日曜の午後、R駅の近くに来ていた。



B市に行く友人を見送るためだ。



新聞と週刊誌、缶ビールを渡して改札口で別れた。






駅の出口に向かって歩いていると、ルミが前を歩いている。



雑踏の中で気付かなかったのだが、ルミもご主人を見送りに来ていたのだ。






「やあ、ルミさん」と声を掛ける。






「あら、主任さん」






驚いたように振り向いて応える。



私は職場では「主任さん」と呼ばれている。



私が、「友達を見送りに来てました」と言うとルミは、「主人が金曜の夜に来ていたんです」と言う。






「あ、そうだったの」






「はい。あ、そうだ。お約束のお茶でもごちそうしたいわ」






ルミはそう言って私を出口の方に促す。






「いやあ、お礼なんて良いですよ」






「でも、せっかくだから」






少し強引に誘ってくる。






「ほんとに良いんですよ、気を遣ってもらわなくても」






「気を遣うだなんて、お礼がしたいだけなんです」






「そうですか。じゃあせっかくだからお言葉に甘えようかな」






そのあと別段の用事も無かったのでルミについて行くことにした。



駅の構内にある何軒かの喫茶店やレストランのうちの一つを選んで2人で入った。



この駅は職場からも私の家からも離れたところであるので、知った者に会うことはない。



そこでコーヒーとケーキを頼んで向き合った。



こうやってルミと向き合うのは面接の時以来だ。



その時は所長が同席していたが、今日は1対1だ。



薄い水色のプリント柄のTシャツにキャミソールドレスを着ている。



間近で見ると整った顔をしていて、もう少し身長があれば、人目を引く見栄えがする美人だろう。



本人は「もう若くない」と言うが、私のような中年の男からすれば36歳は若い。



若さの魅力が男の本能をくすぐる。






「ほんとに偶然でしたね」






「ほんとですね。今週は久しぶりに主人が帰っていたので、駅まで送りに来ていたんです。それが主任さんに会えて、思いもよらずラッキーって感じです」






笑いながらそう言う。



お世辞とも本気ともわからないが、いい気持ちにはなる。






「ご主人とは、しばしのお別れで寂しいですね」






「いえ、そんなことは。10年以上も経つと新婚の時のような気分じゃなくなるわ」






ルミは20歳の時に12歳上のご主人と結婚して、15年余り経つそうだ。



その間、ご主人の浮気などでずいぶん苦労をしたと言う。






「こんな若い奥さんをもらっておいて浮気とは、ご主人はモテるんですね?」






「まめなだけよ。それにもう私も若くないから」






キャミソールが包んでいるほっそりとした肢体を目の前にして、会話をしながらルミの小柄で且つコケティッシュな若い瑞々しい裸を想像する。






「さあ、出ましょうか?」






私から切り出して店を出ることにした。






「私が誘ったのだから私にごちそうさせて」






そう言ってルミは支払いをしようとしたが、「いや、いいんだよ」と私が払った。



そして恐縮するルミに、「どう、もう1軒付き合ってくれないかい?」と今度は私が誘う。






若く美しい人妻に日曜の午後、せっかく遭遇したのだ。



もうしばらく一緒に過ごしたい。






「良いですけど。どこに連れってってくれるの」






少しふざけるように言うルミ。






「どこに行きたい」






逆に聞く。






「うーん、そうね・・・」






少し考えるようにして押し黙って、やがて俯いて、「・・・」と聞こえないくらいの小さな声で言う。






「え、どこだって?」






私は聞き返す。



ルミは恥じらんだ顔を向け、さらに小さな声で、「モ・・・」と言う。






「は?」とまた聞き返す。






