スポンサーリンク
スポンサーリンク

【熟女体験談】家族旅行で大好きな姉の夫の巨根を目の前にして我慢できなかった












誰にも言えない、

私の秘密体験を投稿します



毎年お盆休みを利用して私の親(父母)と

私の家族(夫は仕事で不参加、子供2人)、

姉夫婦(子供2人)で旅行に行くのが恒例になっています。





昨年のお盆の旅行は大分県の某有名な

リゾートホテルでの出来事です。





私より2年ほど早く結婚した姉夫婦とは

3人で旅行やスノボーに連れていってもらったり、

同じ部屋で義兄と寝る事もよくあり

実の兄のような関係で男性としてはみていなかったですし、

私にも実の妹のように接してくれ

優しくカッコ良くて紹介されてから正直姉に

嫉妬するくらい好きなお義兄ちゃんです。





身長も185cmあり、

独身の頃の飲み会で遅くなったときに

偶然義兄が迎えに来てくれ、

友人たちが大騒ぎになったほどのイケメンです。

















































筋肉質でがっちりしていて顔は

某アイドルグループの長○君に

似ていると言われるらしく

確かにそれをもっとダンディーにした感じです。





到着してから家族みんなで

広いプールに入ったり施設内を楽しく過ごして

バイキング形式の食事も堪能して

部屋でみんなで飲み直そうと言うことになりました。





父、母、義兄(35)、姉(32)、

夫(31)、私(30)でいろいろお酒を買い込んで

楽しく盛り上がっていました。





泊まった部屋がトイレはないのですが、

広い宴会場のような場所に10人で

も広いくらいの広間にみんなで寝る部屋でした。





子供たちも広い部屋で大喜びで遊び回っていて、

それに優しくお軽い義兄は一緒になって走り回って遊んでくれています。





私「お義兄ちゃん、かなり飲んでるんだから

走り回ったらどんどん酔い回っちゃうよ~」



義兄「大丈夫!今回の旅行はA君(夫)

いないから子供たちが寂しがらないように

俺が盛り上げないと!」



本当に良いお父さんだし

明るいしカッコイイお義兄ちゃん。





姉に「お義兄ちゃんって全然変わらないよね~

凄い若く見えるし優しいし。





ママ友とかから大人気なんじゃない?」



姉「確かに時々私より年下と思われて

本人喜んでるのが腹立つこともあるよ(笑)

でもお風呂上がりとか全裸で出ててきて

寝てたりかなりだらしないとこあるよ(笑)」



私「そういえば実家でお風呂からパンツだけで

出てきたことあるよね。



お母さんがビックリしてた(笑)



姉「そう!あれ本当は全裸ででそうになったの

私が止めたんよ!今は夏でも服来て出てくるでしょ?

あの時私そうとうキレたからね(笑)





そんな感じで盛り上がって、

そのままそのホテルの展望風呂にある

噴水アートショーをみんなで水着に

着替えて見に行きました。





昼のプールではちょっと恥ずかしかったので

Tシャツを来てましたが、もう暗くなっていたので

この日の為に買ったパンツタイプビキニで入りました。





うちの親たちも何年ぶりに

水着着ただろうと喜んで入っていました。





子供たちも大喜びでお義兄ちゃんと父にみんなが抱っこされていました。



そのほのぼのした光景をショーの明かりごしに見たお義兄さんのぶ厚い胸板と太い腕の筋肉・・・すごくドキドキする自分がいました。



ポッコリお腹の出てきた夫とは全然違います。





仕事で夫が来ていない寂しさからかもしれませんが、姉と談笑している姿が羨ましく思えました。





それを察したのか姉が「なに一人で黄昏てんの!?こっちにおいでぇや~」と手を引いてきました。



すると娘が「ママおしっこでる」と行ったので先にトイレに行こうとおもったら、姉が「うちの子達も行きたいらしいから私連れていってくるよ~」と子供たちを連れていってくれました。





