スポンサーリンク
スポンサーリンク

妻は双子








裕也27歳です、同じ年の由希とは大学時代からの付合いで結婚して2年になります。

まだ子供は無く共稼ぎですが、幸せな新婚生活を過ごしています。・・と思っていました。

 

 











妻には沙希という双子の姉妹がいますが、これまで妻の実家で会うくらいであまり付合いはありません。 

一卵性で体型や顔は瓜二つなのですが、性格やファッションの好みは違っています。 控えめで女らしい妻に対し、沙希は行動的でラフな格好を好んでいました。 一人暮しで、彼もいるし他にも男がいて結構遊んでいるようでしたが、私は沙希に興味を持ったことはありませんでした。 というより私は妻以外の経験が無かったし、充分幸せでした。



2週間くらい前に妻が自転車で車と接触事故を起こし、足と腰を骨折しました。 命には別状無くほっとしましたが、3~4週間の入院とリハビリが必要と医者から言われました。

入院して何日かした土曜日に、沙希が連絡も無く私の家に来ました。 一人で困っているだろうから助けてあげると言って家に上がり込み、洗濯や掃除をテキパキやってくれました。 私の家に来るは初めてですが、勝手知ったる自分の家のように次々と片付けてくれて感心しました。



食事の用意もしてくれましたが、私の好物のマーボ豆腐を作ってくれて味も妻と同じで感激しました。 沙希は食事が済むと今日は泊まるねと言って勝手に風呂に入ってしまいました。 

風呂から沙希が出て来た時、私は声が出ませんでした、妻のパジャマを着た沙希は妻そのものでした。

沙希は私に近づき、どう?と言ってきました。 そのまま私に抱きついてきたので、沙希には彼氏がいるんだろうと押し返しましたが、私が一番好きなのはずっと前から裕也だよと言われました。 更に、もう何度も裕也に抱かれているんだよと言われ訳が分からなくなりました。  



暫く振りだったこともあり、私は沙希を激しく抱いてしまいました。 私の経験が少ないからかも知れませんが、沙希と由希の違いが分かりませんでした、本当に全てが同じように気持が良かった。



少し落ち着いてから沙希に色々聞きましたが、私のことを結婚前から好きだったこと、由希との秘密で時々入れ替っていたこと。

それは結婚前からで、今は多い時で月に数回も入れ替っているとのことでした。 今回は由希が入院しているので、仕方なく内緒で来たようです。



私は由希が二人いるようで一瞬幸せを感じましたが、ハッとしました。 沙希と入れ替ったとき由希はどうしているのか聞かずにはいられませんでした。  当然のことかも知れませんが、沙希の替わりに彼氏や他の男に抱かれていたのです。

由希にとっては浮気という気持は全く無く、沙希として他の男に抱かれているので後ろめたいところは無いはずとのこと。

私は最愛の由希が他の男に抱かれていることを聞き、ショックを受けるとともに、身体の芯から熱いものが込み上げてきました。 



何年間も私を裏切っていた妻に対する怒り・復讐の想いか、何も知らず幸せだと思っていた自分の情けなさか、他の男に見せる妻の痴態を思ってか、訳が分からず熱くなって沙希を押し倒した。

沙希は私の欲情を全て受入れてくれた、二度目を終わってもまだ治まらない私に沙希は「裕也はアナルをしたことがある?」と聞いてきました。



沙希に40台のセフレがいるけどアナル好きでだいぶ開発されて来た事、由希も最近嵌まってきて、そのセフレの時に入れ替ることが多いようです。 私としたことの無いような行為を他の男としていると聞き、私は更に熱くなりました。

初めてのアナルはきつく痛みも感じましたが、構わず突き続けて沙希が狂ったような声を上げるまで続けました。

沙希が動かなくなって、ようやく私の熱いものは治まりましたが、この先妻とはどうなるのか不安です。

沙希とはこの先も続くと思いますが、入院中の妻とはどう接したら良いのか分かりません。



---



妻の由希が入院中、沙希は毎日の様に来ました。 妻と瓜二つと思っていましたが、一緒にいてその気になって見ると色々違いが分かってきました。

ただ同じ人間でも、ヘアスタイルが少し違ったり化粧や服が変わったり、機嫌の良し悪しなどで雰囲気は変わります。 妻だと思い込んでいたら気付かなくても不思議では無いくらいの違いでした。



