で、日曜日。



お昼をみんなで食べ、娘が眠いのかグズってきたので義母が、「ちょっとお散歩に連れて行ってくる。K、ちょっと後片付けとお掃除お願いね」と言って、義母はベビーカーで近くの公園に出かけた!






チャーーーンス!






マンションのベランダから義母が公園に行くのを確認してから・・・台所で洗い物をしている義姉に後ろから近づいた。



その日の義姉はジーンズに長Tという、とてもラフな格好だった。



俺はジーンズの上から軽くお尻を撫でた。



義姉は一瞬ビクッとしたが、そのまま逃げようとはしない。






義姉「もう、そのお手て、マズいんじゃないですかぁ?」






俺はそのままジーンズの上からお尻に股間を当てて、バックの要領でグイグイ押しつけた。






義姉「おいおい・・・もお・・・いきなり!すぐにお母さん・・・帰ってくるよ」






口ではそう言いながら、お尻をくねらせて自分からもグッとお尻を押しつけてきた。



俺は長Tの下から手を入れ、ブラのホックを外し、後ろから義姉のオッパイをモミモミ。



親指と人差し指で乳首をコリコリ。






義姉「ちょ、ちょっと待って!あぁ~ん・・・ちょっと!」






洗い物をしていた義姉が叫んだ。






義姉「先に洗っちゃうから・・・お母さんが帰ってきて洗い物をしてなきゃおかしいでしょ?ちょっとだけ待って!」






そう言って俺から離れた。






俺「あ、ごめん・・・そうだね」






そう言うと義姉は洗い物を始めた。



俺はまた義姉の腰を掴んで、ジーンズの上からお尻に股間を押しつけた。






義姉「ちょっと・・・洗いにくいんですけど・・・もぉ・・・」






そのまま洗い物を続けていた。






義姉「はい、これで終了!」






義姉がそう言った瞬間、俺は長Tの中に手を入れた。






義姉「もおぉ、お母さんが帰ってきちゃうよ・・・ヤバいよ・・・」






そう言って、窓の外を気にしていた。






俺「ん・・・ここでエッチはやっぱ無理・・・だよね?」






義姉「ムリムリムリ!絶対に無理だって!バレるって!ヤバいって!」






俺「じゃぁ・・・触るだけ・・・いい?」






義姉「それもヤバいんじゃないですかぁ・・・」






俺は後ろから手を伸ばし、ジーンズのホックを外し、ジーンズを太ももまで下げた。



薄い緑色のパンティーだった。






義姉「マジ?ちょっと・・・あ、これ以上は脱げないよ・・・」






ジーンズが太腿で引っかかってる状態。



これ以上下げると、すぐには穿けないらしい。



なのでジーンズを膝まで下ろし、パンティーの上からお尻を撫で回した。






義姉「ダメ!エッチは出来ないよ!」






俺「えぇー、じゃあ・・・」






俺はパンティーを穿かせたまま指を横から侵入させた。






「あぁっ」と小さく叫び、義姉の手に力が入ったのがわかった。



割れ目に沿って指を這わせると、もうヌルヌルしている。






俺「Kちゃん、嫌って言いながら、濡れてんじゃん・・・」






義姉「・・・嫌って言ってないよ・・・、はぁはぁ・・・こんなところでエッチはダメって・・・はぁはぁ・・・」






逃げる様子もなく、感じているのがわかった。






義姉「お母さんが帰ってきたらヤバいよ・・・」






義姉はずっと窓の外を気にしていた。



かまわず俺は後ろから指を入れ、もう片方の手で後ろから胸を揉み乳首をコリコリ。






義姉「あぁん・・・それ・・・気持ちいい・・・、N美(嫁)にもいつもしてるの?」






義姉に悪戯している最中に嫁の名前を出され、罪悪感に一瞬・・・手が止まってしまった。






義姉「あ、ゴメン!覚めちゃった?」






俺「覚めるって言うか・・・ちょっとね」






俺は指を抜き、服の中から手を出した。






俺「俺こそ・・・ゴメン。なんか・・・調子に乗っちゃって・・・」






急に現実に引き戻され、『浮気』『嫁の姉に手を出してる』『親戚中で揉める』という言葉が頭に浮かんだ。






