以下、妄想の書きなぐり。



出会い系を始めたのは7~8年くらい前か。



初めてつかまえたのはいきなり15歳だったが、もののけ姫にでてきた神様みたいな体型のデブだった。



だけどそこで、(本当に15歳を食えるんだ)というのを知った。



 















まともな15歳を食ったのはそれから数ヶ月くらい。



中3の子とメールから会うことになった。



この子もあまり可愛い子ではなく、目も小さな地味な子だが、声優学校に通ってるだかなんだか。



2、3度カラオケに行ったが、当時の僕はヘタレで、キスどころか密着することもできなかった。



でも、そん時はヤリ目ではなく、JCと遊べるってだけである意味満足してた。






とある日、「カズ(僕)が飼ってる犬が見たいから、映画を観た後で家に行っていい?」と言ってきて、(これは食えるんじゃないか?)と期待していたら、当日の朝になって急に、「友だちも連れてくる」とか言い出したんでテンション下がりまくり。






(これはヤレねぇなぁ・・・)






そう思いながら待ち合わせに向かうと、そこにいたのは色白のちょい可愛いめの子。



目は細めだが悪くない。



なにより細身で色が本当に白い。



名前は『まい』にしとく。






(でも、ヤレねぇんじゃあなぁ・・・)とか思いつつ映画館へ。






映画館はほぼ満員で、3人で行ったのに俺は1人はぐれて、女2人は並んで座ることに。



結局、映画を奢らされただけか・・・とか思いつつ、「終わったあとどうする?」って聞いたら、「かずの家に来たい」とか言いだした。



意味わからんなぁとか思いつつ、家で適当に犬と遊んで駅まで送る帰り、「まいはお金持ってるからねぇ~」とブサイクなほうが意味深な発言。



突っ込んで聞いてみると、どうもまいは援交しているらしい。



とてもじゃないがそんな風には見えない子だった。






しかし駅に着く前にその話を聞き、中途半端な状態の僕は慌ててまいのメアドを聞き出し、翌日早速メールしてみる。



『今日一日ヒマだから遊びに来ない?』と。



二つ返事でOKが来た。



まいは上下ピンクで下はミニスカだった。



髪は長く胸の辺りまであり、少し茶色がかった黒。



目は細めだが鼻も口もパーツは整っており、成長すれば美人になるような顔立ちだろうけど、雰囲気とか目の幼さがまだJCらしかった。



家に着くまでに援交のことを色々聞いた。






まい「彼氏は自衛隊の人で25歳。援交は19歳くらいから40前後のおじさんまで。みんな色々かな」






髪もそんなに染めてない、ましてや化粧っけもない子があっけらかんと自分のセックスの話をするのを聞いて、正直かなり興奮した。



頭の中はまいとセックスすることだけだった。






部屋の中では犬と遊んだり、マンガ読んだりして過ごしたが、どうやってセックスに持ち込むか、それだけを考えてた。



細身で全く胸がないため、屈むとシャツの隙間から浮いたブラの中の乳首がチラチラと見えた。



色白なのでやはり乳首はピンクだ。



あまり進展がなかったので、強引に隣に行き、肩を抱いてみた。






まい「やー、ちょっと近いよ?w」






とか言ってたが、無理やり顔を掴んでこちらへ向かせ、キスしようとした。






まい「待って!だめだって!」






僕「いいじゃん、エッチしようよ」






まい「友だちでしょー?友だちはこんなことしないよー」






とか言いつつ結構な力で拒否るが、元々細身だし力がないのか全く障害にならない。



両手で頭を押さえつけて無理やり唇を奪う。



と言うより唇を舐める。






まい「んーー、んん、んーーー」






口をしっかりと閉じ、舌を入れるのを拒もうとする。



キスは諦め、スカートの隙間から手を突っ込み、尻を弄る。






(・・・!?なにこれ?なにこの感触?)






その尻の肌触りは、今まで触ったことのない(そしてそれからもなかった)、本当に赤ちゃんのような肌触りだった。






まい「・・・待って!ま、って!だ・・・め・・・」






まいは異常に感じやすいのか、尻を撫でるだけで声がおかしくなってきている。



これはいけると思い、スカートを捲って指を突っ込もうとした。



が、異様に色気のないパンツが出てきた。






まい「今日は生理なのー、だから絶対ダメー」






「生理じゃなきゃいいのか?」と聞くと、「彼氏がいるし、◯◯(ブサイク)に悪いからダメ」だと言う。






そう言えば、まいには、僕はブサイクが好きで付き合いたいとか、どうすればいいか相談したいとか、そんな適当なウソついてたなぁ・・・。



子ども相手に、何つまんないウソついてんだろなぁ・・・。






とか思いつつ、とりあえず今ヤラなきゃ、今日チンポ入れなきゃ次はない!