親二人は少し離れたジャグジーに入ってます。





お義兄ちゃんと二人きりになりました。





義兄「○香(私)ちゃん、その水着すごく似合うね!後ろからみたらモデルさんみたいよ!一瞬○香ちゃんって気づかんでドキドキしたよ(笑)」



私「後ろから見たらって(笑)前から見たらオバさんでしたみたいな感じじゃん(笑)でも春くらいからダイエットしてたからそう言われるとうれしいなぁ」



義兄「前から見てもすごく色っぽいよ!若い兄ちゃんいっぱいいるからうろうろしてナンパされんようにしぃや(笑)」



私「されるわけ無いじゃ~ん(笑)ま~でもかなり悩んで選んだ水着だから褒められるとお義兄ちゃんでも嬉しいよ(笑)」



義兄「おにぃちゃんでもって(笑)わしゃ男としてみられてないんかぃ(笑)」



完全に男性としてさっき見てた自分がいたので「そんなことないよ」って言いたかったけど、「そりゃそうだよ~」と言ってしまい子供たちが帰ってきたのでその話は終了しました。





ショーも終わりそのままお風呂に入りに行き、浴衣に着替えゲームセンターなどで遊び、その間も酒の強いお義兄ちゃんはビール片手にずっと飲んでいてすごくテンションが高い状態で部屋に戻り、また子供たちが寝るまで遊んでくれてました。





そして子供たちが「オジさんと一緒に寝たい」と言い出し子供たちを寝かしつけてくれることになりました。





私たちはみんなで飲んでいたのですが子供たちが静かになったのを確認すると一緒にお義兄ちゃんも寝てしまってました。





それで私がみんなに布団をかけようと近づいたときです。



掛け布団の上に寝ていたので下から引っ張って抜こうとして、ちょっとお義兄ちゃんの浴衣の裾がずれて太もも辺りが見えていて、なんとなく目が行った先に・・・お義兄ちゃんがパンツを履いておらず立派な物で少し見えていたのです・・・。





なぜかうちの親にも見られてはまずいし、姉に言ったらまたお義兄ちゃんが怒られるんじゃないかととっさに布団をかけてその場を何事もなかったようにもどって平静を装い「みんな寝てたよ~お義兄ちゃんも気持ちよさそうだったからそのまま寝かしといたよ」と言いみんなで飲みました。



姉は「あんだけ最後まで起きてみんなと飲むって言ってたのに最初にダウンしてどうなんよ」といってましたが、私はさっきの光景が目から離れなく上の空で聞いていました。





親も姉も寝ると言いだし、お開きになり私も布団に入りました。



少し離れてるとはいえお義兄ちゃんがあのまま寝ていると思うだけでへんな興奮がありちょっと寝付けませんでしたがいつの間にか寝ていました。





久しぶりの開放感でかなりあ酒も飲んだこともあり、明け方トイレに起きました。



みんなスヤスヤ寝ていて昨日のことは私も忘れていました。



トイレの帰りにふと思い出しました。



お義兄ちゃんのことを。





部屋を出るときはほとんど見ずに出たのですが思い出すと気になってしょうがありません。





部屋の入口だけ電気が付いていて入口に近いところにお義兄さんがいたので開けた明かりで見えないかドキドキして開けました。





すると・・・布団がはだけ浴衣も下半身はほとんど帯びしか無い状態で薄明かりの中露になっているようでした。



もう心臓バクバクです。





もう心臓が飛び出そうな位ドキドキして部屋が暗いのでその入口の明かりだけを頼りに周りの誰かが起きないかゆっくり確認しながら近寄りました。



息を★して真横に座りました。



うっすら明かりに照らされているお義兄ちゃんのアソコをガン見。





あまりの驚きで声がでそうで口から手が離せない状態でした。





お腹に引っ付く位に反り立っていて、



先っちょは紫黒光りしていて物凄くカリの部分が松茸のように張っていて見てるだけで興奮が止まりませんでした。





「どうしよう・・・寝てるし・・・触ったら起きるかな・・・触りたい・・・」



見つかったら大変なことになるなど、いろいろ頭の中で葛藤がありましたがこんなチャンスは二度とないかもしれないとおもい、まずは浴衣を戻す感じで太もも当たりを触ってみました。



