久しぶりのテレクラ。



ここでゲットした女の子は2ケタ以上。






電話を待つ。



ピッと光った。



しかし、体はきちんと早取りを覚えていて、コールをゲット!






ブツツツッ!






入ってわずか5分のことだった。






「もしもーし」






なかなか陽気そうな声。



私はやはり第一印象を大切にする。



ここで暗い声だったり、サクラの声だったりすると秒★。



そしてプロフィールを聞き出していくと、予定通り暇を持て余した奥さんであった。



会話をかわしてすぐに当たりだと気付き、アポしてお茶。



そして彼女の目から発射されるエッチ光線をキャッチし、ホテルへ直行!



いつも、かくありたいもの。






彼女の名前はマコといった。



32歳の奥さんである。



降り出した雨の中歩いていると、彼女の白いストッキングに透明の跳ねがかかる。



飾り気ない紺色のスカートは膝までの丈。



交互に出される白いふくらはぎを見ると、今日の体位には必ずバックを入れようと強く思う。






上半身はというと、これも飾り気ない白いブラウス。



パッと見た感じはどっかの少学校の先生という雰囲気だ。



そしてその下のブラジャーは当然透けて見える。



後ろホックの、これもまた白いブラジャー。



横に走った線の幅は1センチくらいで細い。



そして彼女の少し前を歩いて前をチェックする。



見たところ膨らみは、梨くらいでかなり大きい。






「胸大きいよね。何カップ?」






「Dの小さめなんだけど・・・」






「ふーん、Dなんだ。大きいね!」






確かによく見ると、胸を持ち上げているブラジャーの前ワイヤーが体から微かに浮いている。



そしてブラジャーのモコモコがくっきり浮き出ていて、張っている感じだ。






「腕組んでみて」






「ふふ、いいよ」






豊かな胸を肘に感じる。






「奥さんのオッパイって揉みがいがありそうだね」



「うーん、ダンナは柔らかいっていう・・」






「どんな乳首なの?」



「色?」






「うん。それとか、小さい方なのかとか・・」



「なんかムスメ時代と変わってないよ」






「このへん?」






歩きながら乳首を押してみる。






「やん・・・あとで。あとで好きなだけ触っていいから・・」






「じゃあ、早く行こう!!」






ちょうど見えてきたホテルに飛び込み、怒涛の勢いで部屋に入る。



ドアを閉めて奥さんの尻に肉棒を押し当てる。



奥さんはそれを掴む。






「あ、これは大きいかも・・・」






「奥さんのここも・・・」






我慢できずに胸を揉む。



ブラジャーの上からヤワヤワと揉む。



彼女は早くも私のジッパーを下ろして手をズボンの中に入れてくる。






「ねぇ、◯◯くんの、もうオツユ出てるよ!」






「奥さん、エッチだなぁ・・・」






「こんなことしたりして・・・」






奥さんは私のモノをギュッと掴んで前に引き倒し、ひねった。



おお、なんという技だこれは!



負けてはいられない。



私は彼女スカートをたくし上げ、尻を剥き出しにした。






「うっ!」






なんとTバック!!



白いパンストの下に息づく色はピンク!



おいおいおいおい!



すげえエッチさだ。



とりあえず、細いヒモの部分を摘んでキュッと引き上げる。






「やん!」






奥さんは思わずつま先立ちになった。



ビクッと体が震える。



その間にブラのホックを外す。






「あっ」と言ってマコは前を押さえて、ベッドの上にうつ伏せになった。






豊かなお尻、いつもは人のものであろう主婦の柔らかな尻が目の前で盛り上がっている。



スカートは少しまくれて、太ももが半分くらい見えた。



私はスカートを少しずつたくし上げ、やがて尻を露出させる。



揉んでみると尻はやはり柔らかい。



そしてパンストを太ももの半分まで引き下ろした。



剥き出されたTバックの尻と、そこから繋がる太ももはやはり白い。






私は失礼してTバックのヒモをずらし、奥さんのそこを覗いてみた。



色が白いからか、かなりピンクだ。



しかし、その割れ目が一瞬広がった時、彼女は腰をひねった。



そして手でスカートを下に引き下ろし、尻を隠す。






「駄目だよ、隠しちゃ」






私は再びスカートをゆーーっくりとずらして捲り上げていく。



再びの尻。



今度はパンストを取り去る。



上半身は白のブラウス、そして下半身はまだスカートとピンクのTバックが残っている。



私は肉棒を取り出すと、それで太ももをピタピタと叩いた。



そして背中を軽く手で愛撫しながら、30度くらいに足を開かせる。



そして肉棒でピンクの線をつんつんとつつく。



熱い。



太ももの裏は火照ってわずかにピンクに染まっている。



そして肉棒を離すと、私のものか彼女のものかわからない糸がすーっと伸びる。



指を入れて探ってみるとシャブシャブ。



十分入りそうだ。






ズズズーーッ。






まずはごあいさつで生入れ。



彼女は首を振る。



熱い!



