私は鮎子と言います。



人妻で、家族は5歳年上の夫と子供が3人おります。



もっとも今は夫は海外に長期に出張中で、夫の従妹の美由子ちゃんと従弟のまさる君が同居しており、6人で暮らしています。



子供たちは実の母である私を『あーママ』、育ての母である美由子ちゃんを『みーママ』と呼び、まさる君を『パパ』と言っています。



でも、その呼び方は決して間違ってはいないのです。



なぜなら3人の子供の本当の父親はまさる君なのですから。






私が夫ではなく、まさる君との間に子供を作ったのは理由があります。



夫は会社の社長の息子で、事務員で入社した私は会社内では一番の美人という事で夫に見初められました。



しかし、田舎の夫の祖母がこの結婚に大反対しました。



夫の父も母も、「祖母の言うことは聞かなくてよい」と言ってくれたのですぐに結婚しました。



でも、祖母はわざわざ上京し、私を罵倒しまくりました。



夫は何も言えませんが、祖母に苦しめられた過去のあるまさる君が怒って祖母を田舎に追い返したので事なきを得ました。






しかし結婚後1年間、毎晩生でセックスしたにも拘らず妊娠しませんでした。



すると、その事を知った祖母がやってきて、私の事を『欠陥品』と罵る始末。



私は体を調べてもらいましたが特に問題はありませんでした。



夫の方に問題があるかと思いましたが、祖母が私が悪いの一点張りで話し合いになりませんでした。



最後はやはり、まさる君が祖母を追い返してくれました。






美由子ちゃんに思わず相談すると、夫が20歳の頃に高熱の病気にかかっていたので、精子が駄目じゃないかと教えてくれました。



それを聞いて私は途方に暮れました。



セックスのとき、ちゃんと射精するので精子が無いわけではありません。



時間を掛ければ不妊治療も可能ですが、それを許す祖母ではありません。






そんな中、義父の会社に勤めるまさる君の両親が仕事で引っ越す事になり、私立の学校に通う息子を寮に入れるという話を聞き、私は自分の家に同居させることを提案しました。



まさる君は小さい頃の夫によく似ており、血液型も一緒だという知っていました。



何より祖母から助けてもらって以来、私はまさる君のことが好きでした。



だから、私はまさる君とセックスをして、子供を作ろうと考えました。



もちろん、そのことはおくびにも出さず、夫に同居の事を話すと特に賛成してくれました。



夫も仕事で出張が多くなってきているので、私の側に誰かいたら安心だという考えあったからです。



まさる君本人とご両親も同居に賛成してくれました。



こうして私の家にまさる君が来てくれました。






まさる君が来て数日後、春休みの初日、夫は長期の海外出張に出掛けました。



夫を送り出してすぐ、二人きりになった私は早速まさる君とセックスをしようと張り切りました。



目的は子作りですが、相手は大好きなまさる君です。



その初めての相手になるのですからテンションも上がります。






私はお風呂を沸かし、まさる君を先に入れました。



そしてすぐに私も裸になり、お風呂に入ります。






「あーちゃん、なに?」






当然のことですが、まさる君は驚き、股間を隠します。






「せっかく二人っきりだから、一緒に入ろう」



「でも・・・」






「いいじゃない。それに夫もいないのだから、お風呂だけじゃなくて夜も一緒に寝よう」



「・・・いいの?」






まさる君はその言葉の意味をなんとなく理解してか、恐る恐る聞きます。






「うん、いいよ。まさる君、私のこと好きでしょ。私もまさる君のこと好きだから、今日から毎日、好きなだけセックスさせてあげる」






まさる君に自慢のEカップを見せてお願いをすると、「うん」と頷きました。






私はまさる君の体を洗ってあげました。



子供と言っても成長期ですから、体はやや同世代の男の子より少し大きめで、身長も私の頭一つ小さい程度です。



肝心のオチンチンはどれくらいかと、手で隠していた股間を開かせると、まあびっくり。



巨根と言うほどではありませんが、夫とほぼ同じ大きさがありました。



夫も大きい方なので、このオチンチンなら私を満足させてくれるはずです。






私は勃起しているまさる君のオチンチンになるべく刺激を与えないように、亀頭からタマまで念入りに洗って汚れを落としてあげました。



汚いのは嫌ですし、病気もごめんですから。



