今思えば歌手のアリアナ・グランデを黒髪にしたら雰囲気似てそうな彼女だった。



当時27歳、名前は『有里』にしておこう。



俺は、当時新卒の23歳になったばかり、仮に『誠』としておこう。






入社時の新人教育担当だった有里は、バリバリに仕事ができて、もし社内の男が声を掛けても絶対振られると言われていた。



俺たち新入社員は、そんな有里先輩に叱咤激励されながら仕事を覚えた。






さて、そんなお盆休み。



たまたま街でショッピング中の有里先輩を見かけたので声をかけた。



お盆休みは帰省している仲間も多く、俺のように残っている人間は地元がここか、あるいは帰らない人間だった。



どうやら有里先輩も帰らない組で、色々事情があって田舎にはあまり帰らないらしい。



そうして夏から親しくなり、共通の映画の話題などで盛り上がるようになった。



次第に仲良くなっていったが、その先にはなかなか踏み込めないでいた。



並みいる猛者をはねつけてきたと噂の美人の有里が、俺なんかに特別な好意を持ってくれるとは信じ難かったから。



後で聞いたら、有里は有里で、5歳も下の俺が本気で好きになってくれるなんて思ってなかったらしい。






秋の連休、やっぱり帰省しない二人は、映画を見た後、有里の部屋に初めて招待されて、夕食をごちそうになる事になった。



有里は家庭の事情で1Kの小さなマンションでの一人暮らしだった。



手料理を作る有里の後ろ姿にすっかり欲情してしまった俺は、乾杯する頃には、すっかりムラムラしていた。



大学時代に付き合っていた彼女とは就職を機に別れてしまい、それから数ヶ月も女体を味わっていない俺。



ここ2ヶ月以上もデートを重ねながらも、中途半端な交際が続いていた俺にとっては、ごちそうを目の前にしてそろそろ我慢の限界だった。






ホロ酔い気分でごちそうさまをして、有里がキッチンで食器を洗っている姿を見て、もう無理だった。



有里の後ろに近寄った俺は、後ろからグイッと有里を抱き締めた。



ポニーテールにして露わになっているうなじからいい香りがした。



一瞬驚いたような有里だったが、すぐに力を抜いて俺の抱擁を受け入れた。



俺が片手を有里のアゴに掛けて後ろに振り向かせるようにすると、水道を止めて黙って目を閉じた。



その有里の唇に自分の唇を重ねた。



初めてのキスだった。






すでにやや硬くなっていた俺のペニスが有里の柔らかな尻に密着していた。



俺は反対の手で有里の胸を服の上から包み、感触を味わい始めた。



有里が「んん」と声にならない声を出し、俺は有里の唇に舌を差し込み、有里の口の中を思い切り味わった。



有里も舌を押し返し、俺の口の中を味わった。



息が切れたところで有里が振り向いて、俺の前に唇を差し出すと顔を傾け、もう一度目を閉じた。



もう一度ディープキスが始まり、俺は有里の背中に腕をまわして思い切り引き寄せた。



