僕と実姉との実話を書きたいと思います。






僕には一つ年上の姉がいる。



姉ちゃんは、おっぱいはちょっと小さいけど、“ある”くらいはある。



弟の僕から見てもちょっと可愛い、大人しい感じの人です。



普段はお互いを「美香姉ちゃん」「祐ちゃん」と呼び合い、一緒にゲームしたり、拙いイラストを描いたりしている仲のいい姉弟でした。






中学の頃思春期になり、昼間に1人で留守番してる時、無性にオナニーしたくて家中の鍵を掛け、いつものベッドの下に隠しているエロ本コレクションでしようとしたんどけど、その日は家に自分1人ということもあり、別の刺激が欲しくなった。



今まで女性として意識もしてなかった美香姉ちゃんの部屋に入り、素っ裸でシコシコしながら部屋を物色していると、洗濯前のブルマーが出てきた。



ブルマーをチンコに擦り付けて、(今まで仲の良かったお姉ちゃんと近親相姦してる!)と想像しながらオナニーしていると凄く興奮してしまい、ブルマーの中に大量に射精してしまった。



今までにない量と興奮だった。






それから姉ちゃんを見るとなんか興奮するようになった。



1人で留守番をする時は姉ちゃんのベッドの中で、「姉ちゃん!姉ちゃん!」と叫びながらオナニーするようになった。






ある日、いつものように姉の部屋を物色していると、本棚の中から数冊のノートを発見。



それは姉の描いたエロ漫画だった!



それまで姉ちゃんはこういう事にまったく興味がない人だと思っていたので、体中に電流が走ったような衝撃と、(やったー!!)という喜びに震えた!






ノートの中は、いつも姉ちゃんが描いてくれていた少女漫画風の女の子が下級生の男子の性処理に使われている数ページのイラストや、小さな瓶をあそこに入れてオナニーに耽る少女が描いてあった。



そしてノートの端には姉ちゃんの字で、『今日はトイレで2回、お風呂で1回やる』と走り書きみたいに書いてあった。



今まで大人しいと思っていた姉ちゃんがこんな淫らなことを望んでいると思うと、僕の右手は痛いほどペニスを握り締めて夢中でちんこをしごいていた。



僕はすぐに射精した。



でも反り返ったちんこはまだ収まらず、僕はちんこをしごき続け、そのまま何回も出し続けた。






その日から僕が姉ちゃんを見る目が完全に“姉”ではなく“女”になってしまい、『近親相姦』という言葉に異常な興奮を覚えるようになった。



変に避けてしまうと万が一の近親相姦のチャンスを逃してしまいそうだったので、僕は家の中ではいつも通り仲の良い姉弟として姉ちゃんと接していた。






美香姉ちゃんは、自分が実弟にセックスの対象と見られているとも知らずに、「祐ちゃん、ご飯食べたらゲームしよっか?」と、いつものように笑顔で接してくる。



僕の目線の先には遊びをしている最中でも指先や胸元、首筋、そして唇に向き、つい、「姉ちゃん、イラストの女の子みたいに僕のペニスを舐めさせてあげようか?」と言ってしまいそうになった。






夜、僕は隣の部屋で寝静まっている姉ちゃんを想像しながらオナニーをする。



離れた部屋の両親が寝静まったのを確認して、実弟の部屋にそっとやって来て、あの手で僕のペニスをしごきながら嬉しそうに舐め回す姉ちゃんの姿を想像しながらするオナニーに、僕はのめり込んでいきました。