無論、私もマンコをしっかりと洗いました。



まさる君は私のマンコをしげしげと見て、「毛が無いよ」と言いました。






「ああ、これね、夫に剃られたの。あの人、こういうのが好きだから」






嘘です。



私の趣味です。



私はパイパンマンコがまさる君によく見えるように股を開き、まさる君に女の体の説明をしてあげました。



それを聞いてまさる君は興味津々にマンコを見ていました。



それと同時にオチンチンもビクビクと震えていましたので、もう限界かなと思い、まさる君をマットに寝かせ、オチンチンを咥えてあげました。



ディープスロートでフェラをすると、まさる君は「あっ」という声を上げて、大量の精液を噴出しました。



私は精液を吐き出す事もなく全部飲み干し、尿道に残った精液もすべて吸い出して飲んだ後、水で口を濯ぎました。






「おしっこなんか飲んで大丈夫?」






まさる君は心配して私を見ます。






「大丈夫よ、これは精液といって赤ちゃんの元になる液体だから。これを女の人のオマンコに出して子供を作るのよ」






「そうなの、でも僕がそんなことしていいの?僕とあーちゃんとの間に赤ちゃんができちゃうよ」






不安そうにまさる君が聞き返してきます。






「うん、いいのよ、私はまさる君の赤ちゃんを産むんだから」






「なにか、あったの?」






私はまさる君に事情を話しました。






「あのおばあさん、まだそんな下らない事を言っているの」






「そうなの、だから私はまさる君の赤ちゃんを産みたいの。いいでしょ」






「うん、いいよ。僕、あーちゃんのこと大好きだから、いっぱいセックスをして、赤ちゃんを作ろう!」






まさる君も私のことを好きなのはなんとなく知ってましたが、口にして言われた時、とても嬉しかったです。






「でもさ、赤ちゃんを作った後も僕の事を好きでいてくれる?ずっとセックスしてくれる?






「いいわよ、私はずっとまさる君を好きでいてあげる。大好きなまさる君となら、いくらでもセックスしてあげる」






まさる君は体を起こして私に抱きつくと、私もまさる君を抱き締めて、まさる君とキスをしました。



最初は軽く唇を交わせるだけでしたが、徐々に私はまさる君の口の中に舌を入れ、まさる君の舌を絡め取りました。



まさる君は少しだけ体を震わせましたが、すぐに積極的に自分から攻めて来ました。



私はキスをしながらまさる君の片手を自分の胸に、もう一方をマンコに持っていき、弄るように言いました。



まさる君はぎこちなく、私の胸とマンコを弄ります。



私は片手でまさる君を支え、残った手でオチンチンを撫で回しました。



あっという間にまさる君のオチンチンは復活し、私はまさる君をマットの上に寝かせ、その上を跨ぎました。






「さあ、まさる君。これからまさる君のオチンチンを私のマンコに入れるわよ。これでまさる君は大人になるの。そして、赤ちゃんを作るのよ」






私はまさる君のオチンチンをマンコに宛てがうと、一気に腰を落として、まさる君のオチンチンを飲み込みました。






「ああ、いい」






オチンチンが膣内に入る挿入感に私は声を出してしまいました。






「まさる君のオチンチンは素敵よ。どう、まさる君。私のオマンコは?」






「うん、気持ちいい。温かくて、ヌルヌルしてる」






入れてみてわかったのですが、まさる君のオチンチンはとても相性がいいのです。



私のマンコの形にフィットするのです。



今まで体験してきた男のモノとは比べ物にならない快感が私を襲いました。



そのまま、まさる君の胸に手を置き、腰を振りました。



まさる君もその動きに快楽をもたらすのか、下から腰を激しく突き上げてきます。



ブジュブジュとオチンチンがマンコから出入りする音が聞こえます。






「ああ、いいよ、あーちゃん。ねえ、あーちゃんを抱き締めたい」






まさる君の言葉に私は髪を振り乱しながら頷き、上半身をまさる君に預けました。



まさる君は倒れた私の体を両手で抱き締め、私はまさる君の頭を抱きしめて、ディープキスをしながら二人はさらに激しく腰を振りました。



すぐに限界が訪れ、私が先にイキ、体を反る様にし、膣内をぎゅっと絞り上げました。



それと同時にまさる君も達したらしく、まさる君は私の膣内で射精を行い、大量の精液が私の子宮に注ぎ込まれました。






(ああ、凄く熱い。これならすぐに赤ちゃんができる)






