オレが小6の時、同じクラスのサチという女の子のパンツを見たのが全てのはじまりでした。



小6の男なら少なからず性に興味を持っていると思うが、もちろんオレも興味があった。



むしろクラスではエロいと言われる方。






サチのパンツを見たのは、教室でサチがうんこ座りみたいな感じで他の女の子としゃべってた時だった。







前から男の間で、みんなはスカートの下に体操服とかを着てるけど、サチは下に着てなくてパンツを見たって話があったから、これはチャンスだと思い、少し離れた位置からサチの正面に移動した。



するとビンゴ!



体操服などは穿いておらず、パンツが丸見えになっていた。



確か黄色いにピンクの水玉模様があるやつだったと思う。



オレはそんなに仲良くない友達と話してるふりをしながら、サチのパンツをずっと見てた。



だが、バレないように見ていたつもりだったが、サチと目が合い、サチが立ち上がってしまった。



チャイムが鳴り、授業がはじまったので席に座ったが、頭の中はさっき見たパンツのことで頭がいっぱいだった。






数日後、何人かが居残り授業で残されて、オレもサチも一緒に残ることになった。



課題が終わればすぐに帰れるのだか、クラスでも頭の悪いオレは当然のように最後まで残っていた。



するといつの間にか教室には、オレとサチと先生の3人だけになっていた。



冬だったこともあり外は暗くなっていて、先生に「もう帰っていい」と言われ、居残りは終了になった。



オレが教室から出て階段を下りていたら、サチが後ろから走ってきた。



暗くて怖いから下駄箱まで一緒に行くとサチは言った。



確かに学校の廊下は薄暗く、男のオレでもちょっと薄気味悪かった。



オレは女の子の前だから怖くねえよみたいな感じにしてたが、サチはかなりビビってオレのランドセルを掴んできた。






「掴むなよ」とか言いながら階段を下りていると、オレがパンツを見てた時のことを話しだした。






サチ「この前、うちのパンツ見た?」






オレ「見てないし」






サチ「見てたじゃん。誰にも言ってないよね?」






オレ「・・・言ってない」






じつは見たその日に友達にしゃべってた。






サチ「本当に言ってないよね?絶対に言わないでよ」






オレ「分かった」






そんな会話をしてたら下駄箱に着いて、サチは靴を取って帰ろうとした。






オレ「誰にも言はないから、今日穿いてるパンツ見せて」






サチ「いや、無理だし」






「いいよ」なんて言うわけもない。



でも、オレはサチの弱みを握っていた。






オレ「じゃあ友達にどんなパンツを穿いてたか言うよ」






サチ「ダメ。絶対に言っちゃダメ」






オレ「じゃあ見せてよ」






サチ「うーん・・・分かった」






今思えばパンツくらいと思うかも知れないが、小6の女の子にとってはクラスの男にパンツの色を言われるのはとても恥ずかしいことだったのだろう。






オレとサチはとりあえず先生に見つからないため学校から出て、近くの公園の公衆トイレに行った。



ちなみにオレの地元は田舎で、学校の周りは人も車も少ない場所だから、公園のトイレに人が来ることはまずない。



男女共同のトイレで、一応電気は点くものの中は汚ない。



さっそくトイレに2人で入った。






オレ「じゃあスカート捲って」






サチ「誰にも言わないって約束して」






オレ「言わないから早く」






サチがスカートを捲ると、まさかの数日前に見たパンツと同じだった。



ちょっとがっかりしたが、それでもドキドキしながら見た。



けど30秒くらい見て、(この後どうすればいいんだ?)って考えた。



結果、おっぱいを触らせてもらおうと思った。






オレ「次はおっぱい触らせて」






サチ「なんで?パンツ見せたじゃん」






オレ「だってこの前と同じじゃん。バラしてもいいの?」






サチ「分かった・・・」






この時点でサチは涙目になっていたが、興奮していたオレは遠慮なくサチのおっぱいを触った。



ちなみにサチはクラスで2番目くらいにおっぱいが大きい子だった。



たぶんBカップくらい?



