週末の名古屋は熱い。



元々外食文化が盛んな街だけど、金曜日は特に仕事帰りの会社員から学生まで、東海一円から人が集まって、その中心である栄の熱気は深夜12時を回った頃、ピークに達する。






そんなありふれたいつもと同じようなとある金曜日。



僕は久しぶりに会った大学の仲間とすでに3軒はしごして、広小路から少し南に入ったところにあるバーに行き着いた。



27歳前後になった僕たちは、ぼちぼち仕事でも責任ある立場を任されたり後輩の指導に当たるなど、ちょっとずつ大人へのステップを登り始めていて、こうやって学生時代のノリで飲んではいても、たまに真剣に仕事の話が挟まったり、中には結婚しようと考えているやつなんかもいて。



変わらない仲間たちに流れる確かな時間の経過と成長がこそばゆいような誇らしいような、そんな心地よい夜を過ごしていた。






その店は雑居ビルの2階にある。



ダーツとビリヤードが置いてあって、奥まった一角はダンス用のスペースがあるような、ごく普通のありふれたバーだ。



雑居ビルの中とはいえ2面がガラス張りの角に位置していたため閉塞感はなく、ネオンで照らされた繁華街の交差点を終電に遅れまいと足早に歩く女性や、なんとか今夜を一緒に過ごすパートナーを探そうと見境なく声をかけまくるナンパ男の姿を観察できるような場所だった。



男ばかり13人というちょっとした大所帯で始まった今夜の集まりも、3軒目を終えた時点で終電で帰る奴もいて、今は4人だ。



それぞれカウンターでドリンクを頼んで、同年代から上くらいの客で溢れる店内を見回している。



男が飲み始めれば考えることは、街角で必★に声を掛けている男とあまり変わらないんだろう。



僕も頼んだハイネケンのボトルのネック部分を掴みながら、ざっと一回り店内を回ってみた。






「今日結構入ってんじゃね?可愛い子が多いじゃん」






「つーかさ、この店も年齢層が上がったよなー、昔は学生ばっかのイメージだったのに」






「そりゃあ俺らが学生の頃から通ってるかなら、言ってみりゃ俺らと同じくらいの世代の奴らがそのまま持ち上がって通ってるってことっしょ」






「僕らも年を取ったってことだよね」






「スーツ着てまでここに来るとは、昔は夢にも思わなかったけどな」






「いいんじゃない、スーツ。澤っち、学生の時に私服で来てたのよりモテるかもよ」






「スーツがモテるなら、アツシ、わざわざ家に帰って着替えて来てんじゃねーよ」






「ほら、スーツだと踊りにくいからさ」






窓際のテーブルに再集結した僕たちは与太話をしながら、チューブトップで揺れる谷間や、短すぎるスカートから伸びる太ももなんかを眺めながらひとしきり、久しぶりに入ったこの店についての雑感を語り合った。



確かに今日は混んでいて、2台あるビリヤード台も3台あるダーツも人だかりができているし、15畳間ほどの広さがあるダンススペースでは、外国人を含めた30人ほどが音楽に合わせておしくらまんじゅうをするようにゴミゴミと蠢いていた。






「ちょい俺、フロアに行ってくるわ」






そう言っておしくらまんじゅうに参加しに行ったのはヒロシだ。



今はローカルTV局の敏腕営業マンであるヒロシは昔からその本質が狩猟系で、学生時代から見事なアプローチ&商談&クロージング能力を持っており、東海一円の女子大生、年上のお姉さまとも合コンを繰り返しては自分の巣に持ち帰り、またあらゆるクラブやバーで狩りの実績を積んできた猛者だ。






「クライアントをナンパしないように気をつけなよ」






少しばかりの皮肉を込めて、その背中に声をかける。



とは言え、ヒロシが友達ごとごっそり女の子を連れてきたことも多々あり、僕達はいつもその恩恵に預かってきので、この夜もそんな展開を期待していないわけではなかった。






「ヒロシはほんっと変わんねぇな、少しは落ち着けってんだよ」






友人の昔からの姿に少しばかりのノスタルジーを含んだ笑顔を浮かべて、タカノリが言った。






「お前だって大して変わんないだろ。明日奈ちゃんに合コン行ったことがバレて大目玉食ったお前が言えるセリフじゃねぇよ、なぁ、アツシ」






その合コンに誘ってもらえなかったことで、先ほどのお店で延々とタカノリを非難し続けた澤っちが、急に僕に同意を求めてきた。






「そうだね、確かにタカノリこそ落ち着きが必要だね。これで婚約破棄にでもなったら俺らだって寂しいじゃん」






僕はそう言って学生時代から付き合い続けてようやく結婚を決めたタカノリの婚約者、明日奈の顔を思い出す。



タカノリは明日奈の怒りを思い出して終電を逃した旨を言い訳でもするのだろう、慌ててスマホを操作し始めた。



そんな昔に戻ったような懐かしい会話に興じながらも、やっぱり女の子の姿を目で追う。



ヒロシはすでにお尻が見えちゃうんじゃないかというほど短くカットされたホットパンツにおヘソが見える丈のインナー、小さめのシャツをボタンを留めずに羽織り、ヘソを隠さないようシャツの裾を縛った格好で踊っている女性と向き合い、手をすでに女の子の素肌が露出した腰に回して一緒にステップを踏んでいた。






