私(洋一31才)と、会社の後輩(悟30才)と、その妻(美香34才)の話です。






職場の後輩、悟と先輩であった美香は五年前に社内恋愛の果てに結婚。



その二人を引き合わせたのは他でもないこの私。



そういう経緯もあり、悟はもちろんのこと結婚と同時に退社した美香とも現在に至るまで交流があり、彼らの家にも頻繁にお邪魔したりするほどの仲。



人にお節介を焼いているのは良いが、当の私は今だ独り身で生活も不摂生なので、よく美香の手料理を食べさせてもらっていた。






こうして三人でたまに食事をして酒を飲んで馬鹿なことなど話して楽しんでいたのだが、会社の都合で後輩の悟が突然の転勤に。



転勤といっても短期間(約半年)なので単身赴任することになった。






そして悟が転勤して一ヶ月くらいしてから美香からメールがきた。



その内容は「たいしたことじゃないけど洋一君に相談したいことがあるの。今晩都合どう?もしよければウチに来てくれないかな、晩御飯は用意しておくから」というものだった。



私は悟が浮気でもしたのかと思いながらも、美香とも親しい仲なので「いいよ、俺なんかでよければ」と返信した。



その晩、退社し、途中で酒を買ってから真っ直ぐ美香の元へ向かった。






家へ着くと「ゴメンね~わざわざ呼出しちゃって、さっ入って」と美香が迎えてくれた。






一杯やりながら彼女が用意してくれた牡蠣鍋を平らげて、食卓からリビングのソファーに腰かけて一服しながら彼女が食事の後片付けを済ますのを待っていた。



後片付けを終えて私の居るリビングのほうへ来た美香としばらく雑談を交わしていたが、肝心の“相談”をなかなか切り出さない。



堪りかねて、私から相談事とは何かと聞いてみたところ、私の座っている二人掛けソファーにぐいっと強引に座ってきて、私の腕に自分の腕を絡み付けてきて私の肩にピタッと頬を寄せてきた。



香水なのか凄く良い香りがして鼓動が高鳴った。



どうしたのかと聞いてみても彼女は目を閉じて黙っている。






すると突然私の膝の上に跨がり、首に腕を巻き付かせキスをしてきた。






驚いた私が「ど、どうしたのさ」と言うと「わかるでしょ、女に言わせるつもり」と言うと、またキスをしてきて今度は舌を入れてきた。






普段の優しくて貞淑で、なにより美人な美香。



そんな悟の自慢の妻である彼女からは想像もできないような言動に、驚くと同時にゾクッとするような色気を感じた。






「ダメだよ・・・」






そう言いながらも私の理性は薄れていく。






その証拠にペニスは硬くなっていた。



キスをしながら彼女の胸に手を当てて服の上から揉むと、重ねていた唇が弾けるように離れて、熱い吐息が「あっ」という声にならない声と共に漏れ、恥ずかしそうに俯むいた。



興奮と緊張で肉体の感覚が鋭くなっているようだ。



こんな状況ではもう止められない、私は美香の手を掴み自分の股間に宛がった。






「・・・硬くなってるね、見ていい?」と美香が言ったので「うん、いいよ。美香ちゃんのも触るよ」と、スカートの中に手を忍ばせたら恥ずかしがって少し腰を捻ったがそれ以上抵抗はしなかった。






そしてパンティーの横から彼女の割れ目に指を滑らせるともう溢れんばかりの愛液が指に絡みついてきた。



愛液まみれの指を彼女に見せつけ「もうこんなになってるよ、美香ちゃんのエッチ」とからかう。






「やだ」と小さな声で言い、ソファーの脇にあったティッシュで私の指についた恥ずかしい液を拭いてから私のズボンのチャックを下ろし、さすが人妻、馴れた手つきでスルッとズボンを脱がせて私の下半身を下着一枚にしてしまった。






彼女は下着に指を掛け、私の目を一瞬見てから少し笑っているような淫靡な表情でゆっくりとペニスを露出させながら下着を下ろし脱がせた。






「へ~、洋一君のこんなにおっきかったんだ」とまじまじペニスを眺められ、私は恥ずかしさから「お世辞言わないでよ」とふざけた感じで怒った。






美香はクスッと笑って「お世辞じゃないもん、凄く男らしいよ」と言って真剣な顔になり、柔らかで生暖かい口に亀頭を含み唾液で滑りをよくしてから上下に動かしていく。






緩急のつけ方や舌使いが絶妙で、フェラが上手いとはこういうことなのかと感心してしまうほどであった。



こんな舌技の前ではすぐに絶頂に達してしまうと思った私は“待った”をかけ、彼女の服を脱がせ自分も全裸に。



彼女は恥ずかしそうにしていたが、私から見て恥ずかしいところなどひとつも無い細身で色白の綺麗な肉体。






正直に「めちゃくちゃ綺麗な体だね、三十路越えてるとは思えないよ」と言うと「三十路越えてるは余計よ」と、たしなめられて二人とも笑った。






このことでまた少し緊張が解け、彼女を引き寄せ裸で抱き合いキスをした。






抱きしめている間、私の硬く勃起したペニスは美香の腹に当たっていた。



彼女はそれを優しくさすったり握ったりしてくれていて心地よかったのを覚えている。






私達はベッドに移動し、互いに互いの生殖器を求め合い、69の体勢になってしゃぶり、吸い、飲み、二人の陰部や陰毛、肛門はよだれや体液でビショビショになっていった。






そうして暫く貪りあっているうちに「もうダメ・・・我慢できないよぉ」と美香は泣きそうな声をあげた。



私が意地悪っぽく何が我慢できないのか聞くと「入れて欲しいの」と美香。



さらに意地悪っぽく「何を?」と問いただすと「・・・洋一君のオチンチン・・・もうっ変なこと言わせないで」と私の胸に顔を埋めてギュッとしがみついた。



それを見てますます彼女のことを愛らしく思いだして、次第に後輩“悟”への背徳感を心の隅に追いやってしまっていた。






私は美香の体の上にのしかかり、ペニスを彼女のクリトリスにあて亀頭の裏側を擦りつけ愛撫した。






「ダメェ~」






彼女の白く引き締まった腹がビクンビクンと痙攣し、感じているのが手にとるように伝わる。



好い加減に焦らしたところでペニスをヌルヌルの割れ目にゆっくりと埋めていった。






「んはぁぁぁ・・・」






根元まで私の全てを受け入れた彼女は歓喜の鳴き声をあげ、また体を痙攣させる。



息の荒い彼女を落ち着かせるために暫くは動かず、挿入したまま抱きしめた。






「ずっと前から洋一のことが欲しかったの・・・」






私の耳元で囁いた彼女はもう私の事を君付けで呼ばなくなっていた。



そして私達は十代の恋人同士のように激しく交わり、お互いに絶頂、射精を繰り返し、気づけば朝まで愛し合い、その日私は会社を休み寝て起きては一つになり夜まで一緒に過ごした。






そして、これはいけないことだと話し合い、一度きりの情事であると割り切って友人に戻ったが、その後転勤から帰った悟の目を暫く直視出来なかったのは言うまでもない。



しかも数ヶ月後、彼から美香が妊娠したと嬉しそうに報告を受けたが私は内心穏やかではない。



なぜなら彼女との行為は避妊などしていなかったから・・・。



せめてもの救いは悟と私の血液型が同じということ。






子供の顔が私にそっくりだとか、DNA鑑定だとか、そういうややこしい事にならぬよう心から祈っている。