スポンサーリンク
スポンサーリンク

【熟女体験談】留守中に妻が痴態を晒しているところを見たくて隠しカメラをつけてみたら…












あなた、今夜も遅いの?

そう言って私を送り出す妻は今年27歳。





バスト97ウェスト63ヒップ88世間で言うグラマーな体型の持ち主だ。



結婚して2年になり、最近私の寝取られ癖が段々と強みを増し、封印していた自宅の隠しカメラで、妻の痴態をのぞき見たくなり、今回メンテを施し、私の留守中の妻を覗き見ることにした。





前妻とは、これが原因で離婚している。





いろんな手を使い、痴態に持って行こうとしたが、警察に通報され、カメラの存在、私の性癖に嫌気をさし、離婚となったのだ。



今の嫁は、体つきもそうだが、どこか男をその気にさす隙があり、また押しにも弱く、展開によっては痴態をさらけ出す結果につながりそうなので、私は会社に着くと朝の私用を済ませ、部屋にこもり妻の様子を覗うのが日課になりました。





今日は、広告にあった近くオープンのエステサロンに電話をかけ、訪問販売をお願いし、自宅に行かせるよう仕向けました。



約束の時間が来て、玄関のチャイムが鳴り、妻が対応しています。

















































今日の妻の服装は、ボーダーラインの胸元の大きく開いたTシャツに、白のデニムのミニです。



いかにも男を挑発する服装で玄関を開けました。





訪問の男は50手前の長身で、少しひげを生やし、今時のおしゃれなスーツを着ています。



好感の持てる口調で妻に話しかけ、妻も興味を示しているようです。



男の方も、妻の体に興味を持った様子で、正面のカメラには、いやらしい目線で妻を視姦する様が映し出されています。



そんなことも知らず、妻は男の言いなりになり、後ろを向かされ、つぼの刺激を受け始めました。





画面には男のいやらしい目線がはっきりと確認でき、お尻やうなじを舐めまわすように舌を出し、視姦を楽しんでいます。



また横からのカメラには、股間が盛り上がっているのもわかり、相当な興奮状態であるのは、間違いないでしょう。





妻も心地よいのか、嫌がることはせず、男の言いなりに背中をそらしたり、お尻を突き出したりと、いかにも男が喜ぶ体勢を取らされ、特に胸を突き出したときなどは、男はおなかに手を回し、もう少しでおっぱいに手がかかるところまでになりました。





私はすごい嫉妬と快感に襲われ、股間を硬くしています。



早く次の進展をと思い、正面のカメラに目をやると、なんと妻が男のしぐさを足元確認のために置いていた鏡で、覗いているのです。



妻も楽しんでいる、そう確信した私は妻の携帯を鳴らしました。





別の場所で携帯がなり、妻はあわててリビングのほうに行きました。



もしもしどうしたの珍しい、何かトラブル?

そう出た妻に私は、今の状況を確認すると

今から洗濯といい携帯を持ったまま、玄関に戻ってきました。



少し話し電話を切ると、男に今日は忙しいのでまた連絡しますと告げあっけなく終わってしまう形になりました。





残念に思う私と同じく、男も未練があるのか名刺を妻に渡し帰っていきました。



男を見送り、リビングに戻った妻は、ソファに座り名刺をじっと見つめています。



今まで起きていた少しエッチな出来事を思い出しているようです。





すると電話の子機を取り、男の名刺を見ながら電話をかけました。



相手は先ほどの男のようです。



気になる品物があるので来てもらいたいと伝え電話を切りました。



10分ほどで男は到着し、ゆっくり聞きたいのでと妻は男に話しかけ、リビングのソファーに二人が腰掛けました。





ガラスのテーブルにパンフを置き、男が商品の説明を始めながら、妻の両肩をやさしく揉みだしました。





この様子をテレビラックの隠しカメラと、壁にかけている時計に仕掛けたカメラで覗いていますと、テーブルの下に映し出された妻のいやらしい股間が、男の手の動きにあわせ少し開いてはまた閉じを繰り返しています。





男の股間も膨れ上が利、いつ二人の痴態がはじまってもおかしくない、異常な興奮状態になっています。



私も我慢しきれず、ペニスをだししごきはじめました。



妻の股間はもう開きぱなしで中のブルーのレース地のパンティが丸見えになり、私は男の手がそこをなぞる瞬間を想像し余計興奮しました。





すると男が、どうです、奥さん気持ちいいでしょ。



他にも気持ち良くされたい場所があるのでは?

その問いかけに妻は糸が切れたように、もういじわると言い、男の股間に手を伸ばしジッパーを開け、手を忍ばせていきました。



妻の手の動きにあわせ男も腰を動かします。



また男の方も妻の股間に手を伸ばし、Tバックの脇から指を入れ、クチュクチュと蜜部をいじくっています。





妻の顔は恍惚の表情になり、男のいやらしい舌に自らも舌を絡ませ、男のペニスをしごき続けています。



なんと言う痴態だ。



私のペニスはギンギンになっていました。



ここでもう一度妻の携帯を鳴らし、様子を覗うことにしました。





携帯がなると二人はビクッとし、男が妻に誰か聞いています。



主人と答えた妻は携帯に出ました。



先ほどまでの痴態をごまかす様平然と対応しています。





その間に男はスーツを脱ぎ始め、次の行為の準備をしています。



激しい嫉妬の中私は妻としゃべり続け、出来るだけ焦らしてやろうと思いました。



男は妻を立たせ背後に回り、妻のTシャツを捲り上げ、ブラをはずし後ろから手を回し乳首をつまみ出しました。





アン、と妻が声を漏らしたので、どうしたと聞くと、お茶をこぼしたので電話切るよ、といい男の愛撫に酔いしれ、大きなあえぎをだしました。





今度は前を向かされ、両肩を押さえられひざをつかされ、フェラを要求されています。



差し出された男のペニスを妻はおいしそうに咥え、前後にピストンさせ味わっています。



何分か男は妻の口マンコを味わった後、妻をもう一度たたせ、ソファーに手をつかせお尻を突き出させました。



とうとう挿入されるのです。





男は妻のTバックを横にずらし、一気にペニスを突き入れました。



妻の恍惚に満ちた表情と、半開きの唇から覗く舌に男は舌を絡ませ、淡々とピストンを送り続けています。



妻の腰が痙攣し二人は一緒にアクメになったようです。





その瞬間に私も大量のザーメンを床にぶちまけました。



今回の痴態が忘れられず次回も考えています。





コメント

タイトルとURLをコピーしました