俺とその人妻(『T』とする)が出会ったのは、とある有名な出会い系サイトだった。



俺としては頑張ったほうで、リアルで会うまで4日とかからなかった。



最初は他愛もない相手の家庭の話とか聞いてて、聞いてもないのに向こうからしゃべってくるから個人的には楽だった。






まだ俺が20代で性欲を持て余してたのもあって、とにかく顔写メまでもっていくのに必★だった。



その一連の話の中で、相手の家庭がうまくいってないこと、専業主婦なので毎日変わり映えしないこと、そして何より時間を持て余してることを探り当てた。



相手に時間あるってことがわかると、あとは俺のほうの都合だった。



俺は普通の仕事っつーか、カレンダー通りの仕事なんで、休みを取るのに苦労するかと思ったんだが、運良く代休があった。






ここまで3日くらいで漕ぎ着けたわけであるが、まだ問題は残っていた。



それは、向こうの顔。



俺は顔が良くないと立たないヘタレだから、そこは重要だった。



とりあえず会うことが決まった。



ここで初めて顔写メを交換したわけであるが、ちょっと残念だった。



33歳だと言っていたが、40歳手前に見えた。



俺の顔は気に入ったらしい。



楽しみにしてる女とは裏腹に、俺はドタキャンしてやろうかと画策していた。






でも、せっかく休みも取ったんだしと、俺は相手の最寄り駅まで向かった。



そして駅に着き、探した。



Tは柱に寄りかかっていた。



そこでびっくりしたんだが、Tは俺が好みだと言っていた服装で来やがった。



なんだよこのやろー、そういうのに弱いんだよ俺は・・・。



そして、顔も写メより可愛かった。






まずは挨拶、そしてぶらぶらと歩くことにした。



幸い午前中に会ったため、互いに時間は十分にあった。



お茶でもしようかということになり、オシャレなカフェへ。



スマートに会計を済ませる俺、10歳も違うんだがな。






カフェで1時間ほど話し、途中でネイルが趣味だと言っていたのでさりげなく手を握った。



20代の手だった。



何気なくそばに寄ったため、相手の胸元が見えた。



『おっぱいは正義』だと思った。



息子がジーンズの中で雄叫びをあげていた。






こうなると俺はやることしか考えられなくなった。



『鎮まれ、俺のリヴァイアサン!』なんて発想もなく、とりあえずそれとなく2人きりになりたいことを伝えた。



Tは快諾したため、近くのホテルに向かおうと俺は立ち上がった。



そしてホテルへと誘ったんだ。






まずはキスから始めたんだが、舌の感触が半端なかった。



なんていうか、マシュマロみたいな?



俺は夢中になって貪った。






そして目当ての胸へ・・・と行く寸前で、「シャワー浴びる」とか言い出した。



こいつ・・・焦らしか・・・。



俺もシャワー浴びようかと思ってたのに、風呂から出てきたTに押し倒された。



息子を弄られながらマシュマロが向かってくる。



俺の息子は成す術なく、斜塔と化した。






「元気だねー」とか、そんなことを言われていたと思う。






この時、自然と胸を揉んでいたが、デカかった。



メロンだった!






マシュマロメロンを堪能しつつ、息子を焦らしテクで弄られた俺は理性を失いかけていた。



俺はそのメロンを舐めたかったんだが、先に息子を咥えられた。



その口の中たるや、表現しがたいほどの楽園だった。






(人妻ってみんな、こんなテクを持ってやがるのか?!)






気づけば、俺は果てていた。



その快感の静けさに、むしろ驚いたわ。






次は俺の番かと思ったが、Tはクンニさせてくれない。



しかし、触るとあそこは大洪水だった。



再び楽園へと誘われた。



俺の斜塔が完成すると、なんとTは生で入れやがった。






(何もしてないのにぬるっと入るとか、なんだよこいつ・・・!)






俺の理性はもう保たれていなかった。



下から突き上げ、メロンを味わう。



これ以上の至福とはあるのだろうか?いや、ない!






正直に言うと、ここから記憶がない。



快楽すぎて覚えていないんだ。



でも3回は出したはず!