うちの会社は資源ごみ回収に協力する関係で、読んだ新聞や雑誌を置いて帰る。



当番を決めて定期的に紐で縛ってまとめるわけだが、その時の女子従業員のブラチラ、谷間チラは当たり前。



いつもタイトスカートがセクシーなアラサーの雪乃は、しゃがみ方を間違えて内もも全開、黒のガードルを見せてくれた。



俺の股間がやばいことになりそうだったが、幸い作業が終わりそうだったので、後輩たちに任せてそっとトイレに行って、記憶がぼやけないうちに思いっきりしごいて大量に発射した。






数日後、給湯室で洗い物をしてたら、雪乃が来て、「ちょっといい?」と一言。






「あ、じゃ、ちょっとこれを戻してくるんで、待っててください」と俺。






「お待たせしました。何ですか?」



「◯◯君、この間、私の見たでしょ?」






「・・・」



「新聞片付けてる時、いやらしい目で見たでしょ?」






(俺、沈黙。その理由は後ほど)






ずっとネチネチ言う雪乃。



ところが、口が滑ったのか・・・。






「ちょっと足を開いてあげたら、すぐ見ちゃうんだから。エッチ。どうせその後トイレに行って、何か変なことしたんでしょ?バカじゃないの?」






実は、俺は怒られるんだと思って、いざという時のためにICレコーダーを胸ポケットに入れてた。



それをそっと取り出し、スイッチを切って雪乃に見せた。






「そうですよ。見ましたよ。それが何か?」






雪乃は致命的なことは何も言ってないんだが、録音されてたことにかなり動揺している。






「ま、しばらくこれは消さずに持っておきます。とりあえず明日、残業してください」






雪乃は素直に残業してくれた。



雪乃には子供がいるが、親が見てくれてるのだろう。



みんなさっさと退社してくれたおかげで、結構早い時間に二人っきりになれた。



雪乃に近づくと、やっぱり笑顔ではない。



そんな雪乃に、「はい」とICレコーダーを手渡す。






「?」



「中は空ですよ。PCにコピーとかもしてないから大丈夫ですよ」






「何で?」



「僕がチラ見したのは事実ですけど、あんまりな言われようだったから、少しいたずらしたくなって。あ、ICレコーダーを持ってたのは、何となく怒られるっていう予感がしたからです」






きょとんとしてる雪乃。






「でも、雪乃さんだから見たんですよ。◯◯さん(雪乃の同僚)なんて全然です。美人でセクシーで、すてきな雰囲気の雪乃さんだからなんです」






とにかく雪乃の目を見て褒めまくった。



でも、ただ容姿や性格を褒めるんじゃなくて、引き締まってきれいなお尻だから自分の前を歩いていたらつい見ちゃうとか、ジャケットを脱いでシャツになった時の胸の膨らみとかすごくセクシーとか、“自分は雪乃にエロスを感じて興奮している”ってのをちりばめた。



雪乃は金でも要求されるんじゃないかと本気で思っていたらしく(エロい要求もちょっとだけ想像していたらしい)、それが全然違う方向に話が進んで、その振り幅が予想以上だったのか、褒められ続けているうちに満更でもない感じになってきた。






「じゃ、ICレコーダーはもういいですか?」






「あ、うん。はい」






「じゃ、雪乃さん、来週ご飯食べに行きましょうね」






俺はそう言って雪乃の両手をがっちり握った。



雪乃の手は柔らかかった。






(この手でしごいてもらえたら・・・)






