この前パチンコで大勝ちしたときに、デリヘルを使った。






いつもは若い子を呼んで制服プレイをするのだけども、何となく気まぐれで人妻淫乱系の店を使った。



最近よくある、即尺、ノーパン、リモコンバイブ装着で待ち合わせ、バイブ無料などのシステムだ。






駅前のポストの前でドキドキして待ってると、ちょっと年はいってるが、全然ありな美人が声を掛けてきた。



テンションが上がりながら挨拶をすると、






「よろしくお願いします。はい、これ、リモコンw」






そう言って、リモコンバイブのリモコンを手渡してきた。






「マジで付けてるの?」






俺が聞くと・・・。






「ほら、見て・・・」






そう言って、駅前だというのにミニスカートを捲って見せてきた。



確かに下着のクリ辺りが盛り上がっていたが、俺の方が慌ててスカートを下ろさせた。






「ねw付けてるでしょ?」






ちょっとケバいメイクをしているが、本当に綺麗な人で、今日は良い日だと思った。






落ち着いてよく見ると、結構胸もデカくてエロい体をしている。






我慢できずにスイッチを入れると、女性が腰が引けたような姿勢になる。



俺のことをニヤリと笑いながら見る。



そして女性は俺の手を引いてラブホテルへの移動を開始した。






時折立ち止まって、眉間にしわを寄せる。






「あ、ん、ちょっと止めて・・・」






絞り出すようにそう言ってきた。






俺は、“あぁ、ダチョウ倶楽部方式だな”と思って、スイッチを切らずに逆に強にした。






すると、女性がガクガクっと腰を震わせた。






「はぁ、はぁ・・・もう、お兄さん意外とSなんだ・・・イッちゃったじゃんw」






そう言いながら、周りに人がチラホラいるのに俺のチンポをズボンの上から握ってきた。






「わぁ、お兄さんの大きいw楽しみだなぁw」なんてことを言ってくる。






もちろん、風俗嬢の言葉など信じるに値しないのだが、ムード作りの上手さには感心した。






ホテルに入り、部屋を選んでエレベーターに乗ると、素早く俺のズボンと下着をずらした。



そして、チンポ丸出しにさせられると、躊躇なくチンポを咥えてきた。



いきなりのバキュームフェラで、“ズボボボボ・・”と凄い音がしている。



最高に気持ちよかったが、エレベーターが開かないかとドキドキした。






すると、すぐにエレベーターの扉が開いた。



が、女性はフェラを継続する。






「ちょっと、着いたよ。ドア開いてるし!」






慌てて言うが、女性はフェラを続ける。






人が来ないかとドキドキして焦っていると、本当に物音がした。



さすがに女性もフェラをやめて、移動した。






部屋に入ると、またすぐに入り口の土間で仁王立ちフェラを続ける。



そして、そのテクニックとシチュエーションの作り方に興奮しまくって、あっけなく女性の口の中にぶちまけた。






最高だと思っていると、手のひらにダラァと精子を吐き出した。






「お兄さん、すっごいいっぱい出たwお兄さんの大きいから夢中になっちゃったよwねぇ、すぐ入れてくれるかな?」



「え?本番良いの?」






「ダメだけど・・・お兄さんのデカチン見ちゃったら、我慢できるわけないじゃんw」






そう言って、手のひらの精子をズルズル吸い取って、飲み干した。






「え?俺、オプション頼んでないし・・・」






慌てて言うと、






「ねーよwゴックンのオプションなんて、ありませんw飲みたくなったから飲んだんだよw」






こんなことを言ってくれた。






(これは、本当の淫乱痴女か?)と、少しだけ引いていると、強引にベッドに引っ張られた。






そして、すぐに女性は全裸になると俺の服も剥ぎ取った。