僕は決意を固めて(必★すぎw)クンニは諦め、手を押さえてシャツとブラを捲って乳を出す。



全くブラが必要ないくらいの真っ白いまな板と、そこに乗っかった小さな乳首をいきなり口に含んで舐め回す。






まい「んあっ!はぁ、んぁあっ!」






突然デカい声を出すまい。



こっちも必★なんで片手でまいの両手を押さえ、片手で生理用パンツの上から手マン、口は乳首を舐め倒す。






まい「あーー、んぁっ!ひっ・・・!っ!!やめ・・・マジやっめ・・・んあぁ!」






こんだけ感じてんのに、まだ抵抗する。



ま、ほんのわずかな片手で押さえられる程度の力と、口だけの抵抗。



なんで余計興奮する。



パンツ越しの手マンの手を休めずキスをしようとするが、それまで声を出してたのに顔を近づけると顔を逸らし、口を閉じる。






まい「んふーー、ふん、ふぬーー!」






閉じた口の上から唇を舐め回し、パンツの上からクリを刺激するが、歯を食いしばって舌の侵入を許さない。



もういい加減諦めて、チンポを出して、無理とは思うがフェラさせようとする。






まい「んーー!んんーー!!」






顔をガンガン振って拒否る。






「フェラぐらいいいじゃん、いつもやってんでしょ?」






聞くと顔をそむけ、チンポを入れられないように頭の上で押さえられてる腕に口を当てながら、「ふぇんこう(援交)でもファラは、ひてないよぁ!」と必★な様子。






フェラは諦めて挿入することにする。



相変わらず動きは大きいんだが、ちょっと感じてるのか力がないんで余裕で押さえつけられる。



パンツを脱がすと生理特有のあのニオイがしたが、気にしない。



足を掴んで広げる間も、「友だちとはエッチできない」とか「ブサイクの気持ちは」とか「カズとはそういう関係になりたくない」とか若干説教チックなことを必★に言ってたが、全部無視。






まい「やめってって!これ以上したら、カズのこと嫌いに、・・・んあっ!!」






生で挿入。



生理だからヌルヌルでマンコの生感触はあまり味わえないけど、結構気持ちいい。






まい「だめ、あ!だめ!抜いてっ!あああああ!!んあぁああああっ!!」






ゆっくりピストンの時は途切れ途切れでもまだ俺を説得しようとするが、高速で突くとしゃべれなくなるくらい感じてる。



すごい細身なんだが骨ばってるわけじゃなく、肌がキレイなのと筋肉がないので、肌触りがものすごく気持ちいい。






まい「んんんんんん!!!」






顔を近づけると口を閉じるので、腕を押さえつけたまま唇やほっぺたを舐め回す。






まい「あん!んぁっ!だめっ!待って!・・・っっああああああ!!!」






まいのまっ平らな胸から首、ほっぺたがピンクに染まってる。



元々が白いから、赤くなるときれいなピンクになる。



細い腰を掴んで、オナホに突っ込むみたいにガンガン腰を振る。



(オナホ使ったことないけどw)



生理だから僕のチンポのまわりも血だらけになってるけど気にしない。






まい「・・・っひ!っ・・・っく!・・・っくよう!もう無理!ああああああ・・・イクイクイクイクイク!!」






彼氏に教え込まれてんのか知らんけど、「イク」を連呼して体を痙攣させる。






まい「あぁあああーーー・・・」






口を半開きにして脱力状態で俺のピストンに体がガックンガックンになってる。






まい「あーーーー・・・あうーーーー・・・」






半開きの口からはよだれがつつーっと流れ、細い体がガクガクなってるのに余計興奮して、口の中に舌を入れて舐め回す。



舌も動かず、舌や歯茎を舐め回すだけだが、俺が舌を入れながらでも呻き声のような喘ぎ声は止まらない。



犯してる感のまま、そのまま中に出そうかと思ったが、さすがにマズいので、イキそうなのをまいに伝えると・・・。






まい「あーーー出してーーー・・・外に・・・出してーーーー」






ちょっと感覚が戻りつつ外出しアピール。



が、また腰を掴んでガンガン突くと声の質が変わってきた。






まい「ああああーーー・・・っんっああっ!・・・んーーー出して・・・そ、とに・・・いっぱ、いっぱい!出してっ!!」






この状況で「いっぱい出して」って言うのかとか思いつつも腹へ。






まい「っいう!っん・・・っはあぁっ・・・はぁっ・・・」






俺の精子がまいの小さな腹の上で呼吸に合わせて動くのが妙におかしかった。



出した精子を指ですくって口へ持ってったら、「いらない!ばか!」って笑って叩かれた。






その後は、それまでの「やらせろ」「やらせない」の攻防がウソみたいに普通に話をして、しばらくして帰った。



やはり中3は頭が悪く、僕がブサイクな友だちを好きだと信じており、帰りもずっとそのことを気にしていた。



僕は正直ブサイクはどうでもよかったし、ブサイクとはそれっきり会ってない。






まいはこんなことがあったのに、何度か呼び出しに応じ、毎回絶対セックスしないと約束させられるも、毎回破った。



結局、ベロチューもフェラもしてくれなかったけど・・・。