽くカールしていて育ちの良い感じだが、何か別の物を直感した。



直感は的中した。

妻は私と出会うまで25歳から5年間も不倫をしていて、結婚後も抱かれていたようだ。

相手は7歳年上の32歳くらいのエリート公務員。



それを知ってしまったのは結婚前の妻の車にあったカバンだった。

悪いと思いながらも覗いてみると、なんと中には無数のセクシー下着が入っていた。

色も赤、黒、白、ピンクと様々で、ガーターベルトにストッキング、穴あきショーツ、あそこが丸見えのショーツ、オープンブラ、ベビードールもある。



特にショーツはレースや紐系でパイパンにしないと似合わないデザインが多く、この頃から彼にパイパンにされていたのが窺える。

さらには赤のセット、黒のセット、白のセットと色分けされたポーチもあり、妻が彼と逢う度に準備をしていたんだと想像すると興奮してしまった。

かなりの数があったので、自分で用意したものではなくて買い与えられたものだろう。



交際はじめは妻も初々しい様子で私とセックスをしていたが、私がセクシーランジェリーを用意すると手慣れた様子で身にまとった。

パイパンもすぐに受け入れてくれた。

やはり元カレにかなりの調教を受けている様子だった。

フェラチオもねっとり舐めあげたり、尿道口を舌先でチロチロとしたり、玉袋まで舐めるし、「フェラチオが大好き」とまで言う始末。



足元はいつも高級なナイロンガーターストッキングに高級ブランドの10センチ以上のピンヒールなので、いやらしい美脚が街の男の視線を集めている。

今日も朝から10デニールのブラックナイロンガーターストッキングに12センチのルブタンなので、赤いソールがとてもセクシーだ。

街を歩く時も少し離れて妻の脚を見るのが楽しみだ。

すれ違う男は必ず見てくるので、それを見ていて興奮する。



車に戻って妻のスカートの中に手を入れると、すでにおまんこがヌルヌルしていた。

ミニスカートから伸びる脚は他人にもフェロモンを振りまきながら本人も興奮させているようだ。

時々妻は、「あーん、足が蒸れちゃったから匂ってみる?」と言いながら助手席からピンヒールごと足を差し出す。

運転しながらなので私はどうも出来ないが、妻はゆっくりピンヒールを脱ぎ、つま先を私の顔の前に持ってくる。

対向車の人が見たらどう思うのだろう。

こんないやらしい事をしながらホテルに向かう。

ホテルに着くとシャワーなんて浴びない。

なぜならお出かけ前にお互い綺麗に準備をして、セックスが終わるまではトイレも行かないからだ。



妻はセクシーランジェリーに着替えると変貌するようで、セックスの前には自分からお尻を突き出してくる。

綺麗に剃られたおまんことアナルの上を細い紐が食い込んで愛液がヌラヌラして全くショーツの役割を果たしていない。

ブラジャーは乳首丸出しで、洋服の上からでも乳首が確認できる。

妻の身体は本当に綺麗でどこを舐めても汚くないので、私はおまんこはもちろんだがアナルも舐めてやる。

クリトリスからおまんこのヒダヒダに舌を這わせ、おまんことアナルの間をチロチロすると声を出す。

次にアナルのまわりに舌先をやると、「そこはいやん・・・」と言うので、「ここってどこなの?」と聞くと、恥ずかしそうに「アナルよ」と答える。

ご褒美にアナルの中に舌先をチロチロと入れてやるとおまんこから愛液が溢れ出した。

アナルは最初こそ嫌がっていたが、最近では自分でアナルに指を入れて洗っているようだ。



さらに脚フェチの私には最高の美脚で、先ほどまで沢山の男に見られていた足からゆっくりとピンヒールを脱がせる。

つま先は汗と高級革の混じった最高の匂いでたまらなくなる。

まずは湿った靴の中敷きに鼻を押し当てると妻は、「いい匂いがするのぉー?変態だね」と言ってくる。

次にナイロンストッキングに包まれたつま先に鼻を押し当てると、「口の中に入れて舐めて」と言ってくる。

妻はつま先がベトベトになるくらい口の中に入れてくる。

そういえば出会った頃からセクシーストッキングとハイヒールばかり履いていたので、元カレとの不倫セックスもこんな感じでしていたのだろう。



私も責められてばかりではなく後半は私が主導権を握る。

まずはアナルに小指ほどの大きさのローターを入れる。

その間、妻の口の中には私のペニスが入ったままだ。

ローターの強さを最大にして綺麗なアナルから出し入れすると妻はヒクヒクとアナルで返事をする。



次に玉が10個連なったバイブを入れる。

最初は3つまでで嫌がったが、最近では10個全部飲み込んでしまうくらいアナル開発が進んだ。

入れた玉を1個ずつ抜くとアナルが玉に吸い付くように出で来る。

最後に大きめのアナルプラグで栓をしたまま次の行為に移る。

いつも思うのが、アナルは元カレに調教されていないのだろかと言うことだ。



次に妻の両手を後ろで拘束したまま、膝をつかせてフェラチオをさせる。

妻は口だけで使ってピチャピチャと音を立ててしゃぶってくる。

時にはさっきのお仕置きとばかりに妻の頭を押さえて口ピストンをしたり、喉の奥までペニスを咥えさせると苦しそうに悶える。



口からペニスを抜くと妻はそろそろオチンチンが欲しいとおねだりするので、四つん這いにさせ、代わりに太めのローター付バイブを愛液でベチャベチャになったおまんこに挿入してやる。