ホットポイントだ!



締め付けてくる。






(ん?わ、わ、わ、なんだ?この感触は!?)






一瞬でイキそうになったので慌てて抜く。






「あん!!!」






「なに・・・これ??」






「いや・・・」






もしかしてこれは・・・。



しかし、楽しみは後にまわして再び彼女攻めることにする。



スカートで下肢を覆う。






「四つん這いになってくれる?」






「・・・」






彼女は無言でもそもそと四つん這いになる。



膝と手のひらで支えられた体は無防備だ。



まだブラウスを脱がされていないところが、この後の陵辱を想像させていい感じである。



私は再びスカートを捲り上げる。



今度は彼女の一番大事なところがよく見えそうだ。



少しずつ現れる。



まずV字に開かれた太ももの付け根が見え、黒々とした翳りが見える。



そして現れる白い大きな尻・・・。






「見~えた。全部見えたよ、奥さん」






「エッチ・・・」






「これからもっとエッチなことしてあげるね」






私はほくそえんだ。






「え・・・。どんなエッチなことするの?」






「例えばね・・・」






私は剥き出された尻に肉棒を挟んで擦った。






「これはパイズリならぬ尻ズリっていって、お尻の大きな女の子しかできないんだよ。ほんとにお尻大きいね、奥さん」






「・・・」






「それにオマンコがもう見えてるよ。だってTバックの線一本しかないんだもん。こんなパンティいつも穿いてるの?前の方もグチュグチュになってよじれてるし・・・。入れて欲しい?」






彼女は頷く。






「ふふふ、だーめ。もっと楽しまないとね。ねえねえ、ちょっとお尻振ってくれない?『の』の字書いてみて」






彼女は意外に大きく尻を振って字を書いた。






「じゃあ、次は『まこ』って書いてみて」






彼女は従う。



私はわざと彼女の尻の下に肉棒を入れ、彼女の尻が下がるたびに恥丘が私の先端に当たるようにする。



柔らかい花唇が肉棒の先に触れるたびにツンツンと快い感触が広がる。






「よーし、できた。エッチなことがほんとに好きなんだね。じゃあ裸にしてあげる」






私は彼女の背中から前に手をまわし、ブラウスのボタンを外す。



そして腕から袖を抜くとホックが外れたブラジャーの下に大きな乳房が現れる。



大きい。






「あ!奥さんほんとに女子高生みたいな乳首だね!それにもう硬いよ。コリコリとして・・・。あ、まだ硬くなるんだね。オッパイも大きいなあ」






果実を下から掬い上げるようにして揉む。



そして後ろを向かせてキス。



すぐに舌を入れてくる。



さすが主婦だけに濃厚なキスだ。



口の周りがベショベショになる。



顔は小林麻美似だ。






「ちょっと待って」






私は備え付けの鏡をベッドの方に向ける。



するとスカートだけが残された彼女の全身が映る。



四つん這いの白い体から下がった胸は見事で、私は後ろから強く乳房をこねて人差し指の細かなバイブレーションで乳首を甚振った。



乳房を叩きあわせるとパチンパチンと拍手のような音がする。



デカい・・・。



パンティを脱がすことにした。






「奥さん、もうちょっとお尻あげてよ」






「いや・・・」と言いながらも、彼女は尻をモコッと上げた。






スカートの盛り上がりがすごい。



そして例のごとくゆっくりとスカートを捲りあげて、またもやピンクのTバックにご対面。



もう濡れきっていて、わずかに秘唇を隠す布切れは糸のようだった。



私はバックスタイルになった彼女の尻からTバックをつるりと太ももの途中まで剥いた。



解放された彼女の秘所が完全に晒される。






「ぱっくり全開だよ~」






私は楽しく声をかけ、じっくり鑑賞する。



そこは舟形をして、その舳先にはひょこっと剥き出しのつくしが見えた。






「すごいことになってるよ・・・、ピクピクと・・・」






そこを愛液をたっぷりとつけた指で擦り、摘む。






「アアアンッ!」






彼女の全身がビクッと跳ねる。



ああ、楽しい!



私はそうやって遊びながらゴムをつけて、準備を終える。



パンティを片足だけ抜き、右側の太ももにひっかけたまま残す。



ブラジャーの肩紐の片方は肩にかかり、片方はずれて腕に下がっている。



豊かな胸は剥き出されて揉みたい放題だ。



乳首を少し強めにつねる。



彼女の背中がガクッと落ちる。



私は彼女の両膝をバックのままグッと開き、入れた。



ヌルっと入る。






ぎゅぎゅうううう・・・。






やはり!