その日はそれ以上は何もなかった。






オレ「またパンツ見せて」






サチ「うん・・・」






サチは泣きべそをかいていた。






次の日休み、オレはコンビニであるものを買った。



インスタントカメラだ。



もうサチともっとエッチなことをすることしか考えてなかったオレは、サチがチクったりしないためにカメラで撮ることにした。



月曜日になり、サチと学校で会った。



特に何もしゃべりはしなかったものの、サチはいつもと同じ感じで他の女の子達と喋ってて、なんか安心した。



少なくともチクったような感じには見えなかったから。






で、その日の放課後、早速オレはサチをあの公衆トイレに呼び出し、その日穿いてたパンツをカメラで撮った。



2回目だったこともあり、少し心に余裕のあったオレは、サチパンツを脱ぐように言った。






オレ「パンツ脱いでくれない?」






サチ「え?無理だよ」






オレ「もうカメラで撮ったから、言うこと聞かないとばら撒くよ」






サチ「・・・」






サチは渋々パンツを脱いで、脱いだパンツをポケットに仕舞った。



オレは吐きそうなくらいのドキドキに襲われながら言った。






オレ「捲ってよ」






サチが半べそをかいてスカートを捲ると、薄く毛の生えたまんこが現れた。



オレは1枚まんこの写真を撮り、顔も写るようにしてもう1枚撮った。



そしてオレはサチの足を広げ、サチのまんこをまじまじと見た。



小6のオレには刺激が強く、正直少しエグい感じに思えた。



その後、サチとチューをして別れた。



で、それ以降はサチとしゃべることもなく卒業した。






ちょっと長くなったがここからがクライマックス。



中学も高校も違ったオレ達だか、高校を卒業して社会人になってすぐ、合コンでサチと偶然再会した。



お互いに気まずかったが、サチがトイレに行ったときにチャンスだと思い、オレもトイレに向かいサチが出てくるのを待った。






オレ「久しぶりだね」






サチ「そうだね」






オレ「彼氏はいるの?」






サチ「いないけど」






オレ「この後、2人で抜けない?」






サチ「なんで?」






オレ「まだ写真持ってるんだけど。あとサチのパンツも」






オレは中2から高3にかけて10枚以上、サチの家に干してあった下着を盗んでいた。






サチ「なんで盗んだりするの?」






オレ「サチのパンツが好きだから」






オレは小6の時に撮った写真を使えばサチとやれると思っていた。



しかし・・・。






サチ「警察に言うから」






オレ「言ったらばら撒くよ」






サチ「いつまでもあんなのが脅しに使えると思わないで。今、私が通報したらばら撒く前に逮捕されるよ」






正直、血の気が引いた。



脅してやれると思っていたのに、逆に脅されてる。






サチ「この後抜けて、カメラと下着を取り返しに行くから」






オレ「・・・分かった」






サチとオレはその後、明日は仕事だからという理由で別々に帰ったふりをしてコンビニで落ち合った。



そしてタクシーでオレの家に行った。






サチ「下着は全部ゴミ袋に入れて、あとカメラも持ってきて」






オレ「分かった」






オレは盗んだ下着とカメラを持ってサチのとこに戻った。






サチ「本当にこれで全部?」






オレ「うん」






サチ「このカメラ、本当に私を撮ったカメラだよね?」






オレ「うん・・・」






サチ「もしまたこんな事したら本当に通報するからね。2度と近寄らないで」






そう言うとサチは立ち去って行った。



オレは盗んだ下着とカメラまで取られ、なんとも言えない気持ちになった。



しかし、同時にサチに対する攻撃的な気持ちが湧いてきて、レイプして下着も取り返そうと思った。



オレはすぐさまサチを追っかけた。



だが周りに人や車がいて、なかなかチャンスがなかった。



そのままサチは知らないアパートに入っていった。



そのとき知ったが、サチは卒業してから一人暮らしをはじめていたらしい。






オレは階段を上るサチの後をつけ、玄関の扉を開けた瞬間、サチの口を塞いで中に押し入った。



ここまで来たら後には引けないと思い、鍵を掛けてサチの口を塞いで脅した。



サチは怯えながらもオレの言うことを聞いた。






オレ「大きな声は出すなよ」






サチ「・・・はい」






オレ「携帯出せ」






誰かに連絡できないように携帯を取り上げ、とりあえずサチの手首を縛った。



オレは興奮していた。



サチをベッドに連れて行き、無我夢中でキスをした。






サチ「やめて。お金なら出すから。許して」






オレ「お金なんかいらねえよ!!めちゃくちゃにしてやる」






サチ「やだ・・・」






縛ったせいか抵抗しなかった。



でも泣いてたので化粧も取れ、レイプ物のAVに出てくる女優みたいになった。



もともとSだったオレは、サチの服も脱がさず自分だけズボンを脱ぎ、チンポを口に入れた。



ちなみにオレはデカチンではないが、平均よりは少し大きい方だ。



オレはここぞと言わんばかりにサチの髪を掴み、腰を振った。



そこら辺のぬるいAVなんて比較にならないくらいのイラマチオだった。



当然サチはむせたが、興奮してるオレは余計に興奮して、さらにガンガン腰を振った。






サチ「オェ・・・オェレロレロ」






いきなりサチが吐いた。



合コンで飲んでたし、あれだけ腰を振られて吐かない人はいないだろう。



正直、吐いてるサチを見てさらにオレは興奮した。






オレ「人のチンポにゲロかけてんじゃねぇよ」






サチ「・・・」






オレ「お仕置きだ。もっと吐け」






また口に入れて腰を振ると、フェラしてる口の隙間からゲロが溢れてきた。



オレは変態だからそういうのも嫌いじゃない。



根元まで咥えさせて、そのまま小便をした。



そして出し終わった後、口から抜いた途端に、サチは小便を吐き出した。



オレはゲロや小便で汚れたサチの服を全部脱がし、数年ぶりに見るサチのまんこにむしゃぶりついた。



無我夢中で舐め回した。






サチ「もうやめて。お願い。ごめんなさい」






5分くらい舐めた後、入れたくなったオレはゴムを探したが、生憎財布にはゴムが入っておらず、さすがに妊娠は嫌だったので、未体験ではあったが前から興味のあったアナルに入れた。



サチはずっと泣いていたが、アナルに入れようとした途端に嫌がって抵抗するので、思いっきりビンタをしたら抵抗しなくなった。



あんなに強く女を叩いたのは初めてだった。






無抵抗になったのでやっとサチのアナルに入れられると思ったが、なかなか入らない。






サチ「痛い!やめて・・・」






唾をつけても入らないので、サチの体を起こして口の中に指を突っ込んだ。






オレ「ほら、吐け!」






サチ「んぁっんぁ」






さっきあれだけ吐いたのに、また大量のゲロを吐いた。



オレはそれをサチのアナルと亀頭に塗り、一気に押し込んだ。



かなりキツかったが、なんとか亀頭が全部埋まった。



あまりにもサチが喚くので、枕で顔を押さえてガンガン腰を振り、3分くらいで射精した。



満足したオレはゲロまみれになったサチを写メで撮った。



その後、タオルでペニスを拭き、「誰かに言ったら★すから」と脅し、アパートから立ち去った。






もうすぐ成人式でサチと遭遇するが、そのときの気分次第では、オレはまたサチをレイプするかもしれない。