アナルにもプラグが入ったままなので少しきつそうな顔をするが、クリトリス、おまんこ、アナルの3点責めで、お尻をクネクネさせながらいやらしい声を出して感じている。



まだ口が空いているので私のペニスを突っ込んでやりたいがところだが、焦らしてやりたいのと、妻の疑似3Pが見たかったので、自分のより長くて太くてカリ首の張ったディルドを与えた。

すると妻は小さい口をいっぱいにして太めのディルドをしゃぶっている。

今度はバイブを下に置き、そこへゆっくりとしゃがみ、強さマックスのバイブをおまんこに出し入れしている。

もしこれが本当の3Pなら、寝そべった男の上で腰を振りながらもう1人のペニスをしゃぶるんだなぁと想像すると私のペニスから我慢汁が溢れてきた。



十分楽しんだらやっとペニスを与えるが、決まって騎乗スタイルで妻は絶頂に達する。

私のペニスを膣の奥に擦り付けるように腰を振る姿は淫乱そのもので、小ぶりながらもツンと立った乳首を舌で転がすように吸い付くと、大きな声で「イクー、イクー」と言いながらぐったりした。

私はぐったりした妻を無理やりバックから突き上げる。

もうおまんこはグチャグチャで完全に開ききっていておまんこの中まで見えてしまう。

あまりにもヌルヌルで抵抗が少ないから、イクことができないくらいだ。

仕方ないので正常位で妻の締まった両足首を掴んで激しくピストンを繰り返す。

脚を開くとパイパンおまんこにスケベショーツの紐が食い込んで、その横をペニスが出たり入ったりしている。

しかも朝からトイレにも行かせてないので、突き上げるとオシッコがピュッと出てくる。

妻は「出してぇー出してぇー、いっぱい出してぇー」とせがむが、私もいじわるなので妻の耳元で、「昔はどこに出してもらったの?」と囁くと、「顔に出してもらったの」と言った。