義姉「いいの・・・ごめんね、私が・・・、あ、でもいいのって言うのも変だよね」






義姉はアハハと笑った。



確かに触ってもいいとか、不倫してもいいとかの問題ではない・・・。



その時はそろそろ母たちが帰ってきそうなので服を整えた。



俺が塞ぎ込んでると思ったのか、義姉が、「ジーンズはマズかったね!」と言った。






俺「え?」






義姉「スカートだったら脱がずに済んだりして・・・今度からはその方がいい?」






義姉の言葉で気分の下がった俺を気遣ったのか、そんな事を言い出した。






俺「あぁ・・・うん、そうだね・・・でも・・・やっぱりこんなこと・・・」






俺がそう言うと義姉は・・・。






義姉「怖くなっちゃった?・・・私は・・・結構楽しみにしちゃってる私がいるんだ・・・。Kちゃんとこんな風になったらなぁ~って妄想しちゃった時期もあるんだよ」






義姉からの思わぬカミングアウトだった。



俺は正直に言うと、嫁や嫁の両親にバレたとき、どうしたらいいのか分からない・・・。



普通の離婚では済まない・・・。



別に嫁が嫌いなわけでもない。



嫁との間が冷めてるわけでもない。



義姉のことが、嫁よりも好きになったわけでもない。



ただエロい義姉がそこにいて、俺がたまらなくなって手を出したに過ぎない・・・。






義姉「ねぇ、N美のこと・・・愛してる?」






俺「・・・うん」






義姉「3年・・・付き合ったんだっけ?で、結婚したんだよね、確か」






俺「そうだよ」






義姉「その間に浮気したこと・・・ある?」






俺「・・・ないよ」






義姉「隠してどうするの!正直に・・・」






俺「・・・ん・・・浮気って・・・どこまでだ?」






義姉「そりゃやっぱエッチでしょ?」






俺「・・・まぁ・・・ある・・・かな」






義姉「でも別れなかったんだよね?」






俺「まぁ・・・バレてなかったからね」






義姉「・・・私とも・・・バレなきゃいいやって・・・そんな感じで軽くは考えられない?」






俺「え?でもそれは・・・」






義姉「妹夫婦が離婚した原因が、私が妹の旦那を寝取ったなんて、そんなことは許されないでしょう?お互いに大人なんだし、世間体もあるし・・・もっとこう軽くいこうよ!ね」






俺は正直びっくりした。






義姉「あ、でもセフレとか体目当てとかじゃなくって・・・なんていうか・・・お互いにストレス発散!ってことで」






俺「・・・うん。俺はいいけど・・・マジて言ってんの?いいの?」






義姉「でもバレたらただ事じゃないよね・・・やっぱやめとく?」






俺「いい。このまま続けようよ!」






義姉「じゃあ、仲のいい義姉弟ということで・・・ね」






義姉はそう言って微笑んだ。






俺「あ・・・それって・・・今までみたいに触ってもいいんだよね」






義姉「バレないようにね!」






俺「ホテルに行く話はどうするんだ?」






義姉「時間が合えばOKって話は継続だよ」






という事で、俺と義姉の変な契約(?)が成立した。






そしてその夜はみんなで外食に行った。



外食後、嫁の実家で休憩。



いつものように娘を俺が風呂に入れる。



そしていつものように、「もう上がりま~す」の俺の声に・・・「は~い」と義姉が返事をし、浴室へ・・・。



ここまでは前と同じなんだが・・・。



娘を渡した時に俺は義姉の胸を軽くモミモミ。



義姉は声には出さずに『もー!』って口をして、後ろに誰もいないのを確認して、チンチンを2、3回シゴクきながら、「気持ちよかったでしゅかぁ~」と俺の顔を見ながら言う。



外では娘に言っているように聞こえてるが、浴室では俺のモノをしごきながら俺に聞いている。



こんなんでいいのだろうか・・・?






やっぱり夜に会うことは出来ないので、昼間に会うことにした。



土曜日の午後、俺は仕事だと嘘をついて家を出て、義姉は昼からの仕事を休んでくれた。



そして駅まで義姉が迎えに来てくれて、そのまま郊外のラブホへ!