雪乃の返事を聞く前に、「じゃ」と言って、俺はさっさと支度をして退社した。






もちろん雪乃とは食事に行った。



雪乃とは何回か食事に行った。



ただし子育て中なので、週1で行ければいい方。



しかも酒は無しで、早めに帰る。



それでも、なるべく個室の居酒屋を選んで、とにかく雪乃を褒め続けた。



雪乃も年下の男に慕われているのがやっぱり気持ちいいのか、下ネタを混ぜても照れこそすれ、不機嫌になることはなかった。



気がつけば下着の色ぐらいなら普通に教えてくれるようになった。






それからしばらくして、とある居酒屋。






「雪乃さん、隣に座っていいですか」






「いいわよ」






雪乃の左隣に座って、右手を雪乃の太腿に乗せる。






「えっ?」






黙って太腿を撫でる。






「ちょ、ちょっと~」






俺の手は止まらない。



初めはスカートの上で生地を撫でていたが、だんだん膝の方に向かい、ストッキング越しに雪乃の膝や太腿を撫で、時々内腿の方にも手を滑り込ませる。



タイトスカートから伸びる人妻の脚を触り放題なんて超最高。



雪乃の手は俺の手を払わず、テーブルの上で固まってる。






「雪乃さん。こんなすてきな人が隣にいて何もしないなんて、もう無理です。でも雪乃さんの脚ってやっぱり綺麗ですよね。気持ちいいです」






雪乃は何も言わなくなっていたが、触った瞬間こわばっていた太腿がだんだん緩くなってきたのは分かった。



この日はこれで終わり。



ただ席を立つ時に、「雪乃さん、今度、いつもより遅くまで残業があるかもって家族に言っておいてください」と言った。






あれから、雪乃には何かにつけて、「太腿最高でした」「雪乃さんはセクシー過ぎます」って言ってた。



雪乃は子育て中なので、母さん扱いされてばかりで女として扱われることはまず無いと思っていたので、とにかく雪乃の女の部分を刺激し続けた。



これがずばり当たって、俺と話す時は雪乃は完全に女の顔になっていた。






ある日、雪乃にこう言った。






「この間、新しいカメラを買ったんですよ。で、最初の写真は絶対雪乃さんって決めてるんです。スーツ姿のセクシーな雪乃さんを撮らせてください」






雪乃は「いいわよ」と答えた。



雪乃と居られる時間は1時間。



貸しスタジオなんて借りるお金はないので、場所はもちろんラブホ。



とは言え、なるべく地味な所を選んだ。






「え?ここ?」






動揺する雪乃。



まあ当然だ。






「すみません。ここだと有線放送をBGMにできるからいいんです。大丈夫です。ホテルのゴムは部屋に入ったらすぐ破り捨てます。本当に写真を撮るだけですから」






実は俺は雪乃の太腿を撫でてからセクハラトークはするが、ボディータッチはしていなかった。



そのせいか、「写真だけですから」は雪乃には説得力があったようだ。






そしてホテルに入った。



部屋に入ると、すぐに雪乃に見せつけるようにゴムを処分し、部屋の電気を全部付けると結構な明るさになり、エロい雰囲気はほぼゼロ。



BGMはテンションが上がるようにハードロック系。



カメラを鞄から出し、カメラと同じくらいの大きさのフラッシュを付け、撮影スタート。



まずは椅子に座った横顔。



ガンガン撮っていく。



フラッシュの光を何十回と浴びせて、雪乃をトランス状態に持って行くのに時間はそんなに掛からなかった。



不必要なぐらい大きなフラッシュを付けたのはこのためだった。






頬杖をついて色々な表情をさせてるうちに、雪乃は唇を突き出してどや顔をするまでになっていた。



次は椅子に座って足を組む、(写真には撮らないが俺に向かって)足を組み替える。



背もたれを脇に抱えて足を組んだままお尻を突き出す。



雪乃がこっちを向いて足を内股気味に開き、スカートの奥を手で隠すように座った時は、思わず心の中でガッツポーズをした。



1時間なんてあっという間。



雪乃のジャケットを脱がせて、シャツのボタンをギリギリまで外させたり、ヒップラインだけを撮ったり、最後の方は着衣エログラビア状態だった。






「いっぱい撮れましたね。触りたいのを我慢するのが大変でしたよ。じゃ、そろそろ帰りましょうか。雪乃さんはお先にどうぞ」






「え、◯◯君はどうするの?」






「こんなになっちゃいましたから、少し落ち着かせてから帰ります」






俺は自分の股間に目をやる。



実際、この時は俺は本当に写真を撮るだけのつもりだった。






「雪乃さんのセクシーなポーズを思い出しながら落ち着かせます」



「一人で満足できるの?」