「本当に顔だけ?」



「口の中にも出してもらった・・・」



妻が白状した。

以前、妻のメールを盗み見た時のこと。

しかも結婚後のメールで、『平田さんのオチンチンを舐め回したいなぁと思ってしまいます。濡れて・・・最後はたっぷり飲ませてくださいね』とあったので本当のことだろう。

交際当時から口の中に出した精子を飲み込み、精子と愛液でベトベトになったペニスを綺麗に舐めとった姿を見れば、元カレに教え込まれたとしても不思議ではないと思った。



こんな屈辱セックスをしながら、そろそろ私もフィニッシュしたくなったので、正常位で入れながら妻のピンヒールを少しだけ脱がす。

そしてピンヒールの中敷と足の間に鼻を押し当てて絶頂で蒸れた匂いを堪能する。

妻も私の好みがわかっているので両足を私の顔に擦り付けてくる。

何度も言うが高級ナイロンストッキングのサラサラ感、湿ったパンプスの指痕、ほのかな足汗の匂いと高級パンプスの革の匂いは最高だ。

私は指と指の間に鼻を擦り付け、匂いを嗅ぎながら妻のおまんこの中で絶頂を迎え、すぐさま引き抜いて顔にぶっかけた。

美人でセレブ妻の顔に大量の白いドロッとした精子をかける気分は征服感たっぷりで快感だ。



セックスの後はノーパンのまま帰るが、自宅に着くと普通の妻に戻る。

過去は過去として受け入れるべきだろうが、どうしても嫉妬心が出てしまう。

嫉妬の裏で、(もう一度元カレと寝てこないかなぁ)と思ったりもする自分がいる。

または他人棒をおまんこに入れられている妻を想像したりする。



別の日、ついに妻を貸し出し、寝取らせた。

貸し出したとは言え、このことは妻と私しか知らないので、相手の社長はこんな目的があるとは知らない中での出来事だ。

年は13歳年上で、恐らく60歳手前のガッチリした体格のインテリ社長で、とても還暦が近いとは思えないエネルギッシュな方だ。



食事に料亭を予約して3人で行くと告げ、私だけ仕事でドタキャンの電話をした。

社長は今度にしてもいいよと言ってくれたが、「もうキャンセルできないし、妻もここの料理を楽しみにしていたので付き合ってください」と頼んだ。

そして30分後に社長が迎えに来るというので妻に伝えた。

妻はいつもより念入りに化粧をしている。



「楽しみなの?」と聞くとルンルンな笑顔で、「してきて欲しいんでしょ」と言った。



妻はいつもの黒の高級下着にガーターベルト、フルファッションストッキング、なんとバックシーム。

どう見ても誘っているようにしか見えない格好だ。

ショーツもほとんどパイパンおまんこを隠していないではないか。

最後にシャネルの香水を脚にかけている。



妻はそろそろ時間だからと玄関に向かい、ルブタンの12センチエナメルピンヒールを履いて出て行った。

窓から駐車場を見ていると間もなく高級外車が停まった。

妻が乗り込み走り去っている車を見ると激しい嫉妬心がこみ上げてきた。

実はこの後、妻には到着の時間稼ぎをさせて、私は先回りして料亭の駐車場で様子を窺う作戦だ。



私が着いてすぐに社長の車が入って来た。

もちろんこの時点で何かあるわけもなく、普通に2人は降りてきた。

ただ後ろ姿の2人は社長と若い社長夫人に見えるくらいのお似合いだ。

寒い駐車場で1人待つのは虚しいものだ。

もう1時間が経過したので私は妻にメールをした。



『楽しんでいるかい?社長に失礼のないようにね。今日は日付が変わるまで帰れないからごめんね』



これも作戦のうちで、このメールを社長に見せるようになっている。

それから30分くらいして妻からメールが来た。



『今から出ます』



すると2人が出てきた。

しかも妻が社長と腕を組んでいるではないか。

妻の歩き方がぎこちない。

恐らく素のままでは無理だからと言っていたのでお酒をかなり飲んでいるらしい。



社長は妻を助手席に乗せた。

しかしなかなか車は動かない・・・10分は経過した、その時だった。

2人の影がひとつになった。

時々車道から照らされる光に2人の様子が窺えた。

その時、ダッシュボードの上に妻のピンヒールが見えた。



(いったい何をしているんだ?何をされているんだ?)



しばらくして車のライトが点灯し、車は走り出した。

車は自宅方向ではない車線を走り出したので、もしや?と思いながら尾行すると車はラブホテルに入って行った。

私はホテルの入り口付近に車を停めて、わずかに見える駐車場を覗いていた。

2人は車から降りるとすぐさま抱き合ってキスをしているではないか。

長い長いキスは見ている方からすればとても長く感じる。

やっと2人はホテルに消えていった。



私は道端で2人が出てくるのを待った。

色んな想像が湧いてくる。

恐らく社長は妻の下着にびっくりするはずだ。

それ以前に食事の時から、いや助手席にいる妻の綺麗な脚とピンヒールにくぎ付けになっているはずだ。

しかもガーターベルトできわどいショーツ。

先ほどの駐車場では明からにおまんこを触られているはずだ。

いつものように濡れ濡れのおまんこをホテルの明るい所で見れば綺麗に剃りあげたパイパンおまんこなのだから。



2人がホテルに入って20分ぐらいして妻に電話をしてみた。

妻には嘘をつかせて、家に帰っていると言わせた。

後から聞いた話だが、電話を掛けた時は社長のペニスをしゃぶっている途中で、ペニスと電話を並べて話をしていたようだ。

しかも社長も脚フェチで、自分のペニスをしゃぶらせながら自分は妻のつま先を匂ったり舐めたりしていたそうだ。



男なら、こんな綺麗な女がベッドの上でこんな恰好をしていたら平常心でいられるわけがない。

今頃は経験豊富なテクニックで色々とされているに違いない。

使い込んだ黒光りしたデカいペニスを美味しそうにしゃぶっているのだろう。

妻に、イク時は精子を顔に出してもらうように言ってある。

髪にも付いても拭かないように言ってある。

イッたらすぐに、「今度はいつ逢えますか?」と聞くように言ってある。

そんな事を考えているうちに、やっと妻からメールが来た。



『今から出ます。それと社長が“ワシの女にならないか”って・・・なってもいいかな?』



(そんなに良かったのか?)



さすがに嫉妬心も限界だ。

メールが来てから30分も経つのになかなか出てこない・・・もう3時間は経っているのに・・・。

すると2人らしき影が出てきた。

妻が社長に抱きつきながら歩いている。

車に乗ったと思ったらまたキスをしている。

いったい何をされれば女はあんなになってしまうのだ。



時間はすでに午前0時。

今度は自宅方面に車は走り出した。

車の中では2人の影はずっとひとつになったままだ。

自宅前に車が停まったので私はその横を通り抜けた。

バックミラー越しに2人は別れのキスをしていた。



近所を少し走ってから自宅に帰って玄関を開けた。

玄関には妻のピンヒールが無造作に置いてあった。

私はすかさずピンヒールの中敷きに鼻を押し当てると、妻のいやらしい匂いをめいっぱい嗅ぎとった。

それはいつもより蒸れてじっとりとした最高の匂いだった。



部屋に上がると妻は少し疲れた顔でソファーに座っていた。

着衣は少し乱れているが、それ以上にきっちり巻髪セットしていった髪が着衣以上に乱れているのに興奮した。



妻に「どう、楽しかった?」と聞くと、「最高に楽しかった、パパとまた逢いたい」と返事が返って来た。



(「パパ」と・・・)



私はついに感情が爆発してしまい、妻の上に跨がった。



「そんなに良かったのか?俺より良かったのか?」







コメント

タイトルとURLをコピーしました