私は既婚で、今は年下の彼女とW不倫になってます。



彼女は25歳で1児の母親です。



これまで年下の女性とあまり付き合ったことがなく不安でしたが、彼女は年上の男性にしか興味がなく、私に対してすごく親近感を持ってくれていました。



(実際、彼女の旦那は私よりかなり年上です)






出逢いは某サイトでした。



実際に逢うようになるとは思っていませんでしたが、気がつくと私は彼女を好きになり、逢いたいと思うようになりました。



メールや電話で話すうち、思い立って彼女に会いに行きました。






名前はS子(仮名)とします。



隣の県まで車で行きました。



2時間下道で・・・。






初めて逢った時、普通に楽しく過ごせました。



そのうち、どちらともなく唇を重ねました。



興奮の後、収まりがつかなくなり、初めて逢ったのにカーセックスとなっちゃいました。






キスをするとS子は、「んっ・・」と色っぽい声を出します。



我慢できなくなってしまい、彼女を抱き締めて激しくキスをしました。



手を乳房に持っていくと、S子は少し抵抗しました。



でも手を振り払い、可愛い胸に吸い付きました。






「うう~ん・・・ダメ」






軽く抵抗しますが、唇を重ねると虚ろな目で訴えかけるように見つめてきます。



私はこの子猫のような表情がたまらなく好きで、無茶苦茶にしてしまいたい衝動に駆られます。






スカートの裾を捲り、割れ目に指を這わせると、すでにそこは潤っていて、いつでも受け入れられる状態でした。



指を這わして敏感なクリトリスに触れると、S子は目を閉じて、「あぁ~ん・・・ダメ、ダメ・・・」と可愛い声で喘ぎます。



S子の中に指を入れると、すでに大洪水でした。






「S子・・・大好きだ。・・・抱きたい」






私が言うと、彼女は抱き締めてくれました。



そして、「私も好き。なぜか大好きなの・・・」と言ってくれました。






S子の濡れたまんこにチンポの先を宛てがい、ゆっくりと優しく挿入しました。



もちろん車の中で、しかもゴムなんて持ち合わせていません。



そのまま生で挿入しました。



するとS子は、「あぁ~ん・・・あっ・・・いい!」と言って私にしがみついてきました。



中が感じやすいらしく、突き上げる度に、「あっ・・あっ・・あん!」と喘ぎます。



感じる顔がセクシーで、彼女をいっぱい抱き締めました。






狭い車の中で、初めて彼女と一つになりました。



ピストン運動をしてる間もS子は私を見つめ、愛しい笑顔でキスをせがんできます。



それだけで本当はイキそうでした。



車の中にS子の喘ぎ声と、お互いの性器の音でメチャクチャになりました。



S子は私の下で喘ぎ、その可愛い顔を見ながら彼女に問いかけました。






私「S子・・・イキそうだ。イッていい?」






S子「いいよ・・・イッて」






私「どこに出したらいい?」






S子「中に出したい?」






私「S子の中にいっぱい出したい」






S子「・・・いいよ。来て・・」






私「大丈夫なの?」






S子「分からない・・・でも、いいよ。あなたのが欲しい」






私「わかった。イクよ・・・」






S子「うん。来て!」






私「S子・・・はぁはぁ・・・もう我慢できない」






S子「来て・・・あん!欲しい・・出していいよ・・・いっぱい頂戴!」






私「S子!イク・・・!」






S子「あん・・・気持ちいい・・・大好き・・・」






S子の中で大きく弾け、全てを彼女の中で出しました。



一瞬『妊娠』の二文字が頭を過りましたが、彼女をずっと抱き締めていたかった。






私「S子・・・大好きだよ」






S子「私も大好き・・・離さないでね」






その日から彼女にゾッコンになってしまいました。






この日、実は彼女は思い切り危険日だったらしく、翌日にアフターピルというものを病院で貰ってきました。



その後、無事に生理となりました。



彼女がお互いに安心して付き合えるようにと、ピルを飲み始めました。



それからは毎回、生挿入の中出しです。



ピルを服用するとつわりと同じ状態になるらしく、「1日1回は気持ち悪い・・・」と泣いていますが、「自分で決めたことだから大丈夫」と飲み続けてくれています。



ずっと大切にしていきたいと思います。



彼女が大好きだし、心から愛しています。






お互い既婚同士、余計なトラブルを避けながら、お互いに大切にしあえる、良きパートナーに出会えたと思います。



ある意味割り切った関係ですが、そこに気持ちがないのではなく、お互いに好きと思えるところが嬉しいです。