やがて顔を離し、向き合った二人が見つめ合った。






「いい?」と聞いた俺に有里が、「私、おばさんだよ。いいの?」と逆に質問してきた。






後で聞いたら、本気で好きになっていたので、たとえ体目当ての遊びでもいいやと思っていたらしい。



彼女自身、実はあまり男性経験がなく、ここ2年位はまったく彼氏が居なかったという事だった。






俺は質問には答えずに有里の手を取り、彼女のベッドまで連れていった。



そこでもう一度キスを交わし、彼女をそっと座らせて、それから背中に手を添えて寝かせた。



横に腰かけた俺は、彼女の顔に自分の顔を近づけて、「有里のすべてを知りたい」と言った。



もう一度キスをしながら彼女の服のボタンを外し、アンダーの裾から手を入れてたくし上げた。



ブラジャーに手を掛けると、下から捲り上げて上にずらした。



あまり大きくないがプルンと盛り上がった胸の感触を掌に味わい、すでに硬くなっている乳首を親指で転がした。



有里の息が荒くなり、唇を外すと、自分の手で口と目を覆い、恥ずかしそうにしながらも感じている様子だった。






俺は露わになった彼女の上半身を眺めた。



白くくびれたお腹の中心にはポチっとへそがあり、目線を上げていくと途中からプクっと盛り上がっていく女性特有のしなやかな曲線のバストが見えた。



もっと観賞したくなった俺は、彼女の背中に腕を入れてブラのホックを外そうとした。



有里は背中を浮かせるようにして協力してくれた。



拒否する様子がないので、安心して先に進めることが出来た。



彼女も協力して服を脱がせると、有里の上半身が露わになった。



ややエキゾチックな小顔の下には、きちんとくぼみのある鎖骨。



夏の軽装の頃に良く観賞させてもらった部分だ。



その下からは、優雅に盛り上がっていく二つのプルンとしたバスト。



思ったより小さかったが、仰向けでも崩れないその白い膨らみは、まだ10代の少女のような幼ささえ感じられた。



その丘の上に突き出たまだピンクの突起が愛おしくなり、顔を近づけ唇に挟み、交互に舌で味わった。



有里は「ヒュ」っと小さな声を上げたが、その後は「ああ」とか「うう」とか小さな声を出し始めた。






その声でさらに欲情した俺は、彼女のハーフパンツを下ろしてショーツだけの姿にした。



胸への愛撫を続けながら片手の中指をショーツの中心に合わせて上下になぞると、有里の声がだんだん大きくなっていく。



唇と手で胸を愛撫し、ショーツの上から愛撫していると、その中心がだんだんしっとりと濡れてくる感触があった。



有里はときどきビクビクと体を震わせながら、全身で快感を味わっているようだった。



俺も自分のズボンのベルトを外し、ホックを緩めてトランクスの中に手を入れて見ると、硬くなったペニスの中心からはすでに粘液が溢れて、トランクスがベトベトに濡れていた。



