先日、心臓カテーテル治療を受けたときの体験です。






土曜の夕方、急に心臓が締め付けられ、冷や汗が出るくらい苦しくなり、すぐに彼女の車で病院の救急窓口へ駆け込みました。



受付では氏名や住所など聞かれましたが、答えることも出来ないくらい苦しく、カウンターに寝そべってしまったので、そのまま中のベッドに寝かされました。



横になると徐々に痛みが薄れ、診察が始まる頃にはずいぶんと落ち着きました。






問診を行った先生はとても若く、恐らく医者になりたてと思われる、銀縁メガネをかけた萌え系の女性でした。



やさしい口調で問診が進み、途中トイレに行きたくなり、その帰りです。



また胸に激しい痛みを覚え、私はベッドに倒れこみました。



若い女医は別の男性医師を呼んで経過を説明しますが、トイレに行かせたことをひどく叱られていました。






その後、点滴、心電図、エコーを行いましたが異常は見られませんでした。



しかし血圧が200を越えていたため、すぐに心臓カテーテル検査を勧められました。



突然のことに混乱していると、若い女医さんは私の顔に自分の顔を近づけて、「大丈夫ですよ。怖くないですから」と優しく言ってくれました。






すぐに検査の準備が始まりました。






男性医師「すぐに準備!バルーン入れて!」






(バルーンって何?)






ナースが何やら始めます。



私は全裸にされ、手術着を着せられました。



包茎のペニスの皮を剥かれ、尿道を開いて消毒されました。






(ヤバイ・・・バルーンってあそこに突っ込まれるやつ?)






ナース「ちょっと変な感じしますよー、ごめんなさいねー」






私「う、うーあっあっ」






尿道を通る時はチクチク程度でしたが、アナル付近で2回の激痛!






私「ああー!」






ナース「はい。ここを通ると楽になりますよー」






アナル辺りに経験したことのない感じが・・・。



痛いでもなく、なんかシュワーっとする感じ。



前立腺が刺激されたのでしょうか?






運搬用ベッドに移され、そのまま手術室かと思ったら、X線関連の部屋。



医師が5、6名とナース1人。



別室では2人の人がモニターを見守っています。






やっぱり気になるのは例のナースでした。



小柄でかなり若く、インテリ系。



デザインのいい金属製の黒縁メガネ。



しかも可愛い。






手術は1時間くらいで終わり、ステントで心臓の血管を太くして終了。



これからは1日、ICUにて経過の観察。



手術でお世話になった若いナースが付きっきりでお世話をしてくれます。



私が目を開けると、必ず優しい言葉をかけてくれる。



しかし右足にはカテーテルを挿入するチューブがまだ入っているので身動きが出来ず、背中がとても辛い。






次の日の朝、若いナースがやって来て・・・。






「お体をお拭きしますねー。下のほうも管が入っているので、お湯で洗いますねー」






手術着の前をはだけられて2人のナースに拭かれました。






(え?1人増えてる・・・)






どうやら新人ナースの研修らしい。



こんな若い子に管の刺さったペニスを見られて、しかも洗浄される・・・。



かなり恥ずかしい。






若いナースは新人ナースに一つ一つ説明しながら洗浄していきます。



ペニスを洗う時は、お湯をかけて、指で丁寧に洗います。



まずは玉袋。



後ろのほうまで手を入れて優しく揉むように洗います。



ペニスのほうは若干強めに擦ります。






「消毒液がついてますから、綺麗にしますねー」






擦るたびにペニスに刺さっている管が動き、前立腺(?)が刺激されます。



そのとき私は経験したことのない刺激を受け、頭が真っ白になりました。



おそらく・・・射精したのだと思います。



長い快感が続き、そのままぐったり。






若いナース「大丈夫ですか?辛いですか?」






新人ナース「尿パックが・・・」(小声なので聞き取れない)






若いナース「あっ。うん、それは大丈夫。よくあることだから」






その日の夕方、一般病練に移ることになり準備が始まりました。



若いナースが1人で来てばたばたしてます。






若いナース「心電図もX線も異常がないので、もう大丈夫ですよー。よかったですねー。あとで先生に足のチューブを抜いてもらいましょうねー。バルーンって辛いですねー。私が抜きますねー」






そう言うとペニスを掴み、バルーンをズリュズリュっと一気に抜かれました。



私はたまらず、「あっあっ」と声を上げてしまいました。






「最後にお体を洗いますねー」






またまた丁寧に体の隅々まで拭かれ、最後にペニスを拭かれる時は勃起してしまいました。






若いナース「大丈夫ですよー。また出しちゃっても」






私「えっ?」






(やっぱりあの時も射精してたんだ・・・)






私は若いナースのお尻にしがみつき、長い間射精しました。



それはオナニーのときのピュッ!ではなく、ドクッドクッという感じで、長い間。






この若いナースとは退院後も会っています。



とても優しく献身的で、頭がいい。



医科大の看護科を卒業して2年目。



配属から3ヶ月でICUに異動。



完璧な女性です。






もうこの女性なしでは人生を語れなくなってきました。