心の中で、『美香姉ちゃん!セックスしたいよ!美香姉ちゃんと近親相姦したいよ!』と叫びながら、姉に気付かれるように大きな音を立ててオナニーをしていました。






そんな僕の様子に気が付いたのか、ある日、美香姉ちゃんに変化が起こりました。



ここから僕にとって最高の姉ちゃんとの関係が始まりました。






ついに週末を迎えた。



両親が出発した後、僕は部活に出かける美香姉ちゃんに声をかけた。






「姉ちゃん、僕も友達のとこに行くから一緒に出よ」






「うん、いいよ。祐ちゃん、家の鍵持ってる?」






「僕、今日は遅くなるかも知れないから、姉ちゃんが持ってていいよ」






「あんまり遅くなったらお友達の家のご迷惑になるからダメよ。ご飯は?お姉ちゃんが作ってあげようか?何が食べたい?」






セーラー服を着た美香姉ちゃんはいつもと同じように明るく僕に話しかける。






「なんでもいいよー。てか、美香姉ちゃんって料理作れたっけ?」






「コラ~!」






あと何時間後かには美香姉ちゃんを犯してると思うと心臓がドキドキした。



夜、家に帰ると美香姉ちゃんは夕食を作って待っていてくれた。






「祐ちゃん、帰った?あれ、何買って来たの?お菓子?」






姉ちゃんはお菓子が大好きだった。






「うん。姉ちゃんの好きなポッキーも買ってきたよ。ビデオも借りてきたから、ご飯食べた後で観よ」






「気が利くじゃなーい!祐ちゃんの好きな物たくさん作ったから食べよ!」






美香姉ちゃんの作ってくれた晩御飯を食べた後、僕はシャワーを浴びた。



今から自分が犯す行為を思うと胸が押し潰されそうになった。






本当にこんな事していいのかな?



今ならまだ間に合う。



でも、ここでやめても姉ちゃんへの想いは・・・!






僕はシャワーで刺激されたペニスを強くギュっと握り締め、やることを決心した。






お風呂から出て、絨毯の上に並んで座ってお菓子を食べながら恋愛映画を観始めた。



隣に座るパジャマ姿の美香姉ちゃんからは僕と同じシャンプーの香りがした。






「姉ちゃん、寒くない?」






僕は毛布を持って来て僕と美香姉ちゃんの膝の上にかけた。



一気に距離が縮まり、僕の肩に触れた美香姉ちゃんの柔らかい肩と体温が僕の股間を刺激した。



美香姉ちゃんはあまり映画に集中していない感じだった。






「姉ちゃん、映画観た後でなんかする?」






『?』という表情をした美香姉ちゃんの手を握った。






「・・・祐ちゃん?」






美香姉ちゃんの驚きと硬直、そして何かが始まる予感を感じた表情に僕の頭の中は真っ白になった。



僕は姉ちゃんのお腹に顔を埋め、そして激しく美香姉ちゃんの心地良く柔らかく熱い体に抱きついて押し倒した。






「姉ちゃん、僕、姉ちゃんのこと好きなんだ!姉ちゃんのこと好きなんだ!一度だけでいいから!誰にも言わないから、お願い!」






僕は必★に叫んでいた。






「祐ちゃん・・・」






驚いたような姉ちゃんの声。



姉ちゃんの表情に拒絶はなかった。



熱い瞳、か細く震える胸、小刻みに息をしている唇の先には、これから弟が行うであろう行為を想像して興奮する姉ちゃんがいるように見えた。



この瞬間、僕の中で何かが壊れた。



僕は緊張した姉ちゃんの身体に自分の身体を擦り付けながら首筋にキスをした。






「姉ちゃん・・・絶対に内緒にするから・・・」






姉ちゃんが薄く開いた瞳を閉じた瞬間、唇にキスをした。



僕の舌が姉ちゃんの舌に触れた。



その時、姉ちゃんの両腕が僕にしがみつき、ぎこちなく舌を僕の舌に絡めてきた。






「祐ちゃん、絶対に・・・絶対に内緒だからね。祐ちゃん、約束だからね」






姉ちゃんの僕と同じ激しい鼓動が僕に伝わった。



僕らはお互いを激しく抱き締めて濃厚なディープキスを何度もした。



僕は姉ちゃんのパジャマの中に手を入れ、ちょうど手のひらに収まる美香姉ちゃんの胸を弄った。



僕が触れやすいように身体を仰け反らせる姉ちゃん。



指先で硬くなった乳首に触れると、「ンッ!」と声を上げた。



小さく堪えるように声を上げる美香姉ちゃんが愛おしくて、ほとんど半裸になった姉ちゃんの体中を舐め回した。






仰け反るように喘ぐ美香姉ちゃんの右手が、僕のパジャマの上から硬く反り返ったペニスを包むように撫で回し始めた。



僕は姉ちゃんに濃厚なキスをしながら唇を塞ぎ、姉ちゃんの右手を下着の中に導き、熱く勃起したペニスを握らせた。



直接ペニスに触れた瞬間、恐る恐る握っていた姉ちゃんの右手はだんだんと強くペニスを握り締め、反り返った亀頭を手首に擦りつけ、激しく動かし始めた。



姉ちゃんは右手を動かす度に、まるで自分が犯されているように、「うっ!んっ!」と声を上げた。



その表情は興奮で恍惚としていた。






「姉ちゃん・・・舐めて・・・」






耳元でそう囁くと、姉ちゃんは少し恥ずかしそうに、そしていやらしそうな微笑をして、顔を僕の股間に埋めてくれた。






(もう後戻りできない・・・)






実弟のペニスの感触に酔いしれる姉ちゃんは、完全に近親相姦の共犯者になっていた。



姉ちゃんの濡れた熱い唇に含まれた瞬間、僕は絶頂を迎えそうになった。






(姉ちゃん!)






