小6の娘が友達の家に行ったのだがなかなか帰ってこない。






妻から、「結衣ちゃん(娘の友達)のとろこに迎えに行ってくれる?」とお願いされて車で迎えに行くことになった。






結衣ちゃんの自宅に行くとママさんが俺を出迎えてくれた。



三十路過ぎで、セーターの上からでもわかる超爆乳のブスな奥さんだった。






旦那さんは2年の予定で単身赴任していると妻から聞いたことがある。



少し前、会社の帰りにたまたま爆乳ブスな奥さんに出会った時に、それとなく話をして誘ってみた。



その後、2、3度会ううちに何となく親密な空気になり、「淋しいでしょ?」と聞くと爆乳ブスな奥さんは顔を赤らめていた。



三十路熟女で女盛りの時期、旦那が単身赴任だから当然セックレス。






「もし、そんな機会があったら」と言うと、小さく頷いたように見えた。






その日、家には会社の都合で遅くなると言っておいた。



帰宅途中に奥さんと待ち合わせて、ラブホヘ誘ってランデブーになった。



さっそく下着姿にすると、Gカップはありそうな超爆乳に圧倒されてしまった。



デカいブラを取ってメロンのような巨大おっぱいを揉み、乳首を摘まむ。






「アア・・・いけないわ」






そう言いながらもピクンピクンと感じて顔が火照ってブスエロな表情なっていく奥さん。






ベッドに寝かせてパンティーを脱がすと、陰毛が黒々と生えているのが見えた。



そのまま足を持ち上げると陰唇に半分隠されたピンクに濡れたマンコが見える。






「アッ、だめ」






悩ましい声を出している奥さんの股間へ手を入れてクリトリスを摘まんで擦るとすぐに尖ってきた。






「ウッ、ヒッ」






ブス顔からエロい声が漏れる。



そのままさらに奥へ手を入れてGスポットを擦ると、たちまちジュワジュワッとスケベ汁が溢れてくる。






「奥さんずいぶん気持ちよくなっているじゃないですか、こんなに濡れていますよ、やりたいでしょ」






指マンしてやると、「ア、ア、イヤ」とビクビクと反応している。



俺は勃起したペニスを突き出し、Gカップの爆乳でパイズリしてもらった。



チンコを挟んでいるだけなのに、欲求不満なブス熟女は「はぁはぁ」と目を潤ませていやらしい表情になっていく。






そろそろ入れ頃だと思い、足を持って股を広げて身体を入れた。



とにかく一発決めてしまおうと、腰を抱えてもろ見えのマンコにチンコを押し当て、一気に突き入れた。






「アッウ~ン」






ズブズブと奥まで突き入れ、ギュッとしごかれる様な感触をチンコに感じながらゆっくりと腰を動かしはじめる。






「いけないわ、だめよ」






その声はかすれていた。



ピストンはすぐに滑らかになり、「アア、アン、ハアハア」とエロい吐息が漏れだしたかと思うと、奥さんの方から腰を使ってきた。



奥さんの腰の動きにまかせてしばらく具合を味わいつつ、股間を探ってクリトリスを撫でたり摘まんだりしてやるとビクビクと痙攣してくる。



一旦抜いて、指を滑り込ませてスポットを弄ると、「アッアッ」と細切れな声で鳴きながら、ビクンビクンと反応して裸体をくねらせている。






「奥さん、淋しかったでしょ、今日はゆっくり楽しくしましょうね」






さらに弄っていると差し込んだ指は愛液でグッショリ濡れて、「ウウ~ア~」と息が荒くなっている。






「ずいぶん濡れていますね」






そう言いながらマンコに吸いついてクリを吸うと、悲鳴に近い声を上げて大きく悶えて始めた。



舌で舐めながら・・・。






「もっとしますか?入れて欲しいですか?」






「ああ~お願い、早く~」






「着けますか?」






「いいの、早くお願い、もうダメ我慢できないわ」






ご無沙汰マンコを刺激されて我慢が出来なくなっているようだ。



広げた股間はもうグッショグショに濡れて、溢れ出た愛液が光っている。



腰を抱えてチンコを宛てがい、滑らかな入れ具合と擦れる感触を感じながら、何度も抜き挿しを繰り返した。






「アア、イイ~」






卑猥なよがり声をあげて悶える奥さん。






「まだまだこれからですよ」






体位を変えて、ゆっくりとブス爆乳な奥さんを攻める。



まず正常位から座位にして突いて揺すり、そして屈曲位で突いて捏ね、騎乗位で突き上げ、さらに向きを変えて後背位から抱えて突く。



突きと揺すり、突きと捏ねを繰り返すと、なんとも悩ましい喘ぎ声を出し続けていた。






「もうダメ~」






喘ぐ奥さんを正常位にして怒涛の突きをお見舞いしてやると、絡めた手足で締め付けられ、気持ちのいい擦れを感じて、問答無用の中出しを決めた。



息も荒く横たわっている奥さんからそっと離れる。



奥さんはだらしなく股を開いたまま、満足そうに横たわっていた。






「少しは寂しさも紛れましたか?」






「アア・・・もう~~こんなに・・・恥ずかしいわ」






その後、立て続けに2発を注ぎ込んだ。






「とっても良かったわ・・・」






どうやらブス爆乳な奥さんを満足させることができたようだ。



俺も十分に楽しむことができた。






「また会ってもらえますか?」






「いいですよ」






今も娘の友達のブス爆乳なママさんとダブル不倫中です。