スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Hな体験】テレクラで知り合ったエロ巨乳な19歳[前編]














台風が近づく雨中、こんな時にテレクラに行くヤツなんざいねーだろうと思いながらも、横浜の店に午後7時前に入店。



先客は2人。



90分3000円を支払い、早取り合戦がスタート。



言っておくが、私は早取りが超苦手だ。



人より早く取れることは稀なので、この日もスタートしてから3、4本は他の2人に取られてしまった。



そうこうしていると、午後8時前、やっと1本目が繋がる。










「もしもし」



「こんにちは、電話待ってたよ。今どこから?」






「地下鉄の吉野町駅から」



「雨がすごくない?台風が来てるし」






「うん、結構降ってる」



「声が可愛いね、21歳くらいかな?」






「うーんと、もう少し若くて19歳。あなたは?」



「30を少しすぎたところ」






「そうなんだ」



「ところでお腹空いてない?」






「空いてる」



「よかったら何か食べようか?」






「いいよ」






ということで雨の中、吉野町の駅までタクシーで飛ばして行った。



すると、いたいた。



身長158センチ、47キロ、85-60-88くらいのテレ嬢が。



黄色いブラウスに黒いパンツで傘を差して立ってます。



約束通り近くの店に入って腹ごしらえ。






彼女の名前はミキ。



フリーター。



毎日バイトをしているらしい。






1時間ほど酒と料理に舌鼓を打ちながら話をすると、お互いに気が合うということがわかり、再会を約束するために連絡先を交換。



私としては今日キメてやろうと思ってたので、料理がなくなる前に・・・。






「俺、ミキちゃんのこと、とても気に入っちゃった。口説いていい?」



「え?口説くって?」






「2人っきりになれるところに行きたいんだけど・・・」



「でもこんな雨の中歩くの大変だし」






「タクシーで行くから大丈夫・・・」






ということで店の前でタクシーを拾って阪東橋付近のホテルへイン。



2時間で1万円近くするホテルだったが、部屋は広く、内装もよかったのでミキは大満足だったようだ。






ソファーに並んで話をしているうちに、キス、キス、キス。



そして後ろからゆっくりと抱き締め、黄色いブラウスを肩から滑り落とす。



中は黒いビスチェだけになった。



スタイルがいいだけにものすごく悩ましく感じた。



ビスチェをたぐりあげると、Dカップの豊満な乳房がツンと上を向いて姿を現した。






「いつもビスチェを愛用してるの?」






「うん、たまにね」






ミキの白い喉元にチロチロと舌を這わせながら攻撃目標を次々に変えていく。






「いい匂いだね、この香水。とてもセクシーだよ」






「ありがとう」






ミキが言い終わらないうちに私の唇は19歳の耳たぶを捕らえていた。



ビクンッと反応した女体をさらに攻めてやる。



右手でたわわに実った乳房を揉み上げ、ギュッギュッと緩急をつけて握り込む。



左手は長めの黒髪をかきあげて、耳からうなじにかけてのソフトタッチ。



そして唇でミキの小さめの口を塞いでディープなキスを楽しむ。






たっぷりと唾液を交換した後、「明るいのは恥ずかしい」と言うミキの要望に応えて室灯を絞ることにした。



一旦身体が離れたタイミングを利用して互いに下着一枚になり、シャワーも浴びずにベッドに潜り込む。



ミキは照れているのかうつ伏せになり、「私、ビートルズが好きなの」と言いながらビートルズ専用局にチャンネルを合わせている。



仰向けに寝ていた私は、「俺も昔はビートルズが好きだったよ」と言って、ミキの胸元に顔を滑り込ませた。



ミルクタンクが目の前で揺れている。



速攻で下から吸いつく。






「あっ」






短い声をあげるミキ。



胸が大きい割りには感度は良好だ。



私は乳輪がやや大きめで乳首が小さいおっぱいが好きなのだが、ミキはまさにBINGO!だった。



舌先で乳輪をなぞってやると小さなブツブツが浮き出てくる。



それを乳首ごと口の中に含み、吸い、舌で転がす。






「う、あ、ああっ・・・」






声を我慢しているらしい。



しかし後から後から溢れてくる快感の喘ぎ声は抑えようもない。






「ミキの肌ってきれいだね。白くてスベスベしている」






「私、ニキビってできたことないの。できにくい体質みたい」






白い大理石のような肌は、滑らかなだけでなく弾力にも富み、申し分なかった。



下からバストを舐め尽くした後は、ミキの素肌を組み敷くべく上下体勢を入れ替えた。



私は最後の下着を脱ぎ去り、彼女の超ハイレグショーツをも取り去った。



目の前には砂時計の形をした薄めのアンダーヘアがわずかにそよいでいる。



潤みを帯びているのは見た目にもわかった。



仰向けになったミキの横に添い寝しながら再びディープキス。



ヌチャヌチャと舌を絡め合う。



手は髪の毛を優しく撫でながら耳もとをサクサクしてやる。






「ここ、感じる?」