思い切ったようにルミは、「主任さんと2人きりになれるとこ」と小さな声で言って俯いてしまった。






「え、ほんとなの。こんなおじさんとでいいの?」






内心嬉しさを押さえながら聞く。



するとルミは恥ずかしそうに頷いた。






「じゃあ僕の車でいいかい?」






「ええ、お願いします」






駅の駐車場に置いてあった車に乗り込む。



目的の決まった大人の2人が気持ちを高ぶらせながら山沿いのモーテルに向かう。



つい最近職場に来た新人の人妻と思いもかけずにモーテルにいる。



部屋に入って、ソファーに腰を下ろすルミ。



私は浴室に行き湯を溜める。






この36歳の人妻は、今しがた単身赴任の夫を駅に見送ったばかりなのだ。



その帰りに、入社して3週間にもならないのに、上司を誘ってモーテルに来ているのだ。



私は自分のことをさておいて、最近の主婦の貞操観念は稀薄なのだと思ってしまう。



主婦と言えば自分の妻も主婦だ。



セックスレス状態だが、妻も同じように貞操観念が稀薄になっているのだろうか。



妻に限っては、日頃の素振りや生活態度から推し量っても、そんなことはないだろうと思う。






今、目の前にいる36歳の人妻をどうしたものかと考えながら横に座って引き寄せる。



この若い人妻を少し乱暴に扱ってやろうかと、頭をよぎる。



ぐいと引き寄せて顎を持ち、唇を吸う。






「んーー」






ルミはロマンティックに甘い声を出して身体を寄せてくる。



私はお構いなしに強引に唇を強く吸いながら、こじ開けるようにして自分の舌を差し入れる。



ルミの舌を軽く噛みながら今度は吸い上げる。



ルミは眉間に皺を寄せながら、吸われた舌を私の口の中で泳がせている。



キャミソール型のワンピースの裾をたくし上げて、脚から太股にかけて撫であげる。



パンティの上からヒップを撫で、前に手を這わしていく。






「ああぁぁ」






小柄な肢体を震わせるルミ。



キャミソール風のワンピースの上から胸を掴む。



揉みしだく。






「あん」






唇を蹂躙し髪を撫でる。



ワンピースを肩から抜いて、下に着けていたTシャツの下から手を入れる。



ルミは私のされるままに目を閉じて身を寄せてくる。






「さあルミさん、お風呂に入ろうか」






ルミを浴室へと促す。






「ええ」と言って素直についてくるルミ。






浴室のバスタブはたっぷりと湯で満たされている。






裸のルミは細身だ。



小柄な身体だ。



妻は女性としては大きい方だ。



若いときは大柄でダイナミックな身体を持つ女性に憧れていた。



しかし今は、少し小柄な女性のほうがセックスのときに扱いやすいと思っている。






その小柄なルミを膝に乗せて、顔を後ろ向きにさせて唇を吸いながら背中を洗う。



次に前を向かせ、胸や腹にボディーシャンプーを塗りたくり、優しく撫でるように洗い流す。



そして今度はルミを立たせ、腰から足にかけて丁寧に洗ってやる。



腰、股、ふくらはぎ、足首、足の裏、足の指も1本ずつ丁寧に念入りに洗い、湯をかけて流してやる。



ルミは気持ちよさそうに、うっとりとして感じている。



少し足を開かせてシャワーの湯をかけながらクリトリスから陰唇を指で洗う。






「う」






ルミは目を瞑ってされるままだ。






「綺麗になったよ。ルミさん」






私はシャワーの湯をかけながらそう言う。






「ありがとう。主任さんに洗ってもらうなんて」






恥ずかしそうに言うルミ。






「その主任さんというのは職場を思い出すね」






苦笑いする私。






「ごめんなさい。じゃ平田さん」






「ルミは可愛いよ」






「そんな・・・、もう年だからぁ」