「満足させるんです」



「仕方ないわね・・・」






雪乃はカメラを片付けている俺の後ろに来てお尻を撫で始めた。






「この間は◯◯君が触ったんだから、今度は私の番」






雪乃の右手が妖しく蠢く。






「実はこのお尻をずっと触りたいと思ってたの。たまに見てたのよ。思ってた通り、◯◯君のお尻、プリプリして気持ちいいわ」






「ええ~じゃあ、僕がスカートの中を覗いたのと変わらないじゃないですか(笑)」






「ごめんごめん。その代わりすっきりさせてあげるから」






雪乃は俺の後ろに立ち、俺の腰に両手を回してベルトを外し、スラックスをすとんと落とす。






「ちょっと、すごいことになってるじゃない」






俺は我慢汁全開でボクサーブリーフに滲み出ていた。






「ほら、そこの椅子に座って」






俺がフル勃起してたことは撮影中にも分かってたはずだけど、それは聞かず、さっきまで雪乃がエロポーズを取ってた椅子に座った。






「じゃあ、脱いで」






脱がせるのかよ、と思いながらも素直に下半身を晒す。



雪乃は跪き、両手で握りながら先っちょを咥えた。



もう発射寸前だと思ったのか、最初からハードに顔を上下させる。



ジュルジュル聞こえてくるのがすごくいやらしい。



上下動が止まったと思ったら、我慢汁を塞ぐように舌をかぶせてきたり、カリの裏側を舐めたり、さすが人妻のテク。



すごすぎる。



この展開は予想していなかったので、何を言っていいか分からず、黙って身を預けていた。



とは言え、そろそろ我慢の限界。






「あの、イキそうなんですけど?」






「もう?いいわよ。そのまま出しちゃって」






俺は雪乃の口の中に思いっきり出した。



雪乃は全部受け止めて立ち上がると、ティッシュに全部吐き出し、洗面所でうがいを始めた。



戻ってきた雪乃に俺は言った。






「超気持ちよかったです。でも僕だけ裸を見られるのってずるくないですか?」






「じゃあ、どうするのよ?」






「今日の雪乃さんのブラジャー見せてください」






言い終わると同時に、まだボタンを外したままのシャツに手を伸ばし、残りのボタンを外して、シャツを肌蹴させた。



中はベージュのボディースーツだった。






「仕事をする時はブラってしないのよ。だって透けるでしょ?」






シャツのボタンをはめながら雪乃は言う。



ホントは胸を揉みたかったが、そんな空気じゃなく、今日はここまでだった。






雪乃とは会社ではほとんど話さず、退社後、個室居酒屋でお茶するのが日常になっていた。



ラブホで撮った写真のうち、雪乃の顔のアップで一番美人に撮れてるのを渡した。



俺は社会人になってすぐ写真の教室に通っていたので、実はそこそこいい写真が撮れる。



雪乃は「え~これが私なの?」とびっくりしてたが、目が完全にハートだった。






「雪乃さん、自分がこんなに美人だったってことに気づかなかったんですか?」と、持ち上げて、女心をくすぐる。






だんだん雪乃も気持ちよくなってきたのか、「ハワイで◯◯君に撮ってもらったら、きっといいのが撮れそうね」とか言い出した。






「雪乃さん、ハワイとか行くんですか?」



「昔よく行ったわ」






「ってことは、水着も持ってるんですよね?」



「まあね」






「じゃあ、今度水着の写真を撮りましょう!」



「いやよ。恥ずかしい」






雪乃に渡した写真を手に取り、「絶対これくらいの写真を撮りますから!」と粘りに粘ってOKをもらった。



今回は時間に余裕を持って撮りたいと雪乃には伝えておいたが、雪乃の旦那は公務員、かつイクメンなので、休日に出かけたいと言ったら簡単にOKをもらえたらしい。



一日でもいいと言われたそうだが、とりあえず半日確保してきた。



いい旦那だ。






場所は前回と同じラブホ。






「今日もばんばん撮りますからね!」






とは言え、さすがにいきなり水着にはなれないので、まずは私服姿の雪乃を撮影。



雑誌の読モがやるようなポーズで何十カットと撮影し、いよいよ。



雪乃が着替えに行った隙にエアコンを強める。



すげえな有線。



ハワイアンが聴ける。



ウクレレの音が部屋に響く。



雪乃は風呂場で着替えて来た。






「あったかーい。あら、今日はずいぶんのんびりした感じね」






「せめて雰囲気だけでもと思って。あとは二人の思いの強さ次第でここはハワイになります」






「そうね。ここはハワイ、ハワイ」






雪乃の水着はワンピースにパレオ。



青をベースに白の花柄だった、ハイビスカスか?



