彼女と別れて1年が経とうとしています。



別れた当初は、虚しくて寂しくて、何をする気力も湧いてきませんでしたが、最近、元の自分を取り戻しつつあるかなと思います。



出会い系サイトのおかげだと思っています。






彼女と付き合っていたときは出会い系なんて、「モテないヤツらが群がる、いかがわしいところ」くらいに思っていました。



しかし、それは間違いでした。



出会い系は、人生を学べる、性の奥深さを学べる、素晴らしいところだったのです。



最初、寂しさを埋めるために使っていた出会い系は、僕に色々なことを教えてくれました。






ある時、あるメッセージが目に留まりました。






『スポーツ女子です。気の合う男性と気楽にお話ししたいです』






僕は文化系の女子より体育会系の人が好きなので、早速コンタクトを取ってみることにしました。



彼女は僕より3つ下の23歳とのことでした。



メールでやりとりしていくうちに、彼女がスポーツ全般、特にレスリングに関する知識が豊富なことを知りました。



彼女曰く、高校時代に付き合っていた彼氏がレスリングの選手で、付き合っていくうちに詳しくなったとのことでした。



性格も良さそうだしノリもいいので、会ってみたいと思い、彼女に切り出したら、即OKでした。






待ち合わせの居酒屋にやってきたのは、お騒がせ政治家の上西小百合にどことなく顔立ちが似た、トランジスタグラマータイプの女の子でした。



メールの時と同じく彼女は饒舌で、レスリングに関する蘊蓄を並べていました。



同時に僕の話をよく聞いてくれました。



僕がつい、彼女と別れて辛い気持ちを引きずっているということを、ありのままに話したところ、彼女は「辛かったねー。大変だったねー」と僕の目を見つめて言ってくれました。



そして、「大丈夫。これから、その彼女を超える、すてきな新しい彼女に巡り会えるから。絶対に。辛い経験があった分、強く優しくなれるから」と言いました。



僕より年下なのに、すごい包容力だし、深みのあること言うなと思い、僕は彼女のことが少し好きになりました。






彼女はとてもお酒が強く、全然酔いません。



僕のほうがさっさと酔い潰れてしまいました。



彼女と会うと決まったときは、会うからにはセックスしたいと思っていましたが、彼女の人格に触れて、そんなことはどうでもいいと思ってしまいました。



そう思うと体の力が抜けて、テーブルに突っ伏して寝てしまいました。






その後、彼女は1人で僕を介抱しながら店を出て、捕まえたタクシーに乗り込んだようでした。



彼女は僕より10センチくらい身長が低く、160センチに満たないくらいでしたが、すごく力が強かったのです。



そのあたりの記憶が断片的なんですが、気がついた時、僕はベッドの上で仰向けに寝かされていました。



ぼんやりと天井の模様が目に浮かびました。






(あ、なんか気持ちいい)






そう思って頭を起こしたところ、覆いかぶさった彼女に乳首を舐められていたのです。



あまりの気持ち良さに、僕の酔いは霧が晴れるように醒めていきました。



同時に股間がムクムクと立っていきました。






「ねえ、どういうこと?」






僕が聞いても彼女は夢中で乳首を舐めてくれています。



とりあえず体を動かそうとしましたが、彼女にがっちりと腕をホールドされていて身動きが取れません。



何回か動かそうとしましたが、すごい力でした。



ふと見ると彼女も下着姿でした。






(えっ!)






僕は目を見張りました。



すごい筋肉質なカラダだったんです。






「ちょっ、待って」






僕は起き上がろうとしましたが、相変わらず彼女は僕を拘束したまま乳首をベロベロしてきます。



さらには硬くなっている股間を揉んできました。



僕は何が起きているのか分からず、それでいてすごく気持ちがよく、流れに身を任せていました。






どのくらい乳首舐めをされたでしょうか。



彼女は、フーッとため息をつくと起き上がりました。



そして何をし始めたかというと、ブラとショーツを取り始めたのです。



ブラがハラリと舞い、現れたおっぱい。



巨乳だと思っていた彼女の胸は胸筋自体が発達している感じでした。



僕は直感しました。






(ひょっとして、レスリングやってる子?)






確かにそうでした。



彼女は勇ましい眼差しで僕の顔の上に跨がってきました。



彼女の熱を帯びた股間が僕の顔に迫ってきます。



石鹸の香りがしました。



たぶん僕が酔い潰れている間にシャワーを浴びたんだと思います。



柔らかくぬめったマンコが僕の口に密着しました。



マン毛が鼻をくすぐりました。






彼女は「あーん」と艶めかしく吐息を漏らしたかと思うと、腰をグリグリと動かし始めました。






彼女のマンコが僕の口の周りを蹂躙し始めました。



それは、まさに逆レイプでした。



僕には選択の余地は残されていませんでした。



クンニしないと窒息させられると思いました。



★されると思いました。



ふと見上げると、彼女の鬼気迫る表情。



僕はお母さんの言うことを聞く子どものように素直に舌をペロッと出して、彼女のマンコを必★にクンニしました。



特にクリトリスは念入りに時間をかけて舐めまくりました。






「あぁぁぁっ・・・おおおおっ」






彼女は獣のような声をあげてよがっていました。



クンニを強制されながら僕はギンギンにチンポを立てていましたが、彼女はマンコを押しつけながら僕のチンポを激しく強くしごいてきました。



すごい勢いと力で、チンポが取れるかと思いました。



でも気持ち良かったです。



彼女は両手で自分のさほど大きくない筋肉質な胸を揉みながら腰を動かしていました。



乳首はピンピンに立っていました。



僕は舌を動かしながら嬉しくなりました。






やがて彼女は臨戦体勢の僕のチンポの上に腰を沈めてきました。






(あったかい・・・柔らかい・・・)






初めて知りました。



満を持しての挿入がこれほど気持ちいいとは。



ズブズブとチンポは飲み込まれ、見上げると、彼女は白目を剥いて恍惚の表情を浮かべていました。






それから僕は延々とレイプされ続けました。



射精しても抜くことを許されず、休みなく働かされました。



一向に萎えない自分のチンポが、これほど憎らしかったことはありません。






(ああ、もう勘弁してくれ・・・でも気持ちいい・・・)






何回目かのセックスで初めて形勢逆転し、彼女を正常位で抱き締め、彼女を壊す勢いで腰を振り続け、彼女をイカせました。



この期に及んでまだ射精できるチンポを彼女はギュウギュウ締めつけて、絞り取ってきました。






やっぱり彼女はレスリングの選手でした。



詳しくは書けませんが、小学生の頃から選手としてやってきて、今ではオリンピックも狙える強豪選手になっていたのです。



日々プレッシャーとストレスの中で生きていて、時折、迷いの気持ちをリセットして、自分のボルテージを高めるために、人知れず出会い系でセフレを探して男を犯しまくっているとのことでした。



そういう仲間は少なくないし、他のスポーツの選手でも日常茶飯事だそうです。



確かにオリンピックの選手村では、国を超えて種別を超えて、男女の選手がセックスしまくっているという話を聞いたことがあります。






別れ際、彼女は僕の目を見つめて、服の上から乳首をつねりながら言いました。






「また会いたいね。犯させて」






僕は間髪入れずに、「ぜひ」と答えていました。



それが社交辞令ではなく、自分の本心だったことに一抹の不安を覚えています。