私は膣内射精の快感に酔いしれ、まさる君の精液をさらに搾り取ろうと腰をさらに密着させ、膣を締めました。



まさる君のオチンチンはピクンピクンと痙攣しながら、残りの精液を私の中に出します。



射精が終わり絶頂感も引いていくと、私とまさる君は見つめ合いディープキスを交わしました。






「あーちゃん、大好き」






「私もまさる君を愛しているわ」






キスを終え、まさる君の告白に私は本当の気持ちを込めて返し、本当に私とまさる君は愛し合っている事を実感しました。






「ねえ、あーちゃん。もっとしよ」






「うん、今度はまさる君が上になってね」






私とまさる君は繋がったまま体を回転させ、体の位置を入れ替え、まさる君の両足を外に退かせ、自分の両足を内側に入れて股を閉じました。



やや不恰好ですが、こうすると膣がさらに締まり、オチンチンを圧迫できます。



きゅっと締まった膣にまさる君は「あっ」と声を上げ、それと同時に2度も射精したのにまだ硬度を失っていないオチンチンがさらに硬くなりました。



まさる君はすぐに動こうとしましたが、私はまさる君にじっとするように言いました。



私は両足を小刻みに動かし、膣でまさる君のオチンチンを擦り上げ、味わいます。






「あ、あ、あーちゃん。そんなにしたら出ちゃうよ」






「うん、出してもいいけど、もう少し我慢して」






私は体を少しブリッジさせ、まさる君のオチンチンをさらに堪能した後、まさる君に、「動いていいよ」と言うとまさる君は激しく腰を振りました。






「あーちゃん、気持ちよすぎるよ」






「あ、あ、あ、いいよ。もっと、まさる君のオチンチンで私のマンコを掻き回して」






私はまさる君の好きなようにセックスをさせました。



何のテクニックもありませんが、その勢いだけで私は気持ちよくなりました。



2回出しているので先程よりは長持ちしています。



やがて限界が近づくと、少しだけ私の方から腰の振り方に指示を出してあげ、二人同時にイケる体勢にもっていきました。






「あーちゃん、また出る、出ちゃうよ」






「いいよ、まさる君。また私の中にいっぱい出して」






私は再度、体を反ってブリッジすると膣が締まり、まさる君はたまらず私の中に大量の精液を射精し、私もイキました。



私たちは息を切らせながら抱き合いディープキスを交わします。



すると3度も射精して萎えかけたまさる君のオチンチンが私の膣内で再び硬度を増していきます。






「まさる君、今度はバックでお願い」






私たちは結合を解き、私はお風呂にある大きな鏡に手をつき、お尻を突き出します。



まさる君は3度目になると要領を覚えたのか、オチンチンをオマンコに宛てがい、一気に挿入します。



ブチュという音と共に私の膣内にあるまさる君の精液と愛液が噴出します。



深々と突き刺さるまさる君のオチンチンに私はもうメロメロです。






「あーちゃん、またイクよ」






そう言うとまさる君は激しく腰を振ります。



まさる君のオチンチンが私の子宮口に当たるのか、私はあまりの快感に声を上げ、まさる君に片手で乳を揉みながら、親指と人差し指で乳首を弄繰り回し、もう一方の手でクリトリスを擦り上げます。



私は、そのままの状態で腰を振りながらオチンチンで子宮口を突っつく三点攻めをするように指示を出しました。



最初はなかなかうまくいきませんが、3度も出したので長持ちしているのが功を奏しているのか徐々に様になっていきます。



そして十数分で三点攻めも形になり、私は再び絶頂に達して、それと同時にまさる君も射精してくれました。






こうして3度のセックスを終えた私たちは、体を洗い、お風呂に浸かりました。



お風呂から出た後は互いの体を拭き、私のベッドで再びセックスを開始。



まさる君は精液のすべてを私の膣内で出し切った後も、まだ続けました。






その日から春休みは、用事がある時以外は、私とまさる君はすべての時間をセックスにつぎ込み、学校が始まった後も、朝起きてすぐ、学校から帰ってきたらすぐにセックスしました。