「奥さん、名器だね。それで絞めたりできる?」






「うん・・・」






ぐぐぐっ!



おおおおおお!



締まるうう!






そして何よりもすごいのは、まるで中で何かがのたくっているかのように感じることだ。



ミミズ1000匹?



いや、このうねりの太さはうなぎ・・・。



そして、彼女を抱え起こし結合部を鏡に映す。



スカートを捲り上げると、深くまで入った凶器が彼女のピンクの秘唇から出入りするのが見える。



目を凝らすと肉棒についた小さな泡までが見える。






「奥まで入ってるね。ねえねえ、何が入ってるか言ってみて?」



「やっぱりほんとに入れられながら言うのって恥ずかしい・・・」






「大丈夫だよ。誰も聞いてないよ。これ何?この突いてるの?」



「お・・・オチンチン!オチンチンが入ってる。入れられてるぅ・・・何回も入ってるう!当たってるううっ!もっと突いて!!」






怒涛のピストン開始!



女子高生じゃあ痛がるこのテクも、主婦には効く。



やはりTPOが大切である(笑)



ブラジャーの下から見え隠れする私の手に揉みしだかれたオッパイを見ながら発射。



くうううっ!!!



マコも大きく腰を痙攣させる。






「あん・・・あん・・・あ・・・あ・・・あふん・・・気持ち・・・いい・・・」






私はクリを撫でながら後戯。



うなぎのような名器に感服する。



ゴムを外すとすっきりと涼しい。






「一緒にシャワー浴びようか」






お風呂でソープごっこ。



洗いっこをして、たちまち元気になる。



マコの目は霞がかったようになる。






「すごい・・・電池が入ってるみたい。うちのダンナなんかと全然違う・・・」






「壁に手をつけよ」






彼女が壁に手をついて立ったので後ろから入れてやる。






「やだ・・・、後ろからばっかり・・・」






胸を揉みながら数回突くと彼女は立ってられなくなる。



イキそうになったとこでやめる。






「いやん、まだ・・・」






「まあまあ、一度出ようよ」






私は乾いたタオルで彼女のそこを焦らすように優しく拭いてやる。



そしてベッド。






「やること、わかってるよね?」






私は無言で待った。



彼女はフェラを始める。



深いフェラだ・・・。






「ちょっと手を貸してみて」






私は彼女の手をとった。



そして細いタオルで後ろ手に軽く縛る。






「さぁ、こっちまで這ってきてごらん」






「はい・・・」






彼女は豊満に乳房をベッドに押しつけながら上ってくる。



尺取虫のように。



そして咥える。



私は彼女を起こし、パイズリさせる。



後ろ手だから私が両手で胸を使ってやる。



2回目は口に出した。






「縛られるとやっぱり快感が違うわね・・・」



「好きなの?虐められるの?」






「うん。ヤラれてるっていう気がする」



「ほんとエッチだなぁ」






「好きだもん。・・・ねえ、これ使っていい?」






休憩している私の横で彼女はバッグから細長いものを取り出した。






「おもちゃ?」






「うん。元気になるまでこれでして・・・」






私は彼女のクリにそれを押し当てた。






ヴィーーン。






彼女は露骨に反応し始めた。



使い慣れてるからすぐに喘ぐ。






「もっとこう・・・斜めにして・・・」






私は彼女の言う通りに攻めた。



白い恥丘の黒々としたヘアが左右にうねり、時々悩ましくムンと腰の突き上げられるのを見てると、すぐに回復する。



この女はエッチすぎる!!



そして前から結合。



右手でムチッと彼女の門を開いて、棒を挿入。






「ああっ!これよ、これ!」






彼女は感極まって叫ぶ。



背中に爪が立つ。



私は再びバイブのスイッチを入れた。



身を起こし、結合部の少し上の彼女のクリに押し当てる。



私にも振動が伝わって気持ちいい。






「アアア・・・アン!!」






彼女は一気に昇り詰める。



そしてヒクヒクと私に巻き付いたうなぎは一段と震え、私も思わず引き金を絞る・・・。






「こんなにイカせてくれてありがと」と、彼女は帰り際に言った。






私は軽くお尻に触る。






「よかったよ。また会えるかな?」






「・・・。色んな男の子と遊びたいから。何回も会うと本気になっちゃうしね。あなたは特に、ね」






彼女は私の息子をきゅっと握った。






「バイバイ!」






そう言って彼女は雨の上がった街に向かう・・・。



うーん、残念!



特上うなぎは、つるりと逃げていった。






以上。