連休が取れ、暇だったのでセフレ掲示板で連絡が取れた人妻と話を進める。



声が可愛く、年を聞くと24歳。



たまにセフレ掲示板を利用するが、実際にはまだ会ったことがないらしい。



専業主婦で、たまに旦那と出かける程度で、普段はほとんど家に1人でいて退屈らしい。



しかし、まだ知らない男と会うことに抵抗があるらしい。






「会うのが無理なら他を当たる」と言うと、「怖い人ですか?」と話し掛けてきた。






どうせ無理だと思ったが、「電話番号も教えるし、場所と時間を決めて会ってみて無理なら、それで終わりでいい」と誘ってみると、「じゃあ、会ってみようかな」との返事。



早速、場所と時間を決めて待ち合わせすることにした。






当日、コンビニの駐車場で車から降りて待っていると、突然非通知で電話が掛かってきた。






「かなえと申します。今、拝見しました。今から遊びに連れてって下さい」






周りを見渡すとコンビニ脇で女の子が電話していた。






「今、コンビニの脇で電話してる方?」と言うと、「ハイ、そうです」と答えた。






実際に会ってみると小柄でぽっちゃり。



153センチで高校生みたいな感じだが、顔は可愛い系で胸が大きかった。






まず食事にレストランへ行くことにした。



出会い系で今まで2、3人と待ち合わせをしたが、相手が怖そうな人だったので会わなかったらしい。



俺を見て、やさしい感じだったため、勇気を持って電話したそうです。



普段は外食もほとんどないらしいく、久しぶりのレストランに嬉しそうでした。






レストランを出たらすぐにラブホテルに直行と決めていたのでホテル街に入った。



彼女は何にも言わなかったのでそのままホテル街を車で走った。



ホテルのパネルを見てかなえさんに「ここがいい」と言われたのでそのホテルに車を停めた。






部屋に入ってソファーに座り、かなえさんの肩を寄せてキスをした。



そのまま上着を脱がして乳を揉むと大きい声を出した。



かなえさんも俺のモノを弄りだしたので、スカートの中に手を入れていくと、そこで払われてしまった。






「先にシャワーを・・・」






ブラウス、ブラジャー、スカートとパンティを脱がす。



ほんとにぽっちゃりで腰のくびれがないのがこれまたいい。



お風呂に入ると体を洗ってくれて、俺のビンビンの息子を洗いながらかなえさんが質問してきた。






「変な病気はないですよね?浮気とかしてるの?」






「ないよ、浮気も5年以上ない」






そう言うと、「信じます」と返答し、丁寧に俺の息子を洗ってくれた。



お風呂を上がり、体を拭いていざベッドでかなえさんに乗ろうとすると、彼女からフェラを仕掛けてきた。



さすが人妻、フェラが上手くて、しかもなかなか離そうとはしない。






そろそろ入れようかと思い、ゴムを出して「かなえさん、着けて」とお願いすると、「病気の心配がないなら生で入れて」と。






次の瞬間、騎乗位で乗られ、俺のチンチンを手で掴み、自分で入れてきた。



声も腰も激しく、相当溜まっていたのか「チンチン、チンチン~」など叫び、そこからはもう「イクイク」の連発。






20分ほどで何回もイッたみたいで、そのまましがみついてきた。



思わず俺もイキそうになった。



かなえのおまんこからは愛液が溢れ、シーツにシミができるほどヌルヌル状態。



体位を変えようと体を起こすと、またチンチンを舐め始め、また騎乗位で・・・。






「今度は、一緒にイこう~」






俺は正常位で行きたかったが、まぁいいかと思い下から突き上げると、「動かないで。私が動くから」と積極的に腰を使いだした。



かなえさんが腰を振りはじめて15分ほどで俺はイキそうになった。






「かなえさん、イキそう」






「お願い、一緒に!」






中に出してもいいのかなと思い、「出すぞ」と言うと・・・。






「おまんこにぶちまけて~」






「出すぞ~出すぞ~」






かなえさんのおまんこに精射してしまった。



1ヶ月ぶりだったのでドクドク流し込んだ。



かなえさんも横に倒れながら抱きついて気持ちがよさそうだった。



若い人妻だからノリがいいのか、今日は何回でもOKの感じ。






かなえさんのおまんこからチンチンを抜くと濃いカルピスが出てきた。



ティッシュでかなえさんのおまんこを拭き、おまんこを舐めようとすると、少し拒んできた。



それでも、おまんこを舐め舐めすると、やはり嫌がる。



さては生理前かと思い聞いてみると、実は妊娠4ヶ月だと言い出した。



話を聞いて少し引いたが・・・。






「もう安定しているし、無性にエッチがしたくて・・・」






妊娠してから旦那とは体の関係もなく、基本的に酔って帰って来ることが多いらしい。



だから、もしいい出会いがあれば・・・ということだった。






ふっくらしているから判らなかったが、妊婦と言われて見ればそうかと思う。



じゃあ楽しもうと、今度はお腹に乗らないように足だけ上げてかなえさんのおまんこに差し込む。



正常位で感じたが、彼女のおまんこはイマイチ締りがない。



入れてる感じはあるが締め付けが悪いので、立ちバックでも入れたが、やはり物足りない。






仕方がないのでアナルを試すことにした。



が、なかなか入らないし。



なので、一旦おまんこにバックから入れ、喘ぐ彼女のお尻にローションを塗り、再度入れてみた。



ローション効果で、するっとチンチンが入った。



彼女も初めは嫌がっていたが、徐々に気持ちよくなってきたのか声が激しくなり、たちまち俺にも精射感が来て・・・そのまま出してしまった。






初めてのアナルに興奮してきたのか、またフェラをしてくるかなえさん。






「これからも会って欲しい」と言ってきたので、またメールをする約束をした。






さて、まだまだ俺の方は元気なので、お風呂でソープごっこをお願いした。



マットにローションは滑って危ないので、マットの上で絡み合いながら足を上げ、かなえのおまんこにまだ元気びんびんのチンチン入れてみた。



少しすると「漏れる」と言い出し、真っ赤な顔を押さえて訴えるが、胸に両膝を押し付けて動けないようにしてピストンを続けた。






「もうだめ、だめ」






かまわずピストンを続けると「オシッコが出ちゃう」と言い出し、ついにハメたままオシッコを漏らし始めた。



慌てて抜いた途端、飛沫が飛んできた。



見事、彼女の顔にもかかり驚いた顔をしたので、再びおまんこにびんびんのチンチンをぶち込み、高速ピストンをしておまんこに中出しした。





















スポンサーリンク
スポンサーリンク
不倫
adminをフォローする
エロうさちゃんねる