今まで雪乃は貧乳だと思っていた俺。



前にボディスーツを覗いた時、予想外の膨らみにびっくりしたが、改めてガン見すると、やっぱり大きい。



何カップか分からないが、下から揉み上げたくなる大きさ。






「え?」






雪乃は俺を見て驚く。



それはそうだろう。



俺も水着姿だったんだから。



さすがにブーメランは勇気がなかったのでハーフパンツ。






「だって、雪乃さんだけ水着ってずるいでしょ。雪乃さんが水着になるなら、僕も水着にならなくちゃ」






これはどこかのエロカメラマンがやってるテクらしい。






「雪乃さんがパレオなら、僕はバスタオルを巻こうっと。ちょっと取ってきます」






風呂場に行くと、雪乃が脱いだ服にタオルが掛けてあったので、どかせてみる。



雪乃の黒い下着がそこにあった。



股間が一気にマックスになったが、タオルを巻いて膨らみを誤魔化した。






雪乃をベッドに上がらせて、ピースサインから撮影スタート。



うつ伏せにして足をばたばたさせたり、枕を抱えて女の子座りをさせたり、10代のアイドルかよ、みたいなポーズから始めた。



しかし雪乃はそんなポーズでもノリノリだった。



実はやってみたかったのかもしれない。



少しずつポーズをエロくしていく。






「じゃ、ちょっと四つん這いになってカメラを見つめてください。やばい!そんな目で見つめられるとドキドキする~。次はお尻をこっちに向けて~。雪乃さん、足長~い。またこっちに向いて~。あ~、雪乃さん、谷間がちらっと見えるのが超セクシー!うわ~。雪乃さん、挑発的!そのままカメラを見ながらこっちに寄ってきてください!」






雪乃は全く嫌がらない。



俺は思い切って言った。






「また女の子座りになって、肘で胸を寄せる感じできゅってやってください!」






「雪乃さん、笑顔が超可愛い!」






そう言いつつ、俺は産毛が見えるぐらい超アップの雪乃の谷間を撮った。






「じゃ、雪乃さん、パレオを取っちゃいましょう!僕もタオルを取ります!」






タオルを取って「そりゃあ!」と投げると、雪乃も「それ!」って言いながらパレオをベッドの下に投げた。






「じゃあ、向こうを向いて、手を腰に置いて膝で仁王立ちしてください。うわー、ヒップラインが超セクシー。じゃ、少し膝をずらして、体をひねってこっちを向いてください」






口ではヒップラインと言いつつ、雪乃の横チチのラインもたまらない。






「じゃ、こっちを向いて四つん這いになって、猫が伸びをするみたいに、うーんってやってください。そうそう、そんな感じ。じゃあ次は、横。いいですねえ。次は向こうを向いて枕を抱いて、うーんってやってください」






雪乃のお尻と盛り上がりが丸見え。



夢中でシャッターを押す。



思わず・・・。






「うわ~、雪乃さんみたいな美人がこんなセクシーポーズを取ったら、我慢するのが大変ですよ」






さて、次は何のポーズにしようかなと思ってちょっと間が開いたら、向こうを向いたまま雪乃が言った。






「◯◯君は我慢できるの?」






雪乃は四つん這いのままお尻を少し持ち上げた。



俺の中で何かのスイッチが入った。



カメラをテーブルに置き、水着を脱いでゴムを付ける。



雪乃の尻に近づき、水着をアンダーショーツごと脇にずらし、そのままハメた。



四つん這いのまま水着を脱がさなかったのは、今の俺の顔を雪乃に見られるのが恥ずかしかったから。



濡れているかどうかなんて余計なお世話で、中はヌルヌルだった。



俺の心拍数は相当高かったと思う。



あんなに心臓がバクバクしていたのは童貞を捨てた時以来かも。



目一杯奥まで突き、俺の物が雪乃の中で擦れている感触を味わうだけで十分だった。



雪乃はずっと俯いたままで喘ぎ声も聞こえなかったが、雪乃と繋がっている所がどんどんヌルヌルになって、擦れている感じが弱くなっていったので、感じていたのは間違いなかった。






あの雪乃さんが俺にヤられている。



あそこをヌルヌルにして、バックから俺のカチカチになったモノをハメられてガンガン突かれている。



そう思うと、どんどんテンションが上がっていく俺。






「雪乃さん、イキそうです!」






雪乃は何も言わなかったが、そのまま俺は発射した。






ピロートークなんてあるわけもなく、雪乃はさっさと風呂場に行った。



シャワーの音が少しだけ聞こえた。



下半身だけ洗ったのだろうか?



俺はと言えば出すモノを出して重くなったゴムを捨て、ぼーっとしてた。



雪乃が戻ってきて・・・。






「お待たせ。じゃ、行きましょうか?」






どうして、この人はさっきまでの事を無かったことに出来るんだろうかと思ったが、かといって、どんな会話をすればいいのか全く分からなかったので、大急ぎで服を着て、カメラを片付けた。