今日は小学生の息子の家庭訪問の日である。



夜7時の約束で、妻はスナックに働きに出かけていないので、俺1人で先生が来るのを待った。






7時を10分程過ぎて玄関のチャイムが鳴り、先生がやって来た。



前の児童の家で無理に酒を勧められたらしく、ほろ酔いだった。






「どうも、すみませんでした。すっかり遅れてしまって、本当にすみません」






そう言って先生は入ってきた。






「まあまあ、1時間も遅れたわけじゃなし、気にしなくてもいいですよ」






「無理やりお酒を飲まされたものですから、新米なもので断りきれなくて、すみません」






深々と頭を下げたその時、胸元から大きな谷間が覗いた。






「先生は、この後も他の家を回るんですか?」






「今日はここが最後です」






「じゃあ遠慮せずに飲めるね、遅れて来て飲めないとは言わないでしょ?」






「私、弱いんですよ、もしご迷惑をおかけしたら・・・」






「まあまあ、少しくらい付き合ってくださいよ」






「じゃあ・・・少しだけなら」






先生は俺が作った水割りを飲み始めた。






「学校で息子はどうですか?」






「なかなかしっかりとしたいいお子さんれしゅよ」






もう舌が回らなくなっていた。






「お父さん、だめじゃないれしゅかー、私、わけがわかりましぇーん」






そう言って後ろに倒れて大の字になったので、「先生、先生、大丈夫ですか?」と体を揺すって聞いてみた。



手は乳房の上にあり、無意識のうちに揉みまわしていた。






「大丈夫でーす、ちょっと天井がグルグル回ってまーす、おえー」






いきなり吐いてスーツの上下に飛び散った。



俺は慌ててスーツを脱がして、ゲロを拭いて片付けた。






「すぐに楽にしてあげますからね」






俺は先生を抱きかかえてトイレに入った。



口の中に指を突っ込んで大量に吐かせた。






「これで楽になりますよ」と言いながら俺は乳房を揉んでいた。






「あっ、お父さん、私、もう1年も男の人と関係がないんで、感じちゃって困ります」






と言いながら先生は、しっかり後ろ手に俺のちんぽを握り締めていた。






「じゃーやめますか?」






「やめないで、こんな中途半端はイヤです」






先生は自分からインナーと下着を脱いだ。



裸の先生をベッドに運ぶと、いきなりキスされた。






「メチャクチャにして、お願いだから」






俺も興奮して、若いオッパイに顔を埋めて可愛く尖った乳首を頬張った。



舌でレロレロしながら乳首を転がした。






「あー、気持ちいい、久しぶり~」






かなり溜まってるみたいだ。



もう片方の乳首も口に含み、舐めたり吸ったりしながら下の方へ舐め下りていった。



薄めの毛を掻き分けると綺麗なまんこだった。



指でビラビラを広げてクリを弄ってみると、体がピクンと脈を打つように跳ねた。



クリに舌を這わせると・・・。






「あん、ああ、いい」






指を挿し込んでみると、体をピクピク震わせ感じている。



興奮しながら指を出し入れしていると中から愛液が溢れ出てきた。



無意識のうちに先生は、俺の勃起したちんぽをしごいている。



ヌチャヌチャとやらしい音になった。



ちんぽを彼女の口に近づけると、赤ん坊が乳房に吸い付くようにしゃぶりついてきた。



それがまた絶品だった。



俺も負けじとクリを舐めながら指を出し入れし、手を伸ばして乳首も刺激した。






「あーん、だめー、あん、あん」






息子の担任が悶える声に俺もたまらず、彼女のまんこにちんぽを押し当てると簡単に入った。



腰がクネクネ動き、全身がピクピクしている。



それに合わせるように膣の中も動いて気持ちいい。



ゆっくりピストンを始めると先生自ら腰を浮かせて振ってくる。



俺もピストンの動きを速めた。



ヌルヌルなのに絡みつく心地よさに辛抱しきれず、腹の上に発射した。






酔いが覚めて意識がはっきりしたら、先生はどんな顔をするんだろうか。