スポンサーリンク
スポンサーリンク

部活の先輩のおもちゃにされた1









中学に入学し陸上部に入部した夏の日のことです。

昼休みに体育館の入口で校庭の方をボンヤリ眺めていたら、部活の先輩3人がボールで遊んでいました。

 

 先輩たちは3年生で中学生にしては、胸もお尻も大きく成熟していてかなり魅力的でした。

特にA先輩は、とても可愛く大きな胸が印象的でした。

 

 先輩たちのバレーを見ていたら、スカートが捲れてパンツがチラチラ見えていました。




 ラッキーと思い気付かれない様にしばらくの間、パンチラを覗いているとB先輩が見られている事に気付いた様で

A先輩とC先輩に耳打ちしていました。




 ヤバイ、気付かれたと思い下を見てシカトしていました。




 キャーキャーと先輩たちのハシャグ声が聞こえたので気付かれない様に見ると、足を振り上げボールをキック

していて、スカートが捲れてパンツがモロ見えていました。




 これはと思い凝視してしまいました。3人ともパンツ丸見え状態で、A先輩はパンツが食い込み大陰唇がはみ出て見えてる。

B先輩も食い込み陰毛がはみ出ているのが判りました。C先輩もやはり陰毛がはみ出すくらいパンツが食い込んでいました。




 我慢できず暫く凝視していると、myチンポがギンギンになっていました。ここでオナニーは出来ないでもしたいと衝動に...

ここはじっと我慢、再度パンチラを覗いていました。




 昼休みの終わりのチャイムが鳴り、教室に戻り授業が始まり授業中も先輩のパンチラを思いだしチンポがギンギンになって

しまい、勉強になりませんでした。




 授業が終わり、部活の時間、先輩たち3人の姿が見えました。校庭をランニング中でした。あの、昼休みの光景を思いだし

チンポがギンギンに、気付かれるとマズイと思い先輩たちと混じりランニングを開始しました。




 ランニング中に先輩B子に声を掛けられ「M君(小生)、昼休みに見てたでしょ」マズイ、気づいてる...「見てないよ」

とごまかし走り去りました。




 部活も終わり、自宅に帰ると脳裏に焼付た、パンチラを思いだしオナニーで3回抜いてしまいました。もちろん先輩A子が

ズリネタでした。

 

 この後、先輩におもちゃにされるとは思いもしませんでした。続く~












コメント

タイトルとURLをコピーしました