沙希はもう妻の真似をする必要が無いので、仕草は沙希らしさが出てきました、特にベッドの上では奔放でした。 妻とのセックスは普段は30分もあれば充分でしたが、沙希は色んな体位を望むし感じ方も半端ではありません。 オモチャも持ってきて楽しむし、つい1時間、2時間と経過してしまいます。

私も27になってセックスに目覚めたのかも知れません、沙希を抱きたいと思うし深く感じさせたいと思うようになりました。



沙希の話によると、由希もかなりセックス好きで経験豊富だと。 沙希の相手にはほとんど抱かれているし、少し変態チックなセフレとも身体が合うみたいだと。 沙希の服や下着の中からセクシー系のものを好んで使ってるし、買い足したりもしてるようです。

交替した時は、お互いに主な出来事を報告するようですが、最近妻は知らない人にナンパされて抱かれることもあるようです。 

普段の妻からは想像出来ない話ですが、私は沙希の話を信じました。

結局入院中の妻には何も言えず、沙希が来ていることも話しませんでした。 思いもしなかった出来事にどう対処したら良いのか分からなかったし、成り行きに任せようと思っていました。



まだ少しギブスが残っていて自由に歩けないのですが、今週火曜日妻は退院しました。 夜沙希が来て妻に会い入院中世話をしていたことを言いましたが、あまり話しは弾みませんでした。 

沙希は妻に泊まることを告げた後、食事の用意と洗濯など家事を片付けてくれました。 妻は沙希の顔を見てから少し憂鬱な表情をしていましたが、私にも何も言いませんでした。



夜寝室に妻を連れて行った時、沙希との関係を聞かれました。 どう言おうか考えていた時、沙希が入ってきてツインの私のベッドに入り、私にキスをしてきました。 妻が止めてと言いましたが、沙希は「裕也とは結婚前から由希公認の関係よ、裕也は全部知ってるから」と止めません。 

成り行きに任せていた私ですが、沙希に裸にされフェラされとうとうセックスを始めてしまいました。 妻が横にいるというシチュエーションからか、二人ともいつも以上に興奮し沙希は声を上げながらいってしまいました。 



その後私は妻の下着の中に手を入れました。 妻は「嫌っ」と少し身体を捩りましたが、そこはお漏らししたかの様に濡れていました。 こんなに濡れている妻は初めてでした。 そのまま指で愛撫を続けると妻はすぐに喘ぎ声を出し始め、ダメダメと言い始めました。

私はそこで一旦止めて、妻に色々聞き始めました。 



いく寸前で止めて、それを繰り返しながら、何人の男とセックスしたのか、どんなセックスをしたのか等、色々白状させました。 途中から沙希も加わってオモチャも使いながら明け方まで妻を責め続けましたが、妻は責められながら途中からは喜びの表情をしていました。

妻の話によると、私の妻として浮気はしてない、沙希として色んな男に抱かれている内に快楽に嵌まってしまったこと。 ずっと良い子で育ってきたから自由奔放な沙希が羨ましいこともあったこと、沙希になった時の開放感が更に自分を大胆にさせたこと、最近では知らない人にナンパされたり色んなタイプの男を逆ナンすることも楽しいと。 沙希のセフレとアナルや変態的なプレーをして、自分の身体がそれにも向いてると思っていること。 ずっと隠していて許して、でも浮気じゃないから。



浮気じゃないのかどうかの判断は別にして、これからどうしたら良いのか分かりません。 沙希の立場に憧れる由希、由希の立場に憧れる沙希とずっと交替したら良いのかも知れませんが、どちらも普通の妻にはなれないのでは。 取り合えず妻の体が良くなるまでは、由希・沙希と同居する予定です。










コメント

タイトルとURLをコピーしました