俺「あれ?メイクしてんじゃん」






義姉「当たり前でしょ!スッピンで仕事に行けるわけないでしょ!」






俺「メイク顔・・・初めてかも」






義姉「ないない!見てるって」






そんな会話をして、部屋の前へドアを開けて中に入ると・・・。






義姉「な~んか・・・すんなりと部屋まで来ちゃったね」






俺「え?恐くなった?」






義姉「恐いっていうか、いいのかな~って」






俺「あれ?割り切って楽しむんじゃなかった?」






義姉「・・・そうだよね、そう言ったのは私だよね」






俺「そうそう、いっぱいエッチして楽しもうよ!」






そう言って義姉を抱き寄せ、舌を絡ませてディープキス。



義姉の上着を脱がそうとしたら・・・。






義姉「ちょっと待って!ね、シャワー・・・」






俺「いいじゃん!後で」






義姉「ヤダよ!服もシワだらけになったらヤバイでしょ?」






俺「まぁ、それもそっか、じゃあ一緒に入ろう!湯船にお湯入れてくるわ!」






俺は湯船にお湯を張り、また部屋に戻った。



すると義姉はベッドに座って部屋をマジマジと見渡してた。






俺「Kちゃん、ラブホは久しぶり?」






義姉「まぁ久しぶりなんだけど・・・」






俺「・・・だけど?初めてとか冗談でも言うなよ」






義姉「一応、昔は彼氏もいたんですけど!」






俺「じゃあ何?」






義姉「あのね・・・生理が来ちゃったらごめんね」






俺「エ!マジで!生理になったの?」






義姉「ううん、違うの!まだ大丈夫だと思う・・・だから来ちゃったらごめん」






最初は残念がった俺だが、(ひょっとしてこれなら中出しもあり?)と思い、ムラムラが止まらなくなってきた。






俺「いいよ。なったらなったで・・・お風呂ですればいいじゃん」






義姉「ええ!いいの?汚れちゃうよ!」






俺「だからお風呂でなら大丈夫じゃん、どうする?俺が先に入る?Kちゃんが先に入る?」






義姉「じゃあ一緒に入ろう!」






すると義姉が俺の方に近づいてきて服を脱ぎ出した。



なんの躊躇もなく服を脱ぎ、ブラを外し、そしてパンティも脱いだ。



義姉の裸は以前に実家で一緒に入った時に見ていたが、義姉も一度見せているからなのか、何も隠そうとはしなかった。



ベッドの横で2人で素っ裸になると・・・。






義姉「さ、入ろ入ろ」






そう言って俺の手を繋いで浴室に入った。






義姉「先に洗ったげるね」






そう言って俺にボディーソープをつけた。






俺「ダメー!今日は洗いっこ!」






義姉「え!あぁ~ん」






俺は義姉の胸にボディーソープをつけてモミモミ。



そして後ろに回り、背中、お尻、ワレメと手のひらを滑らせた。






義姉「あぁ~ん、気持ちいいよ~、もっと触って~、あぁ~」






俺「Kちゃんもちゃんと洗ってよね」






俺はギンギンになったチンチンを義姉の太ももに擦りつけた。






義姉「わ!もうこんなに・・・すごーい」






そう言って義姉はギンギンになったチンチンをボディーソープをつけてしごき始めた。






俺「ねぇ、お口で・・・」






そう言うと義姉は泡をシャワーで流し、膝をついてしゃぶり始めた。






俺「うっ、やっぱり上手いなぁ」






義姉「チュパチュパ、そう?ありがとう~」






義姉は吸ったり、舌でカリを舐め回したり、舌先でペロペロしながら手でしごいたり・・・。



ふと、(誰から教わったんだろう?)と思ってしまった。



俺は我慢出来ず、「はい交代!」と言って義姉にシャワーをかけた。






義姉「え?イカなくていいの?」






俺「いいよ!俺も舐めたいから」






そう言うと義姉はニヤリとエッチな表情を浮かべた。



俺は義姉の片方の足を湯船に乗せ、意地悪っぽく言った。






俺「今日はいっぱいエッチを楽しむんだよね?」






義姉「うん」






俺「じゃあ俺の言う通りにしろよ」






普段は上から目線の義姉だったが、エッチな時は妙に嫌がらず俺の言うことを聞いていたので、たぶんMだろうと思っていた。



その考えは、すぐに確信に変わった!






俺「K(呼び捨て)、指でおまんこを開いて、俺によく見せてみな!ほら、舐めて欲しいんだろう!」






ちょっと強めに言ってみた。






義姉「・・・はい」






そう言って自分でワレメを左右にパックリ開いた。



俺はたまらず剥き出しになったクリトリスに舌を這わせた。



俺の舌がクリトリスに触れる度に義姉は、「あっ」と声をあげ、ピクンとする。






俺「こら!もっとしっかり指で開けよ!」






義姉「あ、はい・・・」






そう言って再びパックリと開いた。



俺は指でおまんこの膣の付近をクリクリしながら・・・。






俺「今日は指をココに入れて欲しくないのか?」






義姉「ハァハァ、欲し・・・」






俺「ん?聞こえないぞ!」






義姉「・・・欲しいです」






言葉責めをしているだけで、義姉のおまんこは見る見るにゅるにゅるになっていった。



俺は中指の第一関節だけを挿入した。






義姉「あっっ」






一瞬、声を上げた。



俺はそれ以上は挿入せずに義姉の反応を楽しんだ。






義姉「もうちょっと・・・欲しい」






俺「ん?これか?(指をまわしながら)どうして欲しいのかちゃんとお願いしろって!」






義姉「奥まで・・・入れて下さい、ハァハァ」






俺はそんな義姉がたまらなく可愛くて!