コクリと頷くミキ。






「じゃあ、ここは?」






乳首を指で摘んでみた。






「あん」






ミキは横を向いて目を閉じる。






「さっきパンティを取った時にもう濡れてるような気がしたんだけど、確かめていいかい?」






何も言わずに横を向いている19歳の足を大きく広げさせて、その中央へ手指を進めてみた。



砂時計のような形の茂みをかき分けて、奥にある肉裂にそっと触れてみる。



ツーと生温かい感触が指先に伝わる。



紛れもないマン汁だ。






「ほうら、やっぱりもうビショ濡れだよ」



「いやだあ、恥ずかしい・・・」






「どうしてこんなに濡れてるの?」



「・・・」






「恥ずかしがらずに言ってごらん」



「・・・だって、胸や耳を触られると、とても感じちゃうんだもん・・・」






「ここは?感じる?」






私の指先が左右にまくれて濡れているビラビラを弄びだした。






「う、うん。気持ちいい・・・」






「ミキのこの貝の剥き身みたいなモノ、何て言うの?」



「えっ?わかんない」






「この下の唇のことだよ」



「えー、わかんないよう」






「じゃあ、僕の後について言ってごらん、いいね」






私は耳元で囁くように言った。






「ミキの・・・しょう、いんしん」



「ああ・・・」






「ほら、言ってごらん」



「しょう・・・いん・・・しん」






ミキは耳まで真っ赤に染めながら言葉を発した。



その表情がなんとも可愛い。






「いやらしい言葉が好きなんだね?」






19歳の乙女は首を小さく縦に振る。






「じゃあ、もっと言ってあげるからね、ミキも言うんだよ」






次に私は亀裂の先端にぷっくらと芽吹いている小梅のような突起を弄ってやった。



しっかりと皮を剥いて円運動を施してやる。






「くううーーーー、そこ、いいいいいーーーーー」






ミキの声が一段と大きくなった。



やはり女を泣かせるにはここに限る。






「ここ、感じるみたいだね」






私はついニヤニヤしてしまう。






「う、うん、とっても感じるうううう」






再び耳元での囁き攻撃を行う。






「さて、ここは何て言うの?」



「・・・」






「ミキのく・り・と・り・す。言ってごらん」



「く・り・と・り・す・・・」






「じゃあ、このいやらしいところ全体は何て言うの?」



「・・・」






もうミキの顔は恍惚と恥じらいのミックスジュースになっている。






「最初に、“お”が付くよね」



「・・・」






「次に来るのが、“ま”・・・」



「・・・」






「で、最後が、“こ”だよね」






ミキは私の言葉を聞くたびにピクピクと身体を震わせる。



私はミキの耳元で声のボリュームを上げながら、中指を濡れそぼった女の蜜壷へ突き入れた。






「ここは、おまんこ!ミキのいやらしいおまんこ!僕の指がミキのおまんこ汁でもうベトベトだよ。どうしてこんなに濡れてるの?まるで、おちんちんが欲しいって言ってるみたいだよ」






「あああああああっっっっ、中、気持ちいいいいいいっ」






ミキはひときわ大きい声を出した。



驚いた。



この子はクリよりも膣の方が感じるようなのだ。



中をグリグリ掻き回してやるたびに、今までにない絶叫をあげて悶え狂ったのだ。






「ミキはクリちゃんよりも、この中がいいんだね?」






「う、うん、そっちの方が気持ちいいの・・・」






「じゃあ、中をズボズボしながら舐めてあげるね」






シャワーを使わなかったのでちょっと心配だったがミキのおまんこは特別変な匂いはなかった。



安心して思いっきり舐め舐めしてやることにした。



3本の指をローリングしながら抜き挿しし、その上のクリをねぶり倒す。



ミキは髪を左右に振りながら腰をバウンドさせるようになった。



私は舐めながらも言葉を続けた。






「ミキのおまんこ、とても美味しいよ。いちごの味がするよ」






「やだあっ」






「僕が舐めるたびにピクピク動いて、ものすごくいやらしいよ。あとでおちんちんでたっぷり可愛がってあげるからね」






徐々にミキの腰の振幅が大きくなってくる。



こちらも負けずに指の動きにひねりを加えてやる。



舌とアゴも総動員だ。






ズボズボ、ピチャピチャ、ぬちゃぬちゃ、ずりゅずりゅ・・・。






なんともいやらしい音が部屋に響き渡る。






「この音聞こえるかい?ミキのおまんこの音だよ」






「あああああーーー、いやあんーーー」






「嫌だったらやめようか?ん?どうする?」






ミキは首を横に振った。






「や、やめないで・・・お願い・・・」






「だったら、自分の両膝を持って、もっと脚を開いてごらん」






19歳のフリーターは素直に従った。



鼠徑部がパックリ割れて急所がさらに舐めやすくなる。



指も最深部に届くようになった。






<続く>






























コメント

タイトルとURLをコピーしました