仕事仲間に美枝子という女がいる。



彼女は結婚して3年、子供は今年で2歳になった。



旦那も普通に仕事をしているし、特に問題はない円満な家庭と言えるだろう。



美枝子は子供を保育園に預けながらパートをしている。



少しでも家庭の足しにと頑張っているのだ。



そのおかげでオレは美枝子と会うことができるのだが。










ある時のこと、オレは美枝子から突然連絡を受けた。






「今暇してる?もし暇なら軽く飲まない?」






時間はもう夜の11時、これから飲みに出るつもりなのか。



旦那は大丈夫なのだろうかとオレの方が心配になる。



まあ美枝子がいいと言うならいいのだろう。



オレ達は遅くまでやっている居酒屋に行った。






「あまり人には見られたくないから、個室のあるとこに行こう」






そんな美枝子のリクエストで個室のある店を選んで乾杯した。






「もうさ、子供の世話とか大変なのよ。ストレスが溜まっちゃう」






独身男のオレには分からないが、結婚した女友達はみんな言うからそういうことなんだろう。






「子供はワガママだし、急に保育園に行かないとか言うし」






そんな愚痴めいたことが美枝子のスタートトークだった。






「子供も寝ついたし、旦那もアタシの気持ちをわかってくれて飲みに出してくれたの」






(そういうことなのか、いい旦那さんじゃないか)






そう感心してしまう。



そんな話をしながら酒も進み、何杯かおかわりをしていると、美枝子はお酒がまわったのか「酔っぱらった」と言ってくる。



そしてオレに体を寄り添わせてくるが、たぶん無意識だ。



しかし美枝子はナイスバディなので、胸の膨らみが目に入ってしまう。



ついオレはその胸を、美枝子を抱き寄せて揉んでしまった。






「やん・・・ちょっと・・・!そういうつもりできたんじゃないんだよ」






個室なことをいいことにオレの体が反応してしまった。



しかしオレはそれでも胸を揉んでいた。



次第にオレの股間も膨らんでいき、美枝子もなんだかんだ言いながらその気になってくる。






「んもう・・・夜中に出てきてこんなことしていたら旦那に怒られちゃう・・・」






そう言いながらも美枝子はオレにキスをしてきた。



しかもすぐに舌を入れてきて結構大胆だ。






「ほら、今日はこれでおしまい」






そう言ってオレの手を胸からどかそうとする美枝子。



しかしオレは胸から離した手を、そのままスカートの中に入れた。



そしてパンティの上からマンスジをなぞった。






「やん・・・やめてって・・・もう・・・!本当にそんなことしちゃ・・・」






美枝子は顔を赤くしてオレの手を掴んでいる。



しかし片手で自分のパンツを下ろし、勃起しているムスコを見せつけた。






「ヤダ・・・大きくなってる・・・もう・・・」






「美枝子がこうさせたんだから、一緒に気持ちよくなろうよ」






「もう・・・」






美枝子はオレのムスコを優しくしごき始めた。



オレは美枝子のパンティに手を入れてクリトリスを弄る。



美枝子はさらにオレのムスコを激しくしごいてきた。



お互いにキスをしながら、お互いの性器を愛撫して気持ちよくなった。






「ハァぁん・・・あ、アタシ・・・気持ちよくなってきちゃった・・・」






「オレも最高に気持ちいいよ」






その言葉が合図となったのか、暗黙の了解でお互いがお互いの性器を舐めあうことに。



指を入れたらピチャピチャと音を出すほど濡れている美枝子のマンコをオレはクンニをした。



美枝子はオレのムスコを口いっぱいに頬張ってフェラをする。



個室とは言っても、あまり激しくすると音が漏れてしまう。



それでも美枝子はオレのクンニを受けて、どうしても声が我慢できないようだ。






「はん・・・ちょっと・・・アタシ、ヤバいかも・・・!」






「美枝子はクンニが好きなんだな。すごく濡れてきてるぞ」






「そ、そんなこと言わないで・・・恥ずかしい・・・アァん・・・!」






「オレも美枝子のフェラが気持ち良くて、このままだとイッちゃいそうだ」






お酒の力はすごいものだ。



家を出たときはエッチをしようなんて考えてもいなかったのに、個室居酒屋でシックスナインをしているのだから。






「あん・・・ね、ねぇ・・・アタシ・・・イッちゃう・・・ア、アァぁぁぁ・・・」






美枝子のマンコがヒクヒクしてきてイクのも時間の問題だった。



そんな姿を見ているとオレのムスコも黙ってはいない。



一気に精子が肉棒の先っぽに送られてきて、もういつでも射精準備OKだ。






「オレも、もうイキそうだよ」






「あ、アッぁぁ・・・アタシもう・・・イク・・・!アァァァぁ・・・」






美枝子はひと足先に絶頂に達してしまった。



その勢いでオレも最後は美枝子の口の中に射精を炸裂させた。



こうしてオレ達はイカせ合った。



お互いの性器を舐めあった唇で、オレ達はキスをして過ごした。



もちろん下半身は剥き出しのまま。






ここで終わりにしてしまうのは勿体ない。



しかし美枝子もそこまでゆっくりはしていられない。



そうとなれば、もう居酒屋にいるのは時間の無駄だ。



シックスナインはできても本格的なエッチには向かない。



心の中で意見が合い、会計をしてホテルに向かった。






部屋に入る。



もう前戯はいらなかった。



オレのムスコは勃起状態、美枝子のマンコも十分に濡れている。



2人で互いの服を脱がし合って、すぐに挿入がはじまった。






「はあっぁぁん・・・き、気持ちいいよ・・・!!ああっぁぁあ・・・!」






オレのピストンは美枝子のマンコの中を隈なく刺激して、エロい汁をたくさん出させる。



オレの我慢汁と混ざって一つになっていた。






「美枝子のマンコ、最高だ」






「あ、アタシも!・・・ハァぁぁぁん・・・このおチンチン・・・」






そう言いながらオレ達は二度目の昇天をした。



その後、お風呂でお互いに下半身だけ洗って、美枝子は何事もなかったように家に帰った。






それからはストレス発散という名目で、夜中に呼び出されることが増えた。



旦那は、嫁が不倫エッチでストレス発散しているとは思ってもいないだろう。