女性の体は、さすがに年相応のたるみはあるが、それが逆に崩れたエロさを醸し出していて、たまらなくなった。



若い子とは違う魅力があることを知った。






そして、女性は俺を寝かせると、顔面騎乗をしてきた。






「ちゃんとシャワー浴びてきたから・・・舐めてぇ」






そう言って、自分で乳首をつねったりしている。






俺は、圧倒されながら女性のアソコを舐め始めると、すでにグチャグチャだ。



良く風俗嬢がする、仕込みローションではない本物のラブジュースの味がする。






クリトリスを重点的に舐めると・・・。






「ああっ!そう、そこ!お兄さん、上手!ねぇ、もっと!指も入れてっ!」






エロすぎる・・・。






ただ、顔面騎乗されながらだと、指は親指くらいしか入れられないので、親指を入れた。






そして、掻き出すように動かすと・・・。






「あがっ!がぁぁっ!そう!あぁっ!強く!もっと!あひっ!両指で!入れてっ!」






そう言われた。






俺は両親指を入れて、かなり強くかき混ぜると、「ゴメン!お兄さん!出ちゃう!!」と言いながら、潮吹きされた・・・。






顔面騎乗中の潮吹きは、俺の顔面を直撃した・・・。



ビッチャビチャになりながら、汚いとは思わずに、妙に興奮した。






俺は顔を手で拭いながら、女性をバックの姿勢にして、生で思い切りぶち込んだ。






「あああああああああっっっ!!!デカい!すっごいのぉ!あ、ひぃぃん!!ダメ、生は、ダメだよ!」






女性がそう言うが、俺はかまわずにガンガン奥を突く。






「奥、すっごいぃぃ・・・当たる!当たる!当たる!おチンポごりごり当たる!もうダメ!これ凄い!お兄さん、もっと、お尻叩いて!強くしてぇ!」






俺は、言われたとおり女性の尻を思い切り平手で叩いた。



パチーーンといい音をさせて、白い尻が真っ赤に染まる。






「ぐぅん!そう・・それ・・あぁっ!もう生で良い!そのまま奥ぶっ潰して!奥、奥、奥にぶつけてぇっ!あががが・・あぁ・・」






白目もむくんじゃないかと思うほどの乱れ方だ。






俺は、そのまま尻を叩き続け、腰も強くぶつけていく。






「またイク!イクイクイクイクイク!!!!イッぐぅっ!!ごぉぉぁあぁ!」






背中がエビ反りになる。






俺は、女性のアナルがひくひくしていることに気がついた。



女性のアソコに指を触れると、グチャグチャに濡れていたので、それを親指に拭い取ると親指全体に塗り広げた。



そして、女性のアナルに無造作に押し込んだ。






「おおおおおおおおおおおおおおおおぅぅぅっぅっ!!!!!!!お尻ぃっ!だめぇっ!そこ・・・おおお・・・あああああ・・・すごいいいいいぃ!!!」






アナルに入れた親指がちぎれそうだ。






この反応を見て、アナルもイケると思った俺は、アソコからチンポを抜くとそのままアナルに押し当てた。






(ローション使ってないから無理かな?)と思ったが、ちょっと強引に力を入れると、メリメリっという感じで入っていった。






「はひぃんっ!それ凄いいいぃぃ・・・あぁ・・・奥まで押しこんでぇっ!」






もう女性は絶叫だ。



しかし、俺の大きめなチンポは、半分くらい入れたところで止まる。



抵抗が強くて、入れられない。






仕方なく、そこまででストロークするが・・・。






「だめっ!良いから!そのまま押し込んで!大丈夫だから!結腸まで押しこんでぇっっ!!!!」






俺は、裂けたりしないか心配しながら、思い切り押し込んだ。






すると、ヌルンという変な感触とともに、肛門ではない何かをくぐった。






(これがS字結腸なのかな?)と思ったら女性が痙攣し始めた。






本当に、ガクガクガクっという感じで痙攣していて・・・。






「えっ!?大丈夫?ねぇ!」






