私は不動産関係の仕事をやっていまして、正社員として女性を二人雇っていますが、今度、パートとして主婦の方に来て頂くことにしました。



真弓さんという綺麗な女性で、スタイルも良く、とても小学生の子供がいる様には見えません。



はっきり言って抱きたいと思っていました。






明るい性格なので他の二人ともすぐに仲良くなり、色んなことをお喋りしている様で、ある日、私が外出先から戻って来たときも、三人は私が戻って来たことに気付かずにずっと話をしていました。



どうやらエッチな話をしていた様で、真弓さんの「旦那はもう相手してくれないわよ~」と言う声が耳に入りました。



私は聞こえなかったふりをして、「ただいま」と言って自分の席に座りました。



それからの私は、旦那とセックスレスなら真弓さんを抱けるチャンスがあるかもしれないと、ずっと思案していました。






そしてたまたま真弓さん以外の二人が休んだときに、考えていた作戦を実行する事にしました。



実は隣のビルの一室を倉庫として借りていて、仕事で遅くなったときのために布団も用意していたのですが、その部屋を利用して真弓さんを抱く作戦です。






真弓さんに、「隣のビルに行って資料を取って来て」と行かせましたが、実は資料を置いている傍のテーブルに、エッチ本をあらかじめ置いていたのです。



人妻が犯されるマンガ本と、人妻たちがエッチしている画集ですが、真弓さんは絶対に見ると思っていました。



そして真弓さんが戻ってくる頃に、パソコンで出会い系サイトの画面を表示したままトイレに行きました。






トイレから出て来ると、予想通りに真弓さんは帰って来ていて、慌てて自分の席に戻りました。



私が出会い系サイトを利用していることや、人妻とエッチしたがっていることが真弓さんに伝わったはずです。



そのことが、私の一つの目的でもありました。






しばらくしてから、さっき持ってきてもらった資料と、別に整理したい資料と合わせて隣のビルに持って行くように真弓さんに伝え、量が多かったので事務所に鍵を掛けて私も一緒に運ぶことにしました。



隣のビルのエレベーターの中で真弓さんの顔を見ると、緊張している様子が窺えました。






部屋に入って片付け中に、わざと「あっ」と言ってエッチ本を手に取り、「しまった~、これ置きっぱなしにしていた・・・真弓さんこれ見た?」と言うと、真弓さんは赤くなって、「いえいえ見ていませんよ~」と手を横に振りながら否定しました。






「ほんとに・・・でも興味ない・・?」と聞いたら黙っていました。






私はトイレに行って間を置き、出て来ると、待っていた真弓さんに抱き付き、「俺さ~、初めて見たときから真弓さんのこと好きだったんだ」と言って強く抱き締めました。



真弓さんは戸惑っていましたが、さほど抵抗せずにじっとしていました。



それで私は真弓さんの首筋にキスをしましたが、別に振りほどこうともしないので、唇をずらして真弓さんの唇に重ねました。



気に入っていた真弓さんを抱き締めたり唇を重ねたことで、私のアレはすでに硬くなっていました。



それに真弓さんは気付いた様で、息が少し乱れ始めていました。






俺は耳元で「真弓さんが欲しい」と囁き、真弓さんの目を見つめました。



真弓さんは目を逸らしましたが、「ねえ・・・いいだろう?」と言うと、目を伏せたまま小さく頷きました。



やった!と思い、キスしながらブラウスを脱がせ、ブラジャーのホックを外すと、真弓さんの豊かな乳房が目の前に飛び出したので夢中で吸い付きました。



真弓さんは少し弓なりになりながらも喘ぎ始めていました。






それから私は立ったままで真弓さんのスカートを捲し上げ、パンティに手を掛けて膝くらいまで引き下げ、乳首を吸いながら真弓さんのマンコに指を這わせました。



そして私もズボンとパンツをずり下げ、ビンビンになったアレを真弓さんに握らせました。



立ったままで私が真弓さんの乳首を舐めクリを刺激している間、真弓さんは私のアレをシゴいていました。






たまらなくなった私は真弓さんをテーブルに手をつかせ、お尻を突き出させて後ろからマンコの穴めがけて突き刺しました。



突き刺した途端に、「あ~っ」と叫んだ真弓さん。



私は小刻みに腰を動かした後、突いては戻し、突いては戻しをゆっくりと繰り返しました。



突くたびに叫び声をあげる真弓さん。



そこに普段の姿はありませんでした。






私が最後だと思い、激しく腰を動かし発射する瞬間にマンコから抜くと、真弓さんは膝をガクガクさせながらそこに座り込み、肩で大きく息をしていました。



私は真弓さんのお尻や床に飛び散った体液を拭いた後、布団を敷いて真弓さんを寝かせました。



もう今日の仕事などどうでもよくなって、そのまま抱き合い、それから2回、真弓さんのマンコに入れました。



最後は失敗して真弓さんのマンコの中に出してしまいましたが、どうやら大丈夫だった様です。



事務所に戻ったときは、もう夕方の5時近くになっていて、真弓さんにはそのまま帰宅してもらいました。






その後も機会があれば真弓さんを抱きたかったのですが、主婦なので夜や休みの日は時間が取れませんし、昼間は他の女性がいるのでなかなか二人きりになる機会がありませんでした。



それで私は、午前中に仕事で外出したときに真弓さんにメールして、お昼休みの短い時間を使って真弓さんを抱きました。



この関係は、真弓さんが両親の事情で辞めるまで続きました。