スポンサーリンク
スポンサーリンク

【熟女体験談】高3の時にコンビニの店長である人妻熟女で脱童貞した初体験












僕の初体験は人妻熟女で脱童貞をしたのは高3の時



僕は実家を離れて1人隣県の高校に通ってました。



高校からアパートまでは結構遠くて、自転車で30分くらいの距離。



3年の春頃、その通学路の途中にコンビニ(青と白のストライプの制服)が一軒できた。



既に他のコンビニは何軒かあったけど、通学路からは離れていて、そこができてからは、登校の途中や学校帰りに、ほぼ毎日寄っていた。



道沿いで便利っていうのもあったけど、一番の理由はその店の店長さんに会うのが目的だったから。



名前はHさん、当時43歳。



イメージとしては木村佳乃



髪はセミロングで緩くウェーブがかかってたを想像してもらえたらピッタリの美熟女朝買い物に行くと大抵彼女がレジにいて、



控えめににっこり笑って接客してくれる。



その薬指にはシンプルな銀の指輪がはめられていた。



僕の密かな楽しみ彼女は制服の下にTシャツは胸元のゆったりしたもの、Yシャツは開襟のものが多かった。

















































お弁当を買った時、彼女は専用の茶色の袋をカウンターの下の方から取り出すのだが、前屈みになる彼女の胸元が緩み、



期待通り薄暗い服の中に、たわわな胸の膨らみとブラジャーがチラ見えする大抵はブラジャーの一部、



カップとカップをつなぐ部分とそこについたリボンが見えた僕はそれが見たいがために、お腹が減ってなくても弁当を買い、



(じっくり見られるようにできるだけ客の波が切れた時を狙って)