そんな僕に気づくことなく姉ちゃんは、クチュクチュ・・・とペニスを舐め回し、淫靡な悦びを隠し切れないように時おり、「あっ、ああ・・・」と言葉にならない声を出しながら、夢中で唾液でべちょべちょになった弟のペニスを口中に含み、楽しんでいた。



どのくらい時間が経ったのか・・・。



電気が消えた部屋の中でお互いの性器を舐めあう僕たち姉弟の姿が薄暗いテレビの明かりに照らし出されていた。






(ウッ!)






シックスナインの体勢で僕は何度目かの絶頂を迎えた。



頭の奥が痺れるような射精の快感。






「祐ちゃん、イッちゃった?」






射精をしている僕のザーメンを口に含みながら姉ちゃんがいたずらっぽく言った。



姉ちゃんは唾液とドクドクと射精し続ける僕のペニスを意地悪っぽく、なおも両手でしごき、刺激し続けた。






「姉ちゃん・・・」






僕は美香姉ちゃんの太ももを引き寄せ、舌と唇とをお姉ちゃんの濡れた場所に埋めた。






「んっ、祐ちゃん、まだダメぇっ!まださっき・・・!」






さっきイッたばかりのお姉ちゃんのあそこを口いっぱいに含み、上下に押すように刺激すると、美香姉ちゃんの肉付きのいいお尻がブルッ震え、逃げようとする。



僕は逃がさないように一生懸命しがみつき、味わうように唇と舌を使った。



美香姉ちゃんは僕のペニスを握り締めたまま、「あっ!やっ!やぁ!祐ちゃん、やぁ・・・」と苦しそうに喘ぎながらも、次第に僕の舌の動きに合わせて気持ちよさそうに腰を振り始めた。



そして切なそうな快感に震える声を上げて、僕のペニスを握り締めたままイッてしまった。



僕はぐったりと横になったお姉ちゃんの快感の余韻が残る濡れたあそこを優しく指で触れながら抱きつき、胸にキスをした。






「気持ちよかった?姉ちゃん、大好きだよ・・・」






あえて顔を見ないように首筋で囁いた。



身体を密着させ、中指であそこを優しく撫で続けていると・・・。






「あたしも・・・気持ちよかった・・・」






姉ちゃんは声にならないような小さな声で呟いた。






「姉ちゃん、好きだよ」






「祐ちゃん・・・だめだよ、姉弟だもん・・・だめだよ・・・」






姉ちゃんは小さな泣きそうな声で呟いた。






「姉ちゃんを好きなのはみんなには絶対内緒。絶対誰にも言わないよ。約束だもん」






「・・・」






「姉ちゃんのことは僕が守るよ。好きなんだもん」






僕は姉ちゃんの身体を優しく抱き締めた。






「祐ちゃん・・・絶対に内緒よ・・・」






「姉ちゃん・・・!」






僕は姉ちゃんを強く抱き締めた。



泣き出しそうだった美香姉ちゃんは可愛く、そして恥ずかしそうに微笑んでいた。



そして・・・。






「祐ちゃん・・・好き・・・」






そう言って美香姉ちゃんは僕にキスをしてくれた。



優しいキスだった。



その後、僕たちは自然に結ばれました。






次の日、僕たちは昨日観た映画をもう一度2人で観た。



エンディングでやっと結ばれた恋人同士がキスをするシーンで自然と僕たちは顔を見合わせた。



お姉ちゃんと僕は2人でクスッと微笑んで、優しく口づけを交わした。






拙い文章でごめんなさい!!



文章なんて書いたことがなくて、姉と結ばれるまでの自分の心情を少しでも伝えたいと思い出しながら書いていると説明ばかりになってしまいました・・・。



表現力がある人が羨ましいです。



下手くそな文章なので妄想っぽく思われるのは無理もないです。



ごめんなさい。



でも僕と姉は今でもこういう関係です。






関係を結ぶまでは僕も、(姉ちゃんとやりたい時にやらしてもらう性処理関係になれれば!)と思ってましたが、今は姉弟だけど本当に心で繋がっているパートナーていう感じです。



お互いの関係を大切にしたいから両親や友人といる時は変に意識せず、今まで通り仲の良い姉弟として生活しています。



もちろんセックスもしますが(笑)