VIPルームで楽しく騒いでいる間、林が調達した女はオレのずっと隣にいた。



留美というらしい。



巨乳だったが、エロくは見えない。



聞けばまだ大学1年生で19歳になったばかりのようだ。



化粧は無理やり派手に見せてる感じで、取ったら随分幼くなりそうだ。



(実際そうだったけど)



普段は清楚な感じが似合う、お嬢様っぽい女に違いない。






言葉は少なめで、オレの言うことに緊張した面持ちで頷くことくらいしかしない。



最初は手を握ったり、肩に手を回したりしていたが、酔いが回るにつれだんだん大胆になっていった。



腰から尻を触ったり、耳元から頬にかけて唇を触れたりもした。



固くはなるが拒否はされなかった。



なんだかんだで留美も気分が高まって来たようで、瞳が潤んでいた。






オレはもちろんとっくに臨戦体勢だし、そろそろ頃合いだと判断したのでフケることにした。



他の連中にゆっくり楽しめよと伝えて、オレは留美の肩を抱いて店を出た。



車中ではもう遠慮無しに、キスはもちろん乳揉みも敢行し、ガンガン気分を高めていた。



部屋に着くと、今度はじっくりディープキスをし、ゆっくり優しく髪を撫でてやった。



そして服を脱がせようとした時、それまで相槌くらいしかしなかった留美が初めてまともに話しだした。






「あの・・・あたしと付き合ってくれるんですよね?」






「え?」






「・・・あたし、彼氏じゃない人とこういうことしたくないんです・・・」






内心、『はあぁぁぁぁ!?』と絶叫していた。



しかし留美の顔は至って真剣だ。



泣きそうな目でオレをじっと見つめている。



オレは内心の動揺を見せないようにして、笑顔でキスした。






「大事にするよ・・・」と、否定もしないが決して肯定したわけでもない回答をして、ぎゅっと抱き締めた。






留美は何も言わず、抱き締め返して来た。



留美も一応言ってみただけなのだろう。



その後は特に追求するようなことも言わず、大人しく脱がされていった。






留美の身体は見事だった。



恐らくGカップはあるだろう乳房は、その若さの特権で重力に逆らい、ツンと上を向いていた。



張りのある、いわゆるお椀型だ。



巨乳でも決してデブではなく、腰はキレイにくびれていた。



尻もキュッとしていてセルライトとは完全に無縁で美しい。



身体全体が若さと瑞々しさに溢れていた。






まずは一緒にシャワーを浴び、身体を洗わせた。



もちろんチンポを丁寧に洗わせたことは言うまでもない。



処女ではないだろうがこういうことに慣れていないようで、留美は顔を真っ赤に染めながらぎこちなく手を動かす。



ボディソープのヌルヌルと留美自身の手のきめ細かさで、これだけでもイッてしまいそうになるほど気持ちいい。






シャワーで泡を洗い流すと、早速咥えさせた。



留美はおずおずと先っぽをしばらく舐め回してから、ゆっくり亀頭を口に含んだ。



若いからか興奮のせいか口内の体温がかなり高い。



目を瞑りながら必★に舌を動かし、なるべく奥まで咥えようと努力しているようだ。



テクははっきりいってまだまだだが、奉仕されてる感はハイクラスだった。






Sっ気が出たオレは留美の濡れた頭を掴み、腰を激しく動かした。



イラマチオってやつだ。



急に喉の奥を突かれ、留美は顔を歪めた。



しかし吐き出そうとせず、健気に受け入れている。



可愛いヤツだ。



30秒ほど口腔の感触を楽しんで、オレはペニスを抜いた。



イラマチオ特有の白濁した唾液がタラタラとこぼれる。



留美は涙目でコホコホと咳をしながら口を拭った。






オレの高まりは最高潮に達し、欲望の槍はかなりの勢いでそそり立っていた。



オレは留美をお姫様抱っこして、キングサイズのベッドに運んだ。



巨乳だけど驚くほど軽い。



化粧を落とした顔はやはりまだ幼く、本当に子どもを抱いているようだ。






(考えてみたら今年の3月までは女子高生だったんだもんな)






軽く感動しながら留美をベッドに横たえる。



相変わらず瞳を潤ませながらオレをまっすぐに見ている。



ホントは明るいところでするのが好きだが、ちょっとだけ気を利かせて暗くしてやった。



薄明かりの中でも、きめ細かい留美の白い裸体は浮かび上がるようにはっきり見える。






(マジ、イイ身体だな~)






すっぴんは朝の連ドラに出ていた宮崎なんとかいう女優に似てる。



カワイイ系の顔立ちで、やはりエロいメイクは似合わないだろう。






キスをしながら胸を揉みしだく。



巨乳だがまだどことなく硬い感触がある。



若くて青い証拠だ。



それをほぐすように激しく、時には優しく揉み、留美の快感を引き出していく。



指が沈んでいくこの感じがいい。



留美はシーツを掴んで横を向いて、声を押し★している。






しばらく愛撫した後、オレは正常位で侵入を開始した。



断続的にキュキュッと締付けてくるし、奥の方のツブツブ感が先端を刺激してくる。



痺れるような感覚がペニスの先端を中心に広がってく感じだ。



濡れ具合も少な過ぎず多過ぎずで、良い摩擦感だ。






(これは名器と言っていいな。楽しいオマンコだ)






オレは笑い出したくなるのを抑えて、留美の細いウエストを掴み、最初のフィニッシュに向けてスパートした。



射精感が最高潮に達した時、締りが一層強くなり、オレは我慢できずにありったけ放出した。






「あぁ~~~~」






留美も思わず声を出していた。






ゴムを交換すると、第2ラウンドに突入した。



このオマンコなら朝まで5回はできそうだな!



結局、6回やってしまった。



一番具合がいいのがバックだったので、後背位だけで4回やった。






特に最後の一発は、ひと眠りして朝イチで生でやってしまった。



もう出ないほど抜いたし、一応膣外射精したのでたぶん大丈夫だろう。



オレの乱発にすっかりぐったりしていたのと眠かったのだろう、反応と締りはイマイチだったが、やはり生のパワーはすごい。



オレは数分で発射してしまった。



やっぱり朝の一発は最高だな!






一人でさっさと熱いシャワーを浴び、支度を済ませる。



目覚めた留美がちょっと不安そうにオレの動向を見守っていたが、声を掛けては来なかった。



どこか違う雰囲気に戸惑っていたのだろう。



一方、こういう雰囲気に慣れているオレは財布から5万ほど取り出すと、テーブルに置いた。






「これタクシー代ね。ゆっくり休んでいっていいよ」






「え・・・?」






留美は呆然としてそれ以上言葉が出ないようだ。






オレは、「んじゃ」と部屋を後にした。



リピートは考えてないのでこういう時はこれくらいでちょうどいい。



これでどんなに鈍い女でも一夜きりのことだと気付くだろう。



中途半端に優しくして変に期待を持たせる方が気の毒だ。






もうちょっと割り切ったタイプだったら、あの名器なら、また逢ってやっても良かったんだけどな。



ホント、残念だよ。