スポンサーリンク
スポンサーリンク

【熟女体験談】深夜に一人で歩いていた人妻を送っていくと言ってナンパした












深夜の駅前で歩いていた人妻をナンパした。





最初は無視されたが、ねばって話しかけつづけたら徐々に和んできて、送って行く事になった。





近くに止めてあった車に乗せて、取り合えず人妻の家の方向に車を走らせた。





助手席に座った人妻を見ると、グレーでチェックのスカートがふとももの



半分くらいまでせり上がって、白っぽい半透明なパンストをはいた脚が艶かしく光っていた。





ロングブーツがふくらはぎまでを覆っていて、さらに淫靡な感じに見えた。





いろいろな会話をしていくうちに人妻も打ち解けてきて、会社の飲み会の帰りだとか



自分の年齢が37才で、結婚して12年経つとか、さらに旦那の事などを話しはじめ



2人目の子供が生まれてから殆どHをしなくなり、6年間で数えるくらいしかしてないと言った。

















































しきりに「私、酔ってるから・・・」「変な事、話してるでしょ!」と言いながらも



「小学校のお母さん仲間の中には、浮気しているお母さんもいるんだよ!」とか



「事務のアルバイトをしている会社で、飲み会の帰りに変な所に連れて行かれそうになった。」とか



きわどい事を話し続けた。





話しを聞きながら、なんとなく人妻の様子がクネクネしてきた事に気付き



ダメだったら家まで送って帰ろうと思い。





意を決して、「子供が2人もいるとは、思えないくらいスタイルがいいね。」と言いながら



人妻のふとももに手を置いてみた。





すると人妻は、少し脚をずらしただけで、オレの手を払い除けようともせず



「いつもそんな事言って、女の人を口説いてるんでしょ」と言い



逆にオレの手の上に自分の手を重ね合わせた。





心の中で(ヤッター!)と思いながら、走る道すがら広くて暗い駐車場が無いかと探した。





途中で人妻が「トイレに行きたいからコンビニに寄って。」と言うので、



コンビニにでコーヒーを買い



しばらく走ると、すぐに駐車場は見つかったので、奥まった暗がりに車を止めて



オレ:「もうすぐ、家の近くに着いちゃうけど、少しくらいなら時間大丈夫でしょ?」



人妻:「うぅ~ん。



あんまり遅くなると主人に変に思われちゃうよ。」



その時、すでに24時をすぎていたので、時計を見ながら困った様子ではいたが



人妻:「ちょっと家に電話してみる。」



と言って、車を降りた。





話しの内容は聞こえなかったが、戻ってくると



人妻:「同じアルバイトの子と、少しお茶してから帰るって言ったから、1時間くらいかな…?」



オレ:「旦那に変に思われなかった?」



人妻:「もう、先に寝てるって。」



人妻:「こんな所に止まって、何の話しをするの?」と意味ありげに言うので、



無言で人妻の肩を引き寄せ、顔を近づけて「キスしてもいい?」と言った。





人妻もすでに、ある程度の事は予測していたようで、抵抗もせずキスに応じてくれた。





そのうえ人妻のほうが、唇を重ねると同時に舌を挿し込んできた!



