スポンサーリンク
スポンサーリンク

【熟女体験談】バイト先のおばちゃんに助けてもらったことがきっかけで童貞卒業し、セフレの関係となった












バイト先の53歳のおばちゃんとセフレの関係になりました。



自分は20歳の学生です。



去年の夏休みにウイルス性の下痢で自分のアパートで唸っていた時、



おばちゃんが来てくれて、通勤に使っている軽自動車で医者へ連れて行ってくれたのがきっかけでした。



病気が治ってからも、パートが終わってから夕食を作りに来てくれたりしているうちに、



おばちゃんのオッパイに目がくらんで抱きついてキスしてしまいました。



翌日、おばちゃんも自分も非番だったので、朝から自分のアパートでセックスしました。



実は、自分は女性とのセックスは初めてで、童貞だったことで感激されて、



おばちゃんに色々教えてもらい女のアソコや色々な体位など、試してみました。



その日は夕方までに10発はしたと思う。



おばちゃんは生理がもう無かったので、全部中出しさせてもらいました。



おばちゃんとしかセックスしたことがないので若い女性のアソコがどんな具合か知らないんですが、



おばちゃんのアソコは濡れてない時は縦筋にビラがちょっと出ている程度で、



ペロペロなめてあげるとジュクジュクになってビローンと出てきます。

















































黒くてエッチな感じで、両側を引っ張ってやるとピンクの中が見えてすごくエッチです。



おばちゃんが「アーン、遊ばないで入れて」と言うまで舐めてアソコに指を突っ込んでかき回すと、お汁がダラダラ出てきます。



そこでチンチンを突っ込んでやると両手両足で抱きついてきます。



そのままずっとキスしながらピストンをやって中に出すのがいつものパターン。



締まりは比較のしようが無いけど、オナニーよりは緩いですが抜き差しするたびにビラがまとわりついてとても気持ちいいです。



オナニーとは比較になりません。



たいていは、入れたままキスをしているとまた硬くなるので、そのまま2回やります。



2回終わると、さすがにチンチンも萎むので、抜くと口でキレイにしてくれる。



そのあと、おばちゃんは股間を手で押さえながら一緒にシャワーへ。



シャワーでは、浴槽のヘリに片足を立てさせておばちゃんの股間をシャワー攻撃します。



アソコから自分の精液が流れ出るのがすごくエロい。



指を入れてかき回してやると、かなり垂れてきます。



シャワーの後はお互いに裸で寝てキスしながら足を絡め、おばちゃんのおっぱいを楽しみます。



いつもはそのくらいでおばちゃんが帰る時間になって、服を着て最後に玄関でキスをしておしまいです。



初めての恋人が人妻で母親より年上のおばちゃんだけど、自分的にはキスが一番好き。



舌同士を絡めて混じり合った唾液を味わいながらキスをすると、この女は自分のものだという感じがしてセックスより気持ちが良いです。



今では、何かにつけてアパートへ来てセックスをするようになっています。



旦那がいない時は泊まってくれています。



今は、おばちゃんの体だけで満足です。



でも、若い女と付き合えるようになれるか不安です。





コメント

タイトルとURLをコピーしました