別の店員がレジにいるときは彼女に交代するまで待ったりしていた。



Hさんと関係をもつキッカケは向こうからだった。



ある時、弁当を買った僕に、彼女は周りに聞こえないように「いつもありがとう、これ良かったら食べてね」とコロッケを添えてくれた。



常連だからサービスしてくれたんだと結構嬉しかった。



それ以前は話もしたことがなかったのに、次の日からはレジの間に少しずつ会話するようになった。



彼女の僕に対する接客は声や態度が明らかに他のお客さんとは違っていたと思う。



少なくとも僕はそう思った随分仲良くなり、夏休み直前のある日、レジで商品と一緒に小さなメモをもらった。



「突然ごめんなさい。他の場所で会えませんか」携帯番号と時間と場所が書いてあった。



メモの指定はその日の夜、コンビニから自転車だと20分くらい走ったところ。



峠道の手前にある、トイレと駐車場だけの小さな休憩所だった。



僕は全速力でアパートに帰るとすぐに着替え、まだ何時間も余裕があるのに必★で自転車をこいで行き、落ち着かずウロウロしながら彼女を待った。



辺りが暗くなって時間を少し回ってから一台の軽自動車が駐車場に入ってきた。



いつも制服にジーンズを履いてるところしか見たことなかったHさんが、ブラウスとロングスカートの私服姿で降りてきた。



「ごめんね待たせて。ありがとう」僕は大した言葉も返せないまま、Hさんにうながされてベンチに座った。



「ここまで来るの大変だった?ごめんね」話しかけてくる人妻のHさんに、僕は短く答えたり相槌を打つくらいだった。



普段レジの合間に話すような無難な話、学校の話、店の話とかしたと思う。



暗くなっても延々そんな話が続いたけど一瞬間が空いて、会話が途切れた。



しばらく2人とも黙ったままそしてHさんは何も言わずに僕に抱きついてきた。



「おばさんなんかキライ?」僕はHさんをおばさんなんて思ったことはなかった。



そんなことない好きだと言い、僕もHさんを抱きしめた。



駐車場には照明があったと思うけど、ベンチの周りはほとんど真っ暗。



その真っ暗の中で人妻のHさんの顔が近づいてきて、キスした。



軽くキスした後、彼女が舌を入れてきたので、僕も負けずに舌を絡ませた。



舌を入れてのキスは初めてだったキスが終わっても、Hさんは僕に抱きついたままで僕も固まったように彼女の体を抱いていた。



Hさんが手をほどいたので、僕もそれに従った。



彼女は僕の手を取って立ち上がると、トイレの方へと導いた。



Hさんに導かれるままに、障害者用の広いトイレに入った。



立ったままキス。



股間に彼女の手が触れ、そのままズボンの上から僕のモノをしごきだした。



優しく握られた僕のモノはあまりの気持ちよさにすぐ硬くなった。



触っていいんだと理解した僕は、彼女のお尻をスカート越しに撫で回した。



「気持ちいい?」Hさんが聞いてきたけど、僕は返事ができなかった。



Hさんの手が止まって僕の耳元で囁いた。



「好きにしていいよ」Hさんは僕を洋式便器に座らせると前に立ち、直立不動の状態で天井を仰ぐように上を向いて目を閉じた。



大人の女性が完全に無防備な状態で立っていた。



僕はHさんのブラウスのボタンを外し、いつも覗き見ていたブラジャーに包まれた胸を片手で、それから両手で、好きなだけ揉んで柔らかさを味わった。



ブラジャーを強引にずり上げようとしたら、Hさんは自分でホックを外してくれた。



初めて生で見る女性の乳首を興味津々で指でいじり、何回も舐めた。



Hさんは譫言みたいに「○○クン、○○クン」と呟いていた。



またお尻を撫でる。



「ちょっと待って…」Hさんはロングスカートをつまむと、自分で裾を託し上げ始めた。



Hさんがバサッとスカートの中に手を入れ、彼女の綺麗な生足が露出した。



ロングスカートの裾を胸元で抱えるように持ち上げ、Hさんは僕に白いパンティーを見せつけた。



大きな花を形どったレースに可愛く小さなリボン。



後ろに手を回すと、お尻の部分にあるはずの布地はなく、お尻の割れ目近くに辛うじて小さなレース地があるだけだった。



Hさんの足を撫で上げ、肉付きのいい豊満なお尻の弾力は心地よかったけど、すでに眼前にある「その部分」に今すぐにでも触れたくて我慢できなかった。



僕は内股を撫でてからそのまま寛子さんのマンスジの部分を撫で上げた。



「はぁあっ」指で擦るとHさんの口からその度に喘ぎ声が漏れた。



指先でパンティーを擦るうちに、明らかに股間のその部分の布地が湿ってくるのがわかった。



Hさんはスカートをしっかり抱えたままブルブルと体を振るわせていた。



薬指にはいつもの指輪がちゃんとはめられていた。



はぁはぁと荒い息を漏らしながら僕を見下ろすHさん。



僕は多分この辺りがクリトリスかなと彼女の反応を見ながら指で探った。



「あんっ!」ひときわ大きな反応のあった場所に指を激しく擦りつけながら、僕は彼女に向かって何の前振りもなく



「結婚してるんでしょ?いいんですか?」と聞いた。



Hさんの顔が一変に真っ赤に火照っていくのがわかった。



Hさんはスカートの裾を噛み、涙を流しながら必★に喘ぎ声を我慢していた。



「それ言わないで…お願い」Hさんが泣き崩れるようにすがりつき、そのまま僕のベルトに手をかけた。



彼女はチャックを下ろすとトランクス越しにも分かるくらい勃起した僕のモノを握って、上下に擦った。



Hさんは我慢できないようにトランクスの中に手を突っ込むとモノを取り出して、



立ち上がるとまた自分でスカートに手を入れて、決心したように一呼吸してから一気にパンティーを下ろした。



Hさんはパンティーから足を抜いて、もう片方の足にそれを引っ掛けたまま、ロングスカートも脱がずに便器に座った僕の上にまたがろうとした。



僕のモノはスカートの中に隠されてしまい、Hさんは裾から手を入れて、僕のを握ると、ゆっくり腰を落としてきた。



先が柔らかい肌に当たったかと思うと、それを裂いて一気にヌルヌルと湿ったHさんの中へ入った。



「あぁあっ!!」貫通されたHさんが泣くように喘いだ。



(本当に泣いているように聞こえた)後はHさんの為すがままだった。



僕に跨った状態で激しく上下に前後に腰を振り、僕は初めてのセックスの快楽を少しでも長引かせようと必★に耐えたけど、



すぐに果ててHさんの子宮めがけて、溜まっていた液をめいいっぱい注ぎ込んでしまった。



Hさんは何かねだるように僕を立たせると、スカートを腰まで捲って、便器に手を突いた。



「お願い…○○クンお願い」お尻を僕に向かって突き上げて、後ろからを求められ、僕はようやく初めて女性のその部分を確認した。



僕は彼女の腰に手を当てて後ろから繰り返し繰り返し突いた。



あのコンビニで毎日ニコニコと明るく迎えてくれた年上の綺麗な女性を、誰もこない山道の便所の中で服を着せたまま後ろから激しく犯した。



「あぁぁっ、お願い許してぇぇっ!」Hさんは便器にしがみつき、自分から誘惑した高校生に激しく突かれている。



結局その状態で僕は2回出した。



さすがにもう立たなくなった僕はHさんの後ろにへたり込み、便器の上で仰向けに果てたHさんのお尻にもたれかかった。



それからもHさんとは何度も会い、その度に「性の手ほどき」を受けた。



僕のアパートには一度も来なかったけど、ホテルはほとんど使わずに、初めてしたトイレや、人のこない山の上の公園や雑木林、



冬の真昼に海岸脇の廃墟でしたこともあった。



気が引けて携帯電話には一度も電話せず、専らレジでのメモのやり取りが連絡手段だった。



何度会ってもHさんの家族に関しては聞けなかったし、彼女も話さなかった。



ただ指輪はいつでも必ずはめていた。



大学も近くだったので肉体関係はしばらく続いたけど、Hさんが店に出てくる機会が減りある時



「ごめんなさい。ありがとう」という言葉から始まる手紙を渡された。



手紙に書かれた内容からHさんの正直な気持ちを初めて知った気がした。



僕も返事を書いて渡し、この関係は終わった。





コメント

タイトルとURLをコピーしました