スポンサーリンク
スポンサーリンク

【熟女体験談】妻の会社の同僚と離れられない間柄となった












私(37歳)のセフレは、

なんと妻(37歳)の会社の同僚の、

美人熟女人妻、幸枝(46歳)です。



机が隣同士で、

特に親しい間柄なんだそうです。



既に3年位の付き合いになりますが、

週に1、2回SEXしています。



出会った時はお互い全く知らないで、

後で妻の同僚(幸枝から見れば同僚の亭主という事になりますが)とわかった時は

さすがにお互いにビックリしました。



しかしすでに火がついたニ人には、

さらなる刺激となって燃え上ってしまいました。



私は幸枝の熟練の性技にすっかりとりこになり、

幸枝も夫(49歳)のおざなりのSEXとは違った私のテクニックに酔いしれ、

気がつくと離れられない間柄となり、ずっと関係を続けています。

















































細面の顔や、スリムな上半身とは裏腹の、

大きな尻を両手で抱えこみ四つん這いの幸枝を激しく突いた時のよがり声は、

何とも言えません。



さらに幸枝のフェラチオは絶品です。



私がこれまで経験した数十人の中では、

ピカ一のテクニックです。



玉袋をソフトに撫で回しながら、

竿の根元からのディープスロート。



そしてカポッと咥えられた時の感触は、

何ともいえない快感です。



私の調教により、亭主にすらした事のない玉袋の裏舐めや肛門舐めも

最近では自分から喜んでするようになり、黙っていると20分以上も

私のケツの穴を舐めています。



SEXの相性は、妻以上だと思います。



会社ではいつも気取って澄ましているお堅い几帳面な性格(妻の情報)



だけど、実は淫乱なメス豚:幸枝と妻とで、

3Pをしてみたいと思い策を練っている毎日です。





コメント

タイトルとURLをコピーしました