「僕からすれば子供くらいだよ。君のような若い女性と一緒に時間を過ごせるなんて夢のようで幸福だよ」






「私こそ、平田さんにこんなにしてもらって嬉しいわ」






石鹸の香りがする陰部に唇を押しつけ、舌を使う。



立たせたままのクンニングス。






「ああ」






私の頭を掴み腰を捩るルミ。



私は股を掴んだまま舐め続ける。






「うぅぅ」






ルミは感じて立っていられないようすだが、なおも立たせたまま舌でクリトリスを舐め続け、吸い、甘く噛み、さらに陰唇の溝を這うように舐めあげる。






「ああぁぁぁ、もおぉぉーー」






もはやルミは立っていられなくなり、タイルに崩れるように座り込む。



私は背中にバスタオルを敷き入れて、タイルに横たわってしまったルミの両の足をM字に開き、なおもクンニを続ける。






12歳年上の夫にルミがどのような愛され方をしているか知れないが、今日はそれ以上の手段でルミを翻弄し、悦ばせ、私との時間を持ったことに満足させようと思ったのだ。



ルミは、どちらか言うと貧弱な身体を小刻みに振わせて悶えている。



貧弱と言っても小柄で細身という意味であって、決して女性の魅力がないということではない。



なによりもルミは若い。






「さあ出ようか」






小柄なルミを裸のまま抱えてベッドに運んだ。



ルミが小柄ゆえに容易く出来ることだ。



ベッドの上でも浴室の続きだ。



唇での愛撫をさらに続ける。



息も絶え絶えのルミは私の頭に手をやり、髪をまさぐるようにする。



クリトリスを舐め、吸い続けながら指を蜜壺に入れてみる。






「うん、むぅ」






感じ入る吐息だ。



女性が感じた声を漏らす時、ある意味の征服感を感じる。



もっと悦ばせよう、なおも悶えさせてやろうと思ってしまう。



中指と人差し指を重ねて挿入し、クリトリスは舐め続ける。



そして唇を離して、唇の代わりに親指でクリトリスを撫でる。



ルミは腰をもじもじと捩るように振るわせ、やがてグラインドするようにお尻も一緒に揺すり始める。



クリトリスを甚振っていた親指に人差し指と中指に加えて壺に挿入する。



蜜で充満した壺に、3本とも飲み込まれるようにたやすく入っていく。






「ああん、いいぃ・・・うぅぅ、だめぇ」






ルミは執拗な愛撫に耐えきれなくなっている。



浴室からずっと指と唇の愛撫攻撃でとろとろになった壺は愛液で溢れている。






「もう、よすぎちゃぅ、ちょうだい」






浴室とベッドで1時間以上も舐められ続け、指で弄られ続け、愛液で溢れているルミの密壺は私のモノを欲しがってお尻を持ち上げてくる。



私はルミの膝を持って挿入する。






「ん、いいわぁ」






ルミは待ちかねたように安心感と満足感が混ざり合った悦びの声を漏らす。



私は腰を使い、ゆっくりと抽送を繰り返す。



ルミは口を開け、舌を出してキスをせがんでいる。



赤い生き物のような舌がうごめいている。



私は腰を使いながら顔を近づけ、ルミの舌を舐め、吸い、しゃぶる。



指と舌との攻め込みで充分感じた後の挿入だから、ルミは今にもクライマックスに達しようとしている。



乳房を掴み、乳首を吸い、舌で転がす。






「あん、今日は大丈夫な日なの、思い切り出して」






私はルミの背中に手を回して引き寄せ、膝の上に乗せる。



座位の形にするとルミは狂ったように腰を擦りつけてお尻を振り、私のモノを貪欲に飲み込むように締めつけてくる。



その心地よさにこらえながらルミをうつ伏せにして、ベッドに両手をつかせる。



可愛いお尻を掴んで後から責めてみる。



ルミはお尻をくねらせて私の抽送に応える。



髪を振り乱してシーツを掴み、子供が泣きべそをかいたような顔をしてよがり声を出す。






「いっぱい出して!」






私は大きく腰を使い、ルミの愛液で溢れている密壺に放出した。