夫が出張から帰ってきた後は、私は夫とも子作りに励みました。



別にアリバイ工作ではありません。



今の私のセックスをする目的は子作りのためですから、夫ともセックスをする必要がありました。



もちろん夫が家にいない時間はまさる君とセックスをしました。






その甲斐があってか、3ヶ月後には晴れて妊娠しました。



私が妊娠した事に夫は大喜びしてくれましたが、それで安心したのか、その後はしばらくセックスをしてくれませんでした。






また夫が海外出張で家を留守にし、代わりに美由子ちゃんが家に来てくれました。



私に負担の軽減するために、気心の知れた美由子ちゃんに家事とまさる君の世話を頼んだのです。



美由子ちゃんはまさる君と同じ学校に通っており、家からも通えます。



中学生ながら、3人の妹の面倒を見てきたので、主婦のスキルは抜群。



家事は難なくこなし、まさる君も手伝ってくれたので私の負担はあまりありませんでした。






ただ、困った問題が起きました。



美由子ちゃんは、私とまさる君がセックスをしている事に気づいていたのです。






美由子ちゃんは前々からセックスに興味があり、まさる君に処女を捧げることと、好きなだけ生で中出ししていいという条件で関係を迫りました。






美由子ちゃんは可愛く、胸の大きい子です。



そんな女の子から好条件を出されて、男であるまさる君は断るはずもありません。



美由子ちゃんはまさる君とセックスをして、処女なのに何度もイカされてしまいました。



私がセックスで教え込んだテクニックをフルに使ったからです。



最初は2歳年下の従弟を初体験の相手程度にと思っていたらしいですが、美由子ちゃんはそのまま、まさる君の彼女の座に収まりました。






さらに私のお腹が大きくなると、まさる君はセックスを完全に控えてしまいました。



私が、「大人しいセックスなら大丈夫」だと求めても、まさる君は赤ちゃんが大事だと応じてくれません。



その代わりに美由子ちゃんと激しいセックスをします。



美由子ちゃんは中学生なのに避妊薬を使用しており、まさる君にすべてのセックスで膣内射精してもらっています。



はっきり言って羨ましい。



妊娠中の私にできたのは、毎日フェラをしてまさる君の精液を飲む事だけでした。






そうやって半年ほど我慢して、私はようやく出産しました。



私の両親と、夫と夫の両親も仕事で忙しく、出産に立ち会えたのはまさる君と美由子ちゃんだけでした。



生まれた赤ちゃんを実の母である私が抱き、次に育ての母である美由子ちゃん、父親であるまさる君が抱き上げて、嬉しそうに笑ってくれた時には本当にこの子を産んで良かったと思いました。



