俺には数年続いている不倫相手がいる。



彼女は元同僚のパート社員で、ぽっちゃりとした白い肌が魅力的な38歳の人妻R美だ。



当時、以前から狙っていた俺は忘年会でR美を酔わせてホテルに連れ込み、半ば強引に関係を持った。



夫にバラされることを恐れたR美は俺の思い通りになった。






俺が夜勤前に寝ていると、いつもの通りパート勤務が終わったR美が我が家の合鍵を使って入って来た。



R美は俺の布団を捲ると、パジャマごとパンツを下げ、俺のイチモツを“じゅぽ・・・じゅぽ・・・”といやらしい音を立てながらしゃぶり始めた。



俺は寝たふりをする。



なぜならR美には俺が起きるまでフェラを続けると約束させているのだ。



俺は我慢できず一発目をR美の口内にぶちまけた。






今度は自ら全裸になったR美が、「私のまんこにちんちんを入れて下さい」とおねだりしてくると、俺は爆乳にむしゃぶりついた。






「あんっ・・・」






R美から喘ぎ声が漏れた。






俺「約束通り、夫とはやってないだろうな?」






R美「夫とはやってませんから、早くちんちんを入れて下さい」






俺「夫だって求めてくるだろ?」






R美「はい。でも仕事で疲れているからと全て断ってます。だから早く・・・」






マンコの中に指を入れて掻き回すと、すでに濡れ濡れなマンコからクチュクチュ音がしていた。



俺も我慢が出来ずイチモツをマンコにねじ込んだ。



静かな部屋に“くちゅ・・・くちゅ・・・”といやらしい音が響き渡り・・・。






「はぁっ、あっ、イッちゃうっ、やぁっ、あぁぁぁっ」






って、R美はイッちゃいました。



R美の姿を見て俺は更に力強く高速に突く。






俺「俺も・・・イクっ・・・」






R美「駄目~、今日は中に出さないで・・・」






その声に我に返って腹の上にぶちまけた。



R美の体は俺のものだが、やはり心は今でも夫を愛しているのだ。



セックスが終わるとR美はそそくさと帰って行く。






ところが昨年の暮れに、R美としばらく連絡が取れない日が続き、突然R美がやって来た。



R美は俺との別れを告げに来たのだった。



俺はR美の夫に全てをバラすと脅したが、R美は夫とも別れると言い出した。



不倫がバレたのかと問い詰めたが、「夫には知られていない」とだけ答え、何も話そうとしない。



俺もこんな美味しい毎日を捨てられるわけがない。



説得したがR美の意思は揺らぐ事は無く、俺の元へ来なくなった。






ところが更に数日が過ぎた頃、R美が俺の元を訪れ、やはり夫を愛しており、夫にも愛されていることを知り別れる事が出来なかった事、この数日間は夫に抱かれていた事を話してくれた。



結局、昨年の暮れに何があったかは話してくれなかったが、夫とでは満足できなかったからまた俺との関係を続けたいと言ってきた。






今後もR美の夫は「仕事で疲れているから・・・」というセリフを聞き続ける事だろう。



そんな事を考えながらR美の中にペニスを差し込み、狂ったように俺は腰を振った。