課長は紺野美沙子に似た53歳の美人だった。



15歳年下の俺をよく可愛がってくれた。



憧れがいつしか、ほのかな恋心になっていた。



可愛い女房にはない、大人の色気が感じられた。



年に数回、課長のお供で出張したが、お泊りとかはなかったし、男女の関係にはならなかった。






一昨年の2月下旬、異動の内示で、課長が遠隔地の支店に営業所長として転勤することがわかった。



そして3月中旬、課長との最後の出張は1泊だった。






「課長、お部屋、ツインで取りました」






「それって、どういう意味かしら?」






「思い出・・・ダメですか・・・」






課長は深いため息をついて、「仕方がないわね」とでも言いたげな表情をした。



スレンダーな課長の体、長い四肢と小振りな乳房・・・。



もう勃起が収まらなかった。






「若いのね。スゴイ元気・・・」






俺と唇を重ね、舌を絡ませた課長。



俺は荒々しく課長の小振りな乳房を揉みしだき、コリコリになった乳首をいじめた。



課長の足の間に割って入り、女陰を開き、五十路熟女の花弁を舐めた。






「ハフウ・・・」






色気たっぷりに吐息を漏らす課長の花芯から蜜が溢れた。



その蜜を舌先で絡めとり、女豆に塗り付けるように舐めあげた。






「アッ、クフウゥゥゥ・・・」






課長の腰が震えた。






「お返しにパックンしてあげる」






吸い付くバキュームフェラだった。



カリの恥垢をこそぎ取るかのような舌使いに、これ以上ないほど勃起した。






「課長、そろそろコンドーム付けます」






「いいわよ、そのままで。もうなくなったから、中に出しても大丈夫よ・・・」






課長の花芯に男根を深々と突き立てた。



ジュブジュブといやらしい音を奏でながら男根を咥え込む課長の花芯から蜜が噴き出した。



出し入れされる度に青紫の花弁が男根に絡みついた。



膣口から溢れる蜜が、次第に白く混濁して男根にまとわりついた。






「ンア、ンア、ンアアン・・・ああ、硬い・・・」






課長のご主人は還暦近いから、もう夫婦の営みは絶えているのだろうか、かなり貪欲な腰使いだった。



奥深く突くたびに喘ぎ、仰け反りながら男根を咥えたままの課長の腰をグイッと掴んで大きくグラインドさせた。






ヌッチャ、プス、ヌッチャ、プス・・・。






蜜と空気が隙間から漏れる卑猥な音が部屋に響いた。



課長の花弁の天井を掻き出すように俺のカリがガリガリと掻き回した。






「ンアァァァァァァァァァァ~~~・・・」






課長は快感に耐えきれなくなり、俺にしがみついて背中に手を回し、唇を押し付けて舌を入れてきた。



課長は花弁を締め上げ、ビクビクと痙攣しながら仰け反り・・・。






「出して、私の中にいっぱい出してぇ~~」






俺は乱暴にピストンして、震える課長の体花弁の奥深く射精した。



熱く抱擁を交わし終えると、俺は課長の体内から男根を抜いた。



だらしなく緩んだ花弁から俺の精液と課長の蜜が溢れた。



課長はイキ果て、股を開いてぐったりと余韻に浸るが、俺と目が合うと慌てて足を閉じてはにかんだ。



俺は優しく課長を抱き寄せた。



熟れた女の匂いが俺を包んだ。






翌朝、朝立ち男根で課長を後ろから貫いた。



昨夜の残渣がねっとり絡み、酸っぱい淫臭が立ち込めた。



四つん這いでヨガる課長の肘を掴んで引っ張りあげ、膝だけで仰け反らせるように後ろから激しく突いた。



仰け反る課長の両乳房を背後から揉みしだくと、前のめりに崩れ落ちた課長と共にベッドに倒れ、今度は松葉崩しから正常位、そして課長を持ち上げて騎乗位で突き上げた。






「ア、ア、ア、ア、ア、アァアァァァァァ~~・・・」






再び課長の花弁の奥に精液をぶちまけた。






汗とお互いの匂いを洗い流し、思い出だけ残してホテルを出た。



2人は何も話さず新幹線で帰路に就いた。






新幹線を降りて・・・。






「では課長、失礼いたします」






「さようなら。素敵な思い出になったわよ。・・・それから、あなたのおかげで踏ん切りがついた。ありがとう」






「踏ん切り?」






「ううん、何でもない。とにかく、ありがとう」






そう言って別れた。



結婚以来、初めての浮気だった。






その半月後、美しい課長は営業所長となって異動してゆき、今年の3月、定年を待たずに退社した。



その理由が再婚相手と同居するためと聞いて、あの時の踏ん切りが離婚だったことを知った。