思わず聞いた。






「あひぃ・・あぁ・・・すごいぃ・・・これ・・・おかしくなる・・・ねぇ・・引き抜いてぇぇ・・・」






ガクガク震えながらそう言ってくる。






俺は、言われた通りチンポを引く。



すると、さっきの肛門ではない奥のリングを亀頭がくぐった。






「ごぉぉぉ・・・ごひぃぃぃ・・・出る!でりゅ!出ちゃうぅぅ!腸が引きずり出されちゃうよぉ・・あぁ、あ・・★ぬぬぅぅぅ・・」






見ていて心配になるレベルだ。






ただ、興奮しきっている俺は、チンポを抜き差し始めた。



さっきのリングを亀頭がくぐるたびに、女性は狂ったように・・・と言うか狂っていた。






「あひゃぁ・・・あぁ・・がぁ・・ん・・・★ぬ・・よぉ・・・もう、ダメ・・・ほんと、あっっがぁあああ・・・」






俺は、イキそうだと言うこともあり、ピストンを早めた。



すると、リングを亀頭が早くくぐるたびにビクビク魚みたいに痙攣する。






そして、「おおおおおおおおおおおおおおおおぅぅぅっぅっ!!!!!!!」と呻きながら、ビチャビチャと潮ではなく、アンモニア臭いおしっこを漏らし始めた。






俺は、もう限界で、思い切り腸内に射精した。



痺れるような快感の中、“まだ名前も聞いてなかったな・・”と思った。






そしてチンポを抜くと、ブリブリっと音をさせて、大きな方を漏らした・・・。






「嫌ぁぁ・・・ゴメンなさぃぃ・・・こんな・・・あぁ・・止められない・・あぁ・・・見ないでぇ・・・お願いぃぃっ!」






泣きそうな顔で叫ぶ。



しかし、それほどの量でもなく、思ったほど汚れずに臭いもなかった。






俺は、女性をお姫様だっこして風呂に連れて行った。



そして、布団のアレを片付けて、布団を丸めて土間に置いた。



シーツもパッドも外したので、ベッドマットレスがむき出しだが、とりあえずタオルを引いた。






そして風呂に入ると、女性は回復していてシャワーで洗っていた。






「お兄さん・・・ホント、こんな・・・ごめんなさい・・・あんなの初めてだったから・・」






さっきまでのド淫乱な顔は引っ込んでいて、恥ずかしそうに照れながら言ってくる。






さっきまでのプレイと、シャワーでケバいメイクもほとんど取れている。



メイクのない顔は、意外と童顔で可愛らしかったが、★ぬほどドキッとした。






(部長の奥さんだ・・・。)






2度ほど部長の自宅に行ったときに、挨拶もしているのだが、4~5人で行ったので俺のことは覚えてないかもしれない。






だが、俺の驚いた顔を見て、女性が「どうしたの?なんか付いてる?」と、気にしだす。






「いや、その・・・松井さん・・・俺、部長の部下です・・・」






女性は、目が飛び出そうなくらい驚いていた。



そして、沈黙が続く。






「俺、忘れます。見なかったこと、知らないことにしますから、安心してください!」






どうしていいか分からずにそう言った。






「そっか・・・まぁ、こんな日が来るかもとは思ってたけど・・・よりによってね・・・一番恥ずかしいところ見られたときに・・・」



「あぁ・・ごめんなさい・・・もう、帰りましょう!」






「おんなじwもう、今更同じでしょ?それにね・・・お兄さんのおチンポ、良すぎだから・・・今日はもう上がるから、このまま・・・ね?もっとちょうだいw」






そう言って、俺のチンポを咥えてきた。






こんな感じで、それ以降は店で会わずに部長の家でハメまくっている。



もちろん、いつもベッドにはレジャーマットを敷いてやっているw






ちなみに奥さんがデリヘルでバイトをしてる理由は、金じゃなくてチンポだったw



だから俺のセフレになった途端、サクッと辞めた。






会社で部長を見るたびに、勃起してしまうのが困りものだw