とある飲食店にいたときの話。



店に残って仕事をしていたら、バイトのAがいつも吸っている俺のタバコと缶コーヒーを持ってきた。






「まだ帰ってなかったんだ?」






「はい。みんなは帰ったんですが、差し入れだけしようと思って」






Aは当時、高校卒業したてでギャルっぽい外見とは裏腹に、仕事にすごくマジメな女の子。



仕事が終わるまで待っててくれて少し話していると、最近彼氏と別れたとのこと。



彼氏の別れた理由から、少しエッチな話まで。






途中、無言の状況に。



テーブルに向かい合って座ってる二人に、気まずい空気というか、緊張した空気。






「こっちに座る?」






「えっ??」






半ば強引に引き寄せ、座ると同時くらいにキス・・・。



お互いにダメだという気持ちがあったのが、一気に打ち解ける。



18歳という年齢だったが、積極的に舌を絡ませてくるので、さすがに興奮してくる。






「誰かくるとまずいから奥のテーブルにいかない?」






「はい」






奥のテーブルに移動し、ソファーにAを寝かせ覆いかぶさる。



緊張のためか硬くなっている彼女をほぐしながら、胸を触る。



小ぶりだが、感度が良いのか声が出そうなのを我慢しているA。



小さな乳首に唇が触れるだけで、Aがビクンと反応する。



いつもは焦らすのだが、誰か来たらという緊張もあり、下半身に触ってみると案の定、ねっとりとしている。






「すごく濡れてるよ」






「・・・」






クリが気持ちいいらしく、クリを中心に優しく触る。



その頃には、★していた声が完全に出ている。



18歳でこんなに感じるの?と驚く。






「舐めてくれる?」






「はい」






起き上がり、仁王立ちになると、床に跪き抵抗なくズボンとパンツを脱がしてくるA。



俺のモノも興奮していて、パンツが染みるくらい粘液が出ている。



Aがゆっくりと口に含む。



Aのフェラは唾をべったりとつけて、舐めるたびにグチョっていやらしい音が静かな店内に響く。






我慢できなくなって、Aを起こす。



テーブルに寝かせてそのまま挿入。



Aはすでに声を★そうともしていない。



ねっとりとAのアソコがまとわりついてくる。



ホントに気持ちいい。






ゆっくりと腰を動かしながら、胸を愛撫する。



抱きついてくるA。






少しして店内の鏡のある場所に移動。



立ったままバックで挿入。



二人の姿が鏡に映っている。






バックで突きながらクリを責めると、立っていられないのか崩れそうになっている。



腰を支えながらも、責めるのは止めない。



店内にもエッチな匂いが充満してくる。



Aの太ももには、Aの体液がしたたっている。



その状況に興奮も最高潮。






最後はAの口に大量の精子をフィニッシュ。



本当に止まらないくらい出た。



何も言わないのに、飲み込んでいたA。



最近の若い子は・・とも思わなかったけどw



日常の中の非日常で興奮しました。






その後、Aと付き合うことになりました。



もう別れてますが・・・(汗)