関東のある都市に、早朝下り線の電車で“男探し”をしている凄い女がいるとの噂を聞きつけた。



夜勤勤めで路線も当てはまる私はドキドキしながら端の車両を何気なく探していました。



早朝、この路線は黒人も多く、ある一組のカップルに目が行きました。



黒人のブラザーと30代後半の派手めの女。


 





(もしや・・・)






何かそういうエロい空気をビシビシ感じました。



少し離れてますが、女は男の黒いジーンズの股間辺りを撫でています。



膨らみが巨根を感じさせます。



ある駅に停車すると2人はググッとキスをして別れました。






次の日もその車両に乗ると、女は違う黒人を連れていました。



何度か同じ車両に乗り合わせると、女の方も気になるみたいで私と目が合います。



誰もが認める美人ではないんですけど、男だったら目が行くような派手めの女です。



そんな何回目の時、向こうから話し掛けてきました。






「お兄さん、夜勤明け?」



「そうですよ。お姉さんも?」






「ハイ。最近乗ってると、かっこいい人がいるなって思ってましたよ」



「そんな、独身の中年男を捕まえて・・・」






「えっ、独身ですか?見えないですね」






話してみると、とても気さくで魅了される。



ケバイけど笑顔が可愛かった。






「お兄さん、時間ある?」






朝から飲み屋はやってないし、住んでる所が隣の駅で住宅街なので、飲み物を買って自宅に招待しました。



話を聞くと、彼女はバーに勤めていて、アメリカに10年住んでいたことがあり、その頃から黒人にはまってしまったらしい。



AVにも数本出たことがあるようで、「良かったら観てみて」と平気な顔で言った。






自然な流れでキスをして、長い舌が感じるツボをツンツン突いてきます。



服を脱ぎ、美乳が現れる。



乳首が少し大きめで、舐めるだけで硬く濃い色に変色して呼吸が荒くなります。



肌がきれいでしっとりとしています。



Tバックのパンティーを下ろすと、陰毛がきれいに整っていて、足も長い。



身長は173センチもあると言います。






M字に開脚させるとおまんこは濡れ濡れ。



そんなに黒ずんでいなく、むしろアナルが使い込みを感じて、蓋のように捻じ曲がっていました。



こんなアナル、あまり見たことがありません。



おまんこに指を入れると、ぶよぶよと伸びる気がして中からドクドクと液が噴出してきました。



これは並な男なら感じさせられないし、緩めだろう。



でも、いやらしさは十分だ。



4本の指が軽々と吸い込まれる。



内部を色々確かめながら動かすと、軽く叫びながら、「いいいー」と歪む。






「凄い、尻穴ですね。入れてみていいですか?」






「ハイ、尻穴大好き、でもウンチついちゃいますよ、コンドームあります?」






「平気ですよ」






まず1本、指をアナルに入れると狭いけど濡れているようで奥まで入った。



2本を奥まで入れるとヤバい気持ちに襲われた。



抜くと指の関節や爪に宿便がこびり付いていて堆肥の匂いがしたが嫌ではなかった。



懐かしい匂いと言うか・・・。



しばらく愛撫をすると、彼女が涙目になっていた。



今度は私のパンツを脱がす。






「えっ、凄い、あの人たちに引けを取らないですよ!!」






フェラを開始すると涎まみれになり、さらに大きさを増したようで血管が多く出ていた。



私のは亀頭の5センチ下から上に捻っているようで、これは黒人にもない特徴だと分析した。






「強く突いて・・・」






私の尻をグッと掴み、喉奥まで行かせると「オウエッ!!」と涙を流し、粘度のある唾液が太ももまで伸びた。



喉の形を亀頭で感じ、何とも言えない快感を感じた。






コンドームを装着して、おまんこに入れる。



熱く、ゆるい。



壁に当てるように擦ると快感だ。



足を天井に向けて入れると喘ぎ声が変化して切迫する。



パチンパチン・・・と音がし続ける。



白いまんこ汁が吹き出てきた。



彼女の体はバネがあり、抱き心地が何ともいい。






「アナルに入れて!」






女が懇願した。



歪んだ菊門に亀頭をめり込ませると、白い液が輪になった。






(あっ、凄い、これはおまんこの数倍いい)






彼女はさらに叫んだ。



隣に聞こえないか心配だったが、そんなの気にならないくらい快感だった。



尻を閉じて押し込んだり色んな体勢でやりまくるとイキたくなった。



彼女の肩を掴み、打ち込み、濡れた髪を掴んだり、首を軽く絞めると痙攣して言葉を失った。



自分も程なくして大きく痙攣した。



コンドームを抜くと、大量の精子と、周りにウンチがべっとり付いていた。






シャワーを浴びて、PCで彼女の作品を検索すると“裏モノ”でヒットした。



確かにいい作品だった。






「この人より、お兄さんがずっといいですよ」






AV男優と比べてそんなことを言い、またチンコをしゃぶり始める。



それから彼女とのセフレ関係は続いている。



黒人の彼等とも続いてるみたいだが・・・。





















スポンサーリンク
スポンサーリンク
Hな体験
adminをフォローする
エロうさちゃんねる