助手席に覆い被さるように人妻の体を抱きながら、ディープキスをしていると、



自分の指をオレの指に絡ませて、上半身をクネクネ動かし、その気モードに入った感じだった。





一度、唇を離して人妻の肩をシートに押し付けるようにしながら首筋に移動し、舐めたり吸ったりして



オレ:「感じてきたんじゃないの?」と唇を這わせながら小声で言うと



人妻:「あぁ~ん、うぅぅん?なに?」



オレ:「気持ちいい?」



人妻:「はぁ~ん、こんな事してたら、感じちゃうじゃな~い!」と身を捩る。





さらに首筋にキスをしながら、胸を揉みはじめると、背中を反らして自分からオレの手をとり



着ていた黒いセーターの中に入れさせた。





弄りはじめて驚いたのは、セーターの中は、スリップらしき物だけを着用しているだけで



ブラジャーは、身に着けていなかった。





ツルツルした生地の上から乳首のあたりを摘むと、コリコリに硬くなっていて



上半身をぴっくぴっくっと動かしながら「はぁっ、はぁ~ん、あぁ~ん」と敏感に反応する。





オレ:乳首を集中的に弄りながら「いつもブラジャーしてなの?」と尋ねると



人妻:「さっき、コンビニのトイレで取っちゃった。」と言う



オレ:「なんで!?」



人妻:「なんか、こんな事になるんじゃないかと思って… うそ!うそだよー」



人妻:「きつくて、苦しかったから。」



そんな話しをしながら、肩紐を落としてスリップをズリ下げ、生乳首に触れると



人妻:「あっ、あぁぁ…」と感度好く唸り、自分から顔を近づけてキスを求めてきた。





またディープキスから始めて、どんどんエスカレートしていき、セーターを捲くり上げて乳首に吸い付き、



脚を開かせてスカートの中に手を入れて、パンスト越しに中心部を刺激した。





体勢が辛かったので、シートを倒し自分も運転席から助手席の人妻の上に移動して、開いた脚の間に入り



さらに乳房にキスしながら、完全にスカートを捲くり上げて、腰の回りから中心部を丹念に弄りまわした。





人妻は、上半身を反らして、腰を上下に浮かせながら、オレの空いてる手を自分の乳房に誘導して



上から手を重ね合わせて、乳房を揉むよう求め「乳首が敏感なの」と言って催促する。





体を上のほうに移動させて、もう一度、唇を合わせながらネットリしたキスをして、



手をパンストとショーツの中に挿し込むみ、恥毛を掻き分けて陰部に到達すると、



もうすでに恥かしいほど、濡れほそっていた。





穴が開いて、ヌルッと指が吸い込まれるような感触で、お尻の方まで愛液が滴り、



指を中に入れると、下半身をビック・ビックと痙攣させながら「あっ、あっ、あぁ~ん、あぁぁぁ…」と



高まっているのが判った。





狭い車内の上に着衣のままだったので、思うように愛撫が出来ず、もどかしくなって



人妻に断わりもなく、パンストの股間のあたりを破き、



破いた穴から手を入れて、ショーツをズリ下げながら股間に当たる部分を引っ張って余裕をつくり



陰部を丸出しにしてから、膝を持ち上げて脚をM字に開かせた。





人妻は、上体を起こし自分の下半身を見てから、手で顔を覆い「こんな格好、恥かしい!」と言う。





人妻の股間に顔を近づけて、両手でじっくり弄りまわしながら、



意地悪っぽく「もう、欲しいんじゃないの?」と人妻の顔を見てみると、声を出さず



2回ほど頭を振って頷いた。





シートに横たわる人妻の横に並び、指で陰部を触りながら、耳元にキスする体勢をとり、



耳の中に舌を這わせながら、中指と薬指の2本を膣の中に挿し込んで、天井あたりをグイグイ擦ると



指の動きに合せて、腰をビックン、ビックンと震わせながら「はっ!はぁ~はぁ~ん!」と、せつない声をだしている。





オレ:「このへんが、気持ちいいんでしょ?」



人妻:「あぁ~そこっ!すごくいいぃ~」



オレ:「もう、時間ないから、入れちゃおうか?」



人妻:「そんな!ダメっ!困るわっ!」



オレ:指の動きを乱暴に出し入れしながら「おチンチンのほうが、気持ちいいんじゃないの?」



人妻:「あぁ~、あっあっあっ… でも!」



オレ:「ちょっとだけ、ちょっとだけ入れたら、すぐやめるから、いいでしょ?」



人妻:「ほっ…ほんとうに? ほんとうにすぐやめてくれる?」



オレ:「大丈夫、いやだったら、すぐやめるから…」





M字に開いた人妻の脚の間に腰を割り込ませ、ショーツを横にずらして、ぱっくり開いている割目に



手でポコチンをなすりつけ、亀頭に愛液をよくひたしてから、膣の入口に亀頭をあてがった。





人妻は、早く入れて欲しいと言わんばかりに腰を浮かせて準備していた。





最初は、先っちょだけを挿入して、ゆっくり出し入れしながら



オレ:「旦那さんに悪いから、奥まで入れないほうがいいかな?」と意地悪を言うと、



オレの首に両手を回して、キスをせがみながら



人妻:「奥が感じるの。」と小さい声でささやく。





オレ:「奥まで入っちゃって、いいんだ。」



言うなり、グイッと挿し込む。





人妻:「あっ!それっ!そこっ、いいよぉ~」



人妻:「はっ、はっ、はっ、はぁ~ん」





人妻の両脚を抱えて、何度かピストンをするも、体が安定せず思うようにいかなかった。





数回ピストンすると人妻の体が上にズリ上り、挿入しづらくなるので、体勢を直すという事を



何度か繰り返していた。





シートを倒していても、助手席では踏ん張りどころが無く、うまく腰のグラインドが出来なかったので