全然反応はありません。



そのまま少しさすってみましたが反応がありません。





他の誰かが起きないか周りを確認します。



静かに深呼吸してその勢いでアソコをツンッと指で触りました・・・反応ありません。





そ~とペニスの部分に手を乗せましたが大丈夫そうなのでそのまま握りました。





太い・・・長さも私の両手で持ってもはみ出そうな巨根



今まで見てきたどの男性のより大きく太い逞しい巨根



こんなのが入ったらどんな感じなんだろうとか変態なことを考える自分がいました。



そしてどうしてもどんな臭いがするのか気になりました。



もともといつも香水みたいな良い香りがする人なのでもしかしたらいい香りがするのかと思い近づくと・・・すごく男性特有の臭いがしていました。



髪の毛が当たらないように手で押さえながら臭いを嗅いでいたのですがどうしても我慢できなくなりペロッとしてしまいました。





それでも全然起きませんし反応もありません。



ちょっとだけならもうわかんないだろうし、これで最初で最後だからと心臓が飛び出そうな位の興奮の中ペニスをゆっくり持ち上げ口に含みました。



すごく大きくて口一杯になりましたが憧れのお義兄ちゃんの大切な部分を口に入れることですごい嬉しさと興奮と恐怖が入り交じって訳が分からなくなっていました。



ゆっくり上下に動かしたり舌も使い舐めまわしていましたが、さすがにもうヤバいと思い、そっと口から離し掛け布団をかけ自分の布団に戻りました。





そのまま寝付けなかったので遠くからお義兄ちゃんの

寝顔を見てなぜか少し達成感というか姉への背徳感もありながらもお義兄ちゃんの特別な人になれた気もしました。





次の日の朝、また同じ場所で朝食バイキング、一緒にみんなで食事をしたのですがお義兄ちゃんは「おはよう、昨日は先に寝てごめんね」といつもと変わりなく普通に話してくれホッとしました。





食事が終わり部屋に戻る途中、私はみんなにちょっとトイレにいくね~と言いロビー付近のトイレに向かう通路で後ろに気配を感じた瞬間、「○香ちゃん!」と言われ振り向くとお義兄ちゃんが。





お義兄ちゃんは私の肩に軽く乗せ、「今日の朝ありがとう。



すごく気持ちよかったし嬉しかったよ!」と言いました。





もうパニックです・・・え!?どういうこと?お義兄ちゃん起きてたってこと?



ヤバい・・・私とんでもないことしてしまった・・・どうしよう・・・みんなにバレたら大変なことになる・・・



するとお義兄ちゃんが、周りをキョロキョロして耳元で



「○香ちゃんが俺のこと少しでも思ってくれてるのがすごくうれしいよ。



俺も○香ちゃんのこと大好きだし、この秘密は絶対守るよ。



だから俺の秘密も守ってね」



と言うと周りに誰も居ないのを確認してキスをしてくれました・・・それも舌を入れてディープでとろけそうな上手なキス・・・



でも誰か来たらと思う理性が勝ってしまい、「ごめんお義兄ちゃん、私まだその時ちょっと酔っててA君のと勘違いしちゃって」と適当な嘘でごまかそうとすると、



義兄「ふ~ん、そうか~間違えたちゃったのか~でも俺は○香ちゃんに口でしてもらってすごく嬉しかったからラッキーだったよ」



私「う、うん、、、ほんとごめんね・・・私酔うとよくこんなことあるんよ」



するとお義兄ちゃんはニコッとしてギュ~と抱きしめてきました。



私もビックリしたのですが思わず厚い胸に顔をうずめてしまいました。





そして「よし!トイレいってもどろっか!」と言われわらしもトイレにいきました。





これ以上を期待された方すみません。



もっと他にもって行き方があったのかもしれませんが、私にはこれ以上無理でした。





今年に入って3回会う機会が有りましたが二人っきりになることが無くなんの進展もないです。



ただ誰にも話していない私的には一線を超えてしまった出来事でしたので書き込んでしまいました。



長く付き合ってくださった方有難うございました





コメント

タイトルとURLをコピーしました