「さすがだね、ヒロシ。仕事が早いわ」






さすがにここまで手際がいいと呆れてしまうといった風に澤っちが笑う。






「ほんと、僕にもあの積極性が欲しいよ」






女性に縁がないわけではなかったけど、前の彼女と別れて以来、合コンや飲み会で知り合う子はいても、どうしても付き合うまで踏み込めず、何度かのデートや時には夜を過ごすことがあっても結局実りなく・・・という生活を僕はもう2年も送っていた。






「空いたみたいだぜ、ひと勝負どうよ?」






必★にメールを打つタカノリを横目に、誰もプレーしている人がいなくなった1台のビリヤード台に目を向けて澤っちが言った。






「オッケィ。澤っち、少しは上手くなった?」






2人は立ち上がりビリヤード台に向かう。






「もともとお前に勝てるとは思ってねーよ、チョー久しぶりだし」






「でしょ、ならせっかくだからドリンク賭けようよ」






「ぜってーやだ!」






頑なに賭けビリヤードを拒む澤っちは、小学校からやっているサッカーを会社勤めの傍らいまだに続けているスポーツマンのくせに、ダーツだとかビリヤードだとか細かなことが苦手らしく、長い付き合いになるがいまだに僕に勝てたことはない。



バンキングすることなく澤っちが丁寧にナインボールの形を作る。



ひし形にギュッと寄せられたボールを見て満足そうに頷くと、白い手球を持ってブレイクショットの位置にセットする。



他はともかく、ブレイクショットをキレイに決めるのが得意な澤っちからプレーを始めることは、いつの間にか作られた暗黙の了解だ。






パカンッ!






大きく乾いた音に続いて、カツンガツン、ゴロゴロ、ゴトンと耳障りの良い音が響く。



3つほどポケットに収まったようだ。



迫力ある音に周りの視線が僕達のプールテーブルに注ぐのを感じる。






「相変わらず派手だね」






「パワーなら負けねーんだけどな」






「これで一度もブレークエースされたことないってのが信じられないよ」






などと言いながらブレイクショットで落した澤っちが手球を2番に当てようと狙いをつけるが、大きく的を外してファールとなり僕の順番が回ってきた。






「あーっ、クソ!やっぱアツシには敵わん」






あっという間にひとゲーム終えると、自らキューをギャラリーの1人に渡してドリンクを買いに行く。






「逆にあのショットで勝とうとするほうが無理だよ」






澤っちの背中に僕は自分のジンライムのオーダを投げかけ、彼はそれに右手を上げて振り返らずに答えた。



その女性に声かけられたのは、そんなやりとりをしている時だった。






「すごい上手だね、ひとゲームどう?ってか教えてよ」






背後から声を掛けられて振り返る。



そこにはアラサーな女性がキューの先端にチョークをクリクリと押し付けながら立っていた。



身長174センチの僕とほとんど変わらない目線の高さ、ちらっと見えた、さっき隣の台で連れの女性とキャーキャー言ってゲームをしていた女性だ。



落ち着いたブルーの花柄ワンピース、シックなんだけどノースリーブだし、デコルテはざっくり開いているし、膝上はものすごく短い。



肩までのボブも含めて、なんとも露出だらけの服装だ。



細い腕と胸元の大きな盛り上がりのコントラストに視線が集中しないように気を遣う。






「教えられるほど上手じゃないよ。でもぜひぜひ、ご一緒させて」






一瞬敬語を使うべきか迷ったけど、あえて普通に話した。



そうしておけば後で、「失礼してスミマセン、でも全然年上に見えませんでした」ということも出来るし、それを聞いて嫌な顔をする女性は皆無だから。



ということを、ヒロシから数年前に教わっている。






「ブレイク、苦手だから任せてもいい?」






「もちろんいいけど、そのまま終わっちゃうこともあるよ」






「そこはほら、手加減してね」






少し上から目線な、なんとなく命令に近いようなお願いをされるが悪い気はしない。



カコンッ!と音を響かせてボールが散らばっていく。



落ちたのは2番の一つだけのようだ。



続いて1番、3番を落したところでファール、彼女の番だ。



ゆっくりと上半身を屈める。



ただでさえ開いてる胸元が作る深い谷間がさらに露わになって吸い込まれてしまいそうだ。



短いスカート丈、後ろから見る男達の視線が露骨に集まるのが見て取れる。






(これ、ほとんど下着が見えてしまいそうなくらいせり上がってるんじゃないだろうか?)