俺「こうか?」






そう言っていきなり人差し指と中指の2本を根元まで突っ込んだ。






義姉「あぁ、うっグッハァハァ・・・」






思わず義姉が仰け反ったので、俺はそのまま義姉の腰に手を回し、指を出し入れしながら乳首を舐めた。



そして俺も我慢出来なくなってきた。






俺「K、気持ちいいか?」






義姉「ハァハァ・・・はい」






俺「指・・・だけでいいのか?」






義姉「ハァハァ・・・イヤ・・・」






俺「イヤ?ちゃんと言えよ!」






義姉「・・・欲しい・・・です」






俺「だから、今日はエッチになるんだろう?楽しむんだろ?ちゃんと言えよ!」






義姉「ハァハァ・・・おチンポ・・・挿れてください」






義姉がそう言うと膣がぎゅっと締まって、愛液がまた多くなった。



俺はそのまま義姉の後ろに回り、お尻を突き出させた。






俺「さぁ、挿れてやるから指で拡げて!」






義姉は片手で浴槽を掴み、もう片方の手の指でパックリとワレメを開いた。



俺はそのワレメに沿って亀頭をゆっくり上下に・・・そして膣のヒダヒダを感じながらゆっくりとチンポを挿入した。






義姉「あっあっあっ・・・入ってくる・・・あぁ~」






俺「ほら、これが欲しかったんだろう?」






義姉「あぁ~気持ちいいよ。おチンポが!あぁ~入ってる。あぁ~ん!気持ちいいよ~、おちんぽいいよ~もっと!もっと来てー!」






さっき「楽しめ」って言ったからなのか、エロい言葉を口に出すようになった義姉は、自分の言葉でも興奮しているように見えた。



浴室に、パン!パン!パン!と音が響く。



その音に合わせて義姉の、「アン!アン!アン!」が続く。



俺もそろそろ限界だった。



そのとき、もうすぐ生理だというさっきの言葉を思い出した俺は、(このまま中で・・・)と企んでいた。






義姉「あぁ~うぐうぐ!ハァハァ、もうダメもうダメ、ハァハァおチンポいいよ~、おチンポ!あっ!あっ!あっっ!」






その時、義姉の膣がぎゅっと締まって来たのがわかった。



俺もピストン速くした。






義姉「あっ!あっ!あっ!もうダメ!来て!来て!一緒に!」






俺「いいんだな!出すぞ!中に出すぞ!」






義姉「うん、来て!出して!いっぱい来てー!あっっ!あっっ!イクっ!イクッ!イッッッーーークーーー!」






俺「うっ、グッ・・・」






ドク・・・ドク・・・。






俺は思いっきりバックから突き上げて、義姉のおまんこの中にたっぷりと注ぎ込んだ。



イッた瞬間、義姉の脚がピクピクと痙攣しているのがわかった。



俺はゆっくりとチンポを膣から抜いた。



抜く瞬間も義姉は、「あっ・・・あん」と色っぽい声を上げた。



義姉はゆっくりとこちらを向き、俺の肩に腕をまわしてきた。






俺「気持ちよかったか?」






義姉「うん、最高だった」






俺「中出し・・・しちゃったね。いいのか?」






義姉「うん、まぁ大丈夫でしょ。あそこで『外で出して』って言ったら覚めちゃうでしょ?」






俺「まあね、でも声・・・すごかったね」






義姉「もー!でもわかったでしょ?この前ヤバイッて言った意味が・・・あっ!」






俺「どうした?」






義姉はワレメに手をやり・・・。






義姉「わ!なっちゃった・・・かも」






俺「え?あぁ、生理?」






義姉がそう言って脚を開いた。



すると生理ではなく、俺の中出しした精子が膣から流れ出てきた。






俺「あ、俺の精子だよ!生理じゃないよ」






俺は義姉を浴槽の淵に座らせた。






俺「洗ったげる」






脚を開かせ、ワレメを開いた。



小陰唇に少し精子がついているだけだったのでシャワーで流して、膣の中も洗おうと指を入れたらドクドクと出てきた!



裏DVDで見たことはあったが、生で見るのは初めてだった。



義姉も、「わ!わ!すごーい!いっぱい出てくる!」と、興味深く覗き込んでいた。



最後に指でかき出してシャワーをかけると・・・。






義姉「あっあっ!ちょっと・・・感じるかも」






そう言って自分で開きクリを剥き出しにした。






俺「あれ?スイッチ入った?」






義姉「・・・はい」






俺「じゃあ、次はベッド?」






義姉「はい」






義姉は俺の問いかけに、「うん」ではなく「はい」と言った。



義姉のスイッチが入った証拠だ。



ベッドで俺達は激しく愛し合った。