前日の夜、眠れませんでした。



午前3時、こっそり起きてソファでボーっとしたりして。



単身赴任中の主人のいない部屋。



すぐに朝。土曜日の朝。



一人息子を支度させ、私立の幼稚園に自転車で送り、「夕方におばあちゃんが迎えに来るからね」と言い残し、自宅へ。



父を亡くし、近くに移り住んだ母には、「コンサートに行って来るからね」と言ってある。






シャワーを入念に浴び、髪を整え、お化粧をして。



彼からのマニュキア、香水、そしてピアス。



下着も彼からのプレゼントのもの。



左薬指の指輪も、彼とのペアリングに替える。



洋服を着て、鏡を見て納得。



彼の大好きだと言う私の丸い膝の見える膝上のフレアスカートと、薄い素肌感覚のストッキング。そして、サンダル。






身支度を整え、手作りのお弁当を作る。



彼の好きな玉子焼きには、愛情を込めて作った。



お弁当を鞄に入れ、部屋を出る。






歩いていて、すでに鼓動がする。少し息苦しくさえ感じる。



駅まで歩き、電車で向かう。



ドキドキする。視線が定まらない。



頭の中は、彼のことばかり考えている。






駅前の公園の隅、彼の車が止まっている。



彼とは、1ヶ月半ぶり。



彼と知り合ってから、1年。



4月に転勤で地方に行った彼。



毎日必ずメールをくれる。「電話していい?」のあと、携帯に電話をくれたりする。






助手席に入ると、私はもうすっかり彼の女。



彼の笑顔を見て、涙さえ出て来そうになる。






駅前から、郊外へ出る。



彼の横顔を見ているだけで、幸せを感じる。



高台にある古墳公園の駐車場の隅。



車を止め、その日初めてのキス。



抱きしめられ、抱きしめ返す。



髪を撫でられ、熱いキスを繰り返す。



彼の手が、私の膝頭を撫でる。



本当に私の膝が好きらしい。



スカートの裾から出ている膝を、優しく撫で回す。



スカートの裾にもぐり込む指先。



そっと、その手を掴む。






「会いたかったよ」



「私も・・・」






また見つめ合い、キス。



彼の唇に、すっかり口紅が着いている位に。



ティッシュで、そっと拭いてあげる。






少し早い、昼食。



お弁当を広げ、彼に食べさせてあげる。



彼も、食べさせてくれる。



一本のお茶のペットボトルを交互に飲む。






後部座席に移り、






「おいしかったよ」



「ありがとう」






彼の腕の中で、静かな時間が過ぎて行く。



優しく髪を撫でてくれる。



胸元で彼の鼓動を感じながら、目を閉じている。






「元気だった?」



「うん」






彼は、また、私の膝頭を撫でている。



閉じ合わせている膝の間に指先を入れ、前後に撫で回す。






「エッチね」






「大好きなんだから仕方ないよ」



「もう・・・」






「履いて来てくれた?」



「え?」






「あのパンティ」



「レディに向かって、聞くものじゃないわ」






「確認しないとね」



「あとで」






公園を散歩する。



まだ暑い時期、日傘の中。



人気ない階段で彼のキス。



私の手を引き、階段を登って行く。



幸せを感じる。






日陰のベンチで休憩。



彼のお話に耳を傾ける。散歩。



建物の陰で、彼からのキス。



うなじへのキス。



耳を口に含まれる。



ふーっと吐息。だめよ・・・。



彼の手が、腰からスカートのお尻へと。



スカート越しに、お尻を撫でる。



パンティラインに沿って、指先が動く。






「我慢できないよ」



「え?でも・・・」






彼と車まで戻る。






後部座席。



フイルムがガラスに貼ってあり、外からは見えないと言う彼。



熱いキス。1ヶ月半分の熱いキス。



胸元のボタンを器用に外して行く。



指先が胸元へ。



ブラの隙間から、指先が乳房へと。






あ・・・。






彼が、胸元にキス。



キスマークが赤く残る位に吸い上げて。



乳首を転がす。






「硬くなってるよ」



「あ・・イジワル」






彼の唇に含まれていく乳首。熱い。



吸い上げられる。ああ・・・。



何度も何度も、吸い上げられて全身の力が抜けて行く。



反射的に、さらに擦り合わせて強く閉じる膝。



スカートの裾が腿を露出させる。



彼の手が、スカートの中へ。



パンティ越しに、優しく撫でられて行く。



彼が視線を合わせる。



無言のまま、見つめ合う。



私の手を、下半身の部分へと導く。



彼が、ジーンズのジパーを降ろす。



トランクスから・・・。






「いい?」



「うん・・・」






彼の固くなったものに、唇を寄せて行く。



お口に含み、ゆっくりと愛情を込めて深く含んで行く。



そっと、吸い上げてあげる。



私の髪を撫で、吐息を漏らしている。



私も彼の為に、嬉しくなる。



彼は頂点を迎える。



私の喉深くに、放たれたもの。



すべて受け止める。



全て放ったのを確認して、顔を上げる。



口元を手で隠し、ゴクリ・・・彼のものなら、飲んであげられる。



女って、言われなくてもそんなものだと思う。






「ありがとう」



「うん」






彼の腕の中で、丸くなる。






夕方、デパート巡りを終え、車へと。



彼から買ってもらった新しいパンティとブラ。



元の公園に戻る。



彼の腕の中、夕暮れの景色を見て、幸せを感じる。



熱いキス。抱き合いながら、倒れて行く。






「ここに横になって」



「え?」






「大丈夫だよ」



「誰も来ない?」






ブラのバックホックを器用に外され、キス。



首筋、耳、胸元、乳房。



優しい彼の愛撫を受け、私は女となっている。



スカートの中、彼の指先を敏感な部分に感じる。



サンダルを脱がされ、ストッキングを優しく降ろされて行く。






「いいね」



「うん」






パンティをそっと脱がしてくれる。






彼が間に入って行く。



その部分に、彼の熱い愛撫を受ける。



上下に這わせる舌先。



口に含まれ吸い上げられる蕾。



上体をよじる。



でも、逃げられない。



腰をぐっと引き寄せられ、彼の腕の力にはかなわない。



硬くした舌先が、中に進入してくる。






あ・・だめ・・。






女の悦びを絶頂感の中、駆け上がって行く。



彼がジーンズを降ろす。



私の間に入り込む。



彼の肩を掴み、強く目を閉じる。



彼自身が、体内に入って来る。



さらに奥に、深い・・・。



彼の運動を体内で感じる。



体内が熱くなる。



繰り返し、深く前後する。



彼が、ついに放つ。



奥深く、熱いものを感じる。



ドクドク・・正にそんな感じ。



彼が唇を求める。



それに応える。






「よかったよ」



「素敵」






彼の隣りで電話を母に入れ、少し遅れると告げる。






夜の公園。人気ない公園。



彼に手を引かれ、トイレへ。



女子トイレの個室。



彼は背後に回り、スカートをあげる。



ストッキングを膝まで降ろし、パンティを降ろして行く。



背後から、貫かれる。深い・・。



でも、声が出せない。



だから、燃えたのか。



彼からこの日二度目に受けた愛の証。






トキメいています。



あまり逢えない遠距離恋愛だからこそ、気持ちが高ぶる。



また、10月の下旬まで会えないのが分かっているからこそ、その分愛されたい。






今夜の彼も、メールをくれた。






「会いたい」






その一言で、私は満たされている。