他人事ながら心配になる。



彼女はブリッジを作るためにすっと左手を台に乗せる、キューがその上にセットされ・・・。






(あれ?)






左手に違和感を感じる。



その薬指にはシルバーに光るシンプルな指輪がはめられていた。






(なんだ、既婚者か・・・)






心の落胆を顔に出さないよう努めてショットの行方を見守る。



キレイなフォームだけど、どうしても左手の指輪と谷間に意識が持っていかれる。



彼女は3つ落として俺の番・・・7、8、9番を無難に落としてゲームは終了した。






「ほらー、やっぱり上手」






彼女は軽くあえてわざとらしく不貞腐れたような演技をしながら口角を上げて微笑む。






「俺なんて高校生の頃から11年、1回も勝ったことないんすよー」






いつの間にか戻った澤っちが僕にグラスを渡しながらしっかり敬語で話しかけた。






「彼女も上手だったよ。澤っち、きっと勝てないよ、ね」






「確かに、さっき見てたけどあなたには勝てそうだよ」






悪戯っぽく彼女は笑う。






「ほら、澤っち、彼女にもドリンク買ってきて」






そう言って追い払うと、彼女はさも当然かのようにスプリッツァーを彼に申し付けた。






「澤っちはわかったけど、お名前は?私はユミ」






そういえば自己紹介すらまだだった。






「アツシ。ユミって呼んでもいいのかな?よろしくね」






「全然呼び捨てオッケーだよ、アツシも大丈夫?」






「うん、もちろん。あ、よかったらどっかに座る?」






グラスの赤ワインらしきものを飲んでる彼女の連れのユミも負けず劣らず露出が高く、しかも高身長な女性と一緒にタカノリがいまだにスマホと睨めっこしている席へと向かう。



こちらを見て一瞬驚いたような表情を見せて、すぐに平静を取り戻すタカノリ。






「アツシ両手に華かよー。気をつけてね、こいつ、こんな人畜無害そうな顔しててケッコー手が早いから」






僕は呆れたような苦笑いを彼女たちに向けて肩をすくめてみせる。






「アツシって軽い男だったんだ、そんな風には見えなかった、ショックー」






ユミはさほどショックを受けていなそうな顔でケタケタと笑い声を上げて僕をからかう。






「そりゃあ僕にだって人並みに女性好きな面あるけどさー」






僕もたじろぐふりをわざとらしく作って話に乗っかる。



ドリンクを持って戻った澤っちを含めて5人で改めて乾杯、そして自己紹介をした。



タカノリも婚約者である明日奈との間にあったであろう厄介事は吹っ切れたのか諦めたのか、スマホから目を離して楽しそうにはしゃいでいる。



女性がいるとテンションが明らかに変わるのも学生時代から変わらない。






盛り上がりを見せる5人、そのさなか年齢の話が出た。



彼女たちは2人とも29歳、学年で言うと2つ上だ。



早速ヒロシ直伝の台詞を使う。






「ホントに?年上なんだ、全然見えなかった、っていうか2人とも年下だと思ってた。ごめんね、なんかフツーにタメ語で喋っちゃってて」






そのセリフを聞いた2人の反応は明らかに好意的なもので、僕の肩を2人でペシペシ叩きながら、「えー、うそー、もう全然若くない。おばさんだよぉ」とか「あ、でも割りと童顔に見られるんだよねー」といった謙遜を混ぜつつも喜びを全身で表現して見せていた。



ヒロシ、恐るべしだ。



ふとダンスフロアを見ると、ヒロシはすでに先ほどの女性と隅の暗がりでキツく密着して踊っている。






「あーあ、ヒロシ、もうこっち戻って来ないんじゃない?」






タカノリは少し羨ましそうに言った。






「しょうがないよ、ヒロシだもん。僕たちは僕達で楽しく飲も」






視線がフロアに集まったのを感じ、もう一度話を戻そうとして僕は言った。



けど、ユミがフロアに食いついた。






「そういえば私、今日まだ1回もフロアに行ってない!アツシ、一緒に行こうよ」






そう言い終わる前にユミは椅子を立ち、僕の腕を掴んでいた。



目の高さに揺れるワンピースの裾と、ほっそりと伸びた脚に一瞬目を奪われる。



『ヒューゥ』という古臭くてわざとらしい口元と表情だけ作って、澤っちがニヤけながら僕と目を合わせる。



少し照れた僕はやれやれと苦笑いしながら、「いってらっしゃーい」と手を振るユミの友人にこくんと頭を下げて席を立った。






<続く>