一旦手を外し、上下全部の衣服を脱ぎ捨てた俺は、有里の横に座り直した。






「ほら、もうこんなんだよ」






俺が促すと、そっと手を伸ばしてゆるく握ってくれた。



しばらく手を上下して刺激を与えながら、小さい声で「大きいね」とつぶやいた。



有里の手捌きは意外に上手で、握り方や親指のポジションや、人差し指の動かし方を微妙に変えていくものだった。



そして俺の反応を見ながら感じる場所を探り、それを把握すると、絶妙なタッチでそこを刺激するのだった。



それはまさに27歳の大人の女のテクニックであり、見た目の幼さとエキゾチックさとのギャップがまた性欲をそそるものだった。






やがて我慢の限界が来た俺は、彼女をもう一度寝かせると、ショーツに手を掛けて脱がせ、彼女もそれに協力した。



露わになった小さな三角の薄い茂み、その中心に一本の筋のような谷間があった。



中からはみ出す襞もなく、そこもやはり10代後半の少女のようにも見えた。






「見せてね」






そう言って谷間を開いてみると、綺麗なピンクの小さな襞があり、その中に指を入れてみると、しっとりと濡れた内部はプニっと指を受け入れた。



思わず、中指を立ててその中に出し入れした。



そしてさっきと同じように胸を愛撫した。



有里は体をよじらせながら小さく声を上げて感じ始めた。



俺はさらに人差し指を添えて指を二本にして中に入れ、膣の中をかき混ぜた。



体を揺らせて感じていた有里だが、やがて尻を高く上げたままギュッと膣が閉まり、息を止めた後、尻を落としてぐったりとした。



一度イッてしまったようだ。






そして小さな声で、「いじわる、早く、来て」とつぶやいた。






俺は鞄の内ポケットから用意しておいたコンドームの包みを取り出し、封を切った。



自分で被せようとしたところで有里が目を開けて気がついた。



そして恥ずかしそうに、「付けないで、して」と言った。






俺にとっては願ったり叶ったりだが、一応「でも、やっぱり」と言ってみた。






すると、「もうすぐ始まるはずだから大丈夫。いいの」と言った。






嬉しい申し出だったが、ちょっと心配だった。



後で聞いてみると、「もしも子供ができたら絶対結婚してもらえる」と思ってたらしい。



女とは恐ろしいものだ。






俺は有里に馬乗りになると、有里の柔らかい腹の上にペニスを密着させた状態で体を重ね、もう一度ディープキスを味わった。



有里のお腹の上で粘液を染み出しているペニスをもう一度刺激して、大きさと硬さをMAXにさせると、有里と足の位置を交換して俺が間に入った。



ペニスで有里の白い筋の上をなぞり、入口を探った。



俺の先端が有里の中心を探り当てた所で体を重ねると、有里と目が合った。






「入れるね」






そう声を掛けて、有里の中にゆっくりと自分を沈めていった。



ぬるっと先端が入ったかと思うと、次にギュッとした柔らかい締め付けが俺を襲った。



そのままズルズルと進めると俺の全部が有里の中に入った。



しばらくそのままで温かさを感じていたら、有里がギューっと中を締め付けるように動いた。



たまらなくなった俺は、はじめはゆっくりと、そして次第に激しく体を動かし、有里の中を先端から奥まで突くようにした。



ものの一分もしないうちに限界がやってきた。



しばらくご無沙汰だったからだろうか、こんなにもたない自分は初体験以来だった。






あと1~2回動くと出そう、というところで有里の中に深く突っ込んだ状態で動きを止めた。



俺は動けなかった。



抜こうとする動作だけで、あっという間に発射しそうだった。



荒い息を落ち着かせて嵐が去るのを待った。



有里も息を整えているようだった。



少し落ち着いてから、有里と唇を重ねた。



再びお互いの唾液を交換しあった。



舌を出し入れした。



お互いのすべてを吸いつくそうとした。






口を離して、「好きだ」と言った。






有里も、「私も」と言った。






見つめ合ったまま、もう一度ゆっくりと動きを開始した。



お互いにどの部分が感じるのか動きながら探り合った。



そして協力し合って、感じる部分に動きを合わせるように出し入れした。



本能のまま動きが激しくなった。



有里の中で俺が跳ねまわった。



お互いの粘液が混ざり合い、グチャグチャと音を立てた。



股間がぶつかり合う音がパンパンと鳴った。



お互いの嵐が激しくなった。



なにも考えられない。



二人で奇妙なうめき声を上げて、ひたすら快感に溺れた。



そして限界がやってきた。






「有里!」






そう叫んで限界を知らせた。



有里はそれに応えて、腕を俺の腰に回し、股間を密着させて抜けないように引き寄せた。



俺は有里の中に深く自分を沈めると、我慢していた最後の快感を解放した。



有里の中がギュっと締まって、俺の最後を感じようとするかのようだった。



最大の硬さと長さになり、先端がぎゅっと膨らんだ俺のペニスから、白い快感が有里の中に迸った。



最初はビューンと長く大量に放出したあと、小さく何度も、ビュッ、ビュッを繰り返して放出された。



俺の白い快感を受け入れるかのように、有里の内部も細かく律動し、微妙な振動を感じていた。






嵐の後の気怠さのまま、二人はしばらくそのまま抱き合っていた。



俺は不覚にもしばらく眠っていたようだった。



自分のペニスが小さくなり、ズルっと有里の中から抜け落ちた感触で目が覚めた。



体を起こし、今まで自分が入っていた有里の谷間を眺めた。



少し紅潮して赤くなった谷間は、ちょっと開いた状態になっていて、その中から白と透明の混ざり合った粘液が顔を出していた。



俺が見ている内にそれは少し流れ出し、有里の尻の割れ目に沿って流れ落ちた。



二人で目を合わせて、恥ずかしそうに微笑み合った。