人妻に後部座席に移動しようと言った。





幸いRV車だったので、後部座席を倒すとトランク部分と合せて、フルフラットになる。





前方に頭を向けて横になったが、足を伸ばしても十分余裕があり、



人妻も「この車、広いんだね!」と感心していた。





多少下が固かったが、今度は満足出来る動きが出来そうだった。





改めて向き合い、またキスするところから始めると、人妻が自分から履いていたブーツを脱ぎ



パンストとショーツを片脚だけ脱いで、着ていたセーターも脱いだ。





オレも中途半端に脱ぎかけだったジーンズとトランクスを脱いで、動きやすくした。





正常位の体勢になり、人妻の肩を掴んで、腰の動きだけでポイントをさぐり



亀頭の先で穴を確かめてから、一気に深く挿入した。





挿入した瞬間、人妻が「はっぁぁ~」という声とともに膣をキュ~と締めつけてきたので



金玉が上に上がるのを感じ、オレも「うぅ…」と声を出した。





オレが人妻の肩を掴み、人妻がオレの尻を掴んで、淡々とピストンを繰り返す。





舌を交互に出し入れしたり、耳元をペロペロ舐めたりしながら



オレ:「今度は、奥まで届いてるでしょ?」



人妻:「奥にあたって、気持ちいいぃ…」



オレの腰の動きに合せて、上下左右に微妙に腰を振りながら



人妻:「あっん、あっん、あっん、あぁぁぁ~ん」と単調に繰り返す。





感じている人妻の顔を見ていると、最初に声をかけた時の



無視して立ち去ろうとした顔(澄ました顔)を思い出した。





射精に至るまでには、しばらく余裕がありそうだったので、また人妻の耳元で



オレ:「旦那以外のチンチン入れられてるなんて、悪い奥さんだな。」と言うと



乱れた息を絶え絶えにしながら、オレの言葉に反応して



人妻:「あなたが、その気にさせたんじゃない…」「あぁぁ!」



オレ:「うそつけ!車に乗った時から、シタかっただろ。」



人妻:「はぁ~、はぁ~ん」「そうかな……わかんない。」



挿入を浅くし腰の動きを止めて、



オレ:「もう、やめようか?」



自分の腰を上下に激しく振りながら、



人妻:「いやっ!



おねがい、やめないで!」



人妻:「したかったの、最近してなかったから…だから最後までしよっ!」





ピストンを再開して、ねっとりしたディープをしながら



オレ:「会ったばかりの男にチンチン入れられてるのって、どう?」



人妻:「あぁ~ん、あぁ~ん、そんなこと…そんなこと言えない!」



オレ:「気持ちいいんだろ。」「やらしい奥さんだな!」



オレ:「いつもこんなふうに、旦那以外の男ともしてるのか?」



人妻:「そんなことないっ!あぁぁ…あぁぁ~ん」



オレの意地悪な質問に、かなり反応しつつ、嫌でもなさそうだった。





オレ自身普段は、言葉責めなんてしないのだが、この日は妙に意地悪な気持ちになっていた。





まだ激しいというほどの腰使いではなかったが、



時折金玉が持ち上がるような気持ち好さがあって、少しだけ我慢していた。





人妻の方は、体がしっとりと汗ばんで、顔を紅潮させていたので、けっこう本気で感じているのがわかったし、



初めの頃の高い喘ぎ声えから、鼻で息を漏らし「ふぅぅ~、ふぅ~ん」と、



本当に色っぽい声えで喘ぐようになった。





腰の動きも意識的に動かすのではなく、無意識に“腰を振ってる”って感じで、いやらしかった。





徐々に膣が締まる間隔も短くなって、オレ自身も無意識にピストンが早くなり、



我慢するのが辛くなってきた。





オレ:「もうイキそうだから、出す時、抜くぞ!」下半身がゾクゾクしてきて、玉がグイグイ上がりだした。





人妻:「ダメっ!ダメっ!私もイキそうなの…あっ、あっ、あぁぁ~」



深く挿入出来るように人妻の両脚を抱えて、両手でガッチリ腰を掴みながら打ちつけた。





たぶん車は、すごく揺れていたんだろうと思う。



(笑)



オレ:「マジ!やばい!出そうぅぅ!」激しく打ちつけた。





下半身はガッチリ掴んでいたので、上半身だけを仰け反らせて、ビクッ・ビクッと痙攣させて



人妻:「イッちゃう!イッちゃう!もっ、もっ、もうイクっー!」



膣が収縮をやめて、締めつけた状態で止まり



その直後、本当に数回のピストンで、射精してしまった。





射精の瞬間、抜かなきゃヤバイ!と思ったものの、打ちつけてる力が抜けず



腰が沈んだ奥の深いところで、中出してしまった。





オレも人妻もしばらくは、重なり合ったまま動けず、挿入したままじっとしていた。





時折、ピクッ・ピクッと小刻みに体を震わせて、オレの耳の中をペロペロ舐めている。





数分経ってから



オレ:「まずかったよね。」



人妻:「えっ!」



オレ:「ゴム付けてなかったから…」



人妻:「う~ん、どうだろう…出来ずらいほうだけど…」



話してる感じは、あまり心配したり不安がる感じではなく、余韻が気持ちいいといった感じだった。





人妻:「ひさしぶりだったから、いっぱい感じてたでしょ?」(自分が乱れた事を恥かしがるように)



オレ:「えっ、あ~、感じてたよね。」



オレ:「それより、本当に大丈夫かな!?」



人妻:「あぁ~、妊娠してたら、まずいなぁーって、思ってるんでしょ。」(悪戯っぽく笑いながら)



オレよりぜんぜん気にしてないのか、やっちゃったものは、しょうがないって感じで平然としていた!



