スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Hな体験】酔った勢いで終電後の駅前で拾ったデブ女とラブホに














昨夜、彼女と飲み屋をハシゴし、酔っ払った状態で電車に乗ったのだが失敗した。



気が付くと終点で、すでに最終電車も出た後だった。






タクシーで自宅までは約12000円くらいか。



タクシーの運転手の勧めで、中間地点の駅で降ろしてもらい、安いチェーンのビジネスホテルに泊まることに。



駅前で降ろしてもらい、ラーメン屋に入ろうとしたが、すでに閉店。



なんだか面倒になって、ロータリーの花壇に腰を下ろしてボーっとしてた。










さて、どうしよっか・・・。



予約もしていないし・・・。



なんだか人恋しいし・・・。






ふと気がつくと、駅側の段差に腰掛けている女性を発見。



大きな荷物を持っている。



20代後半くらい。



かなりのぽっちゃり。



顔ははっきり言って不細工。



少しオタクっぽい。






素面なら絶対にありえないが、酔った勢いというのは恐ろしい。






「何やってんの?こっちおいで」と声を掛けてしまった。






驚いたことに彼女は何の躊躇もなく、にっこりしながら腰を上げ、俺の隣に寄り添うように座った。



心の中で、『ご馳走様です』と呟いた。






彼女に話を聞くと、何でも時間が遅くなり、鍵を閉められてしまったので家に入れないとのこと。



分かったような分かんないような説明だが、そんな事にはお構いなく一緒に泊まろうと持ち掛けるとあっさりOKした。






我ながら野暮ったいが、「セックスする?しゃぶってくれる?」と尋ねると、へらへらと不気味に笑っている。



何だか変な女性で、風呂に入ってないのか髪がべたついており、皮脂の匂いがする。



普段ならそれだけで引いてしまうが、そこは酔っ払いの所業。



これからの展開を考えてすでに半勃ち状態。






すぐ近くのホテルにチェックインし、部屋に入るや否や、後ろから胸を鷲掴みして揉みしだいた。



思ったとおりFカップ超の巨乳。



嫌がる素振りもなく、顔に似合わず、「あん・・・あん・・・」と可愛い声で喘ぐ。



それを聞いて自分の中のSの本能が目覚めてしまった。






(バックで犯したい・・・無理やりしゃぶらせたい・・・)






ベッドになだれ込み、上半身を脱がせ、巨乳にむしゃぶりついた。



ちなみに、自分の彼女はかなりの美人だが、残念ながら貧乳。



久々の巨乳にありつけて大興奮。



顔をはっきり見なくていいように電気を消すことは忘れなかった。






「おっぱいでかいね。いやらしい乳してるね・・・犯してやるからね・・・」






「ああーん・・・ああ・・・」






かなりマゾっ気がある。



言葉責めに息が荒くなる。



相性が合う、というやつか。






散々巨乳をしゃぶりつくし、興奮してギンギンになったチンポをフェラして欲しくなった。



ベッドの脇に跪かせ、「ほら、しゃぶりな」と口元にチンポを宛てがうと、愛おしそうに頬張り始めた。



そんなに上手なフェラではなかったが、つい15分前まで駅に座っていた女の口を犯していると思うと、そのシチュエーションだけで興奮してきた。



両手で頭を掴んでイラマチオっぽく腰を動かすと彼女も興奮してきたらしい。



相変わらず髪はべとついていたが、気持ちがいいので許すことにした。






「オナニーしながら、しゃぶってみな」






そんな命令にも素直に応じ、左手をパンティのなかに突っ込み、オナり始めた。






「ほら、舌でチロチロ亀頭舐めるんだよ!」



「音立てないとフェラの意味がないでしょ!じゅぽじゅぽ舐めな!」






再三の言葉責めに素直に従う姿がだんだん可愛くなってきた。






「後ろから犯してやるからな・・・」






上半身をベッドにもたれかけさせ、パンティーを脱がすと見事な尻が現れた。



もともと尻フェチなので、白くて大きな尻に見惚れてしまった。



思わず尻に頬ずりをし、左の尻をベロベロ舐めた。






この尻で顔面騎乗されてみたい・・・。



無理矢理マンコ舐めさせられたい・・・。






自分の中のMが囁いたが、気を取り直してSに徹することに。






「指で犯してやるからな・・・縛ってからな・・・」






いつも彼女にしているように、ベルトを女の下にくぐらせ縛ろうとしたが、出来なかった。



・・・デブだからだ。



サイズが足りない。



ホテル備え付けの浴衣の帯が目に入ったのでそれで縛ってやった。



何の抵抗もない。



ほんとにMなんだろう。






人差し指をマンコに宛てがい、徐々に中にぶち込む。



思いのほかマンコはキツキツ。



で、体質なのかあまり濡れてない(最後まであまり濡れなかった)。



が、中で指を掻き回してやると、悲鳴に近い喘ぎ声を上げ出した。



犯し甲斐がある。






さらに指で掻き回し、「『マンコをもっと犯してください』ってお願いしてみな!」と命令すると、「おマンコ・・・を・・・あああ・・・もっと犯して・・・んんん・・・ああ・・・ください・・・ああ」と喘ぎながらイッてしまった。






仰向けにして、指でクリと膣の2点責めをしてあげた。



これはサービス。



エローく、ゆっくりやってあげるのがポイントで、これで5分以内にイカなかった女性はいない。



ある漫画で仕入れたテクニックだが、今では自分の彼女(かなり清楚系)がおねだりしてくるほどになった。



案の定、1分もしないうちに絶叫して果ててしまった。






それを見てバックで入れたくなり、四つん這いにさせて挿入を試みた。



が、キツキツマンコで、さらに濡れておらず上手く挿入できない。



何度も何度も試みたが、結果だめだった。



それでチンポが萎えることになり、すると逆に残虐な気持ちが湧いてきた。






「お前のマンコがこんなだから入らないじゃないか!こうなったらしゃぶれ!口の中にぶちまけてやるからな。いいな!」






「はい・・・」






そう言うと女は跪いて、また美味しそうにチンポをしゃぶり始めた。






「いつも駅で男を漁ってるのか?」






訊くと、チンポをしゃぶりながらも頷く。



とんでもない女だ。



人のことは言えないが、世の中には物好きがいて、こんな女でも拾ってチンポしゃぶらせているんだ・・・。



そう思うと余計興奮してきた。






が、酔いも手伝い、なかなかフィニッシュ出来ない。



ならばとシックスナインの体勢に持ち込み、大好きな尻を間近に見ながらフェラしてもらった。



これが良かった。



たぶん匂うだろうと思ったマンコはほぼ無臭で、吸い付いて舐めてやると、しゃぶっているその喉の奥で、あんあんと吐息を漏らす。



興奮した。






「もうイクから・・・」






そう伝えるとフェラのスピードをあげ、さらに舌を絡ませ始めた。



そこからはあっという間で、女の口の中にぶちまけてしまった。






あまりの気持ち良さに、ほぼ気絶したように眠ってしまったらしい。



朝起きると、不細工でデブな女が横で寝ていた。



尻を見たら勃起してしまったので、オナニーして尻にザーメンを掛けようかどうか悩んだが、時間がないのでやめておいた。






なんとなく連絡先も交換せずに別れてしまったが、またいつか拾いに行って犯したいと思う。



コンドームをつけたらちゃんと挿入できたかもしれない。



バックで犯せなかったのは残念だが、思いもかけず知らない女のフェラチオにありつけたので、良しとしよう。






























コメント

タイトルとURLをコピーしました