でも、産まれたのは女の子なので、祖母は納得してくれませんでした。






再び、私はまさる君と子作りをしました。



子作りの間、まさる君は美由子ちゃんとはセックスをほとんどせず、セックスの時間を私の為に使ってくれました。






「彼女をほっといていいの?」






「みーちゃんはあーちゃんの為だからだと言ってくれているし、あーちゃんが妊娠したらまたみーちゃんとするからいいよ」






私が少し意地悪で聞くとまさる君はあっさりと答えてくれました。






「それにみーちゃんと同じくらい僕はあーちゃんのことが大好きなんだから、あーちゃんを抱きたいんだ。あーちゃんはどうなの?」






「もちろん、私もまさる君のことが大好きだよ。だから、まさる君との赤ちゃんを産むんだから」






そう言って再び、私とまさる君はセックスをしました。



前回と同じように膣内射精をガンガン行ったところ、すぐに妊娠し、また出産。



ですが、またもや女の子。



もう1年、同じことを繰り返し、ようやく3人目で男の子を出産しました。



男の子が生まれると夫は、「ようやく子作りから解放させれる」とほっとしておりました。



祖母も3番目の子が生まれる少し前に病気で倒れ、生★の境を彷徨った為か、すっかり人が変わったように優しくなっていました。



見舞いがてらに子供を見せたらニコニコと子供の頭を撫でておりました。






私は一応、3人の子供の父親が夫でないかと検査で確認を取りましたが、3人とも父親はまさる君でした。



やはり、夫の精子はダメだったのです。



それがなぜか悲しくて泣きました。



まさる君や美由子ちゃんにもこの事を話しました。






「しょうがないよ。この子たちはお兄さんとあーちゃんの子供だよ。そうして大切に育てていこう」






まさる君がそう言うと美由子ちゃんも同意しました。



このことは3人の秘密として、子供を育てる約束をしました。



男の子が生まれたので、私とまさる君の子作りはこれで終了しましたが、子作りの行為は遠慮なくするつもりです。






あれから3年が経ち、まさる君の体もすっかり大きくなり、今では身長も私を越え、オチンチンの大きさも二周りも大きくなっています。



いつもセックスをしている美由子ちゃんから、「もうたまらない」と聞かされていました。



それを実感したのは3番目の子供を産んでから、初めてセックスができるようになった日です。






その日美由子ちゃんは子供たちと外に遊びに出掛けてくれました。



私とまさる君を二人きりにしてくれたのです。



私とまさる君は裸でベッドにいました。



あの時はまさる君を私が抱き締めていましたが、今はまさる君が私を抱き締めてくれています。



私は顔を上げ、キスを交わし、まさる君が積極的に私にディープキスを仕掛け、私の舌を吸い上げます。



左手で私の胸を揉みながら、右手はオマンコに持っていき、クリトリスと膣内を弄くる。



私はあまりの快感に声を出そうとしますが、まさる君は唇を離しません。



ひたすら舌を絡めます。



すべて私が教えて、身につけたテクニックです。



やっと私が声を出せたのはまさる君がキスをやめてからです。



いきなりまさる君が、右の乳首を咥えて吸い上げ、母乳をチュウチュウと吸い出しました。






「ダメ、それはダメ。赤ちゃんのおっぱいなんだから」






「いいの、これは搾乳をしているだけだから。それにあーちゃんは下の口で僕のミルクをいつも飲んでいるじゃない」






まさる君は今度は左の乳首に吸い付き、母乳を飲みます。



その間もずっと右手はマンコをぐちゃぐちゃにしているため、もう立っていられません。



私が足をガクガク震わせると、まさる君は私の上半身をベッドに寝かしました。



下半身はベッドの縁からだらんと床に垂れています。



そして私の股を開き、パイパンのオマンコを見ます。






「じゃあ、あーちゃんの下の口に僕のモノを入れるよ。そして、いっぱいミルクを飲ませてあげるね」



「うん、早く、まさる君のオチンチンを私の口に入れて、いっぱいミルクを飲ませて」






「大好きだよ、あーちゃん」



「私もまさる君のことが大好き」






愛の確認をすると同時にまさる君は私のオマンコにオチンチンを入れました。



それと同時に物凄い快感が私を襲いました。



久しぶりのセックス、大きなオチンチンの挿入感。



私はすぐにイッてしまいました。



でも、そんなことはお構いなしにまさる君はガンガンと腰を振り、パンパンという音が部屋に響きます。



まさる君は上半身を倒して私を抱き締め、私もまさる君を抱き締めました。



私は快感で狂乱状態でしたが、まさる君は正確にオチンチンで私の子宮口を打ち付け、時にはオチンチンの動きを止めて、腰をグリグリと回転させ、オマンコを滅茶苦茶に掻き回します。






「好きだよ、大好きだよ、あーちゃん」






「私もまさる君が好き、愛している」






私とまさる君はただ、それだけを連呼し、快感が頂点に達すると同時に私の意識は吹き飛び、まさる君のオチンチンは大きく震えて、私のオマンコに精液を射精してくれました。



ドクンドクンとオチンチンが脈動し、膣内射精されます。



その喜びに私は涙を流しました。






「あーちゃんの体はやっぱり最高だよ。あーちゃんのことを好きになって本当によかった」






「もちろん、私も」






そう言って私を抱き締めるまさる君を、私は息も絶え絶えにさらに抱き締めました。






「本当に?」



「本当よ。だって、『ずっと好きでいてあげる、セックスをさせてあげる』って約束したじゃない。それにまさる君の子供を3人も産むことが出来て私は幸せよ」






「好きだよ、あーちゃん」



「私もまさる君を愛しているわ」






私とまさる君は愛を確かめ合うようにキスをしました。






まさる君と愛し合うようになってから5年が過ぎました。



私は人妻で、彼には美由子ちゃんという恋人がいますが(最近は3Pもしています)、この秘めた愛の関係はこれからも続けていくつもりです。



夫も子沢山で喜んでいます。



この秘密を絶対に守り抜き、みんなで幸せに生きていきます。