オレ:「あたりまえじゃん。」



人妻:「私が妊娠してたら、責任取ってくれる!?」



オレ:「・・・」



人妻:「ほら!困るでしょ?大丈夫だと思うから、気にしなくていいよ。」





やり終えて、30分くらい経ったか、人妻が時計を見ると2時を少し過ぎていて



人妻:「わ~、もうこんな時間になっちゃってる!」と言いいながら



そそくさと脱いだ物を着て、着衣の乱れを直しだす。





オレもトランクスとジーンズをいっぺんに持ち上げて、乱れを直した。





駐車場を出て、人妻の家の方向に走り出す。





ほんの15分ほどで、人妻が「この辺でいいよ。」「あんまり近いと困るから。」と言った。





車から降りると、ニコっと笑って「ありがとう。



いっぱい気持ち好かったよ。」と言って歩き出した。





一度は見送ったが、何の連絡先も聞いてない事を思い出し、車を降りて追いかけ



声を掛けて引き止め、連絡先を聞くと、



人妻:「ダメだよ!もうこんな事出来ないし、会えないよ。」と割り切っていた。





オレ:「じゃあ、しょうがないな。」と納得した。





人妻:「もう、こんな事、二度としないと思うけど、あなたの事は忘れないと思う。」



その言葉に感激して、また高揚してしまい、目の前にあったマンションの駐車場に



人妻の手を引いて行き、柱の陰でキスをした。





人妻も強く抱き返してきて、ディープキスをしながら、また息づかいが荒くなった。





二度と会えないという未練もあり、セーターの中に手を入れて、乳首を触わろうと



ブラジャーに手をかけると「もう、帰るよぉー、ダメだったらぁ…ねぇ~ダメだって!」と



弱い抵抗をする。





少し強引にセーターを捲くり上げ、ブラジャーを下げて、乳首を口に含むと



人妻の膝がガクガクと振るえて、下半身の力が抜けるのがわかった。





それでも、弱い力で体を離そうとしながら



人妻:「帰るの遅くなっちゃう、主人に言い訳け出来なくなっちゃうじゃない。」と、か弱い声で言う。





オレ:「だって、放したくないよ!忘れられないと思う。」と言って



さっき中出ししたばかりのアソコに手をやり、



破けたパンストの穴から直接ショーツをずらして、アソコを触ると、精子と愛液でヌルヌルしたままだった。





指でクリトリスを刺激すると、まるっきり抵抗をやめて、「あっ!あぁ!そこ感じる!」と言って



自分から片脚を上げて、柱にもたれかかり、両手をオレの首に回してすがりついた。





もうセックスを楽しむ余裕もなく、急いでベルトを外し、ジーンズとトランクスを一気に下げて



人妻の片脚を抱えて、挿入する。





人妻は、押し★すような息づかいで「はぁ、はぁ、ふぅ、ふぅ、ふぅぅん」と声をもらす。





幸い人妻が小柄だったので、近くにあった非常階段の手摺に掴まらせて、



両脚を持ち上げて駅弁スタイルにした。





片脚を上げて挿入するより、深く挿入する事が出来た。





二回目なので敏感だったのだろうか?すぐに「またイッちゃうかも、がまんできないの!」と小声で繰り返す。





喘ぎ声は、我慢していたので「あぁ、あぁ、ふぅん、ふぅん」と控えめだった。





人妻:「あぁぁ…イッちゃう!もうダメっ!ダメっ!出してぇ~」と、小さい声で言うとともに



アソコから白濁した液体が大量に出てきた。





オレの首に両手を回したままで、上半身を痙攣させている人妻を



壁に押し付けて、両手で尻を掴み、これでもかというくらい深く挿して



最後のピストンを繰り返し、今度は躊躇なく中出しした。





腕の力も抜けて階段に降ろすと、脚をM字に開いたまま人妻は、へたり込んでいた。





「はぁー、はぁー、はぁー」と息を切らし、トロンとした目で口を半開きにしている。





アソコが精子と愛液でベトベトになり、ときどき中から白い泡がトローと出てくる。





気持ち好さの余韻の中で“この女、マジで人妻なのか?”と考えていた。





コメント

タイトルとURLをコピーしました